Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In no other age can so many people have harbored such intense ambitions to become writers.

    <a href="#post_comment_1"><strong>多くの人が作家になりたいという強烈な野望を持つことができる時代は他にはありませんでした。

  • The longing one day to turn out a book, probably a novel or, less likely, an autobiography, lies close to the center of contemporary aspirations.

    いつか本を出したいという切望は、おそらく小説か自伝になるだろうが、現代人の願望の中心に近いところにある。

  • This is, at one level, a hugely welcome development, a consequence of widespread literacy, higher educational standards and a proper focus on the power of books to change lives.

    これはあるレベルでは-大歓迎の発展であり、広く普及した識字率、より高い教育水準、そして生活を変えるための書籍の力に適切な焦点を当てた結果である。

  • But looked at from another angle, it may also, in private, be the result of something more desultory: an epidemic of isolation and loneliness.

    しかし、別の角度から見て、それはまた、プライベートでは、より多くの<a href="#post_comment_2"><strong>desultory</strong><i class="icon-star"></i>何かの結果であるかもしれません</a>:孤立と孤独の流行。

  • The army of literary agents, scouts, editors and writing coaches testifies not only to our love of literature, but also, less intentionally, to an unaddressed groundswell of painful solitude.

    文芸エージェント、スカウト、編集者、ライティング・コーチの軍勢は、私たちの文学への愛だけでなく、あまり意図的ではないが、痛みに満ちた孤独の根拠のない湧き上がりをも証言している。

  • Reasons for wanting to write are multiple of course, but the structurally simplest option may also be the most pervasive: we write because there is no one in the vicinity who will listen.

    書こうと思った理由はもちろん複数ありますが、構造的に最も単純な選択肢は、<a href="#post_comment_3"><strong>普及している</strong><i class="icon-star"></i>かもしれません</a>: 近くに聞いてくれる人がいないから書くのです。

  • We start to long to set down our memories and emotions on a page and to send them out into the wider world because our friends can't be bothered to hear us, because our partners are preoccupied and because it's been agonizingly long since anyone gave us an uninterrupted stretch of time, in which we could be attended to with respect and attentionin short, because we are very lonely.

    私たちは、ページ上の私たちの記憶や感情を設定し、私たちのパートナーが夢中になっているので、私たちの友人が私たちを聞くために気にすることができないので、より広い世界にそれらを送信するために長く開始し、それは誰もが私たちに私たちが尊敬と注意を払って出席することができる時間の途切れないストレッチを与えたので、苦し紛れに長いです - 要するに、私たちは非常に孤独であるため。

  • Writing, for all that it might begin with experiences of joy or disinterested intellectual fascination, also owes its origins to despair, shame and a lack of someone to cry with.

    書くことは、喜びの経験や無関心な知的魅力から始まるかもしれませんが、その起源は絶望や羞恥心、そして一緒に泣いてくれる人がいないことにあります。

  • It's when we've screamed a long time for help, and no one came, that we may begin quietly to burn to write a novel instead.

    助けを求めて長い間叫んでも誰も来なかった時こそ、静かに小説を書くために燃え始めるのではないでしょうか。

  • Writing can be the presenting solution to a more poignant ambition beneath: to be heard, to be held, to be respected, to have our feelings interpreted and soothed, to be known and appreciated.

    書くことは、下にあるより切実な野望への提示の解決策になることができます:聞いてもらうために、開催されるために、尊重されるために、私たちの感情を解釈してもらい、癒され、知られ、感謝されるように。

  • The French writer, Gustave Flaubert, put it at its simplest: if he had been happy in love at eighteen, he wrote, he would never have wanted to become a writer.

    フランスの作家グスタフ・フロベールは、それを最もシンプルに表現しています:もし彼が18歳の時に恋に落ちて幸せだったら、作家になろうとは思わなかっただろうと彼は書いています。

  • At the start of the West's journey into self-awareness, we meet the figure of Socrates, who puts forward a striking proposition: writing is not what thoughtful people should ideally be doing with their time, he suggests.

    自己認識への西洋の旅の始まりで、我々は印象的な提案を提唱するソクラテスの姿に出会う:書くことは、思慮深い人々が理想的に自分の時間を使って何をすべきかではない、と彼は提案しています。

  • For Socrates, writing is a pale imitation of and replacement for our true vocation, which is that of talking to our fellow human beings, in the flesh, in real time, often with a glass of wine on the table, or while walking to the harbour or doing some exercise in the gym, talking about what really matters.

    ソクラテスにとって、書くことは、肉の中で、私たちの仲間の人間に話をすることである私たちの本当の召命のための淡い模倣であり、代替である<a href="#post_comment_4"><strong>in real time</strong><i class="icon-star"></i>、多くの場合、テーブルの上にワイングラスを持って、または港に歩いたり、ジムでいくつかの運動をしている間、本当に重要なものについて話しています。

  • The birth of literature is, in the Socratic worldview, simply a symptom of social isolation and an indictment of our communities.

    文学の誕生は、ソクラテス的世界観においては、社会的孤立の症状に過ぎず、共同体への非難に過ぎない。

  • Even if we find literature the finest of substitutes, infinitely better than anything else yet invented, it still pays to recognize that substitute is what it might primarily be, that writing is, in certain ways, an act of very polite and artful revenge on a world too busy to listen, and that we would never develop such fierce, bookish ambitions, if we had not first been let down by those we needed so much to rely upon.

    たとえ私たちが文学を最高の代用品であり、まだ発明されていない他のものよりも無限に優れていると思ったとしても、代用品とは本来あるべきものであり、書くことはある意味で非常に丁寧で芸術的な復讐の行為であり、もし私たちが頼りにしなければならないものに失望させられなければ、このような激しい本好きの野望を抱くことはなかっただろうということを認識しておくことが大切です。

  • A slightly more conscious awareness of writing as compensation may lend us energy to acknowledge our unrequited ache for more visceral forms of contact.

    償いとして書くことを少し意識的に意識することで、より内臓的な形での接触を求めている私たちの報われない痛みを認めるためのエネルギーを貸してくれるかもしれません。

  • Whatever the satisfactions of writing alone in bed, we should perhaps not cease so easily to give up on the ecstasies of mutual understanding and sympathy.

    ベッドの上で一人で書くことの満足感がどうであれ、相互理解と共感のエクスタシーをあきらめるのは、そう簡単ではないのかもしれない。

  • It's far from easy to write a decent novel. It may be even harder, yet ultimately more rewarding, to learn to locate a circle of true friends.

    まともな小説を書くのは簡単ではありません。真の友人の輪を見つけることを学ぶのはもっと難しいかもしれません。

  • A better world might, from this perspective, be one in which we wanted a little less ardently to be writers because we had collectively grown, ever so slightly, better at listening and making ourselves heard.

    この視点から見ると、より良い世界とは、私たちが作家であることを熱烈に望んでいない世界のことかもしれません。

  • Literature's loss might, in the end, be humanity's gain.

    文学の損失は、最終的には人類の利益になるかもしれない。

  • Thank you for watching, please subscribe to our channel and click the bell icon to turn on notifications.

    ご覧いただきありがとうございます。

  • Our book "What is Culture For ?" helps us find compassion, hope and perspective in the arts.

    私たちの本「文化とは何のためのものか」は、芸術の中に思いやり、希望、展望を見つけるのに役立ちます。

In no other age can so many people have harbored such intense ambitions to become writers.

<a href="#post_comment_1"><strong>多くの人が作家になりたいという強烈な野望を持つことができる時代は他にはありませんでした。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 書く 作家 ソクラテス 小説 孤独 しれ

なぜ多くの人が作家になりたいのか

  • 15557 1104
    Evangeline に公開 2018 年 06 月 05 日
動画の中の単語