Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • One of the great problems of human beings is that we're far too good at keeping going.

    人間の大きな問題の一つは、続けることがあまりにも上手すぎることです。

  • We're experts at surrendering to the demands of the external world,

    私たちは、外界の要求に身を委ねて、あるがままに生きることの専門家です。

  • living up to what is expected of us and getting on with the priorities as others around us define them.

    周りの人が優先順位を決めるように、私たちに期待され、優先順位をつけていくことになります。

  • We keep showing up and being an excellent boy or girl, and we can pull this magical feat off for up to decades at a time,

    私達は現れ、優秀な男の子または女の子であることを続けます-そして私達はこの魔法の偉業を最大のために離れて引っ張ることができます

  • without so much as an outward twitch or crack.

    何十年にもわたって、ほんの少しのひねりもひび割れもなく

  • Until, suddenly, one day, much to everyone's surprise, including our own, we break.

    ある日突然、みんなが驚いているように、私たちも含めて、私たちは壊れてしまう。

  • The rupture can take many forms. We can no longer get out of bed. We fall into a catatonic depression.

    破裂は様々な形をとることができます。私たちはもはやベッドから出ることができません。緊張性うつ病に陥る。私たちは、すべての消費的な開発

  • We develop all-consuming social anxiety. We refuse to eat. We babble incoherently. We lose command over part of our body.

    社会的な不安を私たちは食べることを拒否します。私たちは支離滅裂にしゃべる。私たちは一部のコマンドを失います

  • We're compelled to do something extremely scandalous and entirely contrary to our normal selves.

    私たちの体私たちは非常に不愉快なことをしなければならない。

  • We become wholly paranoid in a given area.

    普段の自分に私たちはある特定の領域で 完全に被害妄想的になります

  • We refuse to play by the usual rules in our relationship, we have an affair, ramp up the fighting

    私たちは、私たちの関係の中で通常のルールでプレイすることを拒否し、私たちは不倫をしている、戦いを激化させる - またはそうでなければ

  • or otherwise poke a very large stick into the wheels of day-to-day life.

    日々の生活の車輪の中で非常に大きな棒を突く

  • Breakdowns are hugely inconvenient for everyone, and so, unsurprisingly, there is an immediate rush to medicalize the problem

    故障は誰にとっても非常に不便なので、当然のことながら、即時のラッシュがあります。

  • an attempt to excise it from the scene, so that business as usual can restart.

    問題を医療化して現場から排除しようとすることで、通常通りのビジネスが再開できるようにします。

  • But this is to misunderstand what's going on when we break down.

    しかし、これは故障した時に何が起こっているのかを誤解することです。

  • A breakdown is not merely a random piece of madness or malfunction,

    故障というのは、ただの狂気や故障ではありません。

  • it's a very real, or be it very inarticulate, bid for health.

    それは健康のための非常に現実的な、または非常に不明確な入札です。

  • It is an attempt by one part of our minds to force the other into a process of growth,

    それは、私たちの心の一方の部分が、他方の部分を強制する試みです。

  • self-understanding and self-development, which it has hitherto refused to undertake.

    これまでは引き受けようとしなかった成長、自己理解、自己啓発のプロセス。

  • If we can put it paradoxically, it's an attempt to jumpstart a process of getting well, properly well,

    逆説的に言うならば、それはジャンプスタートのために

  • through a stage of falling very ill.

    大病に倒れるという段階を経て、適切によくなってきた危険なこと、それゆえに

  • The danger, therefore, if we merely medicalize a breakdown and attempt to shift it away at once,

    故障を医療化して一挙に解消しようとすると

  • is that we're going to miss the lesson embedded within our sickness. A breakdown isn't just a pain, though it is that too of course.

    病気の中に埋め込まれた教訓を 見逃すことになります故障はただの痛みではありませんが

  • It's an extraordinary opportunity to learn.

    それももちろんですが、それは特別な学びの機会でもあります。私たちがブレークする理由は

  • The reason we break down is that we have not, over many years, flexed very much.

    何年も前からあまり柔軟に対応できていなかったことです。必要なことがありました

  • There were things we needed to hear inside our minds that we deftly put to one side.

    私たちの心の中には、私たちが巧みに片側に置くことを聞いて、私たちが必要とするメッセージがありました。

  • There were messages we needed to heed, bits of emotional learning and communicating we didn't do, and now, after being patient for so long, far too long,

    私たちがしなかった感情的な学習とコミュニケーションの断片に耳を傾け、そして今、我慢した後に

  • the emotional self is attempting to make itself heard in the only way it now knows how.

    長い間、あまりにも長い間、感情的な自己は自分の声を聞き出そうとしています。

  • It has become entirely desperate, and we should understand

    それは完全に絶望的なものになっています - そして、私たちは理解し、理解する必要があります。

  • and even sympathize with its mute rage. What the breakdown is telling us above anything else is that

    その無言の怒りに共感さえ覚える。故障が何よりも私たちに伝えているのは

  • it must no longer be business as usual, that things have to change or (and this can be properly frightening to witness)

    は、もはやいつも通りのビジネスではなく、物事が変わらなければならないということです。

  • that death might be preferable.

    は死が望ましいかもしれないということを目撃することは適切に恐ろしいことです)なぜできないのか

  • Why can't we simply listen to the emotional need calmly and in good time, and avoid the melodrama of a breakdown?

    単に冷静に、良い時間に感情的な必要性に耳を傾ける - と故障のメロドラマを避けることができますか?

  • Because the conscious mind is inherently lazy and squeamish

    意識高い系の人は、本来、怠け者で不器用で消極的なので

  • and so reluctant to engage with what the breakdown eventually has to tell us with brutality.

    内訳が最終的に残虐性を持ってそれを教えなければならないものに従事するために。何年も

  • For years, it refuses to listen to a particular sadness, or there is a dysfunction in a relationship we're in flight from,

    特定の悲しみに耳を傾けることを拒否する、または関係に機能不全がある

  • or there are desires it sweeps very far under the proverbial carpet.

    それはから飛行中であるか、またはそれがことわざのカーペットの下に非常に遠く掃き出す欲望があります。

  • We can compare the process to a revolution. For years, the people press the government to listen to their demands and adjust.

    その過程を革命に例えることができます。何年もの間、国民は政府に圧力をかけ

  • For years, the government makes token gestures but shuts its ears,

    彼らの要求に耳を傾け調整するために何年にもわたって、政府は形だけのジェスチャーをして、

  • until one day, it is simply too much for the people,

    しかし、その耳を閉ざす - ある日まで、それは単にあまりにも多くの人々のために、嵐のように

  • who storm the palace gates, destroy the fine furnishings and shoot randomly at the innocent and the guilty.

    宮殿の門を破り、調度品を破壊し、無実の者と有罪の者を無差別に撃つ。

  • Mostly, in revolutions, there is no good outcome. The legitimate grievances and needs of the people are not addressed or even discovered.

    ほとんどの場合、革命では、良い結果は得られない。国民の正当な不満やニーズには対処されないし、発見すらされない。

  • There is an ugly civil war, sometimes, literally, suicide. The same is true of breakdowns.

    醜い内戦がある--ときには文字通りの自殺もある。故障も同じです。

  • Yet, a good mental physician tries hard to listen to rather than censor the illness.

    しかし、優秀な精神科医は以下のように努力しています。

  • They detect within its oddities a plea for more time for ourselves,

    病気を検閲するのではなく 耳を傾けるのです彼らは、その奇妙さの中にある

  • for a closer relationship, for a more honest, fulfilled way of being, for acceptance of who we really are sexually.

    自分自身のための時間を増やし、より緊密な関係を築き、より正直で充実した存在になるための時間を増やします。

  • That's why we started to drink or to become reclusive,

    性的な本当の自分を受け入れるために...そのためにお酒を飲むようになったり

  • or to grow entirely paranoid or manically seductive.

    引っ込み思案になったり、完全に被害妄想的になったり、男心をそそるようになったりすること。

  • A crisis represents an appetite for growth that hasn't found another way of expressing itself.

    危機は、他の表現方法を見つけられなかった成長意欲を表しています。

  • Many people, after a horrific few months or years of breakdown, will say:

    多くの人は、数ヶ月、数年という恐ろしい故障を経験した後に、こう言います。

  • "You know, I don't know how I'd ever have gotten well, if I hadn't fallen ill."

    病気にならなければどうやって元気になっていたのかわからない。

  • In the midst of a breakdown, we often wonder whether we have gone mad. We have not. We're behaving oddly no doubt,

    壊れている最中に、私たちはしばしば、自分がおかしくなってしまったのではないかと考えることがあります。そうではありません奇妙な行動をしているのは間違いない。

  • but beneath the surface agitation, we are on a hidden yet logical search for health.

    しかし、表面の煽りの下では、私たちは健康のために隠された、まだ論理的な検索上にあります。

  • We haven't become ill, we were ill already. Our crisis, if we can get through it, is an attempt to dislodge us from a toxic status quo

    私たちは病気になったのではなく、すでに病気になっていたのです。私たちの危機は、もし私たちがそれを乗り越えることができれば、それは

  • and it represents an insistent call to rebuild our lives on a more authentic and sincere basis.

    有毒な現状からの私たちと、より本格的で誠実な基盤の上に私たちの生活を再構築するための執拗な呼び出し。

One of the great problems of human beings is that we're far too good at keeping going.

人間の大きな問題の一つは、続けることがあまりにも上手すぎることです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 病気 自己 拒否 非常 優秀 被害

ブレークダウンの重要性

  • 16216 1207
    Evangeline に公開 2018 年 04 月 25 日
動画の中の単語