Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • This video is sponsored by Skillshare, click the link in the description for more information.

    この動画はスポンサー Skillshare の提供でお送りします。詳細は、説明のリンクをクリックしてください。

  • Being someone who pleases people sounds, on the face of it, like a very good idea.

    人を喜ばせる人であることは、見たところとても良いことのように思えます。

  • But it is a pattern of behaviour riddled with problems, as much for the perpetrator as for their audience.

    しかしそれは、犯罪者にとっても聴衆にとっても同じくらい、問題だらけの行動パターンなのです。

  • The people-pleaser is someone (who might at times be oneself) who feels they have no option but to mould themselves to the expectations of others, and yet, harbors all manner of secret and at points dangerous reservations and resentments.

    「万人を喜ばせようとする人」は、他者の期待に応える以外に選択肢がないと感じながら、あらゆる種類の秘密、危険な隠し事や憤りを抱えています。

  • They act like the perfect lover when their real feelings are much darker.

    彼らの本当の感情がはるかに暗いものである時、彼らは完璧な恋人のように振る舞います。

  • They give their assent to plans they hate and they confuse everyone around them by failing to express, in due time, with the requisite courage, their authentic needs and ambitions.

    彼らは自身が嫌いな計画に同意し、そのうち彼らは勇気と真の欲求や野心を欠いているため、周りの人を混乱させます。

  • Putting it bluntly, we could say that the people pleaser is a liar.

    率直に言って、「万人を喜ばせようとする人」は嘘つきとも言えます。

  • It sounds brutal, but the people-pleaser is lying for poignant reasons.

    酷い話ですが、「万人を喜ばせようとする人」は悲痛な理由があり嘘をつくのです。

  • Not in order to gain advantage, but because they are terrified of the displeasure of others.

    利益を得るためではなく、彼らは他人の不満を恐れているからです。

  • To understand and potentially sympathise with the people pleaser we need to look at their past which almost invariably involves an early experience of being around people.

    「万人を喜ばせようとする人」のことを理解し共感するには、彼らの過去を見ることが必要です。その多くが周りの人と過ごし始めた初期の経験と関係があります。

  • Usually a mother or a father, who seemed to be radically and terrifyingly incapable of accepting and forgiving certain necessary but perhaps tricky facts about their child.

    通常、自分の子供の不可欠だが扱いにくい事実を受け入り、そしてそれを許すことを根本的に恐れている母親や父親の場合です。

  • Perhaps our father flew into volcanic rage at any sign of disagreement.

    もしかすると、父親は僅かな意見の相違で激怒していたかもしれません。

  • To present an opposing political idea, to suggest we wanted something different to eat, to be frank about our tiredness or anxiety, all these could threaten us with annihilation.

    すると、反対の政治的な考えを述べたり、他のものを食べたいと提案したり、疲れや不安について率直に言うと、これらすべてが絶滅の危機に瀕させる可能性がでてきます。

  • To survive, we needed to be acutely responsive to what others expected us to do and say.

    生き残るためには、「万人を喜ばせようとする人」は他人の期待通りに鋭く反応し、振る舞ったり、話したりする必要がありました。

  • The very question of what we might really want became secondary to an infinitely more important priority: manically second-guessing the desires of those on whom, at that time, our lives depended.

    彼らが本当に欲しいと思うことは、第二優先事項になり、次のことを最優先するのです:その当時生存するために依存している相手の希望を推測するのです。

  • We didn't always lie out of fear; it was also often out of love for someone we were profoundly attached to but who was vulnerable in some way.

    常に恐れから嘘をつくわけではありません;それは通常、私たちと深く関わりがあり、何らかの形で脆弱であった人への愛情表現でもあります。

  • We lied out of a longing not to set off another marital row, a desire to keep a depressive parent in a good mood and to avoid adding a further burden to what seemed like an already very difficult or sad life.

    私たちは、夫婦げんかを引き起こさないように、嫌な気分にさせる親を良い気分を保ったり、すでに非常に困難や悲しい人生にさらなる負担を加えることを避けたりするなどといった理由なのです。

  • Who were we to make things even more complicated for a fragile person we cared for?

    私たちが大事に思う繊細な人をさらに複雑化させた私たちは誰なのか。

  • However understandable the origins of our behaviour, in the more reflexive moments of adulthood, we might find three paths out from these difficult patterns of people-pleasing.

    しかし、行動の発端は理解できるものの、より反射的な成人期には、これら「万人を喜ばせようとする人」の困難なパターンから3つの道筋を見つけるでしょう。

  • The first relies on reminding ourselves that our colleagues, partners and friends are almost certainly very different from the people around whom our anxieties evolved in childhood.

    1 つの道は、私たちの同僚、パートナー、そして友人は、私たちの不安な子供時代の周りにいる人々とは間違いなく異なっているということを覚えておくことにあります。

  • Most humans can cope quite well with a bit of contradiction, a dose of unwelcome information or an occasional rejection, delivered with requisite politeness.

    ほとんどの人間はちょっとした矛盾、不愉快な情報、または時折の拒絶に非常にうまく対処することができます。

  • The other is not going to explode or dissolve.

    相手は爆発も関係を切ったりもしません。

  • We learned a very particular habit of relating to the world around a group of people who were not representative of humanity as a whole.

    「万人を喜ばせようとする人」は人間性のすべてを代表することができない人と関わることで特定の習慣を身につけたのです。

  • Secondly, we need to acknowledge the inadvertently harmful side-effects of our behaviour.

    2 つ目は、「万人を喜ばせようとする人」は行動が有害な副作用をもたらすことがあるということを認める必要があります。

  • We may genuinely have good intentions, but we are endangering everyone by not speaking more frankly.

    彼らは純粋な善意を持っているかもしれませんが、素直に話さないことによってみんなを危険に晒しているのです。

  • At work, we aren't doing anyone a service by withholding our doubts and reservations.

    職場では、疑問や遠慮をしても何も良いことはありません。

  • And in love, there is no kindness in staying in a relationship simply because it seems the other might not survive without us.

    そして2つ目、愛情関係においても、一人で生きていけないからと言って関係を続けてもそれは優しさではないのです。

  • They will, but we will have wasted a lot of their time through our sentimentality.

    彼らは一人で生きていけるのです、感傷に走ることで相手の時間を無駄にしてしまうのです。

  • Finally, we can acquire the confidence to be artful about the difficult messages we have to impart.

    3 つ目の最後に、伝えなければならないメッセージを上手く伝える自信を得ることもできるのです。

  • As a child, we couldn't nuance the messages we wanted to send out.

    幼少期、相手に送りたいメッセージの意味合いを持たせることができませんでした。

  • We didn't know how to craft our raw pain and needs into convincing explanations.

    深い痛みや要求をどう説得力のある言い方にするかがわからなかったのです。

  • But now, it is open to us to be firm in our own views but extremely genial as well.

    しかし今では、自分の見解を固くそして穏やかに信じることができるのです。

  • We can say "no" while indicating that we feel a lot of goodwill; we can say someone is wrong without implying that they are an idiot.

    「いいえ」を善意を示しながら相手に伝えることができます;誰かが間違っていると、その人をばか呼ばわりせずに伝えることもできます。

  • We can leave someone, while ensuring they realise how much a relationship meant to us.

    別れを告げる時も、関係がどれだけの意味があるかを相手にわかってもらいながらお互いの道を行くことができます。

  • We can, in other words, be pleasant without being people pleasers.

    すなわち、私たちは「万人を喜ばせようとする人」にならなくても人を心地よい気にさせることができるのです。

  • We partnered with Skillshare today as it is a fantastic starting point for anyone also looking to learn new skills and they have given us an amazing offer to pass on to you.

    今日、私達は Skillshare と連携しました。そこは新しいスキルを習得しようと考えている人にとっての素晴らしい出発点で、みなさんに素晴らしいオファーも提供しています。

  • The first 500 people to sign up using the link in the description will receive a two month free trial.

    説明のリンクを使ってサインアップした最初の500名様には2か月間の無料トライアルをご提供しています。

  • If you haven't heard of Skillshare before it's home to thousands of classes in graphic design, animation, web development, music, photography, design and more.

    もし Skillshare について聞いたことがない方、Skillshare はグラフィックデザイン、アニメーション、Web開発、音楽、写真、デザインなどの数千の授業が提供するプラットフォームです。

  • You can start learning how to do just about anything.

    あなたは何でも学ぶことができます。

  • In two months, you could easily learn the skills you need to start a new hobby or business.

    わずか 2 か月で、新しい趣味や起業するために必要なスキルを簡単に習得できます。

  • Is there a project that you have been dreaming of completing but just aren't sure if you have the skills to do it?

    あなたがずっと成し遂げたい夢があって、それを実現させるための技術に確信が持てないということはありませんか?

  • Why not start now and sign up to Skillshare using the link below?

    今から始めて、下のリンクを使用して Skillshare にサインアップしてみませんか?

This video is sponsored by Skillshare, click the link in the description for more information.

この動画はスポンサー Skillshare の提供でお送りします。詳細は、説明のリンクをクリックしてください。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 喜ば 相手 関係 恐れ 提供 習得

お人好しを止める方法 (How to Stop Being a People Pleaser)

  • 20888 1760
    Evangeline に公開 2019 年 02 月 28 日
動画の中の単語