Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I am going to talk about myself,

    翻訳: Mio Yamaguchi 校正: Masaki Yanagishita

  • which I rarely do, because I --

    これから私自身について話しますが

  • well for one thing, I prefer to talk about things I know nothing about.

    それは滅多にないことです

  • And secondly, I'm a recovering narcissist.

    なぜなら まず 自分が全く知らないことを話す方が好きですし

  • (Laughter)

    さらに私は自分のナルシシストぶりを 治そうともしているからです

  • I didn't know I was a narcissist actually.

    (笑)

  • I thought narcissism meant you loved yourself.

    まさか自分がナルシシストとは 知りませんでした

  • And then someone told me there is a flip side to it.

    自分を愛しているという意味だと思ってたので

  • So it's actually drearier than self-love;

    でも別の意味があると教わったのです

  • it's unrequited self-love.

    実際は自己愛よりもっとわびしい意味でした

  • (Laughter)

    報われない自己愛という意味だからです

  • I don't feel I can afford a relapse.

    (笑)

  • But I want to, though, explain

    再発はごめんです

  • how I came to design my own particular brand of comedy

    ただ 私が独自のコメディを どう育てたかについては

  • because I've been through so many different forms of it.

    お話ししたいと思います

  • I started with improvisation,

    様々な変遷を経てきたものですから

  • in a particular form of improvisation called theater games,

    最初は即興から始めました

  • which had one rule,

    シアターゲームと呼ばれる即興の形です

  • which I always thought was a great rule for an ethic for a society.

    ルールがひとつありまして

  • And the rule was, you couldn't deny the other person's reality,

    社会倫理としても 素晴らしいルールだと思います

  • you could only build on it.

    他人の現実は否定しないというルールです

  • And of course we live in a society that's all about

    受け入れた上に積み上げていくのです

  • contradicting other peoples' reality.

    他人の現実と矛盾することがすべてである 社会に私たちは生きています

  • It's all about contradiction,

    矛盾が全てなのです

  • which I think is why I'm so sensitive to contradiction in general.

    私が矛盾についてとても敏感なのは

  • I see it everywhere.

    至る所に見受けられるからです

  • Like polls. You know, it's always curious to me

    例えば世論調査です

  • that in public opinion polls

    私にとっては常に興味深いものですが

  • the percentage of Americans who don't know the answer to any given question

    世論調査のどんな質問であっても 「分からない」と回答するアメリカ人の割合は

  • is always two percent.

    常に2%なのです

  • 75 percent of Americans

    75%ものアメリカ人が

  • think Alaska is part of Canada.

    アラスカはカナダの一部だと思っているのに

  • But only two percent don't know the effect

    アルゼンチン崩壊が IMF金融政策に与える影響について

  • that the debacle in Argentina will have on the IMF's monetary policy --

    「分からない」と回答する人が わずか2%しかいないのです

  • (Laughter)

    (笑)

  • seems a contradiction.

    矛盾に思われてなりません

  • Or this ad that I read in the New York Times:

    またはニューヨークタイムズの この広告です

  • "Wearing a fine watch speaks loudly of your rank in society.

    「上質な腕時計は 社会的地位を声高に主張します

  • Buying it from us screams good taste."

    当店で それを購入すれば センスの良さが耳をつん裂きます」

  • (Laughter)

    (笑)

  • Or this that I found in a magazine called California Lawyer,

    『カリフォルニア・ロイヤー』 という雑誌で見つけた

  • in an article that is surely meant for the lawyers at Enron.

    特にエンロンの弁護士に向けた 記事だと思うのですが

  • "Surviving the Slammer: Do's and Don'ts."

    「刑務所で生き延びる: すべきこととすべきではないこと」

  • (Laughter)

    (笑)

  • "Don't use big words."

    「大げさな言葉を使わないこと」

  • (Laughter)

    (笑)

  • "Learn the lingua franca."

    「リングァ・フランカ(共通語)を学ぶこと」

  • (Laughter)

    (笑)

  • Yeah. "Lingua this, Frankie."

    そうです 「フランキー 舐めてごらん」

  • (Laughter)

    (笑)

  • And I suppose it's a contradiction that I

    多分 数学がわからないのに

  • talk about science when I don't know math.

    私が科学について話すのも 矛盾でしょう

  • You know, because -- and by the way to I was so grateful to Dean Kamen

    ディーン・ケイメン(アメリカの発明家) にはとても感謝してます

  • for pointing out that one of the reasons,

    女性と少数民族が

  • that there are cultural reasons

    科学とテクノロジーに 携わらない理由の一つとして

  • that women and minorities don't enter the fields of science and technology --

    文化的理由を指摘して くれたのですから

  • because for instance, the reason I don't do math is,

    例えば私が数学をしない理由は

  • I was taught to do math and read at the same time.

    数学と読み方を 同時に教えられたからです

  • So you're six years old, you're reading Snow White and the Seven Dwarves,

    6歳の時に 『白雪姫と七人のこびと』を読むと

  • and it becomes rapidly obvious

    すぐにわかるのは

  • that there are only two kinds of men in the world:

    世界には二種類しか男性がいないことです

  • dwarves and Prince Charmings.

    小人と素敵な王子様です

  • And the odds are seven to one against your finding the prince.

    王子様が見つかる確率は7対1です

  • (Laughter)

    (笑)

  • That's why little girls don't do math. It's too depressing.

    だから女の子たちは数学をしないのです あまりに気が滅入るからです

  • (Laughter)

    (笑)

  • Of course, by talking about science

    もちろん科学について喋ることで

  • I also may, as I did the other night,

    例えばある晩そうであったように

  • incur the violent wrath of some scientists

    科学者たちの激しい怒りを買うこともあり

  • who were very upset with me.

    彼らは私をとても忌々しく思ったんです

  • I used the word postmodern as if it were OK.

    ポストモダンという単語を 問題なしとみなして使ったことが

  • And they got very upset.

    どうも彼らを逆なでしたようなのです

  • One of them, to his credit, I think really just wanted to engage me

    その中の一人は — その人の名誉のために言うと

  • in a serious argument.

    私と真剣な議論が したかっただけだと思います

  • But I don't engage in serious arguments.

    でも私は真剣な議論には加わりません

  • I don't approve of them

    意味があるとは思いません

  • because arguments, of course, are all about contradiction,

    議論とは必ず矛盾に関するものですし 私が疑問視する価値に

  • and they're shaped by the values that I have questions with.

    基づいているからです

  • I have questions with the values of Newtonian science,

    私はニュートン科学の価値観に 疑問を持っています

  • like rationality. You're supposed to be rational in an argument.

    例えば合理性です 議論するには合理性が求められます

  • Well rationality is constructed

    合理性を構築するのは

  • by what Christie Hefner was talking about today,

    本日もクリスティー・ヘフナー(アメリカの 女性実業家)が言ったように

  • that mind-body split, you know?

    精神と身体の分断です

  • The head is good, body bad.

    頭は善で身体は悪なんです

  • Head is ego, body id.

    頭は自我(エゴ)であり 身体は原我(イド、本能的衝動)です

  • When we say "I," -- as when Rene Descartes said,

    ルネ・デカルトが「我思う故に我あり」と 言ったように

  • "I think therefore I am," --

    私たちが「私」と言う時

  • we mean the head.

    頭のことを言っているのです

  • And as David Lee Roth sang in "Just a Gigolo,"

    デイヴィッド・リー・ロスは 『ジャスト・ア・ジゴロ』で

  • "I ain't got no body."

    「俺には体が無い」と歌いました

  • That's how you get rationality.

    それが合理性を得る方法です

  • And that's why so much of humor

    ユーモアの多くは

  • is the body asserting itself against the head.

    体が頭に対して対抗するところにあります

  • That's why you have toilet humor and sexual humor.

    ですからトイレのユーモアや 性的なユーモアが沢山あるのです

  • That's why you have the Raspyni Brothers

    なのでラスピニ・ブラザーズ (有名ジャグラー)が

  • whacking Richard in the genital area.

    リチャードの急所を鞭で打つと

  • And we're laughing doubly then

    私たちは二重に笑ってしまうのです

  • because he's the body, but it's also --

    なぜなら彼は体であり また同時に

  • Voice offstage: Richard.

    舞台裏から:「リチャードだ」

  • Emily Levine: Richard. What did I say?

    レビーン:「リチャードね 私なんて言いましたっけ」

  • (Laughter)

    (笑)

  • Richard. Yes but it's also the head,

    そうリチャードです 同時に「頭」

  • the head of the conference.

    このカンファレンスの議長でもあるのです

  • That's the other way that humor --

    そこがまた別の笑えるところです

  • like Art Buchwald takes shots at the heads of state.

    アート・バックウォルド(ユーモア作家)が 州のお偉いさんを風刺するようなものです

  • It doesn't make quite as much money as body humor I'm sure --

    間違いなく 体のユーモアほどは お金にならないでしょうが

  • (Laughter)

    (笑)

  • but nevertheless, what makes us treasure you and adore you.

    でも そのおかげで私たちは あなたを大事にし 敬愛するんですよ

  • There's also a contradiction in rationality in this country though,

    この国には合理性の中に矛盾もあります

  • which is, as much as we revere the head,

    指導者を崇拝すると同時に

  • we are very anti-intellectual.

    とても反知性主義的なのです

  • I know this because I read in the New York Times,

    ニューヨークタイムズを読んで知っています

  • the Ayn Rand foundation took out a full-page ad

    アイン・ランド基金が出した全面広告です

  • after September 11,

    9/11事件の後のことですが

  • in which they said, "The problem is not Iraq or Iran,

    「問題はイラクでもイランでもなく

  • the problem in this country, facing this country

    この国が直面する問題とは

  • is the university professors and their spawn."

    大学教授と その卵たちなのだ」

  • (Laughter)

    (笑)

  • So I went back and re-read "The Fountainhead."

    なので私は戻って ランドの書いた『水源』を読み返しました

  • (Laughter)

    (笑)

  • I don't know how many of you have read it.

    皆さんの何人が読まれたか知りませんが

  • And I'm not an expert on sadomasochism.

    私はSMのプロではありませんが

  • (Laughter)

    (笑)

  • But let me just read you a couple of random passages from page 217.

    適当に数行読み上げてみましょう ページ217から

  • "The act of a master

    「主人が奴隷を

  • taking painful contemptuous possession of her,

    屈辱的に軽蔑的に所有する様な その男の振る舞いは

  • was the kind of rapture she wanted.

    彼女が欲していた種類の恍惚だった」

  • When they lay together in bed it was,

    「ふたりがベッドにいるときのありようは

  • as it had to be, as the nature of the act demanded,

    それがいつもそうだったように その行為の本質が要求するように

  • an act of violence.

    暴力的だ」

  • It was an act of clenched teeth and hatred. It was the unendurable.

    「また その行為は 食いしばった歯と憎悪の行為だ

  • Not a caress, but a wave of pain.

    耐え難いものであり 苦闘であり

  • The agony as an act of passion."

    情熱の行為でもある」 (参考:『水源』藤森かよこ 日本語訳)

  • So you can imagine my surprise

    なので私が驚いたことは 想像に難くないと思うのですが

  • on reading in The New Yorker

    ザ・ニューヨーカー誌を読んでいましたら

  • that Alan Greenspan, Chairman of the Federal Reserve,

    アラン・グリーンスパン 連邦準備制度理事会議長は

  • claims Ayn Rand as his intellectual mentor.

    彼の知的メンターは アイン・ランドだと言うのですから

  • (Laughter)

    (笑)

  • It's like finding out your nanny is a dominatrix.

    まるで自分の乳母がサド女王様だと 気がついたようなものです

  • (Laughter)

    (笑)

  • Bad enough we had to see J. Edgar Hoover in a dress.

    J.エドガー・フーバー(初代FBI長官)の 女装を見させられただけでも相当ひどいのに

  • Now we have to picture Alan Greenspan

    今やアラン・グリーンスパンが

  • in a black leather corset, with a butt tattoo that says,

    黒の皮コルセットを着て お尻には刺青が

  • "Whip inflation now."

    「直ちにインフレに鞭を」ってあるのが 想像されてしまいます (笑)

  • (Laughter)

    (訳注:Whip inflation nowは フォード大統領の経済キャンペーン)

  • And Ayn Rand of course, Ayn Rand

    もちろんアイン・ランドは

  • is famous for a philosophy called Objectivism,

    客観主義という思想で知られていますが

  • which reflects another value of Newtonian physics,

    それはニュートン物理学の もう1つの価値 すなわち

  • which is objectivity.

    客観性を反映しています

  • Objectivity basically is constructed

    客観性とは基本的に

  • in that same S&M way.

    SMと同じに構築されています

  • It's the subject subjugating the object.

    主体が客体を征服するのです

  • That's how you assert yourself.

    それが自己主張ということなのです

  • You make yourself the active voice.

    自らが能動態(voice)となり

  • And the object is the passive no-voice.

    対象は受動的となり 声を無くす(no-voice)のです

  • I was so fascinated by that Oxygen commercial.

    私は例の酸素のコマーシャルに 心奪われていました

  • I don't know if you know this but --

    ご存知かどうか知りませんが

  • maybe it's different now, or maybe you were making a statement --

    今はもう違うのかもしれませんし そう主張していたのかもしれません

  • but in many hospital nurseries across the country,

    この国の多くの病院の新生児室では

  • until very recently anyway, according to a book by Jessica Benjamin,

    つい最近までジェシカ・ベンジャミン (フェミニズム精神分析家)の本で

  • the signs over the little boys cribs read,

    男の子のベイビーベッドの上には

  • "I'm a boy,"

    「僕(I)は男の子だ!」とあって

  • and the signs over the little girls cribs read,

    女の子のベイビーベッドの上には

  • "It's a girl." Yeah.

    「女の子だわ(It)!」とあるのです

  • So the passivity was culturally

    文化的には 生まれたばかりの少女にさえ

  • projected onto the little girls.

    受動性が投影されるのです

  • And this still goes on as I think I told you last year.

    去年もお話しましたように 流れは未だに続います

  • There's a poll that proves --

    証明する世論調査があります

  • there was a poll that was given by Time magazine,

    タイム誌が行った調査です

  • in which only men were asked, "Have you ever had sex

    男性だけを調査対象としたもので

  • with a woman you actively disliked?"

    「はっきりと好きではない女性と セックスをしたことがありますか」

  • And well, yeah.

    そうなんです

  • Well, 58 percent said yes,

    で58%は「はい」と回答しました

  • which I think is overinflated though

    この数字は水増しされていると 思いますけれども

  • because so many men if you just say,

    なぜならあまりに多くの男性が

  • "Have you ever had sex ... " "Yes!"

    「セックスをしたことが…」と言っただけで 「はい!」と回答して

  • They don't even wait for the rest of it.

    質問を最後まで聞きもしないのですから

  • (Laughter)

    (笑)

  • And of course two percent did not know whether they'd had --

    そして当然2%は セックスしたことがあるか分からない

  • (Laughter)

    (笑)

  • That's the first callback,

    4題の話をするつもりだと言いましたが

  • of my attempted quadruple.

    これは最初の引用でした

  • (Laughter)

    (笑)

  • So this subject-object thing,

    さて この主体−客体というものは

  • is part of something I'm very interested in

    私がとても興味を持っていることの一部です

  • because this is why, frankly, I believe in political correctness.

    私がポリティカル・コレクトネスを 信ずる背景だからです

  • I do. I think it can go too far.

    あまりにも行き過ぎることもありますけど

  • I think Ringling Brothers may have gone too far

    リンリン・ブラザーズ (世界3大サーカスの一つ)の

  • with an ad they took out in the New York Times Magazine.

    ニューヨークタイムズ誌の広告は 行き過ぎだと思います

  • "We have a lifelong emotional and financial

    「私たちには一生をかけた 感情的、経済的コミットメントがあります

  • commitment to our Asian Elephant partners."

    パートナーであるアジア象に対して」

  • (Laughter)

    (笑)

  • Maybe too far. But you know --

    もしかしたらやりすぎかもしれません けれども

  • I don't think that

    有色人種が白人をからかうことが

  • a person of color making fun of white people

    白人が有色人種をからかうのと

  • is the same thing as a white person making fun of people of color.

    同じことだと 私には思えません

  • Or women making fun of men is the same as men making fun of women.

    または女性が男性を笑うのと 男性が女性を笑うのは異なりますし

  • Or poor people making fun of rich people, the same as rich people.

    貧しい人とお金持ちもそうです

  • I think you can make fun of the have but not the have-nots,

    持てる者を嘲笑するのは良くても 持たざる者はいけません

  • which is why you don't see me making fun of

    ですから私が ケネス・レイ(元エンロン会長)と

  • Kenneth Lay and his charming wife.

    そのチャーミングな奥さんを 笑い者にするなんてあり得ません

  • (Laughter)

    (笑)

  • What's funny about being down to four houses?

    自分の家が4軒しか残っていないなんて 面白おかしいことではありません

  • (Laughter)

    (笑)

  • And I really learned this lesson

    このことを本当に学んだのは

  • during the sex scandals of the Clinton administration or,

    クリントン政権下 セックススキャンダルの時でした

  • Or as I call them, the good ol' days.

    もしくは古き良き時代と私が呼ぶところです

  • (Laughter)

    (笑)

  • When people I knew, you know, people who considered themselves liberal,

    いわゆる自分のことを 進歩的と考えたり

  • and everything else,

    何か主張のある人たちは

  • were making fun of Jennifer Flowers and Paula Jones.

    ジェニファー・フラワーズや ポーラ・ジョーンズを馬鹿にしていました

  • Basically, they were making fun of them for being

    (ともにクリントン政権スキャンダルの 中心人物)

  • trailer trash or white trash.

    トレーラーにすむような貧乏人 貧乏白人であるとして馬鹿にしたのです

  • It seems, I suppose, a harmless prejudice

    それは思うに無害な偏見であり

  • and that you're not really hurting anybody.

    誰かを特に傷つけようとはしていません

  • Until you read, as I did, an ad in the Los Angeles Times.

    ロサンジェルス・タイムズ誌で見かけた ある広告を読むまでは です

  • "For sale: White trash compactor."

    「販売中:ホワイト・トラッシュ圧縮機」

  • (Laughter)

    (笑)

  • So this whole subject-object thing

    なのでこの主体−客体の話全体は

  • has relevance to humor in this way.

    ユーモアとこのように関係があるのです

  • I read a book by a woman named Amy Richlin,

    私はエイミー・リッチリンという女性の本を 読みました

  • who is the chair of the Classics department at USC.

    彼女はUSC(南カリフォルニア大学)の 古典の教授です

  • And the book is called "The Garden of Priapus."

    本の名前は『プリアポスの庭』といいます

  • And she says that Roman humor

    彼女曰く ローマのユーモアは

  • mirrors the construction of Roman society.

    ローマ社会の構造を 鏡のように映し出しています

  • So that Roman society was very top/bottom,

    ローマの社会は 極端に身分が高いか低いでした

  • as ours is to some degree.

    私たちの社会も 幾分そうですが

  • And so was humor.

    なのでユーモアもそうでした

  • There always had to be the butt of a joke.

    冗談にはお尻がなければいけないのです

  • So it was always the satirist,

    ジュベナール(ローマの風刺家)や

  • like Juvenal or Martial,

    マルティアリス(ラテン語詩人) のような風刺家は

  • represented the audience,

    観客を代表して

  • and he was going to make fun of the outsider,

    部外者をからかいます

  • the person who didn't share that subject status.

    主体という地位を持っていない人です

  • And in stand-up of course,

    そしてもちろん スタンドアップ・コメディーでは

  • the stand-up comedian is supposed to dominate the audience.

    コメディアンとは観客の 優位に立つものなのです

  • A lot of heckling is the tension

    コメディアンが観客を頻繁にいじるのは

  • of trying to make sure that the

    観客を確実に制圧しようとする

  • comedian is going to be able to dominate,

    テンションであり

  • and overcome the heckler.

    やじる人を制圧するためなのです

  • And I got good at that when I was in stand up.

    スタンドアップをやっていた私は それが上手くなりました

  • But I always hated it because they were