Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Hi guys! Welcome back to English with Max.

    こんにちは!「マックスの英語」へようこそ。

  • Today I'm doing a video on words that you might be saying incorrectly. Who knows?

    今日は、間違って発音しているかもしれない単語に関するビデオです。ひょっとすると

  • Maybe you already know how to say all of these words. Or maybe you just have difficulties with one or two of them.

    これらの単語全て、発音の仕方をすでに知っているかもしれませんし、1、2 個だけ分からないかもしれません。

  • In any case, please let me know down in the comments. Are they easy?

    いずれにせよ、コメントで教えてくださいね。あなたにとって簡単か

  • Or do you struggle with some of them?

    いくつかの発音で苦戦するか

  • I should also remind you that I'm Australian. Some people have been asking me about my accent.

    それから言っておくと、私はオーストラリア人です。私のアクセントについて質問する人もいます。

  • It is an Australian accent, but it is not a typical or a strong Australian accent. It's

    オーストラリアのアクセントで話しますが、私のは典型的でも強いアクセントでもありません。

  • quite a "neutral" accent, so to speak. So my pronunciation is very close to British

    いわゆる「中性」アクセントです。私の発音はイギリス英語にとても近いです。

  • pronunciation. However, if I think that the American pronunciation is rather different,

    でもアメリカの発音はかなり違うと思うので

  • I will try to point it out to you.

    その点はコメントするようにしますね。

  • OK, the first word is "pronunciation."

    では最初の単語は「 pronunciation 」です。

  • I know this is confusing because the verb is "pronounce." So there is an "o" before

    これが紛らわしいのは、動詞が「 pronounce 」だからです。「 u 」の前に「 o 」が来ます。

  • the "u." But in the noun, there is no "o" in that position. So we have "pronunciation"

    でも名詞では「 o 」がありません。「 pronunciation 」です。

  • and not "pronounciation."

    「 pronounciation 」ではありません。

  • The second word is "country." Some people get this wrong because there's an "o" in front

    2つ目は「 country 」です。「 u 」の前に「 o 」があるので間違える人もいます。

  • of the "u", so some people will pronounce it "cownt-ry" or "contry." But, and this is

    「 cownt-ry 」とか「 contry 」と発音してしまう人もいます。でも

  • where the video gets a little bit R-rated - I'll just cover Frank's ears -

    年齢制限をかけないといけなくなってしまいますが―フランクの耳を閉じましょう―

  • the first part of the word is actually pronounced like this "cunt." "Cunt" is also known as the "C word"

    単語の最初の部分は、実は「 cunt 」のような発音です。これは英語で「 C ワード」としても知られます。

  • in English, because it is considered by most people to be the strongest swear word

    大半の人が、英語で最も強いのしり言葉と考えるからです。

  • in the English language. Now, I don't recommend that you use this word,

    この言葉を使うのはおすすめしません。

  • because you could easily offend not only the person you're talking to, but also the people

    会話の相手だけでなく、周りの人の気分も害するからです。

  • around you. However, if it helps you to remember the pronunciation of "country", that's awesome.

    でも、これで「 country 」という単語の発音を覚えられれば、それは良いことです。

  • Some people pronounce the "t" quite clearly, so they will say "counTry",

    「 t 」をはっきりめに発音し、「 counTry 」と言う人もいれば

  • whereas other people say it more like a "ch". So they say "counCHry." "CounTry" or "counCHry" -

    「 ch 」のように発音して「 counCHry 」、「 CounTry 」または「 counChry 」と言う人もいます。

  • either one is correct.

    どちらも正しいです。

  • Speaking of countries, the third word is "Australia."

    国について言えば、3 つ目は 「 Australia 」です。

  • It's very important, isn't it, Frank?

    フランク、これはすごく大事な単語よね?

  • Lots of people pronounce the second "a" as an "uh", so they will say "Austruhlia".

    多くの人が、2 番目の「 a 」を「 uh 」と発音し、「 Austruhlia 」という音にしますが、

  • But you have to remember that the second "a" is just like the "ay" in "day". So we say: Australia.

    2 番目の「 a 」は単語の「 day 」の「 ay 」と似た発音と覚えてください。「 Australia 」です。

  • The fourth word is "series."

    4つ目は「 series 」です。

  • Some people try to add an additional vowel sound in there. So they'll say something like

    ここに母音を加えようとする人も中にはいます。そして

  • "ser-i-ehs", but you have to remember that there are only two syllables in this word,

    「 ser-i-ehs 」と発音するのです。でも、この単語は 2 音節からなることを忘れないでください。

  • so it is "se-ries." What also confuses some people is that there is an "s" at the end.

    だから「 se-ries 」です。また、最後に「 s 」があることで混乱する人もいます。

  • And normally in English, if there is an "s" at the end of a noun, it is, of course, plural.

    英語では通常、名詞の最後に「 s 」が来ると、当然複数になりますね。

  • But "series" has an "s" whether it's plural or singular. So you can say: "That is my favourite series."

    でも 「series」 は複数でも単数でも 「s」 が来ます。「それ、私の大好きなシリーズなの」と言えます。

  • The next word is: chaos.

    次は「chaos」です。

  • This isn't pronounced "cah-os" or "chay-os". This is "chaos".

    発音は「cah-os」でも「chay-os」でもなく、「chaos」です。

  • The sixth word is: thermometer. What's a thermometer? This is a thermometer. We use it to check

    6番目は「thermometer」です。thermometerとは?これ、体温計です。これで

  • people's temperature when they are sick to see if they have a fever.

    体温を測り、病気の時に熱があるか調べますね。

  • Do you have a fever, Frank? Of course, you don't have to just put it in the mouth, you

    フランク、熱があるの?もちろん、口に入れる必要はなく

  • can put it in other places.

    他の部位でも使えます。

  • Even really advanced speakers of English sometimes get this word wrong. It's normally the stress

    英語の上級話者でも、この単語を時々間違えるんですよ。大体、

  • that they will get wrong. The stress is the weight that you put on a syllable.

    アクセントの位置を間違えます。アクセントとは、音節で強調する場所です。

  • So I've heard people say "THERmo-meter", instead of "thermOmeter". "Thermometer" is the British

    「thermOmeter」でなく「THERmo-meter」と言う人を見たことがあります。「Thermometer」はイギリス英語の

  • pronunciation, and the American pronunciation is "thermometer".

    発音で、アメリカ英語では「thermometer」と言います。

  • The next word is also often used in a medical context. This word is: syringe. This is a syringe.

    次の単語も医療関係でよく使います。「syringe」です。これがそうです。

  • Be careful of the "y" in this word. It's not pronounced "sai-ringe", it is "syringe".

    「y」に気をつけましょう。「sai-ringe」でなく「syringe」です。

  • Word number 8 is: ocean. Yes, this is quite a simple word, but I think because the word

    8番目は「ocean」です。はい、これはごく単純な単語ですが、

  • is very similar in other languages, some people try to say it in a way that they would probably

    他の言語でも非常に似ているので、自分の言語での発音方法で言おうとして

  • say it in their language. So sometimes you hear "osayahn". Remember that this word is "ocean".

    しまうのでしょう。「osayahn」と言う人もいるんです。これは「ocean」ですよ。

  • The next word is: Italian. Some of you might be thinking: "How is that hard?"

    次は「Italian」です。「何でこれが難しいのか?」と思うかもしれませんが

  • But lots of people actually pronounce the second vowel, so the first "a", as an "uh" instead of "a".

    多くの人が、最初の「a」を「uh」で発音してしまうのです。

  • So they say "Ituhlian". But just remember that it's "Italian". Some native speakers

    「Ituhlian」という風に。でもこれは「Italian」です。ネイティブスピーカーの中には

  • do say "Aitalian", but it's much more common to say "Italian".

    「Aitalian」と言う人もいますが、「Italian」がより一般的です。

  • And the last word for today, and we've already heard it when I was talking about the thermometer,

    今日最後の単語は、体温計の「thermometer」の時にも使いましたが

  • is: temperature. In British English, we pretend that the second "e" isn't there. We say "temprature".

    「temperature」です。イギリス英語では2番目の「e」が無いかのように、「temprature」と発音します。

  • In American English you have a choice. Some Americans say "temprature" and some say "temperature".

    アメリカ英語では種類があり、「temprature」と言う人や「temperature」と言う人がいます。

  • In any case, in American English you pronounce the "r" at the end of the word.

    いずれにせよ、アメリカ英語では最後の「r」を発音します。

  • That is it, ladies and gentlemen. How did you go? Have you been saying these words right?

    皆さん以上です。どうでしたか?これらの単語、正しく発音していましたか?

  • Let me know in the comments section down below. Please also give me a thumbs up if you liked

    下のコメント欄で教えてください。そしてビデオを気に入ったら「いいね」をお願いします。

  • the video, and don't forget to subscribe if you want to be updated on more videos.

    ビデオについてアップデートが欲しかったら、チャンネル登録もお忘れなく。

  • You can also contact me at my Facebook page, on Twitter, and I also recently got Instagram.

    Facebook や Twitter でも私にコンタクトできますよ。そして最近 Instagram も始めました。

  • See ya next time!

    それではまた今度!

  • You gonna say bye, Frank?

    フランク、バイバイって言える?

  • Bye bye.

    バイバイ。

Hi guys! Welcome back to English with Max.

こんにちは!「マックスの英語」へようこそ。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TOEIC 発音 単語 英語 アクセント フランク

あなたが間違った言い方をしている10の単語!(英米発音) (10 words you are saying wrong! (British and US pronunciation))

  • 17771 606
    Samuel に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語