Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • So the other morning I went to the grocery store

    翻訳: Saho Shimizu 校正: Masaki Yanagishita

  • and an employee greeted me

    ある朝 食料店に行くと

  • with a "Good morning, sir, can I help you with anything?"

    従業員が私に挨拶をしました

  • I said, "No, thanks, I'm good."

    「おはようございます ご主人 何かお探しですか?」

  • The person smiled and we went our separate ways.

    「いいえ 大丈夫です」と答えると

  • I grabbed Cheerios and I left the grocery store.

    彼は微笑み 去っていきました

  • And I went through the drive-through of a local coffee shop.

    私はシリアルを買い 店を出ました

  • After I placed my order, the voice on the other end said,

    その後 地元のカフェのドライブスルーで

  • "Thank you, ma'am. Drive right around."

    注文した後 店員がこう言いました

  • Now, in the span of less than an hour,

    「どうも奥様 すぐに曲がってください」

  • I was understood both as a "sir" and as a "ma'am."

    この時 たった一時間足らずで

  • But for me, neither of these people are wrong,

    私は「ご主人」「奥さん」と呼ばれています

  • but they're also not completely right.

    私にとってどちらの呼び方も 間違いではないけれど

  • This cute little human is my almost-two-year-old Elliot.

    完全に正しいとは言えません

  • Yeah, alright.

    このかわいい子は もうすぐ2歳のエリオットです

  • And over the past two years,

    ええ そう

  • this kid has forced me to rethink the world

    この2年間 この子は

  • and how I participate in it.

    私の常識や社会参画の仕方についての考えを

  • I identify as transgender and as a parent, that makes me a transparent.

    改めさせました

  • (Laughter)

    トランスジェンダーの 親(ペアレント)ですから

  • (Applause)

    トランスペアレント(透明)なんです(笑)

  • (Cheering)

    (拍手)

  • (Applause)

    (歓声)

  • As you can see, I took this year's theme super literal.

    (拍手)

  • (Laughter)

    私の今年のテーマを 真正面からとらえました

  • Like any good dad joke should.

    (笑)

  • More specifically, I identify as genderqueer.

    父親ジョークがすべて そうであるべきように

  • And there are lots of ways to experience being genderqueer,

    正確に言うと私はジェンダークィア (どちらの性としてもふるまわない)です

  • but for me that means I don't really identify as a man or a woman.

    それを意識する仕方は多くあります

  • I feel in between and sometimes outside of this gender binary.

    私にとっては 男性とも 女性とも思わないってだけのことです

  • And being outside of this gender binary

    時に 自分を中間 あるいは 性別二分にあてはまらないと感じます

  • means that sometimes I get "sired" and "ma'amed"

    性別二分にあてはまらないというのは

  • in the span of less than an hour when I'm out doing everyday things

    シリアルを買ったりする時に

  • like getting Cheerios.

    「ご主人」とも「奥さん」とも

  • But this in between lane is where I'm most comfortable.

    呼ばれるという意味です

  • This space where I can be both a sir and a ma'am

    でも私にとっては この中間状態が最も快適です

  • feels the most right and the most authentic.

    男性、女性の両方になれる状態が

  • But it doesn't mean that these interactions aren't uncomfortable.

    最も正しく 自分らしいと感じられます

  • Trust me, the discomfort can range from minor annoyance

    だからってこういった呼び方が 不快じゃないわけではないですけどね

  • to feeling physically unsafe.

    この不快感は 小さなわずらわしさから

  • Like the time at a bar in college

    身の危険を感じるまで様々です

  • when a bouncer physically removed me by the back of the neck

    大学の時 バーで

  • and threw me out of a woman's restroom.

    警備員に 首の後ろをひっつかまれ

  • But for me, authenticity doesn't mean "comfortable."

    女子トイレから放り出されたことがあります

  • It means managing and negotiating the discomfort of everyday life,

    私にとって 自分自身であるとは 「快適」という意味ではなく

  • even at times when it's unsafe.

    「日常的な不快感を管理し 乗り切る」という意味です

  • And it wasn't until my experience as a trans person

    たとえそれが危険を伴う場合でも

  • collided with my new identity as a parent

    私のトランスジェンダーとしての 今までの経験と

  • that I understood the depth of my vulnerabilities

    親という新しいアイデンティティが 衝突するまで

  • and how they are preventing me from being my most authentic self.

    私は自分の傷つきやすさや

  • Now, for most people, what their child will call them

    それが 最も自分らしくあることを 妨げていることに気づきませんでした

  • is not something that they give much thought to

    ほとんどの人の場合 子供になんと呼ばれるかは

  • outside of culturally specific words

    その文化特有の呼称から外れようが

  • or variations on a gendered theme like "mama," "mommy," or "daddy," "papa."

    性別のある「お母さん」「ママ」 「お父さん」「パパ」 であろうが

  • But for me, the possibility is what this child,

    特に気にしません

  • who will grow to be a teenager and then a real-life adult,

    しかし私の場合 この子供が

  • will call me for the rest of our lives,

    10代になり 大人になり

  • was both extremely scary and exciting.

    その後の人生で私をなんと呼ぶのかが

  • And I spent nine months wrestling with the reality that being called "mama"

    非常に恐ろしかったし 楽しみでもありました

  • or something like it didn't feel like me at all.

    9か月間「ママ」などと呼ばれる自分を 何度も想像したけれど

  • And no matter how many times or versions of "mom" I tried,

    それは全く自分らしく思えませんでした

  • it always felt forced and deeply uncomfortable.

    何度想像してみても

  • I knew being called "mom" or "mommy" would be easier to digest for most people.

    その呼び方は強制的で とても不快に感じられました

  • The idea of having two moms is not super novel,

    ほとんどの人にとっては これは 自然なことでしょう

  • especially where we live.

    特に私たちが住んでいる世界では ママが2人いることは

  • So I tried other words.

    目新しいことではありません

  • And when I played around with "daddy," it felt better.

    だから私は違う呼び方を試しました

  • Better, but not perfect.

    「パパ」を試したとき ママより心地よく感じましたが

  • It felt like a pair of shoes that you really liked

    完璧にしっくりは来ませんでした

  • but you needed to wear and break in.

    まるで 気に入っているけど

  • And I knew the idea of being a female-born person being called "daddy"

    履き慣れるまで時間のかかる靴のようでした

  • was going to be a harder road with a lot more uncomfortable moments.

    女に生まれて 「パパ」と呼ばれるようになることは

  • But, before I knew it, the time had come

    困難な道ですし 気まずい瞬間の連続でもあります

  • and Elliot came screaming into the world, like most babies do,

    でもあっという間に時は来ました

  • and my new identity as a parent began.

    エリオットが赤ん坊らしく 泣きながらこの世界にやって来て

  • I decided on becoming a daddy, and our new family faced the world.

    私の親としての新しいアイデンティティが 始まったのです

  • Now one of the most common things that happens when people meet us

    私はパパになることにし そうして家族は世界に向き合いました

  • is for people to "mom" me.

    誰かに会ったとき最もよく起こるのは

  • And when I get "momed", there are several ways the interaction can go,

    私が「ママさん」と呼ばれることです

  • and I've drawn this map to help illustrate my options.

    そのとき その後会話がどうなるのか

  • (Laughter)

    この図を使って説明します

  • So, option one is to ignore the assumption

    (笑)

  • and allow folks to continue to refer to me as "mom,"

    1つ目の選択肢は その呼称が 思い込みであることを無視して

  • which is not awkward for the other party,

    そのまま「ママ」として 会話を続けることです

  • but is typically really awkward for us.

    これは 相手には 何の気まずさもありませんが

  • And it usually causes me to restrict my interaction with those people.

    私たちには いつも大きな違和感が残ります

  • Option one.

    私の場合 そういう人とは話もしなくなります

  • Option two is to stop and correct them

    これが1つ目の選択肢です

  • and say something like,

    2つ目の選択肢は 会話を止め 訂正することです

  • "Actually, I'm Elliot's dad" or "Elliot calls me 'daddy.'"

    「実は私 エリオットのパパです」

  • And when I do this, one or two of the following things happen.

    「エリオットは私をパパと呼ぶので」 などと言います

  • Folks take it in stride and say something like, "Oh, OK."

    すると こうなります

  • And move on.

    相手はすんなり理解し 「あ そう」と言って

  • Or they respond by apologizing profusely

    そのまま会話を続けるか

  • because they feel bad or awkward or guilty or weird.

    とても悪いことをしてしまったと思い やたらと謝ります

  • But more often, what happens is folks get really confused

    でも一番多いのは すっかりまごついて

  • and look up with an intense look and say something like,

    私をまじまじと見つめながら

  • "Does this mean you want to transition?

    「性転換したいってこと?」

  • Do you want to be a man?"

    「男性になりたいの?」とか

  • Or say things like,

    「どうして女性がパパになれるのよ パパになれるのは男性だけ」

  • "How can she be a father?

    などと言うケースです

  • Only men can be dads."

    1つ目の選択肢のほうが 大抵は楽です

  • Well, option one is oftentimes the easier route.

    2つ目の選択肢のほうが 常に 事実に近いです

  • Option two is always the more authentic one.

    そして紹介したシナリオはすべて

  • And all of these scenarios involve a level of discomfort,

    一番良い場合でも 多少の不快感が伴います

  • even in the best case.

    時を経て 私にとって この複雑な道筋の探り方は

  • And I'll say that over time, my ability to navigate this complicated map

    簡単になりました

  • has gotten easier.

    でも未だに不快感は感じます

  • But the discomfort is still there.

    トランスパパとしての処世術を 会得したふりはしません

  • Now, I won't stand here and pretend

    そこには程遠いのですから

  • like I've mastered this, it's pretty far from it.

    今でも1つ目を選択することがあります

  • And there are days when I still allow option one to take place

    2つ目は あまりにも難しく 危険に感じられるからです

  • because option two is just too hard or too risky.

    相手の反応を確実に予測するのは不可能だし

  • There's no way to be sure of anyone's reaction,

    私は 人々は善であり 善意で動いていることを

  • and I want to be sure that folks have good intentions,

    願っています

  • that people are good.

    でも私たちの社会では 私に対する他者の意見が

  • But we live in a world where someone's opinion of my existence

    私や家族の 感情的、身体的な安全にとって

  • can be met with serious threats to me

    深刻な脅威になり得ます

  • or even my family's emotional or physical safety.

    ですから 私はコストと リスクを天秤にかけて

  • So I weigh the costs against the risks

    時に 自分らしくいることよりも 家族の安全を優先します

  • and sometimes the safety of my family comes before my own authenticity.

    しかし こんなリスクがあるにもかかわらず

  • But despite this risk,

    エリオットは成長するにつれ 物心がついて 言語能力もつき

  • I know as Elliot gets older and grows into her consciousness and language skills,

    私がしなくても 自分で人々を訂正するでしょう

  • if I don't correct people, she will.

    私は自分の恐怖や不安が 娘の重荷になったり

  • I don't want my fears and insecurities to be placed on her,

    娘の心をくじいたり 娘が自身の意見を疑う原因になるのは嫌です

  • to dampen her spirit or make her question her own voice.

    自主性、自分らしさ、弱さの 手本を見せなければなりません

  • I need to model agency, authenticity and vulnerability,

    それは 自分が不本意にも 「ママさん」と呼ばれる度に

  • and that means leaning into those uncomfortable moments of being "momed"

    立ち上がり こう言うことです

  • and standing up and saying, "No, I'm a dad.

    「私は父親です 父親らしい冗談だって言えるんだから」

  • And I even have the dad jokes to prove it."

    (笑)

  • (Laughter)

    さて 今まで不快な瞬間は十分ありました

  • Now, there have already been plenty of uncomfortable moments

    辛いこともありました

  • and even some painful ones.

    でも一方で たった2年の間に

  • But there's also been, in just two short years,

    父親としての道を歩いていく中で 自分のあり方を確認することや

  • validating and at times transformative moments on my journey as a dad

    時には自己変革が起こることもありました

  • and my path towards authenticity.

    始めて超音波画像を見たとき

  • When we got our first sonogram,

    私たちは子供の性別を知りたいと思いました

  • we decided we wanted to know the sex of the baby.

    画面で女性器を確認できた検査士は 「女の子だ」と言い

  • The technician saw a vulva and slapped the words "It's a girl"

    帰りがけに コピーをくれました

  • on the screen and gave us a copy and sent us on our way.

    誰でもそうすると思いますが その写真をシェアすると

  • We shared the photo with our families like everyone does

    すぐに母が来て 袋いっぱいの—

  • and soon after, my mom showed up at our house with a bag filled --

    本当に袋いっぱいでした—

  • I'm not exaggerating,

    このくらい大きい袋で ピンクの服とおもちゃで溢れていました

  • it was like this high and it was filled, overflowing with pink clothes and toys.

    私はピンクのものを突きつけられ 多少苛立ちました

  • Now I was a little annoyed to be confronted with a lot of pink things,

    ジェンダーについて学び

  • and having studied gender

    人にも教えるのに 数えきれないほどの 時間を費やしてきた身として

  • and spent countless hours teaching about it in workshops and classrooms,

    自分はジェンダーの社会的構築に 精通しており

  • I thought I was pretty well versed on the social construction of gender

    性差別とは男尊女卑のことで それが時にはっきりと

  • and how sexism is a devaluing of the feminine

    時に 暗に現れることを 知っていると思っていました

  • and how it manifests both explicitly and implicitly.

    でもピンクでいっぱいの袋に 嫌悪感を隠せない この状況では

  • But this situation, this aversion to a bag full of pink stuff,

    女性度の高いモノに対して 自分が感じる拒絶感について

  • forced me to explore my rejection of highly feminized things

    考え込まざるを得ませんでした

  • in my child's world.

    人には問題だと教えている 性差別や文化的通念を

  • I realized that I was reinforcing sexism

    自ら助長してしまっていることに 気づきました

  • and the cultural norms I teach as problematic.

    頭ではどんなに ジェンダーの中立性を分かっていても

  • No matter how much I believed in gender neutrality in theory,

    実際は 女らしくないというのは 中性的ではなく 男らしいことです

  • in practice, the absence of femininity is not neutrality, it's masculinity.

    子供に青や緑やグレーの服だけ 着せたとしても

  • If I only dress my baby in greens and blues and grays,

    周りは「かわいいジェンダーニュートラルな 赤ちゃんね」とは思いません

  • the outside world doesn't think, "Oh, that's a cute gender-neutral baby."

    「まあ なんてかわいい男の子」と思うのです

  • They think, "Oh, what a cute boy."

    ジェンダーの理論上の理解と 育児の世界が激しく衝突しました

  • So my theoretical understanding of gender and my parenting world collided hard.

    もちろん 子供には様々な色の 様々なおもちゃで遊んでほしい

  • Yes, I want a diversity of colors and toys for my child to experience.

    バランスのとれた環境を経験し

  • I want a balanced environment for her to explore

    自分なりに世界を理解してほしい

  • and make sense of in her own way.

    そのために中性的な名前を 選びさえしました

  • We even picked a gender-neutral name for our female-born child.

    しかし性の中立性を保つことは

  • But gender neutrality is much easier as a theoretical endeavor

    考えるよりずっと難しいのです

  • than it is as a practice.

    私は性の中立性を実践しようと試みる中で

  • And in my attempts to create gender neutrality,

    無意識に男らしさを 優位に置いていたのでした

  • I was inadvertently privileging masculinity over femininity.

    そこで 生活の中で女らしさを 排除したり 減らしたりするのではなく

  • So, rather than toning down or eliminating femininity in our lives,

    讃えるよう 二人して努めています

  • we make a concerted effort to celebrate it.

    様々な色の中にピンクがあり

  • We have pinks among the variety of colors,

    かわいさとかっこよさ

  • we balance out the cutes with handsomes

    強さと 賢さのバランスをとり

  • and the prettys with strongs and smarts

    どんな言葉もジェンダーに関連付けぬよう 努めています

  • and work really hard not to associate any words with gender.

    女性らしさ 男性らしさに 鋭い批判を持ちながら

  • We value femininity and masculinity

    どちらも大切にしています

  • while also being highly critical of it.

    娘が性別ごとの役割にとらわれないよう 最善を尽くしています

  • And do our best to not make her feel limited by gender roles.

    以上の取り組みはすべて

  • And we do all this in hopes

    ジェンダーとの 健全で自立した関係の 手本を子供に見せるためです

  • that we model a healthy and empowered relationship with gender for our kid.

    さて エリオットのために始めた この取り組みは

  • Now this work to develop a healthy relationship with gender for Elliot

    自身のジェンダーアイデンティティに 性差別がどう現れるか

  • made me rethink and evaluate how I allowed sexism to manifest

    私に考え直させました

  • in my own gender identity.

    健全ではない「男らしさ」を 体現しようとするため

  • I began to reevaluate how I was rejecting femininity

    子供に引き継ぎたい何かのため 女らしさを拒絶していた自分を

  • in order to live up to a masculinity that was not healthy

    見直し始めました

  • or something I wanted to pass on.

    これは選択肢1を 消去せざるを得ないということでした

  • Doing this self-work meant I had to reject option one.

    無視して生き続けることはできません

  • I couldn't ignore and move on.

    選択肢2を選ぶしかありません

  • I had to choose option two.

    本当の私になるために 自分の最も嫌な部分と

  • I had to engage with some of my most uncomfortable parts

    向き合わねばなりませんでした

  • to move towards my most authentic self.

    それは自分の体に対する違和感と 対峙するということでした

  • And that meant I had to get real about the discomfort I have with my body.

    トランスジェンダーの人が 体に違和感を覚えることはよくあり

  • It's pretty common for trans people to feel uncomfortable in their body,

    イラつく程度から ひどく消耗してしまう程まで

  • and this discomfort can range from debilitating to annoying

    その程度は様々です

  • and everywhere in between.

    自分の体を知り トランスジェンダーとして どう折り合いをつけるか

  • And learning my body and how to be comfortable in it as a trans person

    生涯かけて学んできました

  • has been a lifelong journey.

    胸や腰や声など

  • I've always struggled with the parts of my body

    女性らしいとされる部位に

  • that can be defined as more feminine --

    私はずっと悩まされてきたので

  • my chest, my hips, my voice.

    場合によって困難でもあり 容易でもある決断をしました

  • And I've made the sometimes hard, sometimes easy decision

    社会が決める男らしさを 手に入れるための

  • to not take hormones or have any surgeries to change it

    ホルモン服用や手術をしたりは しないという決断です

  • to make myself more masculine by society's standards.

    不満の感情を すっかり克服してはいませんが

  • And while I certainly haven't overcome all the feelings of dissatisfaction,

    自分の体への違和感に向き合わなければ

  • I realized that by not engaging with that discomfort

    性差別やトランス恐怖症を助長し

  • and coming to a positive and affirming place with my body,

    人の体をけなす行為の見本を示すことに なってしまうと気づきました

  • I was reinforcing sexism, transphobia and modeling body shaming.

    親である私が自分の体を

  • If I hate my body,

    そして特に社会的に女らしいとされる 部分を嫌ってしまったら

  • in particular, the parts society deems feminine or female,

    子供自身の 自分の体や 女性的な部分についての考え方まで

  • I potentially damage how my kid can see the possibilities of her body

    狭めたり 悪影響を与えるかもしない

  • and her feminine and female parts.

    親の私が自分の体に違和感を持ち 嫌ってしまったら どうして

  • If I hate or am uncomfortable with my body,

    子供が自分の体を愛せるでしょう?

  • how can I expect my kid to love hers?

    選択肢1を選ぶのは簡単です

  • Now it would be easier for me to choose option one:

    子供に自分の体について尋ねられたら無視する 体を子供に見せない などです

  • to ignore my kid when she asks me about my body or to hide it from her.

    でも私は毎日 選択肢2を 選ばなければいけないのです

  • But I have to choose option two every day.

    「父親らしい体とは何か」という自分の 思い込みに向き合わなければなりません

  • I have to confront my own assumptions about what a dad's body can and should be.

    自分の体や女らしさの表現に 違和感がないよう

  • So I work every day to try and be more comfortable in this body

    毎日努力しています

  • and in the ways I express femininity.

    もっとよく話題にしたり

  • So I talk about it more,

    違和感の深い部分をさぐって

  • I explore the depths of this discomfort

    自分にしっくりくる言葉を探しています

  • and find language that I feel comfortable with.

    日々の不快感は 自分の体や ジェンダーに現れる行動や自分らしさを

  • And this daily discomfort helps me build both agency and authenticity

    築くのに役立っています

  • in how I show up in my body and in my gender.

    また 自分を制限しないようにも 努めています

  • I'm working against limiting myself.

    パパに大きなお尻や 膨らんだ胸があっても

  • I want to show her that a dad can have hips,

    ひげがなくてもいいんだと

  • a dad doesn't have to have a perfectly flat chest

    娘に見せてあげたい

  • or even be able to grow facial hair.

    そして 年頃になったら

  • And when she's developmentally able to,

    自分が体とどう向き合ったか 話してあげたい

  • I want to talk to her about my journey with my body.

    不器用な部分を見せることになっても

  • I want her to see my journey towards authenticity

    私がどんな経緯で自分らしさに辿り着いたか 知ってほしい

  • even when it means showing her the messier parts.

    素晴らしい小児科医がいて

  • We have a wonderful pediatrician

    良い関係を築けてはいるのですが

  • and have established a good relationship with our kid's doctor.

    ご存知の通り 担当医はずっと同じでも

  • And as you all know, while your doctor stays the same,

    看護師や診療看護師は変わります

  • your nurses and nurse practitioners change in and out.

    エリオットが生まれ 小児科に連れていき