Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • When I was a kid,

    私が子供の頃

  • I used to think that pork chops and karate chops

    昔はポークチョップと空手チョップが

  • were the same thing.

    が同じものでした。

  • I thought they were both pork chops.

    どっちもポークチョップじゃないの?

  • And because my grandmother thought it was cute

    そして、祖母がかわいいと思ったからこそ

  • and because they were my favourite

    私のお気に入りだったから

  • she let me keep doing it.

    彼女は私に続けさせてくれた

  • Not really a big deal.

    大したことではない

  • One day,

    ある日のこと。

  • before I realized fat kids are not designed to climb trees

    デブは木に登るために作られたものではないと気づく前に

  • I fell out of a tree

    木から落ちた

  • and bruised the right side of my body

    と右半身を打撲した。

  • I didn't want to tell my grandmother about it

    祖母には言いたくなかったのですが

  • because I was scared I'd get in trouble

    困ったことになるのが怖かったから

  • for playing somewhere that I shouldn't have been.

    どこかで遊んでいたからだ

  • A few days later the gym teacher noticed the bruise

    数日後、体育館の先生がアザに気付いた。

  • and I got sent to the principal's office.

    と校長室に送られてきました。

  • From there I was sent to another small room

    そこから私は別の小さな部屋に送られた

  • with a really nice lady

    素敵な女性と

  • who asked me all kinds of questions

    質問攻め

  • about my life at home.

    自宅での生活について。

  • I saw no reason to lie.

    嘘をつく理由がないと思った。

  • As far as I was concerned

    私の知る限りでは

  • life was pretty good

    順調

  • I told her, "Whenever I'm sad

    私は彼女に言った。

  • my grandmother gives me karate chops."

    私の祖母は私に空手チョップを与えます。

  • This led to a full scale investigation

    これをきっかけに、本格的な調査が行われるようになりました。

  • and I was removed from the house for three days...

    と言われて、3日間家から追い出されてしまいました......。

  • until they finally decided to ask how I got the bruises.

    最終的にどうやってアザを作ったのかを 聞くことにしました

  • News of this silly little story quickly spread through the school

    このくだらない話のニュースはすぐに学校中に広まった

  • and I earned my first nickname:

    と初めてのあだ名をつけました。

  • Pork Chop.

    ポークチョップ。

  • To this day...

    今日まで...

  • I hate pork chops.

    ポークチョップは嫌いです。

  • I'm not the only kid

    子供は私だけじゃない

  • who grew up this way.

    このように育った人は

  • Surrounded by people who used to say

    と言っていた人たちに囲まれて

  • that rhyme... about sticks and stones

    石と木を並べて韻を踏む

  • As if broken bones hurt more than the names we got called,

    骨折したことが名前を呼ばれることよりも 痛いと思っているのかな

  • and we got called them all.

    そして、私たちはそれらのすべてを呼ばれました。

  • So we grew up believing no one

    だから私たちは誰も信じないで育った

  • would ever fall in love with us.

    私たちのことを好きになることはないでしょう。

  • That we'd be lonely forever.

    永遠に孤独になることを

  • That we'd never meet someone

    私たちは誰にも会わないと

  • to make us feel like the sun

    太陽のような気分にさせてくれる

  • was something they built for us in their tool shed.

    私たちのために工具小屋に作ってくれたものです。

  • So broken heart strings bled the blues

    だから壊れた心の文字列は、ブルースをブリード

  • as we tried to empty ourselves

    私たちは自分自身を空にしようとしています

  • so we would feel nothing.

    何も感じないように

  • Don't tell me that hurts less than a broken bone.

    骨折より痛いなんて言わないでくれよ。

  • That an ingrown life is something surgeons can cut away

    イングロウンは外科医が切り取ることができるものだと

  • That there's no way for it to metastasize It does.

    転移する方法がないことは確かだが...

  • She was eight years old...

    彼女は8歳だった...

  • Our first day of grade three

    三年生の初日

  • when she got called "ugly."

    彼女は" ugly.&quotと呼ばれるようになったとき。

  • We both got moved to the back of the class

    二人ともクラスの後ろの方に移動して

  • so we would stop getting bombarded by spit balls

    唾の玉を浴びせられなくなる

  • But the school halls were a battleground

    しかし、学校のホールは戦場だった

  • where we found ourselves outnumbered day after wretched day.

    惨めな日が続いた後、私たちは数で負けていることに気がついた。

  • We used to stay inside for recess

    休み時間は家の中で過ごしていた

  • because outside was worse.

    外の方が悪かったから

  • Outside we'd have to rehearse running away

    外では逃げるリハーサルをしなければならない

  • or learn to stay still like statues giving no clues that we were there.

    像のようにじっとしていることを学ぶか、私たちがそこにいたことの手がかりを与えないようにするか。

  • In grade five they taped a sign to her desk that read

    5年生の時、彼女の机にはこう書かれていた

  • "Beware of Dog."

    "Beware of Dog.&quot.

  • To this day,

    今日まで

  • despite a loving husband,

    愛情深い夫にもかかわらず

  • She doesn't think she's beautiful

    彼女は自分が美しいとは思っていない

  • because of a birthmark

    あざがあるため

  • that takes up a little less than half of her face.

    彼女の顔の半分以下を占めている

  • Kids used to say she looks like a wrong answer

    子供たちは彼女が間違った答えのように見えると言っていた

  • that someone tried to erase

    消そうとしたこと

  • but couldn't quite get the job done.

    しかし、仕事をすることができませんでした。

  • And they'll never understand

    彼らは決して理解できない

  • that she's raising two kids

    二人の子供を育てていること

  • whose definition of beauty

    美の定義

  • begins with the word "Mom."

    という言葉で始まる"Mom.&quot.

  • Because they see her heart

    彼らは彼女の心を見ているから

  • before they see her skin. That she's only ever always been amazing.

    彼女の肌を見る前に彼女は今までで最高だった

  • He was a broken branch

    彼は折れた枝だった

  • grafted onto a different family tree.

    別の家系図に接ぎ木された

  • Adopted

    採用

  • but not because his parents opted for a different destiny.

    しかし、彼の両親が別の運命を選んだからではありません。

  • He was three when he became a mixed drink

    3歳の時にミックスドリンクになって

  • of one part left alone and two parts tragedy.

    1部の放置と2部の悲劇。

  • Started therapy in 8th grade.

    8年生からセラピーを開始。

  • Had a personality made up of tests and pills.

    性格はテストと薬で構成されていました。

  • Lived like the uphills were mountains

    上り坂は山のように生きていた

  • and the downhills were cliffs.

    と下り坂は崖になっていました。

  • Four fifths suicidal,

    5分の4が自殺願望。

  • a tidal wave of anti-depressants,

    抗うつ剤の潮騒。

  • and an adolescence of being called "Popper."

    と呼ばれていることの青春"Popper.&quot。

  • One part because of the pills

    薬のせいもあるが

  • and ninety nine parts because of the cruelty.

    と九十九部は残酷なので

  • He tried to kill himself in grade ten

    10年生の時に自殺しようとした

  • when a kid who could still go home to mom and dad

    まだパパとママのところに帰れた子供が

  • had the audacity to tell him "get over it."

    彼に告げる大胆さを持っていた "get over it.&quot.

  • As if depression is something that can be remedied

    うつ病が治るものであるかのように

  • by any of the contents found in a first aid kit.

    救急箱に入っていた内容のどれかによって

  • To this day,

    今日まで

  • he is a stick of TNT lit from both ends,

    彼は両端から火のついたTNTの棒です。

  • could describe to you in detail the way

    の方法を詳細に説明することができます。

  • the sky bends

    空が曲がる

  • in the moments before it's about to fall

    倒れる寸前

  • and despite an army of friends

    友軍にもかかわらず

  • who all call him an inspiration,

    誰もが彼をインスピレーションと呼ぶ

  • he remains a conversation piece between people

    人と人との会話のピースになっている

  • who can't understand

    わけのわからない人

  • sometimes becoming drug free

    頓服化

  • has less to do with addiction

    中毒とは関係ない

  • and more to do with sanity.

    正気を保つために

  • We weren't the only kids who grew up this way.

    このように育ったのは私たちだけではありませんでした。

  • To this day

    今日まで

  • kids are still being called names.

    子供はまだ名前を呼ばれています。

  • The classics were

    古典は

  • "Hey stupid"

    "Hey stupid&quot.

  • "Hey spaz"

    ヘイ、スパッツ&quot.

  • Seems like each school has an arsenal of names

    各学校には名前の武器庫があるようだ

  • getting updated every year

    年々更新

  • and if a kid breaks in a school

    と、子供が学校に侵入したら

  • and no one around chooses to hear

    聞く耳を持たない

  • do they make a sound?

    音がするのか?

  • Are they just the background noise of a soundtrack stuck on repeat

    ただのサウンドトラックのバックグラウンドノイズがリピートされているだけなのでしょうか?

  • when people say things like "kids can be cruel"?

    子供は残酷になる」とか言われても

  • Every school was a big top circus tent

    どの学校もビッグトップのサーカステントだった

  • and the pecking order went from acrobats to lion tamers,

    と、序列は曲芸師からライオンタンパーになっていきました。

  • from clowns to carnies.

    ピエロからカーニーまで

  • All of these were miles ahead of who we were.

    これらのすべては、私たちが誰であるかよりも何マイルも先にあった。

  • We were freaks.

    俺たちは変人だった

  • Lobster claw boys and bearded ladies

    オマール海老の爪の少年と髭の女性

  • Oddities. Juggling depression and loneliness,

    奇妙なこと。うつ病と孤独のジャグリング。

  • playing Solitaire, spin the bottle,

    ソリティアをプレイして、ボトルを回転させます。

  • Trying to kiss the wounded parts of ourselves

    自分の傷ついた部分にキスをしようとしている

  • and heal.

    と癒されます。

  • But at night,

    しかし、夜になると

  • while the others slept

    他の人が寝ている間に

  • We kept walking the tightrope.

    綱渡りを続けた

  • It was practice

    それは練習でした

  • and yeah, some of us fell.

    何人かは転んだ

  • But I want to tell them

    しかし、私は彼らに伝えたい

  • that all of this

    それもこれも

  • is just debris,

    はただの瓦礫です。

  • leftover when we finally decide to smash

    潰すことにした時に残った

  • all the things we thought we used to be.

    昔の自分たちが思っていたすべてのことを

  • And if you can't see anything beautiful about yourself,

    そして、自分の美しい姿を見ることができないのであれば

  • get a better mirror.

    より良い鏡を手に入れる

  • Look a little closer.

    もう少し近くを見てください。

  • Stare a little longer.

    もう少しじっと見て

  • Because there's something inside you

    あなたの中に何かがあるから

  • that made you keep trying despite everyone who told you to quit.

    辞めろと言われても頑張れたんだな

  • You built a cast around your broken heart

    あなたは傷ついた心の周りにキャストを作った

  • and signed it yourself. You signed it,

    自分で署名したんだあなたがサインしたのね

  • "they were wrong."

    "彼らは間違っていた。

  • Because maybe you didn't belong to

    あなたが所属していなかったのは

  • a group or clique.

    集団や徒党のようなものです。

  • Maybe they decided to pick you last for basketball or everything.

    バスケのために最後に選んだんじゃないの?

  • Maybe you used to bring bruises and broken teeth

    昔はアザや折れた歯を持ってきたんじゃないの?

  • to show and tell but never told

    語っては語らず

  • because how can you hold your ground

    踏ん張りどころがないから

  • if everyone around you wants to bury you beneath it?

    周りの人がその下に埋もれたいと思ったら?

  • You have to believe that they were wrong

    彼らが間違っていたと信じなければならない

  • They have to be wrong. Why else would we still be here?

    彼らは間違っているはずだそうでなければなぜここにいるのか?

  • We grew up learning to cheer on the underdog

    負け犬を応援することを学んで育ちました

  • because we see ourselves in them.

    私たちは彼らの中に自分自身を見ているからです。

  • We stem from a root planted in the belief

    私たちは、信念の中に植えられた根を幹にしています。

  • That we are not what we were called

    私たちは、私たちが呼ばれていたものではありません。

  • We are not abandoned cars stalled out and sitting empty on a highway.

    放置車でエンストして高速道路に空座りしているわけではありません。

  • And if in some way we are,

    そして、ある意味では、私たちがそうであるならば

  • don't worry.

    ご心配なく

  • We only got out to walk and get gas.

    歩いてガソリンを取るためだけに出てきました。

  • We are graduating members from the class of

    のメンバーが卒業します。

  • "we made it."

    "we made it.&quot.

  • Not the faded echoes of voices crying out

    叫ぶ声の色あせた反響ではなく

  • "names will never hurt me."

    "names will never hurt me.&quot.

  • Of course, they did.

    もちろん、彼らはそうしました。

  • But our lives will only ever always continue to be a balancing act

    しかし、私たちの人生は、常にバランスを取りながら生きていくことになります。

  • that has less to do with pain...

    それは痛みとは無関係だ

  • and more to do with beauty.

    美しさの方が大事だと思います。

When I was a kid,

私が子供の頃

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 チョップ 子供 アザ 祖母 育っ 空手

この日のためにプロジェクト - シェーン・コイザン

  • 1729 157
    VoiceTube に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語