Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • You may take them for granted, but your teeth are a marvel.

    当たり前だと思っているかもしれませんが、あなたの歯は驚異です。

  • They break up all your food over the course of your life, while being strong enough to withstand breakage themselves.

    彼らはあなたの人生の間にあなたのすべての食べ物を壊し、同時に、自分自身が壊れることに耐えるのに十分な強さを持っています。

  • And they're formed using only the raw materials from the food they grind down in the first place.

    そもそもすり潰した食品の原料だけで形成されてるしな

  • What's behind their impressive strength?

    彼らの印象的な強さの裏には何があるのでしょうか?

  • Teeth rely on an ingenious structure that makes them both hard and tough.

    歯は、硬さと強靭さを兼ね備えた独創的な構造に頼っています。

  • Hardness can be thought of as the ability to resist a crack from starting, while toughness is what stops the crack from spreading.

    硬度とは、<a href="#post_comment_1"><strong>抵抗</strong><i class="icon-star"></i>ひび割れが始まるのを止める能力と考えることができ、一方、靭性とはひび割れが広がるのを止めるものです。

  • Very few materials have both properties.

    両方の特性を持つ材料はほとんどありません。

  • For instance, glass is hard but not tough, while leather is tough but not hard.

    例えば、ガラスは硬いけど硬くないし、革は硬いけど硬くない。

  • Teeth manage both by having two layers: a hard external cap of enamel, made up almost entirely of a calcium phosphate, and beneath it, a tougher layer of dentin, partly formed from organic fibers that make it flexible.

    歯は2つの層を持っていることによって、両方を管理します:エナメル質の硬い外側のキャップは、ほぼすべてがリン酸カルシウムで構成され、その下には、それを柔軟にする有機繊維から部分的に形成された象牙質のより堅い層です。

  • This amazing structure is created by two types of cells: ameloblasts that secrete enamel and odontoblasts that secrete dentin.

    この驚くべき構造は、<a href="#post_comment_2"><strong>分泌</strong><i class="icon-star"></i>エナメル質を分泌するアメロブラストと象牙質を分泌するオダートブラストの2種類の細胞によって作られています。

  • As they form teeth, odontoblasts move inward, while ameloblasts move out and slough off when they hit the surface.

    歯が形成されると、歯芽細胞は内側に移動し、アメロバストは表面に当たると外に出てスルスルと落ちていきます。

  • For enamel, this process produces long, thin strands, each about 60 nanometers in diameter.

    エナメルの場合、このプロセスでは、直径約60ナノメートルの細長いストランドが生成されます。

  • That's one one-thousandth the width of a human hair.

    人の髪の毛の幅の1000分の1ですね。

  • Those are bundled into rods, packed together, tens of thousands per square millimeter, to form the shield-like enamel layer.

    それを棒状に束ねて、1平方ミリあたり何万個も詰め合わせて、シールド状のエナメル層を形成しています。

  • Once this process is finished, your enamel can't repair itself again because all the cells that make it are lost, so we're lucky that enamel can't be easily destroyed.

    この作業が終わると、エナメル質を作っている細胞がすべて失われてしまうので、エナメル質が簡単に破壊されないのが幸いして、再び自己修復することができなくなります。

  • Odontoblasts use a more complex process, but unlike ameloblasts, they stick around, continuing to secrete dentin throughout your life.

    オデント芽細胞は、より複雑なプロセスを経ていますが、アメロバストとは異なり、生涯にわたって象牙質を分泌し続けます。

  • Despite the differences in teeth across the mammalian order, the underlying process of tooth growth is the same whether it's for lions, kangaroos, elephants or us.

    哺乳類の順序全体の歯の違いにもかかわらず、歯の成長の根本的なプロセスは、それがライオン、カンガルー、ゾウ、または私たちのためのものであるかどうかは同じです。

  • What changes is how nature sculpts the shape of the tooth, altering the folding and growth patterns to suit the distinct diets of different species.

    何が変わるかというと、自然がどのように歯の形を削り、異なる種の異なる食生活に合わせて歯の折れ方や成長パターンを変化させているかということです。

  • Cows have flat molar teeth with parallel ridges for grinding tough grasses.

    牛の臼歯は平らで、平行な稜線があるので、丈夫な草を挽くことができます。

  • Cats have sharp crested molars, like blades, for shearing meat and sinew.

    猫には刃のような鋭い尖ったトリカブトの臼があり、肉や皮を剪断するために使われています。

  • Pigs have blunt, thick ones, useful for crushing hard roots and seeds.

    豚は鈍くて太いものを持っていて、硬い根や種を潰すのに便利です。

  • The myriad molars of modern mammals can be traced back to a common form called "tribosphenic", which first appeared during the dinosaur age.

    現代の哺乳類の無数の臼歯は、恐竜時代に最初に出現した「トリボスペニック」と呼ばれる共通の形態にまで遡ることができます。

  • In the 19th century, paleontologist Edward Drinker Cope developed the basic model for how this form evolved.

    19世紀、古生物学者のエドワード・ドリンカー・コープは、この形態がどのようにして進化したかの基本的なモデルを開発しました。

  • He hypothesized that it started with a cone-like tooth, as we see in many fishes, amphibians, and reptiles.

    <a href="#post_comment_3"><strong>仮説を立てた</strong><i class="icon-star"></i>多くの魚類や両生類、爬虫類に見られるように、円錐形の歯から始まったと。

  • Small cusps were then added, so the tooth had three in a row, aligned front to back, and connected by crests.

    その後、小さなカスプが追加されたので、歯は3本並んでいて、<a href="#post_comment_4"><strong>整列</strong><i class="icon-star"></i</a> 前から後ろにあり、クレストでつながっています。

  • Over time, the cusps were pushed out of line to make triangular crowns.

    時間が経つにつれ、カスプが一直線に押し出され、三角形のクラウンができました。

  • Adjacent teeth formed a continuous zigzag of crests for slicing and dicing.

    隣接する歯は、スライスやダイシングのための連続したジグザグ状の紋章を形成していました。

  • A low shelf then formed at the back of each set of teeth, which became a platform for crushing.

    その後、各歯の後ろに低い棚が形成され、それが粉砕するためのプラットフォームとなりました。

  • As Cope realized, the tribosphenic molar served as the jumping-off point for the radiation of specialized forms to follow, each shaped by evolutionary needs.

    コープが気づいたように、トリボスペニック臼歯は、後に続く特殊な形態の放射のジャンプオフポイントとして機能し、それぞれが進化の必要性によって形成されていました。

  • Straighten the crests and remove the shelf, and you've got the conveniently bladed teeth of cats and dogs.

    家紋をまっすぐにして棚を外せば、猫や犬の便利な刃付きの歯を手に入れることができます。

  • Remove the front cusp, raise the shelf, and you've got our human molars.

    前のクッションを外して、棚を上げれば、人間の大臼歯ができあがります。

  • A few additional tweaks get you a horse or cow tooth.

    いくつかの追加の調整は、あなたの馬や牛の歯を取得します。

  • Some details in Cope's intuitive hypothesis proved wrong.

    コープの直観的な仮説が間違っていることが証明されたのは、いくつかの詳細に記載されています。

  • But in the fossil record, there are examples of teeth that look just as he predicted and we can trace the molars of all living mammals back to that primitive form.

    しかし、化石の記録の中には、彼が予測した通りの歯の例があり、私たちはすべての生きている哺乳類の臼歯を、その原始的な形にまで遡ることができます。

  • Today, the ability to consume diverse forms of food enables mammals to survive in habitats ranging from mountain peaks and ocean depths to rainforests and deserts.

    今日では、多様な形態の餌を消費する能力により、哺乳類は山頂や海の深さから熱帯雨林や砂漠までの生息地で生き延びることができるようになりました。

  • So, the success of our biological class is due in no small measure to the remarkable strength and adaptability of the humble mammalian molar.

    ですから、私たちの生物学的なクラスの成功は、謙虚な哺乳類の臼歯の顕著な強さと適応性のために少しも原因ではありません。

You may take them for granted, but your teeth are a marvel.

当たり前だと思っているかもしれませんが、あなたの歯は驚異です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed エナメル 臼歯 形成 哺乳 分泌

歯はどのように進化したのか?- ピーター・S・ウンガー

  • 20827 948
    Evangeline に公開 2018 年 04 月 20 日
動画の中の単語