Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Translator: Carolina Parodi Reviewer: Ellen Maloney

    私はハイリー・センシティブ・パーソン (感受性の強い人)です

  • I'm a highly sensitive person.

    こう言われたら 皆さんは 最初に何を思い浮かべますか?

  • What is the first thing you think about when I tell you that?

    「恥ずかしがりやで 内向的に違いない」とか

  • That I must be shy and introverted?

    「感情的になりやすいだろう」とか

  • Or perhaps very emotional?

    「すごく気を遣わなくちゃ」 と思うかもしれませんね

  • Or maybe even that you need to walk on eggshells around me?

    感受性の強い人に対する 一般的なイメージは

  • The common assumption about highly sensitive people

    どことなく弱々しく はかなげな生き物で

  • is that we are somehow weak and fragile creatures

    遺伝的な意味で人生のハズレくじを 引いた人というものです

  • who picked a losing ticket in the genetic lottery of life.

    「敏感」という語を検索すれば 実際の様子がわかります

  • You can see this in action when you google the word "sensitive."

    出てくる画像は 歯痛や肌の炎症

  • You will see images of toothache, irritated skin,

    (笑)

  • (Laughing)

    しおれたタンポポや 泣いている人々という具合です

  • wilted dandelions, and crying people.

    感受性のイメージ戦略には 明らかに問題があります

  • Sensitivity clearly has a PR problem.

    (笑)

  • (Laughter)

    そこを変えたくて 私は今日この場にいます

  • Today I want to help change that.

    「感受性が強いって どういうこと?」 と思っているかもしれませんね

  • Maybe by now you're wondering what is it like to be highly sensitive?

    すべての感覚が過敏になっている状態で 生きることを想像してみてください

  • I invite you to imagine living with all your senses on high alert.

    内面に広がる世界は実に色鮮やかで

  • You also have a vivid inner world,

    感情は いちいち大げさに湧き上がります

  • where all of your emotions are magnified.

    悲しみは底知れぬほど深く 喜びは恍惚の境地です

  • Sadness is a deep sorrow, and joy is pure ecstasy.

    そして尋常じゃないほど 周りを気にかけ

  • You also care beyond reason

    他者の気持ちが どこまでも理解できます

  • and empathize without limits.

    身の周りにあるもの全部を 常に吸収する感じだと思ってください

  • Imagine being in permanent osmosis with everything around you.

    感受性の強い人は よくこんなことを言われます

  • Highly sensitive people often hear things like:

    「気にしすぎだよ」

  • "You are too sensitive,"

    「いちいち重く受け止めるのは やめなさい」

  • "Stop taking everything to heart,"

    私のお気に入りは これです 「もっと強くならなきゃダメ」

  • or my favorite, "You should really toughen up."

    根底にあるメッセージは明白です

  • The fundamental message is clear:

    感受性が強いということは 重大な欠陥があるということです

  • to be highly sensitive is to be highly flawed.

    私も そう思っていました

  • I used to agree with that.

    警告か免責の標識でも ぶら下げて歩いた方がいいと

  • I always thought I should come with some sort of warning sign

    いつも思っていました 「注意!感受性強し」ってね

  • or a disclaimer: "careful; highly sensitive."

    とはいえ 実は

  • Now, let me share with you

    感受性が強いことには それなりに特権があります

  • a few of the perks of being a highly sensitive person.

    その1つが とんでもなく活動的すぎる頭です

  • For one, I have an intensely overactive mind,

    つまり 頭をオフにすることは不可能で

  • which means it's impossible to switch off.

    不眠症とは大の仲良し というわけです

  • That also means that insomnia is my best friend.

    ご想像のとおり この特権は とりわけ TEDに登壇する前夜などに便利です

  • As you can imagine, that is particularly handy the night before a TED talk.

    (笑)

  • (Laughing)

    また 怖い映画や暴力的な映画を 観ることができません

  • Also I cannot watch scary or violent movies

    映像が脳裏に焼きついて 離れなくなるからです

  • because the images haunt me forever

    子どもの頃に『ジョーズ』という映画を 観たのを覚えています

  • I remember when I was a child, I watched the movie "Jaws".

    ひどいトラウマになって

  • It traumatized me so much

    それから数年の間 海はもちろん プールにも

  • that I was unable to go near a swimming pool,

    近づけなくなってしまいました

  • let alone the sea, for several years.

    また これは恥ずかしいのですが

  • And, embarrassingly enough,

    『エンドウ豆の上に寝たお姫さま』 という子どもの頃のあだ名が

  • I do my childhood nickname of "Princess of the Pea" proud

    旅先でホテルのベッドの話となると 今もぴったりです

  • when it comes to traveling and hotel beds.

    マットレスは硬すぎず柔らかすぎず ちょうど良くなくてはいけません

  • The mattress should be not too hard, not too soft; it has to be just right.

    父には冗談まじりに 「自分のベッドと

  • My father once jokingly recommended

    枕を抱えて旅に出たら」と 勧められたことがあります

  • that I should simply start traveling with my own bed and pillow

    旅先での面倒が 一切なくなるからです

  • to avoid any future travel hassles.

    (笑)

  • (Laughing)

    よく「こんな風でいることに 何のメリットがあるのか」と思っていました

  • I often wondered, "what good could it possibly do me to be this way?"

    でも 感受性に恵まれている良さは じわじわと わかってきました

  • Well, the gifts of sensitivity slowly crept up on me.

    自分が他の人と すぐに深い人間関係を結べることや

  • I've come to learn to love that I deeply and easily connect with others

    正確なGPSのごとく自分を導く鋭い直感の 持ち主であることを愛せるようになりました

  • and also that I have a strong intuition that guides me like an infallible GPS.

    そして25歳の時にやっと ある本に巡りあって

  • It was only at the age of 25 that I came across a book

    私の人生は変わりました

  • that changed my life:

    エレイン・アーロン著『ささいなことにも すぐに「動揺」してしまうあなたへ』

  • "The Highly Sensitive Person" by Dr. Elaine Aron.

    私はとうとう自分の人生の

  • I could finally put a name

    圧倒されるほど色鮮やかな体験に 名前を付けることができました

  • to my overwhelmingly technicolor experience of life,

    似たような人が他にもいる ということに希望を感じました

  • and it gave me hope that there were others like me.

    本の中でアーロン博士は ハイリー・ センシティブ・パーソン 略して「HSP」とは

  • In this book she describes highly sensitive people, or in short HSPs,

    遺伝的な特性として 感覚処理感受性を 持つ人のことだと述べています

  • as people who have a genetic trait of sensory processing sensitivity.

    舌を噛みそうですね

  • That's quite a mouthful.

    そして驚くべきことに 人口の15~20%はHSPなのです

  • And, surprisingly, 15 - 20% of the population is HSP.

    博士はHSPの主要な特徴を「DOES」 という頭文字で 見事にまとめています

  • Now, she uses the wonderful acronym "DOES" to summarize the core traits of HSPs.

    「D」は処理の深さ (Depth) です

  • The "D" stands for "depth of processing".

    HSPには何から何まで深く分析する 驚異的な能力があります

  • As HSPs, we have a phenomenal ability to deeply analyze absolutely everything.

    私のお気に入りの例は 「中華料理店シンドローム」と呼ぶもので

  • My favorite example for this is what I call "Chinese restaurant syndrome."

    (笑)

  • (Laughing)

    要は40ページあるメニューを隅々まで 1時間かけて読んでいられることです

  • Basically, we can take up to an hour to read the entire 40-page menu,

    結局は いつもと同じ料理を 頼むことになるんですけどね

  • despite the fact that we will very likely order our favorite dish anyway.

    (笑)

  • (Laughing)

    「O」は過剰な刺激 (Overstimulation)です

  • The "O" stands for "overstimulation".

    自分を取り囲む世界に すぐ圧倒されてしまいます

  • We get quickly overwhelmed by the world around us.

    私はバイエルン出身で 地元のオクトーバーフェストが大好きですが

  • Now, I'm Bavarian and I love our Oktoberfest,

    1時間もいたら退散しなくては なりません

  • but I actually have to leave after an hour

    あのローストチキンの匂いに

  • because I get completely overpowered

    綿菓子の混ざった雰囲気や 雑然と鳴り響く音楽

  • by the mix of roast chicken smells with candy floss,

    大勢の人の波に 完全に呑まれてしまうからです

  • and the cacophony of songs and the massive crowds.

    感覚が一杯いっぱいに なってしまいます

  • It is too much for my senses.

    「E」は共感 (Empathy) HSPは他者の気持ちを感じ取ります

  • The "E" stands for "empathy"; HSPs feel what others feel.

    古代ヘブライ語に こんな ことわざがあります

  • It's like that old Hebrew saying:

    「泣く者の傍らに 涙の味を感ずる者あり」

  • "When one cries, the other tastes salt."

    最後の「S」は 些細なこと (Subtleties) への気づきです

  • Lastly, the "S" stands for "awareness of subtleties".

    HSPは いわば研ぎ澄まされたセンサーです 微小な物事も残らずキャッチできます

  • HSPs are like a finely tuned sensor; they can pick up on the minutest things.

    ということは あいにくHSPは 午前3時に あなたを起こして

  • Unfortunately, that means that they are also the kind of people

    こう訴える人でも あるわけです

  • who will wake you up at three A.M.

    「蛇口から 水がポタポタ落ちる音がする」

  • to tell you that they hear a tap dripping in the kitchen

    「2階下のキッチンだわ」

  • two floors down.

    このようにHSPというのは 感情的反応の域をはるかに越えています

  • As you can see, being an HSP is about far more than emotional reactivity.

    HSPに対する固定観念にまつわる ある2つの重大な

  • I would like to address the two big elephants in the room

    触れにくい問題に 触れてみたいと思います

  • when it comes to HSP stereotypes.

    1つめは「HSPとは世を忍ぶ内向型人間に 違いない」という思い込みです

  • The first assumption is that HSPs must be undercover introverts

    「呼び方がおしゃれになっただけだ」と

  • that wanted a fancier name.

    (笑)

  • (Laughter)

    実際のところ HSPのうち30%は外向型です

  • The fact of the matter is, 30% of HSPs are actually extroverts,

    つまり そう簡単に

  • which means we cannot park them

    「物静かな壁の花タイプ」と 決めつけることはできません

  • in the convenient "quiet wallflower" category,

    HSPが内向的か外交的か 一概には言えないのです

  • HSPs come in many shades of pastel.

    2つめは HSPの特徴に 女っぽいイメージがあるため

  • Secondly, because of the supposed femininity of HSP traits,

    HSPは女性だと思い込んでいる人が 多いことです

  • many assume that HSPs are women.

    驚かれるかもしれませんが 実際は HSPのうち50%が男性です

  • It may come as a surprise that 50% of HSPs are, in fact, men.

    私たちの社会では 男性といえば がさつで

  • In our society, men are not supposed to be sensitive

    押しが強くて負けず嫌いと 決まっています

  • but aggressive and competitive.

    残念ながら 男性が敏感さと強さを 兼ね備えているという概念は

  • Sadly, the notion that men can be both sensitive and strong

    一般的な考えから かけ離れている状況です

  • is still too much of an alien concept.

    さて ここで申し上げておきますが

  • Now, it is a good time to tell you

    私はHSPが他の人より優れているとも 劣っているとも思っていません

  • that I don't think HSPs are better or worse than anyone else;

    他の人とは違うというだけの話です

  • they are simply different.

    あわせて言っておきますが 俗説に反して

  • I would also like to point out that despite the rumors,

    HSPは「自意識過剰な “構ってちゃん”同盟」の一員ではないですし

  • that they are not members of "The Special Snowflake Society",

    HSPが集まる秘密結社もありません

  • and also, HSPs don't have a secret handshake to identify each other either.

    (笑)

  • (Laughing)

    HSPは他の人と同じです

  • HSPs are like everyone else

    ただ違うのは 彼らの体験が

  • except that they experience the world

    より鮮明だということです

  • in a more vivid way.

    そしてHSPが全員そっくりかというと

  • And if you think that all HSPs are alike,

    それも違います

  • that is not true;

    2人と同じHSPは いません

  • no two HSPs are the same.

    HSPの敏感さには それぞれ独自の特徴があります

  • Every HSP has their own unique sensitive fingerprint

    それも アイデンティティーの指標となる

  • alongside other identity markers

    ジェンダー、民族性、文化的背景、 経歴などに違いがある上にです

  • like gender, ethnicity, and cultural and personal background.

    注意していただきたいのは HSPは病気でもなければ

  • I would also like to point out that being an HSP is not an illness,

    なろうと思ってなるものでもない点です

  • and it is also not a choice.

    HSPは遺伝的な特性です

  • It is a genetic trait.

    私たちHSPは 基本的に 生まれつき温和です

  • We are essentially born to be mild.

    HSPに向かって 「敏感すぎる」と言うのは

  • Everytime you tell an HSP they are "too sensitive",

    青い目の人に向かって 「目が青すぎる」と言うようなものです

  • it's like telling someone with blue eyes that their eyes are too blue.

    おそらく

  • Chances are,

    何度 そう言ったところで

  • no matter how often you tell them,

    あなたを見つめ返す目は 変わらず青いままでしょう

  • you'll still have the same blue eyes looking back at you.

    社会全体が 感受性を 欠点と考えるようになってきました

  • As a society, we have come to think of sensitivity as a flaw;

    感受性が強いことは不運であり 情にもろいという弱点であって

  • an unfortunate, emotional Achilles heel,

    社会をこれまで以上に最適化、客観化、 自動化していく力を鈍らせるというのです

  • that tempers with our ability to become evermore optimized, detached, and robotic.

    私たちは理想主義者や夢想家 ものを創り出す人を すぐけなします

  • We all too readily belittle the idealists, the dreamers, and the creators.

    しかし 昔からこうだったわけでは ありません

  • This was, however, not always the case.

    前世紀までは 慈善家、哲学者、詩人、 芸術家、画家は皆

  • In previous centuries, philanthropists, philosophers, poets, artists, and painters

    その感受性を生かした社会貢献によって 尊敬されていました

  • were all venerated for their sensitive contribution to society.

    ダ・ヴィンチやモーツァルトがいなければ 私たちはどうなっていたでしょう?

  • Who would we be without Leonardo Da Vinci or without a Mozart?

    アナイス・ニンや バルザックや

  • Without Anaïs Nin or Balzac?

    マザー・テレサや ガンディーが存在していなかったら

  • Or Mother Teresa or Ghandi?

    この世は今より確実に 暗いものになっていたでしょう

  • Our world would certainly be a shade darker.

    HSPがもれなく世界を変える天才だと 言っているのではありません

  • Now, I'm not suggesting that all HSPs are geniuses that shape the world.

    でも 概してHSPには関係性や意味を 創り出そうという真摯な思いがあります

  • But, most HSPs have a genuine urge to create connection and meaning.

    なぜなら彼らは他者の痛みに触れては 自分の痛みとして感じ

  • Because they feel every pain they see,

    忘れ去られた者の存在を高めたい 不運な人々を救いたいと思うからです

  • they want to elevate the forgotten and save the misfortunate.

    HSPが自らの敏感さを隠して 大衆に紛れようとすれば

  • When HSPs try to hide their sensitivity to fit in,

    私たち皆にとっての損失です

  • we all lose.

    だって 思わず胸が高鳴るような

  • For would a society not be poorer

    繊細な創造物のない社会なんて―

  • that lacks the beating heart of sensitive creation?

    想像力や直感、思いやりの価値を認めない 社会なんて つまらなくないですか?

  • That discredits imagination, intuition, and empathy?

    絶対つまらないでしょう

  • I believe so.

    だから私は 早急に 感受性を理解し

  • That is why I think we need to urgently start

    その価値を認め始める必要があると 考えます

  • to accept and appreciate sensitivity

    何かと熱くなりがちな世界の 温度を調節する効果があるからです

  • for the temperature regulating effect it has on an often hot headed world.

    程度や感じ方は違っても

  • I believe we're all sensitive

    私たちは皆 敏感なのだと思います

  • to different degrees and in different ways.

    HSPは ちょっと極端だ というだけの話です

  • HSPs are simply at the far end of the spectrum.

    だから感受性について どう考え 議論するかは私たち皆にとって大事なのです

  • That is why how we think and talk about sensitivity concerns all of us.

    社会全体で取り組む必要があります

  • We need to come together as a society

    感受性にまつわる否定的な風潮の 物語を書き換えて

  • to rewrite the negative cultural narrative about sensitivity,

    肯定的な物語にしていきましょう

  • and turn it into a positive one.

    感受性から弱みのイメージを 取り払って

  • We need to erase the notion that sensitivity is a weakness

    ようやく感受性がもたらす多くの強みを 生かすのです

  • to finally benefit from its many strengths.

    私たちがそうすることで HSPに限らず

  • By doing so, we will create an environment

    誰でも安心して 繊細な一面を見せられる環境が

  • where everybody is safe to express their softer side,

    できてくるでしょう

  • not just HSPs.

    感受性に対して より肯定的な認識や 受容を生み出す雰囲気を

  • How can we go back to creating more positive awareness

    どうしたら取り戻せるでしょうか?

  • and acceptance for sensitivity?

    公的なレベルでは

  • On a public level,

    学校や職場で すぐにでも起こすべき 変化が2つあると思います

  • I believe the two most urgent changes need to happen in schools and workplaces.

    学校では教師向けにトレーニングを 改善する必要があります

  • In schools, we need to better train our teachers

    感受性の強い子たちに 教師が気づき 理解するためです

  • to recognize and understand sensitive children.

    そして親も教師も

  • And for parents and teachers alike,

    よかれと思って 敏感な子に たくましさを求め

  • the often well-meant desire to toughen them up,

    厳しい世間を渡り歩けるように させるのは

  • to survive in the big, mean world out there,

    もう やめましょう

  • needs to stop.

    羊に無理やりオオカミの毛皮を 着せようとしてはいけません

  • We should not try to force sheep into wolves' clothing.

    企業レベルでは

  • On a corporate level,

    他者を肘で押しのける人に 有利に働くシステムがあります

  • the system is set up to favor those with steel elbows.

    感受性の強い人は

  • Because sensitive people

    概して穏やかな話し方で 協調性があり

  • typically are more soft spoken and co-operative

    競争を好みませんから

  • instead of competitive,

    出世の階段では後れをとりがちです

  • they often get left behind on the corporate ladder.

    これを変えるため

  • To change this,

    ごく一部の選ばれた人だけでなく どんな性格の人でも活躍できる環境を

  • we need to create an environment where all personality types can flourish,

    つくる必要があります

  • and not just a select few.

    この理由から 私は

  • That is why I believe,

    感受性の高い人々を起用することは 企業にとって

  • for corporations, it is in their own best interest

    最善の道だと信じています

  • to invite sensitive people to the table.

    なぜなら敏感な人たち抜きでは 革新も整合性も

  • Because without sensitives they risk lacking innovation,

    究極的には人間性も 欠くおそれが出てくるからです

  • integrity, an, ultimately, humanity.

    個人レベルでは

  • On a personal level,

    誰にでも できることがあります

  • we can all make an impact

    身近にいる敏感な人たちが持つ 繊細な個性に

  • simply by refraining from judging the delicate difference

    意見するのを控えるだけです

  • of the sensitives around us.

    今度 誰かに 「敏感すぎる」と言いたくなったら

  • The next time you feel like telling someone, "You're too sensitive!"

    ちょっと立ち止まってほしいのです

  • I would ask you to stop and pause.

    意見する代わりに 理解しようとしてください

  • Fill that pause with understanding.

    ちょっとした受け入れをするだけで お互いの気分が良くなることに気づきますよ

  • You will see that the simple act of acceptance will uplift both of you.

    HSPの仲間たちへ

  • To my fellow HSPs, I say:

    元気を出して 臆せず自分らしさを発揮しましょう

  • Take heart and be unashamedly yourselves.

    強くなろうとしたり

  • Stop trying to toughen up.

    隠れたりしないで あなたはそのままで素晴らしいのです

  • Stop hiding; you're beautiful as you are.

    変だと思ってはいけません

  • Don't feel weird,

    おかしいことがあるとすれば それは あなたではなく

  • because it's not you who can be considered wrong

    腐敗、暴力、強欲が普通という

  • but rather a world in which corruption,

    世界の方なのですから

  • violence, and greed are the norm.

    クリシュナムルティの言葉です

  • As Krishnamurti said,

    「ひどく病んだ社会に うまく適応したところで

  • "It is no measure of health

    それは健康とは言えない」

  • to be well adjusted to a profoundly sick society."

    私は子どもの頃

  • When I was a little girl,

    庭で蝶々を追いかけるのが大好きで

  • I loved chasing butterflies in our garden

    その繊細な美しさに見惚れていました

  • and I admired their fragile beauty.

    「蝶々を守らなくちゃ」と強く感じ

  • I felt a deep urge to protect them,

    草や花を敷き詰めた小さなガラス瓶の中に

  • so I decided to trap them in little mason jars

    蝶々を閉じ込めました

  • filled with grass and flowers,

    部屋の中で私と一緒にいれば 安全だからです

  • to keep them safe with me in my room.

    すぐに わかりました

  • I quickly understood:

    蝶々は捕らわれの身を好みません

  • butterflies do not like captivity.

    おかげで理解できました 蝶々を救う必要はないのです

  • This made me understand: they did not need to be rescued,

    自然生態系の中で 色とりどりの姿をしていることこそが

  • Their colorful contribution to the natural ecosystem

    蝶々の存在意義だったのです

  • was exactly as it should be.

    同様に

  • Similarly,

    HSPも世の中の苦痛から逃れて

  • HSPs should not hide away

    温室の中に身を隠していては いけません

  • from the pain of this world in a protective incubator.

    一歩を踏み出し 自らの感受性という才能を

  • It is their role to step up and share

    皆と分かち合うことが HSPの役目です

  • their sensitive gifts with all of us.

    人間である以上 私たちは皆

  • I believe, as humans, we are all united

    感受性や思いやりの経験によって 結ばれていると信じています

  • by our experience of sensitivity and empathy.

    また HSPでなくても 他者を気遣い 世の中を良くすることはできます

  • Also I don't believe you need to be an HSP to care and to make a difference.

    こんにち 私たちは 政治、文化、環境において

  • We are facing grave political,

    深刻な問題に直面しています

  • cultural, and environmental problems today.

    これまで以上に 今こそ