Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • When a child is learning to walk, that's the last time we allow ourselves to be overjoyed by the fact that they're trying and failing and trying again.

    子どもが歩く練習をしている時は、私たちが大喜びできる最後の時です。挑戦し、失敗し、そして、もう一度挑戦するのです。

  • Of course, it's hard to see them fall, but somehow, we know that this is an essential task for them to practice, practice, practice, and ultimately, perfect.

    もちろん、子どもが転ぶに忍びないのも人の常ですが、それが子供にとって欠かせない課題だと分かっています。練習、練習、練習し続けて、そして、完璧になるのです。

  • Well, somehow, we've forgotten that every single other skill in life is acquired the same way.

    さて、私たちは既に日常生活の中であらゆるスキルは、こうやって習得したということを忘れています。

  • While I was Dean of Freshmen at Stanford University, we began referring to college students as "kids" or "children".

    私はまだスタンフォード大学で新入生学部長として勤めている時、私たちは学生たちのことを「キッズ」や「子供たち」と呼び始めました。

  • And those terms would have...not been used in prior decades.

    それは数十年前までは使わない呼び方でした。

  • Too many students seemed to be lacking agency in their own lives, and I thought, this is not good for them, and it's not good for all of us at a societal level either.

    多くの生徒に自立性がかけているようでした。そして、これは彼ら自身だけでなく、我々、そして社会的にも良くない現象だと、私は思いました。

  • Initially, helicopter parenting appears to work.

    ヘリコプターペアレント教育方法は最初効果があるように思えますが、

  • As a kid, you're kept safe, you're given direction, you might get a better grade, 'cause that parent is arguing with the teacher.

    子供として、身の安全が守られ、指示が出され、あなたの親が先生に抗議してくれたおかげで、もっといい成績がもらえるかもしれません。

  • But we parents we end up getting in our kid's way.

    しかし、私たち親は最終的に子どもの将来を邪魔することになっています。

  • We deprive the kid of the chance to show up in their own lives, take responsibility for things, be accountable for outcomes.

    私たちは子どもから、彼らが成すべき役割、物事に対して持つべき責任感を奪ってしまうのです。

  • What we've got to do is teach our kids all of these things, whether it's cross the street, or make a meal on the stove, or remember to put your belongings in your backpack.

    私たちがすべきことは教えることです。例えば、横断歩道を渡ること、コンロで料理すること、リュックサックに自分の物をしまうことなどです。

  • There's a 4-step method for teaching kids skills.

    子供たちに物事を教えるのには 4 つのステップがあります。

  • Step one: you do it for them.

    ステップ 1 :まずあなたがお手本を見せてください。

  • Step two: you do it with them.

    ステップ 2 :子供と一緒にやってください。

  • Step three: you watch them do it.

    ステップ 3 :子供がやるところを観察してください。

  • Step four: they can do it independently.

    ステップ 4 :子供自身でできるようになります。

  • If we don't do this, we will have among us a young adult population that doesn't know how to "hashtag adult".

    もしそうしなければ、私たちの中で「大人をハッシュタグする」ことをしらない若い大人たちが生まれてくるでしょう。

  • It becomes a community problem.

    そして社会問題になるでしょう。

  • It becomes a crisis in leadership.

    リーダーシップにおいて危機になるでしょう。

  • You have to ask who's gonna to run the schools?

    誰が学校運営をすることになるのでしょうか。

  • Who's gonna to run our nonprofits?

    誰が非営利団体を運営することになるのでしょうか。

  • Who's gonna to run the government?

    誰が政府を運営することになるのでしょうか。

  • Who's gonna to lead our families?

    誰が家族を引っ張っていくのでしょうか。

  • Kids have to be able to make their own mistakes growing up.

    子供たちは自分自身で失敗して成長していかなければなりません。

  • Life is about having confidence that if you took the wrong path, you can get on the right path.

    生きるとは自信を持つことで、間違った道に進んでしまったら、正しい道に進み直せばいいのです。

  • That if you fall down, you can get back up.

    転んでしまったら、立ち上がればいいのです。

  • You know, the moment they learn to walk, they're walking away from us.

    歩き方を学ぶ時は、私たちから離れていきます。

  • And it feels terrifying, but as paradoxical as it may sound, our job as parents is... like it or not, to put ourselves out of a job.

    怖く感じますが、矛盾するかもしれませんが、親としての仕事は、何もするようでしないようなことです。

When a child is learning to walk, that's the last time we allow ourselves to be overjoyed by the fact that they're trying and failing and trying again.

子どもが歩く練習をしている時は、私たちが大喜びできる最後の時です。挑戦し、失敗し、そして、もう一度挑戦するのです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 ステップ 子ども 子供 運営 練習 教える

ヘリコプターペアレンツ 過保護な親は子供をダメにする? (Are Helicopter Parents Ruining a Generation?)

  • 129010 2690
    Rachel Kung に公開 2019 年 06 月 14 日
動画の中の単語