Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • [Music]

    [Music]

  • This episode is supported by Prudential.

    このエピソードはプルデンシャル社がサポートしています。

  • [Music]

    [Music]

  • With more than 7 billion people on Earth and one car for every six of us,

    70億人以上の地球人と6人に1台の車で

  • traffic is bad just about everywhere.

    どこもかしこも交通の便が悪い。

  • [HONKING]

    [HONKING]

  • Last year, American drivers wasted nearly a million collective years staring at each other's tail-lights.

    昨年、アメリカのドライバーは、お互いのテールライトをじっと見ているだけで100万年近くも無駄にしていました。

  • The average driver in London has it the worst,

    ロンドンの平均的な運転手は、それが最悪です。

  • spending more than four days a year in gridlock.

    <a href="#post_comment_1"><strong>gridlock</strong><i class="icon-star"></i></a>で1年に4日以上を過ごしています。

  • "There's Big Ben, kids! Parliament!"

    "ビッグベンがあるぞ!国会議事堂だ!

  • But Earth is home to another great commuter, whose populations number in the trillions,

    しかし、地球には別の偉大な<a href="#post_comment_2"><strong>commuter</strong><i class="icon-star"></i>が住んでいます。

  • and they don't get stuck in traffic.

    と、渋滞に巻き込まれないようにしてくれます。

  • An army ant's day is a lot like ours.

    軍隊アリの日は我々の日に似ている。

  • Set off in the morning alongside thousands of our neighbors, moving out and back in neat little lines

    朝、何千人もの隣人と一緒に出発して、きれいな小さな列を作って出たり戻ったりしています。

  • so we can provide for our brood

    私たちは、私たちの子供のために提供することができます...

  • I mean family.

    家族のことだ

  • Crowding, bottlenecks, slowpokes, ants face the same traffic challenges we do.

    混雑、ボトルネック、スローポーク、アリは我々と同じトラフィックの課題に直面しています。

  • But they don't get in traffic jams, which is why scientists are looking to them for solutions to human traffic.

    しかし、彼らは渋滞に巻き込まれることはありません。だからこそ、科学者たちは人間の交通渋滞を解決するために彼らに注目しているのです。

  • In a perfect world cars could pack in bumper-to-bumper and drive at that magic speed,

    完璧な世界では、車は<a href="#post_comment_3"><strong>バンパーからバンパーへ</strong><i class="icon-star"></i>を詰め込んで、魔法のようなスピードで走ることができます。

  • but we're not perfect.

    しかし、私たちは完璧ではありません。

  • One wrong tap on the gas or brakes, and OH COME ON!

    アクセルやブレーキを一回でも踏み間違えると、もうダメだ!

  • GET MOVING!

    動け!

  • When speed and density hit a tipping point, jams are inevitable.

    スピードと密度が傾くと、ジャムは避けられない。

  • Yet in the ant world, traffic jams don't happen, even when things get crowded.

    しかし、アリの世界では、混雑していても渋滞は起きない。

  • The easiest solution to an overcrowded road is to make it bigger.

    過密道路の一番簡単な解決策は、道路を大きくすることです。

  • But ants can't just cut trails as wide as they want.

    しかし、アリは思うように道を切り開くことができない。

  • Wider roads take time and energy to maintain,

    広い道路は維持するのに時間とエネルギーがかかります。

  • and the pheromones that mark them become weaker.

    そして、彼らに印をつけるフェロモンが弱くなる。

  • Instead, ants get organized.

    その代わり、アリは整理整頓をする。

  • It might not look like it, but there's lanes here.

    見た目は違うかもしれませんが、ここにはレーンがあります。

  • Ants headed back to the colony loaded up with food use the center lane,

    蟻は中央の車線を使って餌を積んでコロニーに戻った。

  • while outbound ants stay to the edges.

    一方で、アウトバウンドのアリは端に留まっている。

  • Why three lanes and not two, like our roads?

    なぜ2車線ではなく3車線なのか、私たちの道路のように?

  • When two ants are on a collision course, eventually one's gotta give.

    2匹のアリが衝突した時、最終的には1匹が譲歩しなければならない。

  • The loaded inbound ants are less maneuverable,

    ロードされたインバウンドアリは機動性が低い。

  • so the empty-handed ant almost always turns first,

    なので、手ぶらアリはほとんどの場合、先に寝返りを打つことになります。

  • half the time to either side.

    どちらか一方に半分の時間を

  • And voila! Three lanes, no crashes, no traffic jams.

    そしてボイラ!3車線、衝突も渋滞もない。

  • If you think you're so different from an army ant, pay attention next time you're in a busy crosswalk.

    自分が軍アリとそんなに違うと思ってるなら、次は交通量の多い横断歩道にいる時に注意してくれ。

  • We naturally form similar lanes in crowds,

    人混みの中で自然と同じようなレーンを形成しています。

  • mindless individuals contributing to a larger pattern.

    より大きなパターンに貢献している心のない個人。

  • But put us behind the wheel, and this happens.

    しかし、私たちを車の後ろに乗せると、こうなる。

  • [HONKING]

    [HONKING]

  • There's a simple reason we hate traffic.

    渋滞を嫌うのには単純な理由があります。

  • Because we hate waiting in line.

    並んで待つのが嫌だから。

  • Queueing up plays weird tricks on our brains' sense of time.

    <a href="#post_comment_4"><strong>キューイングアップ</strong><i class="icon-star"></i>は、私たちの脳の時間感覚に奇妙なトリックを果たしています。

  • Occupied time feels shorter than unoccupied time.

    占有時間は未占有時間よりも短く感じます。

  • This is why people listen to the radio, or play that license plate game.

    だからラジオを聞いたり、あのナンバープレートのゲームをしたりする人がいるんだよ。

  • And it's the same reason supermarkets put magazines in the checkout lines.

    スーパーが雑誌をレジの列に置くのも同じ理由だな

  • Ever been late for a big meeting and felt like the universe is standing in your way?

    大きな会議に遅刻して、宇宙があなたの道に立っているように感じたことはありますか?

  • Anxiety makes waits seem longer.

    不安があると待ち時間が長く感じられます。

  • Ever been in a traffic jam with no obvious cause?

    原因不明の渋滞に巻き込まれたことはありませんか?

  • The worst.

    最悪です。

  • Uncertain or unexplained waits are longer than known or explained waits.

    不確かな待ち時間や原因不明の待ち時間は、既知の待ち時間や説明された待ち時間よりも長くなります。

  • But traffic engineers have learned that simple information signs can change how we experience delays.

    しかし、交通機関のエンジニアは、シンプルな情報標識が遅延の経験の仕方を変えることを学んできました。

  • But more than anything else, we hate unfair waits.

    しかし、何よりも不公平な待ち時間を嫌う。

  • You see a sign that says "lane closed ahead",

    前方に車線閉鎖の看板が出ていますね。

  • so you get over with plenty of time to spare,

    余裕を持って乗り越えるんだな

  • only to see some jerk zip past you and get over at the last second.

    ただ、<a href="#post_comment_5"><strong>zip</strong><i class="icon-star"></i>があなたを通り過ぎて、最後の瞬間に乗り越えるのを見ているだけです。

  • Whatyou can't wait like the rest of us, Mr. Hurrypants?

    なんだ...他の人と同じように待てないのか、急ぎ足さん?

  • Quick side note.

    クイックサイドメモ。

  • Gonna let you in on a little secret.

    ちょっとした秘密を教えてあげよう

  • Traffic researchers have found that late merging is actually better.

    交通研究者は、遅めの合流の方が実は良いことを発見しています。

  • If everyone drives up to the bottleneck and goes one-by-one like a zipper,

    みんながボトルネックまで車で行って、ジッパーのように一人ずつ行ってくれれば。

  • traffic moves up to 15% faster.

    トラフィックは最大15%高速で移動します。

  • We use both lanes at max capacity, no one gets cheated, everyone wins!

    両方のレーンを最大容量で使用し、誰も騙されず、みんなの勝ちです。

  • The more you know.

    知れば知るほど

  • And where were we?

    で、私たちはどこにいたの?

  • Oh yeah.

    そうなんだ

  • Our innate sense of "what's fair" leads to the biggest psychological illusion that we experience on the road.

    私たちが生得的に持っている「公平なことは何か」という感覚は、道中で体験する最大の心理的錯覚につながります。

  • Why does traffic always move faster in the other lane?

    なぜ交通はいつも他の車線の方が速いのか?

  • Well, spoilers first : It doesn't.

    まあ、まずネタバレ:それはないですね。

  • Let's say two cars enter your standard stop-and-go traffic jam side by side.

    通常のストップ&ゴー渋滞に2台の車が並んで入ってきたとしましょう。

  • Let's count the time each one spends passing versus getting passed.

    一人一人が費やしている時間を数えてみましょう。

  • One driver zips past a few cars in the other lane,

    一人のドライバーが他の車線の数台の車をズリズリと追い越していく。

  • only to stop and wait and watch other cars pass.

    停車して待っているだけで、他の車が通るのを見ているだけ。

  • And then go!

    そして行け!

  • WOO HOO!

    ウーホーホー

  • And then wait.

    そして待つ。

  • Even if the two cars cross some invisible finish line together, the same way they started,

    たとえ2台の車が一緒に見えないゴールラインを越えたとしても、スタートと同じ方法で。

  • each driver will feel like they spent more time being passed than passing,

    それぞれのドライバーは、パスよりもパスされた時間の方が長いように感じるでしょう。

  • because they did.

    なぜなら、彼らがそうしたからです。

  • Our brains pay more attention to the losses than the gains.

    私たちの脳は、利益よりも損失に注目しています。

  • All of this points to the real problem with traffic.

    これらはすべて、交通の実際の問題を指しています。

  • (It's) Our ego.

    それは)私たちのエゴです。

  • Human drivers care about minimizing their travel time

    人間のドライバーは、移動時間の最小化を気にしています。

  • and don't give two honks about what other drivers want.

    他のドライバーが何を望んでいるかなんて気にするなよ

  • "Driving slower may be faster for everyone else, but it's not faster for me!"

    "ゆっくり運転した方が他の人にとっては速いかもしれないが、私にとっては速くない!"

  • "I don't care if we all get where we're going at the same time,

    "全員が一斉に目的地に着いても気にしない

  • I don't like being passed!"

    追い越されるのは嫌だ!"

  • When leaf-cutter ants get stuck on a twig behind a heavily-loaded slowpoke,

    葉刈りアリが重たいスローポークの後ろの小枝に引っかかると

  • do they honk and yell bad ant words?

    鳴いたり、悪口を言ったりするのかな?

  • No!

    勘弁してくれ!

  • They simply slow down and march behind the ant returning with the goods,

    彼らは単に減速して、商品を持って戻ってくるアリの後ろに行進するだけです。

  • because that's what's best for the group.

    それがグループにとって最善だからだ

  • Worker ants are all related and working toward the same goal, the good of the colony.

    働きアリはすべて関連しており、同じ目標、コロニーの良いに向かって働いています。

  • That's the cooperative genetic programming that underlies their awesome traffic systems.

    それが彼らの素晴らしい交通システムの根底にある協調的な遺伝的プログラミングです。

  • The fact that we have big, complicated brains is the very reason that we get stuck in traffic

    大きくて複雑な頭脳を持っているからこそ、渋滞に巻き込まれるのです。

  • and ants don't.

    蟻にはない

  • We think of traffic as something that happens to us rather than admitting we are the problem.

    私たちは、自分たちが問題であると認めるのではなく、交通は自分たちの身に起こるものだと考えています。

  • Ants are essentially tiny machines with simple programming.

    蟻は基本的に単純なプログラミングを持つ小さな機械です。

  • Put them on a trail with a few rules, allow individuals to communicate and interact with each other,

    いくつかのルールでトレイルにそれらを置く、個人が通信し、お互いに交流することができます。

  • and voila, you've got complex traffic networks running at near-maximum efficiency.

    これで、複雑なトラフィックネットワークが、ほぼ最大に近い効率で稼働するようになります。

  • Sound familiar?

    聞き覚えがある?

  • It should!

    そうすべきだ!

  • That's basically what we'll get when we stop letting our egos drive

    それは、基本的には、私たちが自分のエゴを駆動させるのを停止したときに得られるものです。

  • and put traffic in the hands of a network of self-driving cars optimized to serve the collective good.

    集団の利益のために最適化された自己運転車のネットワークの手にトラフィックを配置します。

  • Sure, sentient machines may enslave humanity,

    確かに、衆生機械は人類を奴隷にするかもしれない。

  • but at least they'll cut down on our commute!

    でも、少なくとも通勤時間は短縮されますよ!

  • But that's a video for another day.

    でも、それは別の日のためのビデオです。

  • Stay curious.

    好奇心旺盛なままで。

  • Thanks to Prudential for sponsoring this episode.

    このエピソードをスポンサーしてくれたプルデンシャル社に感謝します。

  • Saving a little more today, even just one percent more of your annual income,

    年収の1%でもいいから今日から少しでも節約しましょう。

  • can go a long way toward building a better retirement tomorrow.

    は、明日のより良いリタイアメントを築くために、長い道のりを歩むことができます。

  • Let's do a math equation.

    数学の方程式をやってみよう

  • Say a 25 year-old that earns $40,000 a year is planning on retiring at 70.

    年収4万ドルの25歳の人が70歳で引退する予定だとしましょう。

  • If they save an additional 1% of their salary by deducting $33 from their monthly paycheck

    毎月の給料から33ドルを差し引いて、給料の1%をさらに節約した場合

  • and earn 6% compounding interest,

    と6%の複利を得ることができます。

  • they could increase their retirement savings by about $97,944.

    彼らは退職後の貯蓄を約97,944ドル増やすことができます。

  • You can go to RaceForRetirement.com for more information.

    あなたは、詳細についてはRaceForRetirement.comに行くことができます。

[Music]

[Music]

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アリ 渋滞 交通 ドライバー 時間 待ち

アリはなぜ渋滞に巻き込まれないのか?

  • 13568 869
    April Lu に公開 2018 年 04 月 03 日
動画の中の単語