Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Today's episode is sponsored by Audible. Get a free audiobook with a 30-day trial today by signing up at audible.com/infographics.

    今日のエピソードは、オーディブルの提供でお送りします。audible.com/infographics から登録して、30 日間の無料お試しと、無料のオーディオブック 1 冊を受け取ってください。

  • Go to audible.com/infographics or text Infographics to 500-500 to get started.

    audible.com/infographics を検索するか、500-500 にテキストメッセージで Infographics と送ってください。

  • We all should know that the largest country in the world is Russia, followed by Canada, the United States, and Chinaalthough some sources state that China is slightly larger than the U.S.

    皆さんご存じのとおり、世界で最も大きな国はロシア、次いでカナダ、アメリカ、中国ですね―ただし、アメリカよりも中国の方が、僅差で大きいとするものもあります。

  • In terms of population, China comes top, followed by India, the United States, Indonesia, and Brazil.

    人口に関して言えば、中国が第1位で、インド、アメリカ、インドネシア、ブラジルが続きます。

  • India is expected to take the number one spot from China by 2022 according to the UN, while Nigeria is set to catch up to the USA or even exceed it in terms of population by 2050.

    国連によると、2022 年までに、インドが中国を抜いて人口世界一になるとされています。また、2050 年までには、ナイジェリアの人口がアメリカに追いつくか、それ以上になると予想されます。

  • A UN report tells us Nigeria is the fastest growing population worldwide, and one of the reasons the world's population will be 8.6 billion by 2030; 9.8 billion by 2050 and a whopping 11.2 billion by 2100.

    国連の報告によると、ナイジェリアは、人口増加の速度が世界で最も速い国です。そして、2030 年までに世界の人口が 86 億人、2050 年までに 98 億人、さらに 2100 年までに 112 億人をも超える理由の 1 つとされています。

  • But today it's all about the little guys, in this episode of the Infographics Show, Smallest country in the world.

    しかし、今日のインフォグラフィックス・ショーでは、小さな国々について見ていきます。世界最小の国です。

  • Don't forget to subscribe and click the bell button so that you can be part of our Notification Squad.

    ベルのボタンをクリックして、通知を受け取ったくださいね。

  • We'll start with smallest by land mass, and that is Vatican City.

    まずは、陸地面積が最小の国―それは、バチカン市国です。

  • Sharing a 2-mile (3.2km) border with Italy, it is a country located within the city of Rome.

    イタリアとの国境線は 2 マイル(3.2km)で、ローマの市の中に位置しています。

  • It has a land mass of 0.17 mi2 (0.44 km2).

    陸地面積は 0.17 平方マイル(0.44 平方キロメートル)です。

  • Worldometers puts the live population of this country at 795.

    ワールドメーターによると、バチカン市国の人口は 795 人です。

  • In order to put this into perspective, Vatican City is about one-eighth the size of New York's Central Park.

    分かりやすく言うと、バチカン市国は、ニューヨークのセントラルパークの 1/8 の大きさです。

  • You can literally run around the country in about 30 minutes, though the lack of sidewalks will make it not so much fun.

    約 30 分で、国を一周できるのです。ただ、歩道がないので、あまり楽しめないかもしれませんが。

  • So, how did this little place become a country?

    この小さな場所が、どうやって国になったのでしょうか?

  • The area is home to historic sites such as St. Peter's Basilica and the Sistine Chapel, and so it was designated the headquarters of the Catholic Church.

    この地域には、サン・ピエトロ大聖堂やシスティーナ礼拝堂など、歴史上有名な場所があります。そのため、カトリック教会の本拠地として指定されました。

  • It became a nation after the signing of the Lateran Pacts in 1929.

    1929 年、ラテラノ条約の締結により、国となりました。

  • But why bother making this small area an independent state?

    でも、この小さな地域を独立させたのはなぜでしょうか?

  • It's a very long story, but the gist of it is that the Papal States which covered much of modern day Italy was coveted by the then neighboring Kingdom of Italy.

    話せば非常に長くなりますが、要するに、今日のイタリアの大半を含んでいた教皇領は、当時隣接していたイタリア王国が渇望していた地域でした。

  • So, the Italians conquered the Papal States during the mid-19th century and the Pope retreated to the Vaticanso this was a base built around a hill where St. Peter's Basilica stood.

    19 世紀に、イタリア人が教皇領を征服し、ローマ教皇はバチカンに退きました。これが、サン・ピエトロ大聖堂の建つ丘周辺に構築された、基盤でした。

  • The Pope stayed put, and was not keen on the idea of being a prisoner in a Kingdom which he believed didn't exist.

    ローマ教皇はそこにとどまりましたが、存在を信じてもいない王国の囚人でいることを、好ましく思っていませんでした。

  • To cut a long story short, Prime Minister Benito Mussolini came in and made some moves to make everyone happy.

    端的に言うと、ベニート・ムッソリーニ首相が就任し、皆が幸せになるような変化を起こしました。

  • He gave the Holy See its sovereignty, as well as lots of money.

    首相は、教皇庁に主権と多額の金銭を与えました。

  • The Holy See, or Holy Chair, is the universal government of the Catholic Church.

    教皇庁、もしくは聖座とは、カトリック教会の普遍的な統治機関です。

  • The Pope for his part acknowledged the Kingdom of Italy, promised to stay out of politics, and a deal was signed.

    教皇は、イタリア王国を認め、政治には関与しないことを誓い、条約が締結されました。

  • That's why we have today's smallest country in the world.

    だから、今日、この世界最小の国が存在するのです。

  • But does it actually function like a country?

    でも、実際に国として機能しているのでしょうか?

  • Kind of, yes.

    している、と言えます。

  • It is governed by an absolute monarchy, with the Head of State being the Pope.

    絶対王政で統治されており、国家の長はローマ教皇です。

  • He has full legislative, executive and judicial powers, and if he should die and there's some downtime, then the College of Cardinals wields those powers.

    ローマ教皇が、立法権、行政権、司法権を持ちます。教皇が崩御し、中断期間が生じた時には、枢機協会がこれらの権利を行使します。

  • It has its own courts that act under the authority of the Pope.

    裁判所もあり、ローマ教皇の権限のもとに機能しています。

  • It has its own police force, known as the Gendarmerie Corps of Vatican City State.

    警察組織も存在し、バチカン市国憲兵団として知られています。

  • They look like regular cops and often carry Glock 17 semi-automatic pistols.

    外見は普通の警察のようで、大抵、グロック17半自動ピストルを所持しています。

  • If you read about the biggest cases they were involved in lately, the main one was the arrest of one of Pope Francis's key advisors whose apartment was set to use for illegal drug use and orgies.

    憲兵団が近年関連した、最大の事例の1つは、ローマ教皇フランシスコの主要顧問の1人について、アパートが違法薬物の使用や乱交に使用されていたということで、逮捕された一件があります。

  • The country also has had the Swiss Guard since 1506, but this department is solely responsible for keeping the Pope safe.

    1506 年から、バチカン市国にはスイス衛兵も勤務にあたっていますが、彼らの責務は、ローマ教皇を守ることのみです。

  • All Swiss Guard members are Swiss 19-30 year olds who must be at least 5.9 ft (179.8cm).

    スイス衛兵は皆、19~30 歳のスイス人で、身長は最低 5.9 フィート(179.8cm)なければいけません

  • They must also be Catholic, unmarried men, that have done some training with the Swiss Army.

    また、未婚のカトリック教徒の男性で、スイス軍でのトレーニング経験が必要です。

  • Vatican City does not have a military force, but is protected by Italy.

    バチカンには軍がありませんが、イタリアによって守られています。

  • What do people there do for a living?

    人々は、どうやって生計を立てているのでしょうか?

  • Not surprisingly, just about everyone from the Pope down works in some capacity for the Catholic Church.

    当然のことながら、ローマ教皇以下ほぼ全員が、カトリック教会に関連する仕事をしています。

  • Everyone is of Italian ethnicity (Vatican citizenship) except for those Swiss Guard we just mentioned.

    先ほど触れたスイス衛兵以外は、イタリア系の人々(バチカン市国民)です。

  • This could be one of the many cardinals that work in the country, or working in some kind of administrative position.

    バチカン市国内で働く、多くの枢機卿のうちの1人だったり、何らかの事務系職員として勤務している人だったりします。

  • An amusing story we found was the job of the person or people responsible for overlooking the Pope's Tweets.

    中でも面白い仕事は、ローマ教皇のツイートを監督する人たちです。

  • This went to a group called the Pontifical Council for Social Communications.

    広報評議会と呼ばれるグループが対応しています。

  • According to Slate, positions such as this are not posted on job sites but people will be found via word of mouth.

    スレートによると、このような職業は求人サイトには掲載されませんが、口コミで見つけるのだそうです。

  • You can be a lay person and fill a position, but many of the lay people that work in Vatican City don't actually live in the country.

    聖職者でなくとも、こういった職業に就くことはできますが、バチカン市国で働く聖職者以外の人々は、バチカンには住んでいません。

  • While its population might be only 795, CIA Factbook puts its 2016 labor force at 4,822.

    人口は 795 人だけかもしれませんが、CIA のファクトブックによると、2016 年の労働人口は 4822 人でした。

  • It functions like a country in other ways, too, such as minting its own euros, printing its own stamps, and also issuing passports and license plates.

    その他の点でも、バチカン市国は国のように機能しています。たとえば、自国でユーロを鋳造したり、切手を印刷したり、パスポートやナンバープレートも発行しています。

  • It has a flag, a national anthem, and even has its own media outlets.

    国旗、国家、メディア支局もあります。

  • It does not tax its citizens, however, and for money relies on things like admission fees for places of interest, and souvenir sales.

    しかし、市国民には課税せず、名所への入場料や、お土産の売り上げを収益としています。

  • Vatican City has small industries such as printing services, production of coins, worldwide banking and financial activities, and the production of mosaics.

    バチカン市国では、印刷業、貨幣鋳造業、世界的な銀行、金融活動、モザイク製造など、小規模産業が稼働しています。

  • The Holy See also has properties and land all over the world.

    教皇庁は、世界中に不動産や土地を所有しています。

  • Vatican City heavily relies on contributions, and those are substantial.

    バチカン市国は、寄付に大きく依存しており、その寄付は多額に上ります。

  • It's actually seen as a very wealthy place in the world.

    世界の中でも、非常に裕福な場所として見なされています。

  • According to media reports in 2014, it was so wealthy hundreds of millions of euros were discovered in sectional accounts that were not on the country's balance sheet.

    2014 年のメディアレポートによると、バチカンは非常に裕福で、何百万ユーロというお金が、バランスシートに掲載されない口座で見つかりました。

  • How do you get to live in this rich country?

    どうすれば、この裕福な国に住めるのでしょうか?

  • Well, as it doesn't have birthright citizenship, the only way in is if you are chosen.

    出生主義をとっていないため、選ばれなければ、市国民になることはできません。

  • Even then it might be for a short stint, which can be renewable.

    それでも、市民権は短期間しか得られないかもしれませんが、更新が可能なこともあります。

  • There are no schools here, but religious training is given in parts of Rome.

    バチカン市国には学校はありませんが、ローマで宗教的なトレーニングが行われます。

  • So, since you can't work or study, you're just going to have to settle with being a tourist.

    仕事も勉強もできないので、観光客として訪れるしかないでしょう。

  • You'd probably have a better chance of finding a job in the world's smallest country in terms of population.

    仕事を見つけることに関して言えば、人口が世界最小の国の方が上手くいくかもしれません。

  • This goes to the Pitcairn Islands in the southern Pacific Ocean.

    その国とは、南太平洋のピトケアン諸島です。

  • It's estimated that the population there is around 50-plus people.

    人口は、50 数人と見積もられています。

  • These folks have an interesting story, with most of them being ancestors of British HMS Bounty mutineers that made the island their home in 1789.

    この人たちには、興味深い背景があります。イギリスのバウンティ号の反逆者が、1789 年にこの島に住み始めたのですが、それが、今住んでいるほとんどの人々の先祖です。

  • They also settled there with Polynesian tribe members.

    ポリネシアの部族の人たちとも、共存しました。

  • The 50-odd citizens speak English or Pitcairnese, live under a government, for the most part are Protestant Seventh-day Adventists, and they spend the New Zealand dollar.

    50 数人の国民は、英語かピトケアン語を話し、政府に統括されていて、ほとんどがプロテスタントのセブンスデー・アドベンチストで、ニュージーランドドルを使っています。

  • It's a beautiful place, but when in 2015 the island sent message to the British press that they needed people to emigrate there and that land was totally free,

    美しい場所ですが、2015 年にピトケアンがイギリスの報道機関に対し、「土地を無料で提供するから、もっと移民に来てもらえないか」とッセージを送ったところ、

  • They got only one interested reply according to The Telegraph.

    関心はたったの 1 件しか寄せられなかったと、ザ・テレグラフが報じています。

  • New Zealand is 3,000 miles away.

    ニュージーランドとは 3000 マイル離れています。

  • There's only one general store that opens three times a week, and you must order food three months in advance if you want supplies from New Zealand.

    週3日開店する雑貨屋が、たった1店舗しかありません。ニュージーランドから食料を調達するには、3ヶ月前に注文しなければなりません。

  • You might be stranded in the middle of nowhere, but according to the person responsible for bringing in more residents,

    何もない場所で、困った状況に陥ってしまうのかもしれませんが、住民を増やすための担当者によると、

  • Once you are there, you are as connected as anywhere else. The island has electricity and the internet now.”

    「ここに来れば、他の場所と同様につながりを持てます。島には、電気もインターネットもありますから」だそうです。

  • The bluest waters you've ever seen, she said, adding that seeing the stars from this island is magnificent.

    さらに、これまで見たこともないほど青い水、そして、島から見る星は、素晴らしいということです。

  • If you found this list that's surprising as we did, then check out an audiobook called '101 Creepy, Weird, Scary, Interesting, and Outright Cool Facts' by Tylor Backhause on audible.

    私たちと同様、あなたもこれに驚いたなら、オーディブルで、テイラー・バックハウス著『101 個の気味悪くて、奇妙で怖くて、興味深くて、ストレートでクールなこと』のオーディオブックをチェックしてみてください。

  • It's one of those books that keeps us amazed throughout and if you're a fan of this show, we're pretty confident you're gonna enjoy this book.

    読んでいる間中、ずっと驚かせてくれる本です。この番組を気に入っていただけているなら、この本もきっと楽しめるでしょう。

  • We use audible because it allows us to read favorite books while we're at home and listen to them while we're out doing other things.

    オーディブルを使えば、家にいる間に好きな本を読めて、他のことをしながら本を聴くことができます。

  • Audible content includes a massive selection of audiobooks, original audio shows, news, comedy,

    オーディブルでは、豊富なオーディオブック、オリジナルのオーディオ番組、ニュース、コメディを聴けますよ。

  • and more from the leading audiobook publishers, broadcasters, entertainers, magazine, and newspaper publishers and business information providers.

    主要なオーディオブックの出版社、放送局、エンターテイナー、雑誌、新聞社、ビジネス情報プロバイダーのコンテンツも聴けます。

  • Best of all, Audible is offering our listeners a free audiobook with a 30-day trial membership, so you can check out the book we just talked about risk free.

    さらに、30 日間のお試し会員登録で、無料のオーディオブックを手に入れられます。今紹介したような本を、リスクなしでチェックできますよ。

  • Go to audible.com/infographics or text Infographics to 500-500 to get started today.

    audible.com/infographics を検索するか、500-500 にテキストメッセージで Infographics と送ってください。

  • Thanks for watching and as always, don't forget to like, share and subscribe.

    ご覧いただき、ありがとうございました。いいね、シェア、チャンネル登録をお忘れなく。

  • See you next time!

    次回会いましょう!

Today's episode is sponsored by Audible. Get a free audiobook with a 30-day trial today by signing up at audible.com/infographics.

今日のエピソードは、オーディブルの提供でお送りします。audible.com/infographics から登録して、30 日間の無料お試しと、無料のオーディオブック 1 冊を受け取ってください。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 バチカン 教皇 ローマ 人口 イタリア ブック

【動画で世界旅行】世界で最も小さい国の世界ってこんな感じ!

  • 4889 189
    Evangeline に公開 2021 年 03 月 23 日
動画の中の単語