Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • There are three words that explain why I am here.

    私がここにいる理由を説明する3つの言葉があります。

  • They are "Amy Krouse Rosenthal."

    彼らは "エイミー・クルーゼ・ローゼンタール "だ

  • At the end of Amy's life,

    エイミーの人生の最後に。

  • hyped up on morphine and home in hospice,

    ホスピスのモルヒネと在宅で大騒ぎ。

  • the "New York Times" published an article she wrote

    ニューヨーク・タイムズ」に彼女が書いた記事が掲載されました。

  • for the "Modern Love" column on March 3, 2017.

    2017年3月3日の「現代の恋愛」コラムに

  • It was read worldwide by over five million people.

    全世界で500万人以上に読まれました。

  • The piece was unbearably sad,

    堪らないほど切ない作品でした。

  • ironically funny

    皮肉たっぷり

  • and brutally honest.

    と正直に語っています。

  • While it was certainly about our life together,

    確かに私たちの生活についての話でしたが

  • the focus of the piece was me.

    作品の焦点は私でした。

  • It was called, "You May Want to Marry My Husband."

    "私の夫と結婚したいかもしれない "と言われていた

  • It was a creative play on a personal ad for me.

    それは私のための個人的な広告の創造的な遊びでした。

  • Amy quite literally left an empty space for me to fill

    エイミーは文字通り、私が埋めるために空のスペースを残しました。

  • with another love story.

    別のラブストーリーで

  • Amy was my wife for half my life.

    エイミーは私の人生の半分は妻でした。

  • She was my partner in raising three wonderful, now grown children,

    今では立派に成長した3人の子供たちを育てるパートナーでした。

  • and really, she was my girl, you know?

    そして、本当に、彼女は私の彼女だったんです。

  • We had so much in common.

    私たちには共通点がたくさんありました。

  • We loved the same art,

    私たちは同じ芸術を愛していました。

  • the same documentaries, the same music.

    同じドキュメンタリー、同じ音楽

  • Music was a huge part of our life together.

    音楽は私たちの人生の大きな部分を占めていました。

  • And we shared the same values.

    そして、私たちは同じ価値観を共有していました。

  • We were in love,

    私たちは恋をしていました。

  • and our love grew stronger up until her last day.

    彼女の最後の日まで、私たちの愛はより強くなりました。

  • Amy was a prolific author.

    エイミーは多作の作家だった。

  • In addition to two groundbreaking memoirs,

    2つの画期的な回顧録に加えて

  • she published over 30 children's books.

    30冊以上の児童書を出版している。

  • Posthumously, the book she wrote with our daughter Paris,

    死後、娘のパリスと一緒に書いた本。

  • called "Dear Girl,"

    親愛なる少女と呼ばれる

  • reached the number one position on the "New York Times" bestseller list.

    ニューヨーク・タイムズ」のベストセラーリストで1位を獲得した。

  • She was a self-described tiny filmmaker.

    彼女は自称ちっちゃい映像作家だった。

  • She was 5'1" and her films were not that long.

    彼女は5'1 "で、彼女の映画はそんなに長くはなかった。

  • (Laughter)

    (笑)

  • Her films exemplified her natural ability to gather people together.

    彼女の映画は、人を集める自然な能力を示していた。

  • She was also a terrific public speaker,

    彼女は人前で話すのも凄かった。

  • talking with children and adults of all ages

    童話

  • all over the world.

    世界中で

  • Now, my story of grief is only unique in the sense of it being rather public.

    今、私の悲しみの話は、それがかなり公共的なものであるという意味で、唯一無二のものです。

  • However, the grieving process itself was not my story alone.

    しかし、悲嘆にくれること自体は、私だけの話ではありませんでした。

  • Amy gave me permission to move forward, and I'm so grateful for that.

    エイミーが前に進む許可をくれたので、感謝しています。

  • Now, just a little over a year into my new life,

    さて、新生活に入って1年ちょっと。

  • I've learned a few things.

    いくつかのことを学びました。

  • I'm here to share with you part of the process of moving forward

    前に進むためのプロセスの一部を共有するためにここにいます。

  • through and with grief.

    悲しみを通して、そして悲しみと共に。

  • But before I do that, I think it would be important

    でも、その前に重要なのは

  • to talk a little bit about the end of life,

    人生の終わりのことを少し話してみましょう。

  • because it forms how I have been emotionally since then.

    それが今までの自分の心のあり方を形成しているからです。

  • Death is such a taboo subject, right?

    死はそんなにタブーな話題なんですね。

  • Amy ate her last meal on January 9, 2017.

    2017年1月9日に最後の食事を食べたエイミー。

  • She somehow lived an additional two months

    彼女はどうにかしてさらに2ヶ月間生きていた

  • without solid food.

    固形の食べ物がなくても

  • Her doctors told us we could do hospice at home

    彼女の主治医は、自宅でホスピスができると言っていました。

  • or in the hospital.

    または病院で。

  • They did not tell us that Amy would shrink to half her body weight,

    エイミーが体重の半分まで縮むとは言わなかった。

  • that she would never lay with her husband again,

    彼女は二度と夫とは寝ないと言っていた。

  • and that walking upstairs to our bedroom would soon feel like running a marathon.

    2階の寝室まで歩くと マラソンをしているような気分になると言っていた

  • Home hospice does have an aura of being a beautiful environment to die in.

    在宅ホスピスは、美しい環境で死ねるというオーラを持っています。

  • How great that you don't have the sounds of machines beeping

    どのように偉大なあなたは、マシンのビープ音を持っていないことを

  • and going on and off all the time,

    と常にオンとオフを行っています。

  • no disruptions for mandatory drug administration,

    強制的な薬物投与のための混乱はありません。

  • home with your family to die.

    家族と一緒に家に帰って死ぬ

  • We did our best to make those weeks as meaningful as we could.

    その週をできるだけ有意義なものにするために、私たちは最善を尽くしました。

  • We talked often about death.

    死の話をよくしました。

  • Everybody knows it's going to happen to them, like, for sure,

    誰もが知っていることですが、彼らの身にも起こることは間違いありません。

  • but being able to talk openly about it was liberating.

    でも、それについて率直に話すことができたことは、解放感がありました。

  • We talked about subjects like parenting.

    子育てなどの話題で盛り上がりました。

  • I asked Amy how I could be the best parent possible to our children in her absence.

    私はエイミーに、彼女がいない間、どうすれば子供たちにとって最高の親になれるのかと尋ねた。

  • In those conversations, she gave me confidence

    その会話の中で、彼女は私に自信を与えてくれました

  • by stressing what a great relationship I had with each one of them,

    一人一人との関係がいかに素晴らしいものであったかを強調することで

  • and that I can do it.

    と、自分にもできることを。

  • I know there will be many times

    何度もあると思いますが

  • where I wish she and I can make decisions together.

    彼女と私が一緒に決められたらいいなと思うところ。

  • We were always so in sync.

    私たちはいつも同調していた

  • May I be so audacious as to suggest

    僭越ながら

  • that you have these conversations now,

    あなたが今、このような会話をしていることを

  • when healthy.

    健康な時に

  • Please don't wait.

    お待たせしませんように。

  • As part of our hospice experience, we organized groups of visitors.

    ホスピス体験の一環として、訪問者のグループを組織しました。

  • How brave of Amy to receive them, even as she began her physical decline.

    エイミーが肉体的に衰え始めていたとしても、それを受け取るとは、何と勇敢なことでしょう。

  • We had a Krouse night,

    クルースの夜を過ごしました。

  • her parents and three siblings.

    彼女の両親と3人の兄弟。

  • Friends and family were next.

    次は友人や家族の番でした。

  • Each told beautiful stories of Amy and of us.

    それぞれがエイミーと私たちの美しい物語を語ってくれました。

  • Amy made an immense impact on her loyal friends.

    エイミーは忠実な友人たちに絶大な影響を与えた。

  • But home hospice is not so beautiful for the surviving family members.

    しかし、在宅ホスピスは、遺族にとってはそれほど美しいものではありません。

  • I want to get a little personal here and tell you that to this date,

    ここで少し個人的なことを言っておきたいのですが、この日までに

  • I have memories of those final weeks that haunt me.

    最後の数週間の思い出が頭をよぎる。

  • I remember walking backwards to the bathroom,

    トイレに向かって後ろ向きに歩いたのを覚えています。

  • assisting Amy with each step.

    エイミーの各ステップを支援しています。

  • I felt so strong.

    強く感じました。

  • I'm not such a big guy,

    私はそんな大物ではありません。

  • but my arms looked and felt so healthy compared to Amy's frail body.

    でも、エイミーの虚弱な体に比べて、私の腕はとても健康そうに見えて、感じました。

  • And that body failed in our house.

    そして、その身体は我が家では失敗しました。

  • On March 13 of last year,

    昨年の3月13日に

  • my wife died of ovarian cancer in our bed.

    妻が卵巣がんで亡くなったのは、私たちのベッドの中でした。

  • I carried her lifeless body

    私は彼女の命のない体を運んだ

  • down our stairs,

    階段を降りて

  • through our dining room

    食堂を通って

  • and our living room

    と我が家のリビング

  • to a waiting gurney

    待機台に

  • to have her body cremated.

    彼女の遺体を火葬するために

  • I will never get that image out of my head.

    そのイメージが頭から離れない。

  • If you know someone who has been through the hospice experience,

    ホスピスを経験した人を知っているなら

  • acknowledge that.

    それを認めてください。

  • Just say you heard this guy Jason

    ジェイソンの話を聞いたと言ってくれ

  • talk about how tough it must be to have those memories

    思い出を語る

  • and that you're there if they ever want to talk about it.

    彼らがそれについて話したいときは、あなたがそこにいることを知っています。

  • They may not want to talk,

    彼らは話したくないのかもしれません。

  • but it's nice to connect with someone living each day with those lasting images.

    でも、そのようなイメージを持って毎日を生きている人とつながるのは素敵なことだと思います。

  • I know this sounds unbelievable, but I've never been asked that question.

    信じられないように聞こえるかもしれませんが、私はその質問をされたことがありません。

  • Amy's essay caused me to experience grief in a public way.

    エイミーのエッセイは、私に公の場で悲しみを体験させてくれました。

  • Many of the readers who reached out to me wrote beautiful words of reflection.

    手を差し伸べてくれた読者の多くが、美しい反省の言葉を書いてくれました。

  • The scope of Amy's impact was deeper and richer

    エイミーの影響力はより深く、より豊かなものでした。

  • than even us and her family knew.

    私たちや彼女の家族が知っている以上に

  • Some of the responses I received helped me with the intense grieving process

    私が受け取ったいくつかの回答は、私の強烈な悲嘆のプロセスを助けてくれました。

  • because of their humor,

    ユーモアがあるから

  • like this email I received from a woman reader

    女性読者の方からいただいたこのメールのように

  • who read the article, declaring,

    と宣言して記事を読んだ人。

  • "I will marry you when you are ready --

    "あなたが準備ができたら結婚するわ

  • (Laughter)

    (笑)

  • "provided you permanently stop drinking.

    "永久に酒を止めればいい

  • No other conditions.

    その他の条件はありません。

  • I promise to outlive you.

    あなたより長生きすることを約束します。

  • Thank you very much."

    ありがとうございました。"

  • Now, I do like a good tequila, but that really is not my issue.

    美味しいテキーラは好きだが それは私の問題ではない

  • Yet how could I say no to that proposal?

    その提案を断ることができるのか?

  • (Laughter)

    (笑)

  • I laughed through the tears when I read this note from a family friend:

    家族の友人からのこのメモを読んで、涙ながらに笑ってしまいました。

  • "I remember Shabbat dinners at your home

    "あなたの家での安息日の夕食を覚えています

  • and Amy teaching me how to make cornbread croutons.

    とエイミーがコーンブレッドクルトンの作り方を教えてくれました。

  • Only Amy could find creativity in croutons."

    クルトンに創造性を見いだせるのは エイミーだけ。

  • (Laughter)

    (笑)

  • On July 27, just a few months after Amy's death,

    エイミーの死からわずか数ヶ月後の7月27日。

  • my dad died of complications

    おやじが合併症で死んだ

  • related to a decades-long battle with Parkinson's disease.

    パーキンソン病との数十年にわたる戦いに関連しています。

  • I had to wonder: How much can the human condition handle?

    疑問に思ったことがありました。人間の状態はどれだけのことができるのだろうか?

  • What makes us capable of dealing with this intense loss

    この強烈な損失に対処できるのは何なのか?

  • and yet carry on?

    それでも続けるのか?

  • Was this a test?

    これはテストだったのか?

  • Why my family and my amazing children?

    なぜ私の家族と私の素晴らしい子供たちなのか?

  • Looking for answers, I regret to say, is a lifelong mission,

    答えを探すことは、残念ながら生涯の使命です。

  • but the key to my being able to persevere

    辛抱できるかどうかの鍵は

  • is Amy's expressed and very public edict

    は、エイミーが表明した、非常に公然とした命令です。

  • that I must go on.

    私は先に進まなければならない

  • Throughout this year, I have done just that.

    この一年を通して、私はただそれだけのことをしてきました。

  • I have attempted to step out and seek the joy and the beauty

    私は一歩踏み出して、喜びと美しさを求めようとしました。

  • that I know this life is capable of providing.

    この人生が提供できることを知っています。

  • But here's the reality:

    しかし、ここに現実があります。

  • those family gatherings,

    それらの家族の集まり。

  • attending weddings and events honoring Amy,

    エイミーを称える結婚式やイベントに参加しています。

  • as loving as they are,

    彼らのように愛に満ちた

  • have all been very difficult to endure.

    どれもこれも耐え難いものばかりでした。

  • People say I'm amazing.

    人は私のことをすごいと言う。

  • "How do you handle yourself that way during those times?"

    "その時の自分の対処法は?"

  • They say, "You do it with such grace."

    "優雅にやってくれてる "と言われます

  • Well, guess what?

    さて、何だと思う?

  • I really am sad a lot of the time.

    本当に何度も悲しい思いをしました。

  • I often feel like I'm kind of a mess,

    私はよく、自分のことを「なんだか、めちゃくちゃだな」と感じることがあります。

  • and I know these feelings apply to other surviving spouses,

    この気持ちは他の遺族にも当てはまると思います。

  • children, parents

    子親

  • and other family members.

    などの家族がいます。

  • In Japanese Zen, there is a term "Shoji,"

    禅には「障子」という言葉があります。

  • which translates as "birth death."

    "誕生の死 "と訳される

  • There is no separation between life and death

    生死を分けるものではない

  • other than a thin line that connects the two.

    2つをつなぐ細い線以外にも

  • Birth, or the joyous, wonderful, vital parts of life,

    出産、または人生の喜びに満ちた、素晴らしい、生命力に満ちた部分。

  • and death, those things we want to get rid of,

    そして死、私たちはそれらを取り除きたいと思っています。

  • are said to be faced equally.

    は平等に向き合っていると言われています。

  • In this new life that I find myself in,

    この新しい生活の中で、私は自分自身を発見しました。

  • I am doing my best to embrace this concept as I move forward with grieving.

    私はこの概念を受け入れるために最善を尽くしています。

  • In the early months following Amy's death, though,

    しかし、エイミーの死後数ヶ月の間には

  • I was sure that the feeling of despair would be ever-present,

    絶望感はいつまでも消えないだろうと思っていました。

  • that it would be all-consuming.

    それがすべてになってしまうことを。

  • Soon I was fortunate to receive some promising advice.

    すぐに有望なアドバイスを受けることができました。

  • Many members of the losing-a-spouse club

    負け犬部員が多い

  • reached out to me.

    手を差し伸べてくれた。

  • One friend in particular who had also lost her life partner kept repeating,

    同じく人生のパートナーを失ったある友人は、何度も繰り返していました。

  • "Jason, you will find joy."

    "ジェイソン、あなたは喜びを見つけるでしょう"

  • I didn't even know what she was talking about.

    彼女が何を言っているのかもわからなかった。

  • How was that possible?

    どうしてそんなことが可能なんだ?

  • But because Amy gave me very public permission

    でも、エイミーが公開の許可をくれたから

  • to also find happiness,

    にも幸せを見つけることができます。

  • I now have experienced joy from time to time.

    今では時々喜びを経験しています。

  • There it was, dancing the night away at an LCD Soundsystem concert,

    LCD Soundsystemのコンサートで一晩中踊っていました。

  • traveling with my brother and best friend or with a college buddy on a boys' trip

    弟や親友との旅行や大学の仲間との男子旅

  • to meet a group of great guys I never met before.

    今まで出会ったことのないような素敵なグループに出会うために

  • From observing that my deck had sun beating down on it on a cold day,

    寒い日にはデッキに太陽が降り注いでいた。

  • stepping out in it, laying there,

    その中に踏み出して、そこに横たわっている。

  • the warmth consuming my body.

    暖かさが体を蝕む

  • The joy comes from my three stunning children.

    喜びは、私の3人の素晴らしい子供たちから得られるものです。

  • There was my son Justin,

    息子のジャスティンがいた

  • texting me a picture of himself with an older gentleman

    おにいさんとの写メ

  • with a massive, strong forearm and the caption, "I just met Popeye,"

    "ポパイに会ったばかりだ "という キャプションで

  • with a huge grin on his face.

    と大きなニヤリとした表情で

  • (Laughter)

    (笑)

  • There was his brother Miles, walking to the train

    弟のマイルズが電車に向かって歩いていた

  • for his first day of work after graduating college,

    大学を卒業してからの初仕事の日のために

  • who stopped and looked back at me and asked,

    と立ち止まって振り返って聞いてきた人。

  • "What am I forgetting?"

    "何を忘れているのか?"

  • I assured him right away, "You are 100 percent ready. You got this."

    私はすぐに断言しました。"あなたは100%の準備ができている "と。君ならできる"

  • And my daughter Paris,

    そして娘のパリス。

  • walking together through Battersea Park in London,

    ロンドンのバタシー公園を一緒に歩く。

  • the leaves piled high,

    葉っぱが高く積まれています。

  • the sun glistening in the early morning on our way to yoga.

    ヨガに向かう早朝の太陽がキラキラしています。

  • I would add that beauty is also there to discover,

    美しさは発見するためにもあるということを付け加えておきます。

  • and I mean beauty of the wabi-sabi variety

    と侘び寂び品種の美しさを意味する

  • but beauty nonetheless.

    しかし、それにもかかわらず、美しさがある。

  • On the one hand, when I see something in this category, I want to say,

    一方で、このカテゴリーのものを見ると、言いたくなる。

  • "Amy, did you see that? Did you hear that?

    "エイミー、今の見た?今の聞いた?

  • It's too beautiful for you not to share with me."

    "美しすぎて共有できない"

  • On the other hand,

    その一方で

  • I now experience these moments

    私は今、これらの瞬間を経験しています。

  • in an entirely new way.

    全く新しい方法で

  • There was the beauty I found in music,

    音楽の中に見つけた美しさがありました。

  • like the moment in the newest Manchester Orchestra album,

    マンチェスター・オーケストラの最新アルバムに収録されている瞬間のような。

  • when the song "The Alien"

    エイリアン」という曲が出てくると

  • seamlessly transitions into "The Sunshine,"

    "ザ・サンシャイン "へとシームレスに移行します。

  • or the haunting beauty of Luke Sital-Singh's "Killing Me,"

    ルーク・シタル=シンの "Killing Me "の心を揺さぶるような美しさも。

  • whose chorus reads,

    そのコーラスが読み取れます。

  • "And it's killing me that you're not here with me.

    "私と一緒にいないのが嫌でたまらない

  • I'm living happily, but I'm feeling guilty."

    幸せに暮らしているのに、罪悪感を感じている。"

  • There is beauty in the simple moments that life has to offer,

    人生が提供するシンプルな瞬間の中に美しさがある。

  • a way of seeing that world that was so much a part of Amy's DNA,

    エイミーのDNAの一部であった世界を見る方法。

  • like on my morning commute,

    朝の通勤時のように

  • looking at the sun reflecting off of Lake Michigan,

    ミシガン湖に反射する太陽を見ながら

  • or stopping and truly seeing how the light shines

    或は立ち止まって本当に光の輝きを見ることができる

  • at different times of the day

    じかんごとに

  • in the house we built together;

    一緒に建てた家の中で

  • even after a Chicago storm, noticing the fresh buildup of snow

    吹雪の後にも新雪に気づく

  • throughout the neighborhood;

    近所の至る所で

  • or peeking into my daughter's room

    娘の部屋を覗いたり

  • as she's practicing the bass guitar.

    彼女はベースを練習しています。

  • Listen, I want to make it clear that I'm a very fortunate person.

    私は幸運な人間だとはっきりさせておきたい