Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Anyone who has watched the Steve Jobs keynote will tell you he is one of the

    スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションを見たことがある人は誰しも

  • most extraordinary speakers in corporate America. - Who does the best job in the world?

    彼は全米の実業界で最も並外れたスピーカーであると言うでしょう。

  • While most presenters simply convey information, Jobs inspires.

    多くのプレゼンターはただ情報を伝えるだけですが、彼は人に刺激を与えます。

  • I'm Carmine Gallo and today I will walk you through several key techniques that

    私はカルミン・ガロです。今日はスティーブ・ジョブズが使う

  • Steve Jobs uses to electrify his audience.

    聴衆を刺激するテクニックを紹介します。

  • The elements you can adopt to your very next presentation.

    あなたの次のプレゼンテーションですぐ使える要素です。

  • Jobs: Welcome to the Mac World 2008.

    ジョブズ:「皆さん、ようこそ Mac World 2008 へ。

  • We've got some great stuff for you. There is clearly "something in the air" today.

    皆さんに素晴らしいものを紹介したいと思います。今日は確かに "air" があります(雰囲気が漂っています)。」

  • With those words, Jobs opened Mac World 2008,

    ジョブズはこの前置きを置くことで Mac World 2008 の幕を開け、

  • setting the theme for his presentation and hinting at the major announcement of the day:

    その日のテーマを明確にし、重大発表についても暗示しました。

  • the launch of the ultra-thin MacBook Air. Whether it's a new notebook or

    それは世界でもっとも薄いノートブック MacBook Air の発表です。新しいノートブックや

  • the iPhone, Jobs unveils a single headline that sets the theme.

    iPhone にかかわらず、ジョブズはいつもテーマを明確にする簡潔なスローガンを発表します。

  • Jobs: Today, Apple is going to reinvent the phone.

    ジョブズ:「今日、アップルは皆さんの携帯に対して持っている認識を変えます。」

  • Once you identify a theme, make sure it's clear and consistent throughout the presentation.

    一旦テーマをはっきりさせると、それがプレゼンテーションの間ずっと明確で一貫性があるようにしましょう。

  • Think of a staff meeting as a presentation.

    例えば社員会議の場合、

  • So let's say you're a sales manager, introducing a new software tool to help your team generate, track

    あなたは営業部長で、新しいソフトウェアツールを紹介するとします。それは、チームがセールス・リードを生み、追跡し、

  • and shares sales leads.

    共用する手助けとなります。

  • You might kick off your meeting this way:

    このような前置きで会議を始めることができます:

  • Good morning. Thanks for coming. I know you will be really excited about this.

    おはようございます!来てくれてありがとうございます。今から紹介するものは皆さんも大変喜ぶでしょう。

  • Today we make it easier for you to make your quota.

    今日から皆さんは売上目標をより達成しやすくなります。

  • That's the headline: "easier to make quota"

    これこそがテーマとなるタイトルです:「売上目標を達成しやすい」

  • It's memorable and it sets direction for the rest of your meeting.

    覚えやすく、会議の内容の方向性を明確にします。

  • It gives your audience a reason to listen.

    聞く側にもあなたの話を聴く理由を与えます。

  • Jobs: So, I've got four things I'd like to talk about with you today.

    ジョブズ:「今日皆さんにお話ししたい内容は4つあります。」

  • So, let's get started. Steve Jobs always provides an outline for his presentation

    「では始めましょう。」スティーブ・ジョブズはいつもプレゼンの概要をまず話します。

  • and then verbally opens and closes each section

    それから、明確な言葉で各セクションの

  • with a clear transition in between. Here is an example.

    区切りをはっきりさせます。例えばこちら。

  • Jobs: And that's Time Capsule.

    ジョブズ:「これは Time Capsule と呼び、

  • A perfect companion to Leopard

    レパード(当時の Mac OS X のバージョン)には必須のものです。

  • and that's the first thing I want to share with you this morning.

    今朝はこれからまず皆さんに紹介したいと思います。

  • The point is, make it easy for your listeners to follow your story.

    聞き手にとってあなたの話がわかりやすいようにすることが重要です。

  • Your outline will serve as guidepost along the way.

    その概要はプレゼンテーションの道しるべとなります。

  • You also notice that during his presentations, Jobs uses words like

    また、ジョブズはプレゼンテーションでよく次のような言葉を使います、

  • Jobs: extraordinary, amazing and cool.

    ジョブズ:「extraordinary(特別の)、amazing(素晴らしい)や cool(すごい)」

  • He is passionate, enthusiastic, and it shows.

    彼は熱意を持っており、それが聞き手も見てとれます。

  • Jobs: Incredible, unbelievable, amazing,

    ジョブズ:「Incredible(驚くべき), unbelievable(信じられない), amazing(素晴らしい),

  • awesome, extraordinary year for Apple.

    awesome(最高の), アップルの extraordinary(特別な)一年です。」

  • You know your audiences want to be wowed,

    聴衆を驚かせたいのです、

  • not put to sleep.

    眠りにつかせるのではなく。

  • Too many people fall into this presentation mode.

    多くの人々は講演モードに入りがちです。

  • It's stiff. It's formal. It lacks pizzazz.

    それは固くて、フォーマルで、面白さに欠けます。

  • We, your listeners, are giving you permission to have fun

    聴衆である私達はあなたにステージで楽しく話し、

  • and to be excited about your company, your products or your service.

    あなたの会社や商品、サービスなどを私達に楽しく紹介する許可を与えます。

  • If you're not passionate about it,

    もしあなたが熱情を持っていなければ、

  • we're not going to be.

    私たちも無関心のままです。

  • Remember

    よく覚えておいてください、

  • Jobs isn't selling hardware, he is selling an experience.

    ジョブズはハードウェアを売るわけではありません。彼は体験を売っています。

  • If you offer numbers and statistics,

    もし数字や分析結果などを見せるなら、

  • make them meaningful.

    聴衆に対して有意義なものにしましょう。

  • Jobs: We've sold

    ジョブズ:「私達は

  • 4 million iPhones to date.

    今までもう 400万台の iPhone を売りました。

  • Divide 4 millions by 200 days, that's twenty thousand iPhones everyday on average.

    200日で割ると、それは1日あたり平均2万台です。

  • Numbers don't mean much unless they're placed in context.

    数字は的確な文脈に置かれないと意味を持ちません。

  • Managers, connect the dots for your listeners.

    皆さん、聴衆に理解してもらえる内容を考えましょう。

  • Recently I work with a company that launched with 12 gigabit memory card.

    最近、私は12GB のメモリーカードを発売する会社と協力しています。

  • Twelve gigabits!!!

    12GB ですよ!

  • That number doesn't mean much to most people. So we put it in a context.

    この数字を聞いて多くの方はどうも思わないですが、ちょっと文脈を変えて見ましょう。

  • We say that's enough memory to listen to your music while traveling to the moon and back.

    例えば私たちはこう言います、この 12GB あれば月に行って帰る間ずっと音楽を聞いていられます、と。

  • Now, 12 gigs mean something to me.

    これで、12GB は私にとって意義を持つものとなりました。

  • Make numbers meaningful.

    数字を意味のあるものにしましょう。

  • One of the most effective elements in the Steve Jobs presentations is that they are easy on the eyes.

    また、スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションで最も印象的な特徴の1つは目に優しく見やすいことです。

  • His presentations are visual and simple.

    彼のプレゼンテーションはシンプルですが視覚的なインパクトがあります。

  • While most speakers filled their slides for mind-numbing data, text and charts

    多くの人々はプレゼンテーションの内容に退屈なデータ、文字や図表を沢山入れますが、

  • Jobs does just the opposite. He uses very little text

    ジョブズはその逆、文字は少なく、

  • and usually one

    大体1枚から

  • or maybe two images per slide.

    2枚の画像を各スライドに入れるだけです。

  • You see you want to paint a picture for your audience without overwhelming them.

    聴衆を困らせるわけではなく、理解してもらいたいのです。

  • Inspiring presentations are short on bullet points and big on visuals.

    素晴らしいプレゼンテーションとは簡潔な文字とインパクトある視覚効果です。

  • If you really want your presentation to pop,

    自分のプレゼンテーションをより印象的にしたいなら、

  • treat it like a show. When adding flows, themes and transitions

    一種のショーのようにしましょう。例えば、魅力的な流れやテーマを作るなどです。

  • Jobs includes video clips, demonstrations and guest. He also has a knack for dramatic flare.

    ジョブズは動画や実演、ゲストに出演してもらったりします。そして、彼はドラマのクライマックスのような雰囲気を作るのが得意です。

  • That's very effective.

    その効果は抜群です。

  • For example, when introducing the MacBook air, Jobs drew cheers by opening

    例えば、MacBook air を紹介している時にジョブズは歓声をもらうために

  • a Manila inter-office envelop and holding the laptop out

    クラフト紙袋からそれを取り出して、持ち上げ、

  • for everyone to see.

    聴衆皆が見せたのです。

  • Jobs: This is the

    ジョブズ:「これは

  • new MacBook air.

    新しい MacBook air です。

  • You can get a feel for how thin it is.

    どれだけ薄いか感じられるでしょう。」

  • What is the one memorable moment of your presentation?

    自分のプレゼンテーションで最も印象的な点は何でしょうか?

  • Identify it ahead of time and build up to it.

    あらかじめそれを決めて、それを基に土台を築くのです。

  • Steve Jobs: With a little help from our friend, everything will work today.

    スティーブ・ジョブズ:「あるものの助けもあるから、すべてうまくいくでしょう。」

  • And finally rehearse, rehearse, and rehearse some more.

    最後は繰り返し練習することです。

  • Steve Jobs: Let me show you

    スティーブ・ジョブズ:「皆さんにお見せしましょう、

  • how easy that is now.

    いかに簡単かを。」

  • Steve Jobs makes it look easy because he spends hours rehearsing.

    スティーブ・ジョブズは余裕にこなしているように見えますが、彼は何時間も練習したのです。

  • You cannot pull off an integrated presentation with video clips and demonstrations

    練習しなければ、動画、実演、ゲストなど内容が詰まったプレゼンテーションを

  • and outside speakers without practice.

    見事にやってのけることはできません。

  • The result, the presentation that is perfectly synchronized and looks,

    十分に練習した結果、プレゼンテーションは完璧に滑らかで、

  • yes, effortless.

    簡単にこなしているかのように見えるのです。

  • Now, the average business person does not have the resources to create

    普通のビジネスパーソンは

  • a Steve Jobs extravaganza

    スティーブ・ジョブズのような派手なショーを作り出すことはできませんが、

  • but you do have time to rehearse.

    練習する時間はあるでしょう。

  • The greatest presenters do it and so should you.

    最も偉い人でさえもしているかぎり、皆さんもしない理由がありません。

  • Oh, and one more thing.

    それともう1つ。

  • At the end of the most presentations, Jobs adds to the drama by saying "and one more thing."

    プレゼンテーションの最後に、ジョブズはいつも "and one more thing." 「もう1つ」と言って何かを加えます。

  • Jobs: And one last thing.

    ジョブズ:「最後にもう1つ。

  • You can add a new product or feature sometime

    新しい商品や機能を紹介したり、

  • just introduces a band.

    バンドをゲストに迎えたりします。

  • It's not only heighten the excitement and also leaves your audience feeling

    会場のテンションをもっと上げるだけではなく、それに加えて聴衆は

  • they've been given an added bonus

    予期してなかったおまけが付け加えられたように感じるのです。

  • The point is Steve Jobs approaches each presentation as an event.

    つまり言いたいことは、スティーブ・ジョブズはプレゼンテーションをイベントのように扱っているのです。

  • A production with a strong opening,

    印象的な出だし、

  • product demonstrations in the middle, and a strong conclusion

    途中で商品の実演をして、最後はまた印象的なまとめで終わるのです。

  • and yes, even an encore "that one more thing".

    もちろん、「もう1つ」も忘れないでください。

  • I wish you a dazzling presentation.

    皆さんも素晴らしいプレゼンテーションができますように。

  • For more information,

    もっと詳しい情報は

  • go to BNET.com

    BNET.com をご覧ください。

Anyone who has watched the Steve Jobs keynote will tell you he is one of the

スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションを見たことがある人は誰しも

字幕と単語

B1 中級 日本語 ジョブズ プレゼンテーション 聴衆 gb air 紹介

スティーブ・ジョブズに学ぶプレゼン術 (Present Like Steve Jobs)

  • 494187 6015
    Vita   に公開 2016 年 09 月 12 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す