Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • (upbeat music)

    (アップビートな曲)

  • - Hello everyone, and welcome back to English with Lucy.

    - 皆さんこんにちは、Lucyと一緒に英語に戻ってきました。

  • Today I have got seven tips for presenting in English.

    今日は、英語でプレゼンするための7つのコツをお伝えします。

  • These tips are really going to help you

    これらのヒントは、本当にあなたを助けようとしています。

  • improve your presentation skills.

    プレゼン力を高める

  • Now the vast majority of us, at some point in our lives,

    今では大多数の人が人生のどこかの時点で

  • are going to have to give presentations.

    が発表することになります。

  • We're going to have to speak in public.

    人前で話すことになりそうです。

  • And it was actually voted the scariest thing,

    そして、実際に一番怖いものに投票されました。

  • above death and spiders, in a recent study.

    最近の研究では、死とクモの上に。

  • So it's quite obvious that it's something that

    ということは、かなり明らかに

  • a lot of people hate.

    多くの人に嫌われている

  • I have to present a lot.

    たくさん発表しないといけないんです。

  • I hated it at first, but now I really enjoy it

    最初は嫌いだったけど、今は本当に楽しい

  • because I've learnt how to do it properly,

    きちんとしたやり方を覚えたからです。

  • and I'd like to help you guys out today.

    で、今日は皆さんのお役に立てればと思います。

  • Quickly, if you really want to kick-start your English,

    早く、本当に英語をキックスタートさせたいのであれば

  • I cannot recommend enough the Lingoda Language Marathon.

    リンゴダランゲージマラソンを十分にお勧めすることはできません。

  • You can get a 90-day language course worth 567 euros,

    567ユーロ相当の90日間の語学コースを受けることができます。

  • completely refunded to you.

    に全額返金されます。

  • But you have to be quick, because A,

    でも、早くしないといけないのはAだから。

  • spaces are almost filled, and B,

    のスペースはほぼ埋まっており、B.

  • if you want to do the English course,

    英語コースをやりたいなら

  • you've only got until the 19th of April to sign up.

    4月19日までしか登録できません。

  • I've got a video explaining all of the details,

    詳しく説明している動画があるんですが

  • which you can see up here.

    この上で見ることができます。

  • But basically, you sign up for the marathon,

    でも、基本的にはマラソン大会に申し込むことになります。

  • you do 30 classes every month for three months,

    毎月30回の授業を3ヶ月間行います。

  • and if you complete all of these classes,

    と、これらの授業をすべて修了した場合

  • Lingoda will give you a full refund; that's 567 euros.

    リンゴダは全額返金してくれます。

  • There is also a half-marathon option,

    ハーフマラソンのオプションもあります。

  • which results in a 50% refund upon completion,

    これは、完了時に50%の払い戻しになります。

  • and that is just 15 classes per month.

    と言っても月に15回の授業だけです。

  • There are options for English and German.

    英語とドイツ語のオプションがあります。

  • I feel so passionately about this campaign.

    このキャンペーンに熱い思いを感じています。

  • As a teacher myself, and somebody who's worked

    私自身、教師として、そして働いてきた者として

  • independently teaching students for many years,

    長年、独立して学生を指導してきました。

  • it's such a generous offer.

    寛大な申し出ですね。

  • I mean, they're offering to refund it all back to you.

    つまり、全額返金すると言っているのです。

  • And to get the refund, all you have to do

    そして、返金を受けるために、あなたがしなければならないことは

  • is learn loads of English,

    は英語の負荷を学ぶことです。

  • i.e., 90 classes with real, native, qualified teachers.

    つまり、本物のネイティブで資格を持った先生が90クラス。

  • What's not to like?

    何が気に入らないの?

  • And you know what?

    そして、あなたは知っていますか?

  • Even if you don't complete it, at the very least,

    たとえコンプリートしなくても、最低でも

  • you've done 90 days of English.

    90日分の英語をやったんですね。

  • If you're interested

    興味のある方は

  • and you feel that you are dedicated enough

    と、あなたは十分に献身的であると感じています。

  • to do the Language Marathon properly,

    言語マラソンをきちんとやるために

  • all you have to do is click on the link

    リンクをクリックするだけで

  • in the description box and use the code RUN5.

    と記述し、コードRUN5を使用してください。

  • This will discount your five euro entry fee.

    これで5ユーロのエントリー料が割引になります。

  • All you will pay is 50 cents, and that's just to make sure

    あなたが払うのは50セントで、それは念のためです。

  • they have your credit card details.

    彼らはあなたのクレジットカード情報を持っています。

  • Good luck to everyone taking part.

    参加している皆さん、頑張ってください。

  • I think you've done an amazing thing,

    すごいことをしてくれたと思います。

  • and I cannot wait to hear your feedback.

    と、感想を聞くのが待ちきれません。

  • Right, let's talk about my first tip.

    そうだな、最初のチップの話をしよう。

  • This is especially important for non-native speakers.

    これは、特に非ネイティブスピーカーにとって重要なことです。

  • It is, don't agonise over your accent.

    訛りは気にしなくていいよ

  • Forget your accent.

    訛りは忘れて

  • I always say, rather than working on reducing your accent,

    いつも言ってますが、訛りを減らす努力をするよりも

  • work on improving your pronunciation.

    発音の改善に取り組む

  • Accents are part of our culture and our heritage.

    アクセントは私たちの文化と伝統の一部です。

  • Pronunciation is the way we say sounds and words.

    発音とは、音や言葉の言い方のことです。

  • And the best way to improve your pronunciation is

    そして、発音を改善するための最良の方法は

  • slow down.

    スピードを落として

  • I've given lots of presentations

    たくさんの発表をしてきました

  • and I have watched lots of presentations,

    と、たくさんの発表を見てきました。

  • and I can tell you the best presentations

    と、最高のプレゼンテーションを伝えることができます。

  • are the slower presentations.

    はゆっくりとしたプレゼンテーションです。

  • It's especially important

    特に重要なのは

  • at the beginning of your presentation

    冒頭に

  • because everybody has an accent.

    誰もが訛っているからだ

  • Natives have accents too.

    ネイティブにも訛りがあります。

  • But we need to give the audience time to get used to

    しかし、視聴者に慣れるまでの時間を与える必要があります。

  • and to adapt to our accents.

    と私たちのアクセントに合わせてくれます。

  • Another reason to embrace your accent is

    あなたのアクセントを受け入れるもう一つの理由は

  • covering up an accent or putting on this fake posh voice

    訛り声

  • might actually come across as insecure to a audience.

    視聴者には不安に映るかもしれません。

  • You might come across as fake.

    偽物だと思われるかもしれない

  • They might not trust you as much.

    彼らはあなたをあまり信用していないかもしれません。

  • Now when I'm talking to my friends and my family,

    今では友人や家族と話している時に

  • I don't always speak like this because I'm not presenting

    プレゼンをしていないので、いつもこのような発言をしているわけではないのですが...。

  • but I definitely don't put on a fake accent.

    でも私は絶対に偽の訛りはつけない

  • I'm simply working on my pronunciation.

    単純に発音を工夫しているだけです。

  • I want to make sure I pronounce every relevant

    関連するすべての発音を確認したい

  • and necessary phoneme so that you guys can understand me.

    と必要な音素を入れて、皆さんに理解してもらえるようにしています。

  • When students come to me and they say,

    生徒さんが私のところに来て言ってきたら

  • "Lucy, help me get rid of my accent," I tell them, "No."

    "ルーシー 訛りを消すのを手伝ってくれ "と言うと "ダメだ "と言われる

  • I'm not going to help you get rid of your accent.

    訛りを消すのには協力しないよ

  • I think that's very negative.

    非常にネガティブだと思います。

  • I will help you improve your pronunciation.

    あなたの発音を改善するお手伝いをさせていただきます。

  • In my opinion, the only people that should be getting rid

    私の意見では、処分されるべきなのは

  • of their accents are actors.

    訛りのある人は役者さんです。

  • Otherwise, unless it's something you do for a hobby,

    そうでなければ、趣味でやっていることでもない限りは。

  • it's a little bit of a waste of time.

    とかいうのは、ちょっともったいないですね。

  • Number two, use pauses to your advantage.

    2つ目は、間を利用することです。

  • Pauses are great for so many reasons.

    ポーズは様々な理由で素晴らしいです。

  • As I've said in the previous point about slowing down,

    先ほどのスローダウンについての指摘にもあるように

  • they give the audience time

    観客に時間を与える

  • to understand what you're saying.

    を理解するために

  • A very clear example of this is when I shout a question

    非常に明確な例は、私が質問を叫ぶときです。

  • to my boyfriend, who is normally downstairs.

    普段は下にいる彼氏に

  • He will immediately reply to that question with "What?"

    彼はその質問にすぐに "えっ?"と答えるでしょう。

  • I know, instead of repeating myself,

    繰り返す代わりに、知っている。

  • if I wait three or four seconds,

    3、4秒待ったら

  • he will then answer my question

    彼は私の質問に答えてくれる

  • because he's had time to process what I've said.

    彼は私が言ったことを処理する時間があったからだ

  • It's the same for your audience.

    視聴者も同じです。

  • It will sometimes take them a couple of seconds

    数秒かかることもあります。

  • to understand what you've said.

    を理解するために

  • So use a pause to your advantage.

    だから、一時停止を上手に使いましょう。

  • Pauses also give you time to think

    間を置くことは考える時間にもなる

  • and also time to have a break.

    とか、休憩の時間にも。

  • Our tongues can get in a twist.

    私たちの舌はねじれた状態になることがあります。

  • You guys only get to see the finished cut

    お前らは完成したカットしか見られない

  • of what I film here, but I have to repeat things

    ここで撮影したもののうち、何度も撮影しなければならないことがあります。

  • again and again and again because my tongue

    何度も何度も何度も私の舌が

  • doesn't always go where I want it to.

    思うようにいかないこともあります。

  • When I make a mistake, I pause, I have a break,

    間違えた時は一時停止、休憩。

  • and then I try again.

    と言って、もう一度やってみます。

  • And it normally comes out a lot better.

    そして、普通はもっといいものが出てきます。

  • Take three or four seconds

    3秒か4秒で

  • to plan what you're going to say next

    言いたいことを言う

  • and then you can be confident in your delivery.

    と言って、自信を持ってお届けすることができます。

  • Now the best speakers that I've listened to

    今まで聴いてきたスピーカーの中で最高のものは

  • are people that make the audience feel

    は、観客を気持ちよくさせる人たちです。

  • as if the pauses have been included for their advantage.

    まるで自分たちの利益のためにポーズが含まれているかのように。

  • So the audience might think that the pause has been used

    そのため、視聴者は「ポーズが使われている」と思っているかもしれません。

  • for emphasis, they've said something important,

    強調するために、重要なことを言ってくれました。

  • they want them to consider how important this point is,

    このポイントがどれだけ重要かを考えて欲しいとのこと。

  • when actually, they just needed to think about

    考える必要があった時に

  • what they were going to say next.

    次に何を言おうとしていたのか

  • The speaker may make the audience feel

    話し手は聴衆に

  • as if they've left a pause to give them time to think

    思案の余地があるかのように

  • when actually, they're just skimming the audience,

    実際には観客に手を抜いているだけなのに

  • making sure that everyone's understood

    意思疎通

  • because they're not sure if they've said it quite right.

    というのは、自分たちの言い方が正しいかどうかわからないからです。

  • Number three, now this one is a controversial one,

    3番、今、これは物議を醸しています。

  • and I'm not going to say absolutely don't say this,

    と、絶対に言ってはいけないとは言いません。

  • but I will say reconsider saying this

    と言ってもいい

  • at the beginning of your presentations.

    プレゼンの冒頭で

  • If I go to another country,

    他の国に行ったら

  • and someone is giving a presentation in English,

    と誰かが英語でプレゼンをしています。

  • which happens a lot,

    よくあることです。

  • and wow the people who are presenting in another language,

    と、別の言語で発表している人たちがうわー。

  • nine out of 10 times, they will start the presentation

    10回のうち9回はプレゼンを始める

  • by saying, "Sorry for my English."

    "英語でごめんね "と言うことで

  • Now I'm not sure that I really like this.

    今は本当に好きなのかどうかわからなくなってきました。

  • I feel like you can take more control over this situation.

    もっと主導権を握れるような気がします。

  • Why not try saying something like,

    みたいなことを言ってみてはどうでしょうか。

  • "English isn't my first language,

    "英語は母国語ではない

  • "but I'm going to try my best here."

    "でもここで頑張ります"

  • Instead of apologising and being all small

    謝って小さくなるのではなく

  • and seeming a bit unconfident, you're taking ownership.

    と少し自信なさそうな顔をして、所有権を握っています。

  • English isn't my first language,

    英語は母国語ではありません。

  • but I'm going to try my best.

    でも頑張ります。

  • It's unapologetic, it's confident,

    堂々としていて、自信に満ちている。

  • and it makes you seem like you're totally in control,

    自分が完全にコントロールされているように見えてしまう。

  • and the audience is going to want to work with you.

    と、観客はあなたと一緒に仕事をしたいと思うようになります。

  • So this is a opportunity to participate here.

    ということで、この機会に参加してみました。

  • In the comments below, I'd really like to know

    下のコメントで、どうしても知りたいのは

  • if you have had any great alternatives

    代わりになるものがあれば

  • to "Sorry for my English."

    を "英語でごめんね "に

  • Or, you can say if you think "Sorry for my English" is fine.

    もしくは、「英語でごめんね」でいいと思うなら言ってもいいと思います。

  • I look forward to seeing what you have to say.

    何を言ってくれるのか楽しみです。

  • Now number four.

    これで4番。

  • You guys always knew I was going to mention this one.

    お前らは俺がこの件に言及するのを知ってたんだな

  • It is practise.

    実践です。

  • But I want to say, practise, but don't learn.

    でも言いたいのは、練習はしても勉強はしないこと。

  • You can tell when somebody has practised a presentation

    誰かがプレゼンの練習をしたことがあればわかる

  • or rehearsed a presentation, and you can also tell

    プレゼンのリハーサルをしたりして

  • when they've learnt a presentation.

    プレゼンを学んだ時に

  • The difference being that a practised presentation

    実践的なプレゼンテーションとの違いは

  • is organic, it's genuine, it flows, and it's trustworthy.

    は有機的で、本物で、流れがあり、信頼できるものです。

  • You can trust what that person is saying.

    その人の言っていることは信用できる。

  • A learnt presentation is memorised, it's stagnant,

    学習したプレゼンが暗記されて停滞している

  • and it's sterile.

    と無菌状態になっています。

  • It's not interesting,

    面白くないですよね。

  • which is why you need to use number five, cue cards,

    だから5番のキューカードが必要なんだよ

  • to your advantage.

    あなたに有利になるように

  • This really ties in with number four.

    これは本当に4番と一致しています。

  • If you are allowed to use cue cards or speaker notes

    キューカードやスピーカーノートの使用が認められている場合

  • in your presentation, for goodness sake, please use them.

    プレゼンの際には、お願いだから使ってください。

  • Use them, they are so, so useful.

    使ってみてください、とても便利です。

  • You never know when you're going to be caught off-guard,

    いつ不意を突かれるかわからない。

  • so it is so essential to have something up there with you.

    だから何かを持っていることが必要不可欠なのです。

  • You don't have to have them in your hand

    手に持っていなくても大丈夫

  • but have them up there.

    しかし、そこにはそれらを持っています。

  • I've seen a lot of people get stage fright.

    ステージ恐怖症になる人も多いですね。

  • Those who have speaker notes can quickly look back

    スピーカーノートを持っている人は、すぐに見返すことができる

  • and figure out where they are.

    そして、どこにいるのかを把握します。

  • Those who don't stand up there like a lemon.

    レモンのようにそこに立たない人。

  • Cue cards should be tiny little bullet points

    キューカードは小さな小さな箇条書きである必要があります

  • that keep you on track, that remind you where you are.

    軌道に乗って、自分の居場所を思い出させてくれる。

  • They should not be a whole written presentation.

    彼らは、全体の書面によるプレゼンテーションであるべきではありません。

  • I used to hate it at university.

    昔は大学で嫌がっていました。

  • We'd give presentations in class

    クラスで発表するんだ

  • and people would stand up there with two A4 papers

    人々はA4用紙2枚を持ってそこに立っていた

  • of their entire speech.

    彼らのスピーチ全体の

  • It doesn't look good, it doesn't look professional.

    見た目もプロっぽくない。

  • It looks like you've written it the night before.

    前日の夜に書いたようですね。

  • You need to practise and rehearse multiple times

    何度も練習してリハーサルする必要がある

  • just using your cue cards.

    キューカードを使って

  • So if you practise it loads, it will come out

    だから、負荷をかけて練習すると、それが出てきます。

  • a little bit differently each time, but that's good

    毎回少しずつ違うが、それはそれでいい

  • because you're going to be preparing yourself

    覚悟を決めているから

  • for a multitude of situations.

    様々な状況に対応しています。

  • Number four, think about your body.

    4番 自分の体のことを考えて

  • Everyone is different.

    みんな違うんですよ。

  • When I present, I like to have my feet apart.

    プレゼンするときは、足が離れているのがいいですね。

  • I definitely don't walk around on stage.

    私は絶対にステージの上を歩き回ったりしません。

  • I have them planted on the floor,

    床に植えてもらっています。

  • and I like to use my two hands and my waist to sort of pivot

    両手と腰を使って、回転させるのが好きなんだ

  • and I'll kind of talk like this.

    と、こんな感じで話します。

  • I've got loads of room to move,

    引っ越しの荷物がたくさんあるから

  • but I'm not moving up and down.

    と言っても、上にも下にも動いていません。

  • That's a distraction and also you can trip over

    それは気が散るし、また、あなたが躓くことができます。

  • which is not what you want.

    それはあなたが望むものではありません。

  • So I like to stay in one place.

    だから一箇所に留まるのが好きなんです。

  • I like to look really, really confident.

    本当に自信満々な顔をしているのが好きなんです。

  • Chest out, great posture, and I try not to do

    胸を張って、姿勢を良くして、やらないようにしています。

  • my typical fidget things, which is touching my hair,

    髪の毛を触っている私の典型的なフィジェットモノ。

  • touching my nose, touching my neck.

    鼻を触ったり、首を触ったり。

  • So I really try not to do that.

    だから、私は本当にそれをしないようにしています。

  • Before you go on stage, you want to think,

    舞台に立つ前に考えたいこと。

  • am I going to walk up and down, which is fine,

    は、私が上を歩いたり下を歩いたりするのは構わないのですが、それは、私が上を歩いたり下を歩いたりするのは構わないのですか?

  • but only if you're comfortable with the space.

    でも、その空間が快適であればいいんです。

  • What is my stance?

    私のスタンスは?

  • I like to call this like a Supergirl stance.

    スーパーガールのスタンスのような呼び方が好きです。

  • How are you going to stand?

    どうやって立つの?

  • Think about it so you go up there

    あなたがそこに行くように、それを考えてみてください。

  • and you know exactly what to do.

    あなたは何をすべきか知っている

  • It's also a really good idea to identify the things

    を見極めるのも、本当に良いアイデアです。

  • that you keep doing over and over again

    くりかえし