Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • In her late twenties, Karen had gotten this very serious operation on her brain.

    20 代後半、カレンは脳への大手術を受けました。

  • The operation was to treat Karen's epilepsy, so her doctors put her to sleep and cut into her brain.

    てんかんの治療のためです。医師はカレンを眠らせ、脳にメスを入れました。

  • And Karen says when she woke up, her speech was a little funny, but basically she felt great.

    カレンの話によると、彼女が目を覚ますと、発話に少し違和感を感じたものの、基本的にはものすごく良い気分だったそう。

  • "I had woken up, and I was sitting on the hospital bed, talking to my surgeon, and —"

    「目を覚まして、病院のベッドに背中をもたれて座っていて、執刀医と話してたんです。それから…」

  • And then all of a sudden, her left hand picked itself up and started moving towards her shirt, started delicately undoing its pearly top button.

    それから突然、彼女の左手が勝手に動き出し、シャツの方に向かって、そっと一番上のボタンを外し始めたのです。

  • "My hand was taking my clothes off!"

    「私の手がシャツを脱がせ始めたの!」

  • "Taking your clothes off?"

    「シャツを脱がせた?」

  • "Yeah, my hand was taking my shirt off!"

    「そう、私の手がシャツを脱がしてたの!」

  • "The surgeon was like, 'Karen? Do you realize what's happening?'"

    「先生なんか、『カレン?何が起こってるか分かってる?』みたいなこと言って、」

  • And then, all of a sudden, the hand seemed to get angry.

    そしたら、突然、その手が怒った様子で、

  • "It was tearing the buttons off the shirt."

    「シャツのボタンをちぎり取ったの。」

  • Karen kept telling it to stop.

    カレンはやめるように言い続けました。

  • "Knock it off, knock it off, knock it off."

    「やめて、やめて、やめて。」

  • Her surgeon was screaming at her to control it.

    執刀医は手の動きをコントロールするようにわめいていました。

  • "Try to make it stop!"

    「手を止めて!」

  • I said, "I can't! It won't stop it!"

    私は 「できない!止まらないんです!」って。

  • And then I started to just cry, I just didn't know what to do.

    それから、私泣きだしちゃって…。もうどうしていいか分からなかったの。

  • When Karen went home from the hospital, the handthis new hand, with a mind of its ownwent with her.

    カレンが退院して自宅に戻ると、その手— 自分の意思を持ったその新しい手も、彼女と行きました。

  • A lot of the time, the hand was okay.

    たいていは、その手は大丈夫でした。

  • But it would also get really upset with her.

    でも、カレンに対してものすごく腹を立てることもありました。

  • Like sometimes, when Karen did something it didn't like? "Smacked me, right across my face."

    例えば、カレンが何かその手の気に入らないこと?をすると、「ビンタしたのよ。私の顔を。」

  • "Your own hand?"

    「自分の手が?」

  • Her problem, the doctors explained, was Alien Hand Syndrome.

    カレンの問題について、医師が言うには、それはエイリアンハンド(他人の手)症候群というものだそう。

  • See, to cure her epilepsy, they'd had to seperate the two halves of her brain.

    てんかんの治療のために、医師たちは彼女の左右の脳を切り離さなければなりませんでした。

  • So, without her corpus callosum, her right hand seemed to be getting directions primarily from her left hemisphere, and her left handthis new alien handseemed to be getting directions primarily from her right hemisphere.

    そのため、脳梁を離断された彼女は、右手は主に左脳から指令を受け、左手— この見知らぬ手は、主に右脳から指令を受けていたようなのです。

  • "Half my brain just didn't particularly care for me too much."

    「私の脳の半分は、特に私のことを気にかけてなかったの。」

  • Now this is not science, this is just how Karen sees it.

    これは科学的な発言ではありません。カレンがそう考えているというだけです。

  • She says, she thinks her hand wants her to be more moral.

    カレンは、彼女の左手がもっとカレンにちゃんとして欲しいと思っているんじゃないかと話しています。

  • Take, for example, what her alien hand does when she tries to smoke.

    例えば、彼女のエイリアンハンドはカレンがタバコを吸おうとすると動くのです。

  • "When I go to light a cigarette, the hand will either put the cigarette out, or flick the ashes around."

    「タバコに火をつけようとすると、左手が勝手にタバコを取りあげてしまうか、弾き飛ばしたりするんです。」

  • And though she's learned to live with itshe's in her fifties nowshe's not always happy with it.

    カレンはその手との付き合い方を学んできたものの、50 代となった彼女は、いつもそれで満足しているというわけではありません。

  • "I understand that you want me to quit, but, cut out the crap."

    「あんたがやめさせたいってのは分かるけど、黙ってて!」

  • Hanna Rosin, NPR News.

    NPR ニュース。 ハンナ・ロジンがお届けしました。

In her late twenties, Karen had gotten this very serious operation on her brain.

20 代後半、カレンは脳への大手術を受けました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 カレン 左手 シャツ タバコ やめ 医師

エイリアンハンド症候群ってなに?(Alien Hand Syndrome | Invisibilia | NPR)

  • 3361 167
    food310701 に公開 2020 年 10 月 05 日
動画の中の単語