Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • James Cameron's Avatar is the highest-grossing film of all time, and it's not likely to lose the title soonif ever.

    ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』は、(2018年現在)全世界興行収入1位の座を維持していますが、その栄冠を失うことは、ほぼないようです。

  • Only Cameron's previous effort Titanic and Star Wars: The Force Awakens have even come within shouting distance of Avatar's staggering nearly-$2.8 billion dollar run.

    キャメロン監督がこれまで手掛けた『タイタニック』と『スターウォーズ:フォースの覚醒』は、アバターの驚異的な興行収入額の約28億ドルに迫っていました。

  • Yet there seems to be no rush getting the obligatory Avatar sequels into theaters.

    ただし、慌てて『アバター』続編を劇場公開をしなければという様子ではないようです。

  • Last year, release dates were finally announced for the next films in Cameron's planned series, with Avatar 2 hitting screens on December 18, 2020.

    昨年、キャメロン監督が計画している同作シリーズの今後の公開日が明らかとなりました。『アバター2』が2020年12月18日に上映されるという告知がされた時のことです。

  • But if that bit of news slipped by you, it may be because the public's appetite for Avatar's continuing story may not be as ravenous as Cameron thinksand because one massively successful film, even the most successful ever, may not necessarily translate to a sustainable franchise.

    ですが、そんなニュースを小耳にはさんでも、世間のアバターの続編への期待は、キャメロン監督が考えるほど高くはないかもしれません。それに、大成功を収めた映画が、たとえ歴代1位だったとしても、必ずしも継続してうまくいくとは限らないでしょう。

  • Here's why we're more than a little concerned about Avatar 2.

    『アバター2』の先行きについて、少なからず心配している理由はこう。

  • Memories fade.

    記憶は薄れるもの

  • Extremely belated sequels can sometimes work, but it's a tricky proposition.

    時間がずいぶん経ってからの続編は時にうまくいくこともありますが、セオリーとしては怪しいものです。

  • Blade Runner 2049 is an illustration of how it can go right creatively, but in general, audiences are now accustomed to the big-budget serialized storytelling of the Star Wars and Marvel franchises.

    『ブレードランナー2049』は、独自の路線で成功した例です。でも、最近の観客はみんな、高額予算でシリーズ化された物語に慣れてしまっています。スターウォーズや、マーベルシリーズのようにね。

  • Attention spans are relatively short, and fans usually have to wait no longer than a year for the next installment to carry the story forward in today's movie market.

    注目されるのは比較的短期間ですが、現在の映画市場では、次の作品で物語が先に進むまで、ファンはたいてい1年以上は待たなければなりません。

  • Avatar came out almost a decade ago, and when the follow-up hits theaters in 2020, it'll have been a full 11 years since the first film stunned everyone into repeat showings.

    『アバター』が公開されたのは10年ほど前。続編は2020年に劇場公開されますから、世界を驚かせ、繰り返し上映された初回作品から、まるまる11年という月日が経ってしまうことに。

  • There's a chance that all the enthusiasm and fan fervor that drove the first film's success might not be as strong after so much time away from Pandora.

    初回作の成功をけん引した情熱や熱意が、そこまで大きくないという可能性もあるのです。(初回作の舞台となった惑星)パンドラでの出来事から長い時を隔ててますから。

  • Climate change.

    環境の変化

  • The vast majority of the hype surrounding Avatar in the months leading up to its release had more to do with the technology involved than the actual storyline or cast of characters.

    『アバター』の公開に先駆け、数か月にわたって行われた盛大な宣伝の大部分は、物語の流れや出演者というよりは、技術に関するものでした。

  • Avatar was promoted as the first movie to treat 3D not as a gimmick, but as a serious storytelling tool.

    『アバター』は、ちょっとした小道具としてではなく、物語を楽しむための手段として真面目に3Dを取り扱った初めての映画として宣伝されました。

  • As with Titanic before it, it was James Cameron's revolutionary filmmaking techniques that had audiences so intrigued by what he'd created.

    その前に作られた『タイタニック』と同様に、ジェームズ・キャメロン監督の画期的な撮影技術。それが彼の作品への興味を引いたのです。

  • Avatar certainly delivered on its promise of a bold new world of CGI and an immersive 3D film experience.

    『アバター』が、CGIで大胆に作られた新世界と、体験型3Dというものを売りに世に送り出されたのは確かです。

  • But upon revisiting the picture through a more current lens, the flaws of the film's storytelling come into focus more than the glowy space plants and Na'Vi costumes.

    けれども、最近のレンズを通してその画像を見てみると、物語の展開における欠点が目に付きます。幻想的に光る宇宙植物やナヴィ族の民族衣装よりもです。

  • For one thing, it's now widely agreed that the film is derivative.

    1つ言えるのは、現在は、映画が派生的に作られているというのは広く認知されているということ。

  • Even James Cameron himself has admitted to the central plot being an alien version of Dances with Wolves.

    ジェームズ・キャメロン監督ですら、物語の中心的なプロットは『エイリアン』版『ダンス・ウィズ・ウルブズ』だと認めています。

  • The film also leans into the same "white hero complex" that's become so problematic and it's been accused of ripping off everything from animated films like Ferngully and Pocahontas to Marvel Comics' Timespirits series.

    また、「白人ヒーロー・コンプレックス」というものもあります。これは大きな問題として扱われました。さらに、『不思議の森の妖精たち』や、『ポカホンタス』、マーヴェルコミックスの『タイムスピリッツ』など、他のアニメ映画の真似だと非難もされています。

  • Even if none of the plagiarism accusations levied against Cameron are true, audiences may be more discerning now about these kinds of troublesome tropes and recycled plot points.

    たとえキャメロン監督に浴びせられた盗作疑惑が真実でなかったとしても、観客は目ざとくなっているでしょう。こういった面倒を引き起こす表現や、使いまわしの筋書きに対してです。

  • High expectations.

    期待の高さ

  • Even though it's not a sure-thing that Avatar 2 will succeed, Cameron isn't just planning to bring us one Avatar sequelhe's working on four of them, with release dates lated through 2025.

    『アバター2』の成功が確実だというわけではありませんが、キャメロン監督の目論見は一つの続編を制作するだけにとどまっていません。彼は4つの続編を制作しているのです。公開予定は2025年までに延期されていますが。

  • These films are expected to be shot back-to-back with a combined budget of $1 billion, which is an enormous gamble, not only from a financial but also from a storytelling standpoint.

    これらの作品は、背中合わせで制作されると考えられており、その費用は合わせて10億ドル。これは、だいぶ大きな賭けです。金銭的な面だけでなく、物語の展開的にもです。

  • Cameron's silenced the doubters of his massive ambition before, of course.

    キャメロン監督は、もちろん前にも彼の大きな志に疑いを持っていた人たちを黙らせています。

  • But he's going to have to not only prove he's got enough material to justify making four full sequels, but that he can earn enough return on those pictures to compensate for the insane amount of front-end investment.

    ですが、今回は4つの続編の制作が正しかったと思わせるのに十分な理由があることだけでなく、莫大な初期投資を補うだけの見返りを、それらの作品で得られると証明しなければならないでしょう。

  • Considering no other film has ever come close to toppling Avatar's box office supremacy,

    これまで、『アバター』の興行収入記録を超えることができそうな映画がなかったことを考えると、

  • even the most optimistic studio executive has to know Avatar 2 might not live up to the gains of its predecessor.

    そうとう楽観的な映画会社の役員ですら、『アバター2』が前作での収入に劣らない成果を出す可能性があると知る必要があります。

  • One wrong move, and it could spell disaster for Lighthouse Pictures and Fox.

    1つの間違いが、ライトハウスピクチャーズやフォックスに起きたような災難を呼び寄せるもしれないのです。

  • That's a lot of pressure for the filmmaker to be under, so it's a wonder why he didn't just opt to make one follow-up movie first and measure the audience's interest before plunging head-first into such an expensive undertaking.

    これは、映画製作者にとってはかなりの重圧です。ですから、なぜキャメロン監督はまず続編を1つだけ制作して、観客の反応を見なかったのでしょう?莫大な制作費のかかるプロジェクトに頭を突っ込む前にです。

  • Trounced tech

    テクノロジーとの決別

  • When Avatar first arrived in theaters, it was one of a kind.

    『アバター』が初めて劇場公開された時、このような作品は他にはありませんでした。

  • Sure, audiences had seen 3D movies in theaters before, but none had ever quite had the kind of majestic color schemes and landscapes that this movie offered.

    もちろん、観客は劇場で3D映画を観たことはありました。ですが、『アバター』が見せた壮大な色彩設計や情景を持つものはなかったのです。

  • Since then, though, such visual effects have become much more commonplace in blockbuster films, from the superhero sphere to the world of animated films.

    けれどもその後、そういった視覚効果技術は大作映画では当たり前に見られるようになりました。その範囲はスーパーヒーローものからアニメ映画の世界にまで及びます。

  • Though James Cameron has insisted that his Avatar sequels are going to boast some similar technological breakthroughs to keep audiences intrigued, it may be tough for Avatar 2 to find new ground to break in that regard.

    ジェームズ・キャメロン監督は、『アバター』続編では、前回同様に技術革新を行い、観客を飽きさせないと主張しています。ですが、『アバター2』で技術的に新たな境地を見出すのは難しいことでしょう。

  • Rumor has it, he may even be working on a way to deliver the experience without the use of glasses, but will it be enough to get people to the ticket booth?

    噂では、3D眼鏡なしで放映することを考えているとのこと。でも、それで観客を引き寄せることができるでしょうか?

  • It doesn't bode well for him that audiences have grown weary of seeing movies in 3D.

    あまり良い前兆とは言えないのが、観客が3Dで映画を観ることに疲れてきているということです。

  • In recent years, ticket sales for 3D screenings have dropped like a rockfrom about 20% of ticket sales in 2010 to 14% in 2016.

    この数年で、3D映画のチケットの売り上げは急激に落ちています。2010年は20%ほどを占めていたチケットセールスは、2016年には14 %に。

  • Even IMAX theaters have drastically reduced their 3D slate, citing the "clear preference" of consumers for 2D.

    アイマックスシアターですら、3Dの記録は劇的に下がっています。観客は2Dを「明らかに好んでいる」とのこと。

  • Simply put: the groundbreaking CGI and industry-leading 3D that drove Avatar's must-see status in 2009 may be virtual non-factors in 2020, which means Avatar 2 will have to stand on its own merits.

    簡単に言えば、画期的なCGI技術や、業界最先端の3Dは、2009年の時点では『アバター』を見なくてはと人々を駆り立てることはできましたが、2020年の作品ではバーチャル的な要素はないかもしれないということ。つまり、『アバター2』は、その物語そのものに価値がなければいけないことになります。

  • Quiet cast.

    地味なキャスト

  • Apart from Sigourney Weaver, the cast of Avatar was made up of largely lesser-known actors who did a fine enough job, but haven't gone on to top the A-list.

    シガニー・ウィーバーを除いて、『アバター』の主なキャストはあまり知られていない役者たちでした。もちろん素晴らしい演技を見せてくれましたが、Aクラス俳優のトップに入るほどまでには至っていません。

  • Zoe Saldana is an exception to that rule, as she's earned prime placement in other space stories like Star Trek and Guardians of the Galaxy since then, but the rest of the cast has remained relatively unknown.

    ただ、ゾーイ・サルダナはその法則からは外れます。『アバター』の後も『スタートレック』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』など、別の宇宙もので主要な役を獲得しています。ですが、他のキャストはどちらかと言えば知られていないままです。

  • So, the fact that most of the original stars signed on for the sequels didn't exactly blow anyone away.

    そのため、初回作での出演者のほとんどが、続編での出演契約に応じたという事実は、さほど大きなニュースにはなりませんでした。

  • In fact, it may be problematic that Sam Worthington is coming back to lead all four films as Marine Jake Sully, since the actor has pretty much failed to break out in any meaningful way after his stint in the blue suit.

    実のところ問題なのは、サム・ワーシントンが4作の続編すべてに主役の海兵隊員ジェイク・サリーとして戻ってくることかもしれません。その理由は、彼が青スーツの仕事以降、いい意味ででブレイクできていないから。

  • Since starring in Avatar, Worthington has put together a string of forgettable roles, including two ill-advised big-budget reboots and a bunch of movies that very few filmgoers have even heard of.

    『アバター』の出演後、ワーシントンの役はあまり記憶に残らないものが続きました。莫大な制作費を投じながらもお粗末に終わったリブート作品2作と、映画ファンですらほとんどきたことがない映画ばかり。

  • He's hardly a box office draw.

    興行収入への貢献者とは言えないでしょう。

  • Of course, he was even less so when the first film came out, but back then Cameron had the benefit of being able to draw everyone in with his magic filmmaking.

    もちろん、初回作の時はそれ以下でしたが、当時のキャメロン監督にはメリットがありました。誰を彼の魅力あふれた映画製作に引き入れても大丈夫だったのです。

  • The biggest new name to join the fold is Kate Winslet, and even she's been on a career downslope lately.

    新たな大物として加わるのはケイト・ウィンスレット。彼女もまた、最近は低迷気味です。

  • So, we'll have to see whether sticking with actors who don't all command a crowd will work out in his favor again this time around.

    ということで、集客力があるとは言えない俳優陣をまとめて起用するのが監督にとって再び吉と出るかどうかは、少し待ってみないと分かりません。

  • Stiff competition.

    厳しい競争

  • Disney may have a horse in the Avatar box office race before the second film hits theaters.

    ディズニーは、第2作公開まで『アバター』の興行収入レースに加わっていると言えるでしょう。

  • Not only are they licensed purveyors of Pandora-themed merchandise, but they've also recently launched a Pandora theme world at Orlando's Animal Kingdom.

    惑星パンドラがテーマとなっている商品の販売許可を持っているだけでなく、ディズニーは最近、(フロリダ)オーランドのアニマル・キングダムにパンドラのアトラクションを作っています。

  • In addition, they're in the process of purchasing the vast majority of the film and television assets of Avatar's distributor, Fox, which would make them even greater beneficiaries of the film's theoretical success.

    さらに、『アバター』の放映権と、配給会社であるフォックスが所有するテレビでの放映権の大部分を購入しようとしています。そうなれば、ディズニーは理論的に『アバター』の成功によって生み出された利益を大きく受けることになります。

  • If the deal goes through as expected, Disney may try to avoid directly competing with the sequels.

    ただ、そういった取引が予定通り行われたとしても、ディズニーは『アバター』続編との直接対決は避けようとする可能性があります。

  • Until then, though, the House of Mouse doesn't have to stand down against a long-overdue sequel to a one-time blockbuster that might not even reach its intended audience.

    ですが、その時までディズニーは、かつての大ヒットからずいぶんと遅れてやってきた続編に対して身を引く必要はありません。新作を待つ人たちのもとに届けられないかもしれないですし。

  • After all, they're already expected to bring forth new Star Wars entries through 2025, the year in which Avatar 5 is scheduled to hit screensand Marvel has a road map for their cinematic universe lined up through 2028, and possibly beyond.

    なんと言ってもディズニーは、すでに、2025年までに新たな『スターウォーズ』作品を作る予定です。それは、『アバター5』の公開予定の年。また、マーヴェルも2028年かそれ以降までの『シネマティック・ユニバース』シリーズの制作を計画しています。

  • This kind of predictable competition didn't exist during Avatar's box office homerun, so in order for the sequels to succeed, Cameron will have to meet, and possibly even exceed, the storytelling and cinematic appeal of these well-oiled machine franchises.

    この手の競争は『アバター』が興行的に大成功を収めた頃にはなかったことです。つまり、続編の成功のためには、キャメロン監督はストーリー展開、そして映画としての魅力という点において、他の順風満帆な映画シリーズに見合う、できることならそれらを超えるほどのものに仕上げ無ければなりません。

  • Too far.

    あまりにも果てしない

  • Originally, only a single sequel to Avatar got the greenlight from the studio.

    もともと、映画会社から出された『アバター』続編へのゴーサインは、一作だけでした。

  • But then Cameron started envisioning the story as a trilogy, but before long the creative process seemed to get completely out of hand.

    ところがキャメロン監督は、物語を三部作にしようと考え始ます。そしてほどなく、制作は手に負えなくなってしまったようです。

  • Speaking with Variety, Cameron issued perhaps the most ominous sign yet with regard to the sequels' quality:

    雑誌『バラエティ』でキャメロン監督は、続編のクオリティーについて、かなり不吉な予感をさせる発言をしています。

  • "The Avatar story arc was originally meant to be a trilogy, but I overwrite, and my writers overwrote as well.

    「『アバター』の一連のストーリーは、もともと三部作にするはずだったんだが、私もそうだし、ライター達も書き過ぎて長くなってしまったんだ。

  • [...] Basically the first of the sequels cloned itself and became two films, so now it's four films.

    続編の最初の部分が、長くなり、映画2本分になったんだ。だからこれで4作だね。

  • And the studio's very happy with it.

    会社の方もかなり満足してるよ。

  • They have an opportunity to make more money, but it's also an opportunity to spend a lot more money, too, so there's a clench factor."

    会社にとってはさらに利益を出すチャンスだ。でも、費用もかなりかかるから、頑張りどころかな。」

  • And that, in a nutshell, is why Avatar 2 and its sequels should raise some serious red flags: they're big-budget gambles, a return to a world which has taken little hold in the public imagination, with a questionable story stretched across far more films than should be needed to tell it.

    簡単に言うと、だからこそ『アバタ―2』とその続編に危険サインが出ているんです。莫大な資金を投じた賭けだし、世間の記憶にほとんど残っていない世界の話を再びお届けするのです。そして、必要以上に数が多く、長く引き延ばされたストーリーも問題と言えるでしょう。

  • But, hey, if Peter Jackson could stretch The Hobbit into three feature-length films that made a billion apiece, well, what's to say James Cameron doesn't defy all odds again as well.

    でも、ピーター・ジャクソン監督が『ホビット』をそれぞれ10億ドルの興行収入を出す3部作の映画にできていたとしても、それでもまあ、ジェームズ・キャメロン監督は(続編について囁かれている)不利な条件を取り除くことはしないでしょう。

  • Thanks for watching!

    ご覧いただきありがとうございました!

  • Click the Looper icon to subscribe to our YouTube channel.

    Looper(ルーパー)をクリックして、チャンネルの登録を!

  • Plus check out all this cool stuff we know you'll love, too!

    それから、こちらの動画もチェック!きっと気に入るはず!

James Cameron's Avatar is the highest-grossing film of all time, and it's not likely to lose the title soonif ever.

ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』は、(2018年現在)全世界興行収入1位の座を維持していますが、その栄冠を失うことは、ほぼないようです。

字幕と単語

B2 中上級 日本語 アバター キャメロン監督 続編 映画 興行 制作

【アバター2予告編で英語】2020年『アバター2』がやって来る!(Avatar 2 Is Coming And We're Already Worried)

  • 13045 371
    羅世康   に公開 2018 年 04 月 10 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す