Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • We're at thelsina Winery in Chianti, and this is Chiara.

    今日はキャンティ地方のフェルシナ・ワイナリーに来ていまして、こちらはキアラさんです。

  • Yes, correct.

    ハイ、そうです。

  • This is my friend, Jordan.

    こちらがボクの友だちのジョーダンです。

  • Mm-hmm. Welcome.

    なるほど。ようこそ。

  • And for many years, he has talked about one of his favorite wines, which comes from this vineyard.

    もう何年にも渡って、彼は自分のお気に入りワインの 1 つはこのブドウ畑から採れたものなんだと言ってたんで

  • And so now I've brought you here.

    こうして連れてきてあげたわけで。

  • This is a magic moment for you, so maybe a thank you.

    今まさに夢のような時間を過ごしているわけだから、ありがとうぐらい言ってもバチは当たんないよね。

  • Yeah, thank you.

    ハイハイ、ありがとー。

  • What a dick.

    何だよコイツ。

  • The first thing that...

    まず最初に…

  • Well no, I always think the way...

    いや、そうじゃなくて、ボクはいつも…

  • (glass scratching table)

    (グラスがテーブルとこすれてキーキー音を立てる)

  • - So and our expert can.. - What was that?

    ーというわけで、当社の専門家が… -何、今の?

  • Hold it, hold it.

    待て待て。

  • Don't hold it, that's annoying.

    そうやって持つなよ、イライラするから。

  • (glass scratching table)

    (テーブルがグラスでキーキー音を立てる)

  • - That's annoying. Lift it. - It's not annoying me.

    ーそれはイラつく。 持ち上げろよ。 -オレは平気だけど?

  • Does it smell good or not?

    香りはどんな感じ?

  • (glass scratching table)

    (テーブルがグラスでキーキー音を立てる)

  • Excuse me.

    ちょっとお願い。

  • (chuckles) I will cut your goddamn hand off if you do that again.

    (クスクス笑い)今度それやったらマジでその手をちょん切ってやっからな。

  • That is annoying. Stop it.

    ホントにイラつくから、やめてくれ。

  • First test is the color.

    最初にチェックするのは色合いです。

  • - The color. - So you can see the color.

    ー色合いですか。 -色を見てみるんです。

  • You wanna be able to see your finger through it.

    指がグラスの向こうに見えるくらいがちょうどいい、と。

  • Yes. Yes.

    はい、そうですね。

  • Jordan, hold yours up and see if you can see my finger through your wine.

    ジョーダン、お前のグラスを上げてみてワイン越しに俺の指が見えるかチェックしてみな。

  • Can you see it?

    見える?

  • You can see that. Okay?

    見えるだろ、な?

  • It's important.

    これって大事だから。

  • That's important.

    確かに重要ですね。

  • This is another Sangiovese.

    これは別のサンジョヴェーゼですね。

  • - Cento per cento? - Cento per cento. (speaking Italian)

    ー100%? -100%です (イタリア語で)

  • Cento per cento. (glass scratching table)

    100%か。(テーブルがグラスでキーキー音を立てる)

  • Can you do me a favor?

    ちょっとお願いしていい?

  • Stop dragging it across the stone.

    石のテーブルの上を引きずるのやめてくんない?

  • It really does bother me.

    ホントにマジでイライラすんの。

  • - I just wanna explain something... - And I've told you like eight times.

    ーちょっと説明したかっただけなんだけど… -もう 8 回くらいお願いしたよな。

  • Right, I understand.

    オッケー、分かったよ。

  • This is fantastic.

    これは素晴らしい。

  • See, you drank the whole thing.

    ホラ、全部飲んじゃっただろ。

  • You were supposed to spill some of it out.

    少し口から吐き出すもんなんだよ。

  • Why?

    何で?

  • Well, you see, if you become intoxicated, you won't be able to adequately drink this wine.

    だってさ、酔っ払っちゃったらこのワインを正しく味わうことができなくなっちゃうじゃん。

  • - And so you just drank mine. - He's drinking your wine!

    ーしかも俺のワインも飲んじゃったし。 -ワイン飲まれてますよ!

  • Yeah.

    まあね。

  • Watch this, it's a magic trick I learned in alcoholism school.

    見てみな。これって俺がのんべえの専門学校で学んだ魔法の技術なんだ。

  • Voilà. (法文)

    ジャジャーン。

  • What would you eat with this wine?

    このワインにはどんな食べ物が合うんですか?

  • - Cinghiale, cinghiale (Italian) is a... - What's that?

    ーチンガリ(イタリア語)でしょうね、チンガリは… -何、それ?

  • - Cinghiale is a wild boar... - Oh, a wild boar. - It is one of the primary meats of Tuscany.

    ーチンガリっていうのはイノシシのことだよ… -あー、イノシシね。 -トスカーナ地方ではよく食べられている肉の1つ。

  • Exactly.

    その通りです。

  • The meat is often greasy, and it coats your tongue.

    イノシシの肉ってのは脂っこくて、その脂が舌をコーティングしちゃうんだけど

  • Drinking this after cleans your tongue.

    このワインを飲めばその舌が洗浄されるんだよ。

  • It's your favorite wine.

    これってお前のお気に入りのワインで

  • Mm-hmm.

    そうだよ。

  • And it does seem to pair well with bore.

    それはイノシシとよくマッチする、と。

  • So and then you smell it.

    というわけで、その後は香りをチェックします。

  • And you immediately have these notes of fruit, cherry and black fruit.

    そうするとすぐにフルーツやチェリー、ブラックフルーツという印象を受けると思います。

  • I don't concentrate on the fruit.

    僕はフルーツというよりも

  • I concentrate on the earth, and I smell a forest.

    土っぽい印象を受けるし、森のような感じかな。

  • I mean, I feel like I'm lost in the woods right now.

    何ていうか、今まさに森の中をさまよっているって感じがするから。

  • Yeah, it's damp like when you're walking in the woods and maybe it rains.

    うーん、何ていうか森の中を歩いているみたいな湿った感じで、雨とかも降ってたりして。

  • - Wet soil. - It's damp.

    ー濡れた土。 -湿ってるんだよ。

  • You mean wet soil?

    濡れた土、ってことですか?

  • Well, not even the soil, but like if there's like moss on a branch and you step on it.

    何ていうか、土でもないんだけど、木の枝にコケが蒸していてその上を通っていく時の感じみたいな。

  • Can I say something?

    ちょっとひとこと言わせてもらっていい?

  • - (speaking Italian) - Can I say...

    ー(イタリア語で話す) -ちょっと言わせてもらうと…

  • You're not even drunk yet, idiot.

    まだ酔っぱらってもいないのに、お前はアホカ。

  • What are you talking, you're an idiot!

    何言ってんだよ、アホはそっちだろ!

  • Good one, good one, Jordan.

    ハイハイ、分かったよジョーダン。

  • You think if you stand and you twirl your glass without putting it on the table you're supposed to get.

    ただ突っ立ってグラスを回してみて、何にも感じないでテーブルに置いて満足なの?

  • You're a fool.

    バカ野郎だな。

  • Is it Chiara?

    チアラさんでしたっけ?

  • Right.

    そうです。

  • You're a fool!

    ホントにバカだよ!

  • We've had nothing to drink yet!

    まだ何にも飲んでないのに!

  • We've had nothing to drink and we're behaving this way.

    まだろくに何も飲んでないのにお前はこのザマかよ。

  • (glass scratching table)

    (テーブルがグラスでキーキー音を立てる)

  • Okay, I want your help.

    あのね、ちょっと助けてほしいんだけど。

  • - Please stop that. Please stop it. - Yes.

    ーお願いだからそれをやめてくれ。頼むから。 -いいよ。

  • - I will smash your face to powder. - Yes, yes.

    ーお前の顔ぶん殴って粉々にしてやるぞ。 -ハイハイ、分かった。

  • The truffle dogs will come in and they will feast on your powdered puss.

    そんでもって、トリュフを探す犬がやってきてお前の粉々になった顔を食べまくるぞ。

  • Of all the wine tastings you've done, is this the stupidest one?

    これまでにやったテイスティングの中で、今回のが1番アホらしいですか?

  • Not stupid, but different.

    アホらしいとは言わないですけど、変わっていますよね。

  • Very different.

    とっても変わっていると。

  • Better.

    より良い。

  • She didn't say better.

    より良いなんて言ってないだろ。

  • I said better.

    俺が言ったんだよ。

  • I know, you've said a lot of stuff.

    知ってるよ、しゃべり過ぎなんだお前は。

  • You're lost in the woods.

    森の中をさまよったりしてるし。

  • You're roamin' around with a moss stick up your ass.

    ケツにコケの蒸した枝を刺して歩き回ったりしてんじゃん。

  • We don't know what your problem is.

    自分が相当ヤバいって事に気付いてないんだもんな。

  • And some aged wine. (wine swishing)

    次は長いこと寝かせたワインです。(ワインをくちゅくちゅと飲む)

  • I have not had mine...

    僕はまだ自分のワインを飲んで…

  • Oh see, now that's a...

    あー、なるほどね、これって…

  • That is just a fantastic wine.

    本当に素晴らしいワインですね。

  • If I was one of these three wines, I would be the Fontalloro because I am subtle, you know?

    もし僕をこの 3 つのワインのどれかに例えると、Fontalloro だろうね。だってホラ、僕ってとらえどころのないさりげなさが特徴じゃない?

  • So you have to look deep.

    じっくりと向き合わないと本質が見えてこないわけさ。

  • - Yeah. - You know?

    ーはあ。 -分かる?

  • You are a right up front in your face initially, and then that's it.

    お前の場合はまずドカンと特徴が前面に出てくるんだけど、それだけ。

  • - And then there's no more, so you get it all at once. - You know what? We finally agree.

    ーその後は何にも残らないし、一度に全部出てくる感じ。 -っていうかさ?俺たちついに意見が一致したよ。

  • You are like the Fontalloro in that I would like to push you into a barrel and seal it.

    お前は確かに Fontalloro みたいだよ、だって俺は今すぐにお前を樽の中に押し込んでフタを閉めて

  • And then wait 20 years, open it up and enjoy what's left of you.

    20 年間そのままにしておいて、その後に開けてみてそこに残ってるものを楽しんでみたいもん。

  • - Cin cin! (Italian) - Salute! (Italian)

    ーチンチン!(イタリア語) -サルーテ!(イタリア語)

  • Salute! (Italian)

    サルーテ!(イタリア語)

  • Now you see, you should never hold a wine glass like that.

    ホラ見てみ、そうやってグラスを持っちゃ絶対ダメなんだよ。

  • That's a (speaks Italian) That is inelegant.

    それって(イタリア語で話す)、エレガントさがないんだ。

  • You're getting your disgusting, greasy fingerprints on this beautiful glass.

    その気持ち悪くて脂っこい指紋をこの美しいグラスに付けちゃってるから。

  • I don't wanna see your disgusting, greasy fingerprints when I look at that glass.

    俺はグラスを眺めた時に、その気持ち悪くて脂っこい指紋を見たくないんだよ。

  • There's no job waiting for you in the United States.

    アメリカに戻ってもお前のための仕事なんて何もないからな。

  • If I were you, I'd become a hobo and wander Tuscany.

    俺がお前だったら、放浪者になってトスカーナの地でさまよい歩くよ。

  • You just called me stupid and greasy.

    俺のことをバカで脂っこいヤツ呼ばわりしたけどさ

  • And a friend doesn't do that to another friend.

    友だち同士だったらそんな事は普通言わないもんだろ。

  • I said your fingerprints are stupid.

    俺はお前の指紋がバカっぽいって言っただけだよ。

  • I hate you. I hate your face.

    お前のことムカつくよ。その顔が気に入らないし。

  • This is good.

    いいね。

  • This the way to do it? Right here?

    こんな感じでやるわけですか?ここでは?

  • (glass scratching table)

    (テーブルがグラスでキーキー音を立てる)

We're at thelsina Winery in Chianti, and this is Chiara.

今日はキャンティ地方のフェルシナ・ワイナリーに来ていまして、こちらはキアラさんです。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TeamCoco グラス ワイン キーキー テーブル イタリア

コナン&ジョーダン・シュランスキーのイタリアワイン試飲会 - CONAN on TBS (Conan & Jordan Schlansky's Italian Wine Tasting - CONAN on TBS)

  • 14011 441
    feeker に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語