Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • As children, there is no limit to what we believe we can become, but as girls and boys, we are steered in different directions growing up.

    子供の頃、将来の可能性に限界はないと信じているものの、女の子、男の子として、成長する中で、違った方向に誘導されてしまいます。

  • This happens because of what we call "gender stereotypes": traditional ideas about what boys and girls can or should do.

    これは、我々が呼ぶ、「性の偏見」が理由でおこるのです。それは男の子と女の子ができること、するべき事といった伝統的な考えです。

  • They may not always obvious but stereotypes are everywhere.

    いつも明白なわけではありませんが、偏見はそこら中に溢れています。

  • And they start to follow us from our earliest days in the toystore and continue to influence us when choosing subjects at school.

    そして、その偏見はおもちゃ屋といった早い段階で始まっているのです。

  • For instance, girls are expected to be good at arts and humanities, while boys are led towards maths and science.

    そしてそれは続き、学校で教科を選ぶ時など影響を受け続けています。例えば、女の子は芸術や文系を得意とされ、男の子は数学や化学といった理系に誘導されます。

  • When we come across the same stereotypes again and again, they begin to feel natural and start to shape our preferences and career paths.

    何度も何度もこういった偏見に出くわすたびにそれが自然となり、私たちの選択や、キャリアの道を形作っていくのです。

  • More men go in to better paid jobs in science, technology, engineering and mathematics field,and women tend to choose teaching and social work professions.

    男性は例えば、化学、技術、エンジニアや数学といった部門の高収入の職につき、女性は教育や社会福祉系の職につくなどです。

  • Acknowledging gender stereotypes and their consequences is the first step towards breaking the mould, so that we build our lives based on our own choices.

    性への偏見やそれが元で導き出される結果を認識することがこの偏見を打ち破る第一のステップとなるのです。

As children, there is no limit to what we believe we can become, but as girls and boys, we are steered in different directions growing up.

子供の頃、将来の可能性に限界はないと信じているものの、女の子、男の子として、成長する中で、違った方向に誘導されてしまいます。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

A2 初級 日本語 偏見 男の子 誘導 数学 化学技術 理系

性への偏見と教育(Gender stereotypes and education)

  • 17021 1551
    Evangeline   に公開 2018 年 07 月 25 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す