Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Landscape with the Fall of Icarus is a large painting from the 1560s that hangs in Belgium's largest museum, the Musée des Beaux Arts,

    『イカロスの墜落のある風景』は、1560年代の大型絵画で、ベルギー最大の美術館、ベルギー王立美術館に飾られています。

  • and is held to be a meticulous copy of an original work, now lost, by the Flemish artist Pieter Bruegel the Elder.

    もう現存していませんが、フラマンの画家のピーテル・ブリューゲル・エルダーによる原画を、緻密に複製したものとされています。

  • The painting shows a superficially bucolic scene: ships are taking sail, a shepherd is tending to his flock, distant cities look prosperous and ordered.

    絵画では、表面上は牧歌的な場面が描かれています。船が帆を下ろし、羊飼いが羊の世話をしていて、遠くに見える都市は、繁栄し、秩序だっているように見えます。

  • But in the bottom right hand corner of the canvas, a tragedy is unfolding, all but unheeded.

    しかし、キャンバスの右下では、悲劇が始まりつつありますが、見過ごされています。

  • Reckless Icarus, the legendary figure from Classical mythology, is in the final stages of one of the ancient world's most famous aeronautical disasters.

    不用心なイカロスは、古典神話の伝説的人物であり、古代世界で最もよく知られた、飛行に関連する大惨事の1つの終盤に、ここで直面しています。

  • Together with his father Daedalus, the young man had made himself a pair of wings, glued together with wax.

    父親のダイダロスとともに、この若い男は一対の翼を作り、蝋で固めました。

  • Daedalus had warned his son not to fly too close to the sun in case its heat were to melt the structure,

    ダイダロスは、「熱で構造が溶けてしまう可能性があるから、太陽には近づきすぎるな」と警告しましたが、

  • but the impetuous boy soared too high anyway, and in the painting, has just tumbled down into the waves, to his death.

    衝動的な息子は、空高く飛び上がってしまいました。この絵画では、波の中に落ち、死んでいく様子が描かれています。

  • Icarus's end is deliberately not the central focus of the painting.

    イカロスの最期は、あえて、絵画の中心とはなっていません。

  • The eye is drawn instead to the glittering cities and smart ships in the distance.

    目は、遠くに見える、きらびやかな都市や洗練された船に引き寄せられます。

  • As if to emphasise the point, the ploughman at the centre of the painting references a popular proverb: 'No plough stops for the dying man.'

    この点を強調するかのように、絵画の中心にいる農民は、有名な格言の「死にゆく人にも鋤は止まらず」を表現した存在となっています。

  • This neglect of Icarus's tragedy is, at one level, terrifying and sad.

    イカロスの悲劇を無視している様子は、恐ろしく、悲しいものです。

  • We read into it how little the world cares about our own pains.

    私たちの苦しみに対し、世界がどれだけ無関心か分かります。

  • And yet, from another perspective, this neglect is deeply gratifying and importantly redemptive.

    しかし別の視点で見ると、この無関心さからは深い満足感が得られ、贖罪の重要な意味合いを持っています。

  • It is one of the central sources of our unhappiness that we spend so much of our lives fearing for our reputations and wondering what others will think of us when we failas we inevitably will at points.

    私たちは、自分の評判や、失敗したら他人にどう思われるかを恐れながら、非常に多くの時間を過ごしており、それが不幸の根源の1つになっています―しかし、失敗はある時点で、必ず起きるものなのです。

  • The slightest change in our image in the eyes of others can obsess us.

    他人の目にうつる自分のイメージのわずかな変化も、私たちは心配してしまいます。

  • We lie awake at night wondering how we could cope without the approval of people we don't even like very much.

    大して好きでない人でも、「認められなかったらどうしよう」と心配し、夜眠れなくなります。

  • We surrender our freedom to the verdicts of strangers.

    他人の意見のために、私たちは自らの自由を諦めています。

  • But the painter's stroke of consoling genius is, here, to show us how, when we really mess up, almost no one will be looking or caring very much.

    しかし、この画家の画才が、私たちを励ましてくれます―本当に失敗した時、見ている人や、心から気にかけてくれる人は、ほぼいないのです。

  • The farmer is too busy ploughing, the shepherd is too taken up with thinking about the weather, someone else is overwhelmingly intent on fishing.

    農家は耕作に忙しく、羊飼いは天気を気にかけていて、別の人は釣りに没頭してしまっています。

  • Our tragedies don't occupy society the way we fear they will.

    私たちの悲劇は、私たちが恐れているほど、社会に影響するものではありません。

  • A few people might notice for a moment, then swiftly move on to the next thing.

    一時的に、数人は気づくかもしれませんが、そういった人たちも、すぐに次のことに移っていきます。

  • We are at the centre of the galaxy only in our own tortured minds.

    自分が銀河の中心に位置しているのは、自らの悩める心の中においてだけなのです。

  • The world is still filled with humans who haven't heard of us and never will.

    世界には、私たちのことを聞いたこともない人、今後も聞かないであろう人たちが、まだたくさんいます。

  • Those who might be angry or disappointed with you now will have forgotten all about you soon enough.

    今あなたに怒ったり、失望したりしている人たちは、あなたのことなんて、すぐにさっぱり忘れてしまうでしょう。

  • Your disgrace will, in time, be subsumed within the larger amnesia of a consolingly indifferent world.

    あなたの恥は、そのうち、安堵できるほどに無関心でいてくれる世界の中で、忘れられることでしょう。

  • It isn't just Icarus who is being swallowed up and obscured by the waves: some of the same obscurity awaits our greatest errors and embarrassments.

    波にのまれ、目立たなくなっているのは、イカロスだけではありません。私たちの犯す、最大の間違いや恥も、これと同じように目立たないものなのです。

  • We hope you enjoyed this film. For more from The School Of LIfe you can subscribe to our channel and take a look at our range of products on our website.

    今回のビデオ、楽しんでいただけたでしょうか。スクール・オブ・ライフから情報をもっと得るには、チャンネル登録して、ウェブサイトで商品をご覧ください。

Landscape with the Fall of Icarus is a large painting from the 1560s that hangs in Belgium's largest museum, the Musée des Beaux Arts,

『イカロスの墜落のある風景』は、1560年代の大型絵画で、ベルギー最大の美術館、ベルギー王立美術館に飾られています。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ベルギー 別人 墜落 法的 絵画 風景

他人にどう思われても気にしない理由 (A Reason Not to Worry What Others Think)

  • 4880 382
    Evangeline に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語