Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • s9oMr. James, On Saturday morning at 10:03 AM,

    s9oジェームスさん、土曜日の朝10時3分に。

  • You were observed to colouring a picture of a dinosaur.

    恐竜の絵に色をつけているところを観察されました。

  • Is that true?

    それは本当ですか?

  • *Loud*: YEAH,

    *YEAH.

  • Can we go to wecess?

    ウェッセスに行けるのかな?

  • Even though your mom had repeatedly asked to clean up your toys,

    お母さんが何度も「おもちゃを片付けてください」と言っていたにも関わらず

  • you disobeyed her and coloured ANYWAY?

    あなたは彼女に背いて色をつけたの?

  • Uhh....

    うーん...

  • I plead the fifth.

    5番目を主張します

  • Your Honour, I have no further questions.

    裁判長 これ以上質問はありません

  • James, I hereby sentence you to 15 minutes in the time-out corner.

    ジェームズ、ここに君に15分の刑を宣告する。タイムアウトコーナーで。

  • *SMACC*

    *スマック*

  • I'M NOT GOING BACK TO TIME-OUT!

    タイムアウトには戻らない!

  • I'm no scientist, but I think moms play a very important role in society.

    私は科学者ではありませんが、お母さんは社会の中でとても重要な役割を果たしていると思います。

  • Without moms, who would drive us to FOOTBALL* practice?

    ママがいなかったら、誰が私たちをFOOTBALL*の練習に連れて行ってくれるの?

  • Who else would tell us that it's not okay to eat cupcakes for breakfast?

    朝食にカップケーキを食べるのはダメだと言う人は他にいるのかな?

  • And who else would point at construction workers and say:

    他に誰が建設作業員を指差して言うかというと

  • Mom: That's why you need to get a college education James.

    母さんだから大学教育を受ける必要があるのよ ジェームス

  • O O F

    O O F

  • Oh and I guess they also give birth to you and take care of you, but like...

    あ、それと出産して世話もしてくれるんだろうけど、みたいな。

  • PHHFFT.

    PHHFFT。

  • Anyone could do that.

    誰でもできることです。

  • Now before I talk about how I was raised,

    今、私がどうやって育てられたかを話す前に

  • I just wanna give out this disclaimer,

    この免責事項を伝えたいんだ

  • That my mom is a great mom.

    母が偉大な母であることを

  • She loves me.

    彼女は私を愛してくれています。

  • At least she used to.

    少なくとも彼女は使っていた

  • If you asked me when I was 15 if my mom was a great mom,

    15歳の時にお母さんは立派なお母さんだったかと聞かれたら

  • 15 year old me would've said:

    15歳の私ならこう言うだろう。

  • NO.

    NO.

  • Okay, but like...when I was a little, I'd be talking with my friends,

    でも...小さい頃は友達と話してたわ

  • and we would be talking about our parents and they would say stuff like:

    親の話をしていたら、親がこんなことを言ってきました。

  • Brownie: Yeah, my mom lets me stay up till midnight, and let's me play really graphic and vulgar video games.

    ブラウニーママは夜中まで起きてて下品なゲームをやらせてくれるの

  • Blackie: Yeah, my mom doesn't care if I wear clothes with skulls on them.

    ブラッキー:うん、お母さんは私がドクロのついた服を着ても気にしないんだ。

  • And she let's me eat an entire tub of ice-cream for dinner.

    夕食にアイスを丸ごと食べさせてくれた

  • Gingy: My mom let's me play with

    ギンジーママに遊ばせてもらってるの

  • KNIVES!

    ナイフ!

  • And I used to think that their moms were so much cooler, for letting my friends have that much fun.

    昔は友達にそこまで楽しませてくれた割には母親の方がかっこいいと思ってたけど

  • But NOW,

    しかし、今すぐに。

  • as an adult,

    大人として

  • I realized the sad truth.

    悲しい真実に気付いた。

  • But these kids' moms weren't cooler...

    でも、この子たちのお母さんの方がかっこよくなかった...。

  • They just cared about them less.

    彼らは彼らのことを気にしていなかった

  • I'm not saying every mom out there is perfect.

    全ての母親が完璧だとは言っていない

  • But a mom who takes the time to make a responsible member of society,

    でも、時間をかけて責任ある社会人にするママ。

  • is pretty high up on the good mom list.

    良いママリストの中ではかなり上位に位置しています。

  • Anyways,

    とにかく

  • I love ya mom!

    ママ大好き!

  • And now I'll immortalise and monetise some of that love.

    その愛の一部を不滅にしてマネタイズします

  • When I was younger and still in need of adult supervision,

    若い頃、まだ大人の監督が必要な時。

  • My mom would take me and my twin sister out to run errands with her.

    母は私と双子の妹を連れて用事に出かけていました。

  • And, as you would expect,

    そして、予想通り。

  • we were rowdy and wanted to do our own thing.

    私たちは乱暴者で、自分たちのことは自分たちでやりたいと思っていました。

  • But my mom was PREPARED for this.

    でも母はこのために準備していたんだ

  • She would bring two plastic baggies filled with 10 M&Ms,

    彼女はM&Mが10個入ったビニール袋を2つ持ってきていました。

  • and every time my sister or I misbehaved,

    と、姉や私が悪さをするたびに

  • She would eat an M&M right in front of us.

    彼女は目の前でM&Mを食べてしまう。

  • And she made SURE, we saw her eat our M&Ms.

    彼女は確実に私たちのM&Mを食べるのを見たわ

  • She didn't give us a warning either!

    彼女は私たちにも警告をしなかった!

  • If we did anything remotely bad, she would say:

    私たちが悪いことをしたら、彼女は言うだろう。

  • Mom: Hey, HEY!

    母:おいおい、HEY!

  • *snap snap*

    *snap snap snap*

  • Look at me!

    私を見て!

  • *nom*

    *ノム

  • *GASP!*

    *GASP!

  • And I think that parenting technique is the psychological reason that M&Ms are my favourite candy bar.

    そして、M&Mが大好きなキャンディバーである理由は、子育てテクニックが心理的なものだと思います。

  • *distressed noises*

    *distressed noises*

  • *still distressed*: I'm a gooD Boy!

    *まだ悩んでいます*。私はgooDボーイです!

  • I'M a GoOd BoOoOyY

    I'M a GoOd BoOoOyY

  • Something me and my sister really like doing,

    私と妹が本当に好きなこと

  • was hiding in those circular racks of clothes that they have in department stores,

    は、デパートにあるような円形の服の棚に隠れていました。

  • Being in the middle of one of those racks is such a surreal experience.

    棚の真ん中にいるなんてシュールな体験ですね。

  • I totally recommend it.

    私はそれを完全にお勧めします。

  • But, my mom didn't like when we had fun, so she had to reach out and try and grab us.

    でも、母は私たちが楽しんでいる時が嫌で、手を伸ばして私たちを掴もうとしていました。

  • Do you need any help?

    何か手伝おうか?

  • Oh, no! I'm just trying to get something in the back.

    そんな!後ろの方に何かを入れようとしているだけです。

  • There's a really nice belt that would be great for

    本当に素敵なベルトがあるので

  • spanking my MIS-BEHAVING CHILDREN!

    私のミス・ベイビーイング・チルドレンをスパンキングして!

  • I was spanked as a kid.

    子供の頃、お尻を叩かれていました。

  • Nothing,

    何もない

  • TOO bad.

    酷すぎる

  • I probably deserved it anyway.

    いずれにしても自業自得だと思います。

  • I don't remember any specific actions I did that earned a spanking.

    お仕置きを受けるようなことをした覚えはないわ

  • But I do remember

    しかし、私は覚えています。

  • outrunning my mom a lot.

    母を何度も追い抜いた

  • Another thing my mom did when I was very little,

    私が小さい頃、母がしていたもう一つのこと。

  • was sometimes when she was washing her hands,

    は手を洗っている時に時々ありました。

  • She would turn to me and go

    彼女は私の方を向いて

  • Atchoo!

    アッチー!

  • And flick water at my face.

    そして、私の顔に水をちらつかせる。

  • It really bothered me, but I never spoke out about it.

    本当に気になりましたが、それを口にしたことはありませんでした。

  • And one day, I just...couldn't handle it any more and I started crying.

    そしてある日、私は...これ以上耐えられなくなって泣き出しました。

  • Mom: Why are you crying?

    ママなんで泣いてるの?

  • But I was too sad to articulate how it was really feeling.

    でも、あまりにも悲しすぎて、本当の気持ちを言葉にすることができませんでした。

  • *sobbing*

    *sobbing*

  • Yo--*sobbing*

    よ--*すすり泣き*

  • *still sobbing* were flicking water at me and

    *still sobbing*は、私に水をちらつかせていました。

  • ATCHOO!

    ATCHOO!

  • *SOBBING INTENSIFIES*

    *SOBBING INTENSIFIES*

  • If you ask about her about this today, she'll say that she doesn't remember doing that sneeze gag ever.

    今日の彼女のことを聞いてみたら、あのくしゃみギャグをした覚えはないと言うだろう。

  • But I remember it.

    でも、覚えています。

  • Vividly.

    鮮やかに。

  • So to get back at her, I put a rubber band around the dish sprayer...

    仕返しに食器用スプレーの周りに輪ゴムを付けて...

  • So when you turn on the sink it would spray water at you.

    シンクのスイッチを入れると、水を吹きかけてくれるんですね。

  • Come to think of it, I do remember one reason I was spanked.

    そういえば、お尻を叩かれた理由を一つ覚えています。

  • Every time one of my siblings insulted another sibling, or told them to shut up,

    兄弟の誰かが他の兄弟を侮辱したり、黙れと言うたびに

  • We would have to pay them 50 cents.

    50セント払わなければならない

  • This resulted in a really weird dynamic when it came to insults.

    その結果、侮辱された時には、本当に奇妙な動きをすることになりました。

  • We would get excited when someone called us a name.

    誰かに名前を呼ばれたら興奮してしまう。

  • *distant*: MOOOM!

    *MOOOM!

  • LUKE CALLED ME A BUTT-HOLE!

    LUKEは私をバカにしてた!

  • Mom: That's fifty cents!

    ママ50セントだよ!

  • *distant*: WOOOOOOOOOOO!

    *遠い*: WOOOOOOOOOOOO!

  • I'M RICH!

    I'M RICH!

  • But sometimes, us kids would just be messing around with each other or we didn't really mean the insults.

    でもたまに俺らガキ同士でごっちゃになってたり、本気で侮辱してなかったり。

  • So we would feel bad taking someone else's fifty cents.

    だから他人の50セントを奪うのは 気の毒だと思うわ

  • Like someone would say:

    誰かが言うように

  • Faith: Hey James, what's 6+6?

    フェイリスおいジェームス、6+6って何だ?

  • and I would say:

    と言いたいところです。

  • James: Uh nine, idiot.

    ジェームスええと9、バカ。

  • and my mom would hear me and say:

    と母に聞かれて

  • Mom: James, that's fifty cents!

    ママジェームズ、50セントよ!

  • and my sister would feel bad so she would insult me back and say:

    と妹が嫌な思いをするので、侮辱して言い返してきました。

  • Faith: JAMES!

    信仰だJAMES!

  • Y-y-you're an...

    あなたは...

  • Unpleasant person.

    不快な人。

  • Aww :) .

    Aww :) ..

  • Swear words cost ya five dollars.

    誓いの言葉には5ドルかかる

  • That's why I don't swear in videos.

    だから動画で悪態をつかない。

  • But now I can afford it.

    でも、今なら余裕で買える。

  • Soooo...

    あの...

  • F— you mom!

    ママ!

  • You piece of ————————————————————

    お前は...------.--

  • ___________________

    ___________________

  • My mom never washed out our mouths with soap, she wasn't /that/ kind of person.

    母は石けんで口を洗わなかったし、そういう人じゃなかった。

  • But she did threaten to if we swore.

    誓ったら脅されたけどね

  • And one time after I said a pretty naughty word,

    そして、かなりエッチな言葉を言った後のある時。

  • P E N I S

    ペインアイエス

  • She said:

    彼女は言った。

  • Mom: If you don't behave, I'm going to get the soap!

    母:お行儀よくしないと石鹸を持ってくるからね!(笑

  • And I said:

    と私は言った。

  • James: I don't care, soap tastes good!

    ジェームス私は気にしない、石鹸はおいしいです!

  • Mom: Alright you big dingus, shove this in your mouth. You won't do it. No balls.

    ママこれを口に突っ込むのよあなたはそれをしません。タマがない。

  • So I bit into it, and...

    だから噛み砕いてみると...

  • immediately regretted it.

    とすぐに後悔した。

  • Now people are eating soap for views.

    今の人はビューのためにソープを食べています。

  • So I guess we never grow up.

    だから大人になることはないんだろうな。

  • Did any one else's parent's put a password on the family computer?

    誰か親が家族のパソコンにパスワードを入れていた人はいませんか?

  • Because my parents did, and I didn't know we were the only family that did that.

    親がやってたからな、俺ら家族だけがやってたとは知らなかった。

  • We had a rule in the house that we were only allowed to be on the family computer for however long we read a book for.

    我が家では、家族のパソコンには何時までも本を読むことしか許されないというルールがありました。

  • But luckily, I would just read a book for 15 minutes,

    でも、運が良ければ15分くらい本を読むだけです。

  • get my mom to type in the password,

    母にパスワードを入力させる

  • and then she would just forget that I was on the computer,

    彼女は私がパソコンをしていることを忘れていました。

  • and let me stay on for hours.

    と言って、何時間もつけっぱなしにさせてくれました。

  • And I played a lot of Neopets and Runescape.

    そして、ネオペットとルーンスケープをたくさんプレイしました。

  • Also I wasn't allowed to have a TV or computer in my room,

    また、私の部屋にはテレビやパソコンがあってはいけないということもありませんでした。

  • Because than I would have easy access

    私は簡単にアクセスできるから

  • toooo...

    ≪(´・ω・`)ノ≫

  • Inappropiate.

    不適切だ

  • Animes...

    アニメ...

  • When I was little, cellphones were a thing.

    私が小さい頃は、携帯電話なんてものがありました。

  • But my mom didn't let me have one,

    でも、母は私に一本持たせてくれなかった。

  • I had to talk to all my friends over a landline.

    友達全員と固定電話で話すことになりました。

  • I hope I don't have to explain what that is,

    それが何なのか説明しなくてもいいんだけどね。

  • cuz that would make me feel very old,

    それは私が年老いたように感じるからだ

  • and I'm supposed to be in the

    の中にいることになっていて

  • Prime of my life.

    私の人生のプライム。

  • But basically it meant, if I was upstairs in my room talking to a friend,

    でも基本的には2階の部屋で友達と話していたら、という意味だったんです。

  • My mom could grab a phone downstairs in the kitchen,

    母は台所で下の階の電話を掴むことができました。

  • And just join in our conversations completely uninvited.

    招かれずに会話に参加してください。

  • Didn't matter who I was talking to,

    誰と話していようと関係なかった。

  • I'd be having a converation like this.

    こんな感じで収束していたら

  • *sigh*

    *sigh*

  • I think the reason I internalise and hide away all my problems,

    自分の問題を内面化して隠してしまうのが原因だと思います。

  • is because of how invasive my mom is in my personal life.

    母が私生活でどれだけ侵食しているか、それが理由です。

  • Mom (on the phone): James, get off the phone and do the dishes.

    ママ(電話で)。ジェームズ、電話を切って皿洗いをして。

  • James: Mom!

    ジェームスママ!

  • I'm on the phone!

    電話中だ!

  • Mom: Wow! I can't believe you said that to the person who gave birth to you!

    ママうわぁ~。自分を産んでくれた人にそんなことを言うなんて!

  • So what are you two losers talking about?

    で、お前ら負け犬が何を言ってるんだ?

  • Luckily, I would almost never be talking to a girl.

    幸いなことに、私は女の子と話すことはほとんどありません。

  • So at least,

    だから少なくとも

  • /that/ didn't happen.

    /それは起こらなかった

  • This other time, my mom was giving me and my sister a ride to school and,

    この前のことですが、母が私と妹を学校まで送ってくれていて

  • on the radio, she was listening to the worst sub-genre of rock music.

    ラジオでは最悪のサブジャンルのロックを聴いていた。

  • Christian rock...

    クリスチャン・ロック...

  • *whispers*: Just kidding, you can like whatever you want.

    *whispers*.ちょうど冗談、あなたはあなたが望むものは何でも好きにすることができます。

  • Anyway, we were pulling up to the school, and I told my mom to turn the music down.

    とにかく、学校に車を停めていて、母に「音楽を下げろ」と言ったんです。

  • Mom: What?

    ママ何?

  • Why?

    なぜ?

  • James: Because I don't want people to think I listen to this mom!

    ジェームスママの話を聞いてると 思われたくないから!

  • You see, I was in Junior High, so I cared a lot about what other people cared about.

    私は中学時代から人の気になることを気にしていましたが

  • So she turned the music down,

    それで彼女は音楽を小さくした。

  • But as we stepped out of the car,

    しかし、車から一歩外に出ると

  • She turned the volume all the way back up, and blasted the music for everyone to hear!

    彼女は音量を上げて、みんなに聞こえるように音楽を吹いてくれました

  • JESUS TAKE THE WHEEEEEEEL!!!

    JESUS TAKE THE WHEEEEEEEL!!!

  • *LOUD CHRISTIAN ROCK*

    *♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

  • *INCOMPREHENSIBLE SCREAMING*

    *INCOMPREHENSIBLE SCREAMING*

  • Looking back at the situation,

    状況を振り返る。

  • I think that's pretty hilarious.

    かなり面白いと思うよ。

  • GG mom.

    GGママ。

  • These aren't all the times my mom embarrassed me,

    母に恥ずかしい思いをさせられたのは、こんなことばかりじゃない。

  • But those are all the ones I'm gonna include in this video.

    でも、それはこの動画に入れるものです。

  • I didn't even mention the time when I was 4 when my twin sister wanted to do balle lessons

    私が4歳の時に双子の妹がバレエのレッスンをしたいと言っていた時のことも言っていませんでした。

  • But, she didn't want to do them alone,

    でも、彼女は一人ではやりたくないと思っていました。

  • So my mom signed me up for lessons too.

    だから母も私にレッスンを申し込んでくれたの。

  • But that's a story for another video.

    でもそれは別の動画の話。

  • And that video will be titled,

    そして、その動画のタイトルは

  • Top 10 Reasons I'm

    トップ10の理由

  • Gay.

    ゲイだ

  • That was- That was a joke mom.

    あれは...冗談だよ、ママ。

  • Love you mom! You made me like this!

    ママが大好き!あなたのせいでこうなったのよ!

  • And there you have it everyone! That was my mom.

    皆さん、お待たせしました!母さんだよ

  • Again I just wanna say that, despite whatever I say in my videos, that my mom is a great mom.

    繰り返しになりますが、私がビデオで何を言おうと、私の母は偉大な母です。

  • I wouldn't be here without my mom.

    ママがいなかったらここにはいないよ。

  • She also reads all of my scripts so,

    彼女は私の台本も全部読んでくれるので

  • all of my videos James' mom approved.

    私のビデオは全てジェームズのママに認められています。

  • Okay, well I shouldn't say that, she does tell me to take out a lot of jokes, and I'm like:

    それは言わない方がいいかな、彼女はジョークをたくさん出せと言ってきたんだけど、僕はそんな感じだ。

  • Oh their-but their funny!

    ああ、彼らの...でも、彼らは面白い!

  • And also speaking of my mom,

    あと、母といえば

  • my mom's birthday is coming up,

    母の誕生日が近づいてきました。

  • So happy early birthday mom!

    早めのお誕生日おめでとうございます

  • and if you guys wanted to wish her a happy birthday, that'd be cool too.

    彼女の誕生日を祝ってくれたら、それもクールだよ。

  • I was serious when I said these aren't all the times my mom embarrassed me.

    ママに恥ずかしい思いをさせられたのは、これが全てじゃないって言った時は、本気で思った。

  • I definitely have enough material to make a part 2.

    パート2を作るくらいの材料は間違いなく持っています。

  • Again, I love you mom.

    もう一度言うが、ママが大好きだ。

  • Thanks for not being one of those moms that are like:

    ママのようにならないことに感謝します。

  • Those moms: NO! You're not allowed to be an artist, you have to finish college and be a doctor.

    あのママたちやめて!芸術家になるには大学を卒業して医者にならないといけないのよ。

  • eyhh!

    うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

  • In other news, if you can't get enough odd1sout videos, then you should check out theodd2sout.

    他のニュースでは、Odd1soutの動画を見ても飽きないという方は、ぜひtheodd2soutをチェックしてみてください。

  • A couple days ago, I posted a video where I answer riddles, so that was a lot of fun.

    数日前になぞなぞに答える動画を投稿したので、それはそれで楽しかったです。

  • Also thank you to my 4 colourers who helped colour this video, you guys should all check them out.

    また、このビデオを着色してくれた4人のカラーラーにも感謝しています。

  • And if there's anything you should take away from this video,

    そして、この動画を見て、何か得られるものがあるとしたら

  • Is that you should always...

    あなたはいつも...

  • call your mom.

    ママに電話して