Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Translator: Joseph Geni Reviewer: Camille Martínez

    翻訳: Shoko Takaki 校正: Ai Tokimatsu

  • So, my journey began in the Bronx, New York,

    私の旅はニューヨーク、ブロンクスの

  • in a one-bedroom apartment,

    寝室一部屋だけのアパートで

  • with my two sisters and immigrant mother.

    2人の姉妹と移民の母との 暮らしから始まりました

  • I loved our neighborhood.

    ご近所とは仲良しでした

  • It was lively.

    皆 生き生きとしていました

  • There was all this merengue blasting,

    突然メレンゲ(ダンス)を踊ったり

  • neighbors socializing on building stoops

    アパートの玄関口で ご近所同士お喋りをして

  • and animated conversations over domino playing.

    ドミノをしながら 活気に満ちた会話をしました

  • It was home,

    それが故郷でした

  • and it was sweet.

    懐かしいのですが

  • But it wasn't simple.

    単純なものでは ありませんでした

  • In fact, everyone at school knew the block where we lived,

    実際 学校中の誰もが 私達の住む界隈を知っていました

  • because it was where people came to buy weed and other drugs.

    そこはマリファナやドラッグを 買いに来る所だからです

  • And with drug-dealing comes conflict,

    ドラッグの取り引きでは 衝突も起こります

  • so we often went to sleep to the sound of gunshots.

    私達は銃声を聞きながら 寝ることもありました

  • I spent much of my childhood worried,

    不安な子ども時代を過ごしました

  • worried about our safety.

    自分達の身の安全への不安です

  • And so did our mother.

    母も同じ気持ちでした

  • She worried that the violence we witnessed would overtake our lives;

    日常目にする暴力が自分達の 命を脅かすのではないかと恐れていました

  • that our poverty meant

    貧困のうちに暮らすということは

  • that the neighbors with whom we lived and shared space

    同じ界隈で暮らす近所の人達が

  • would harm us.

    私達を傷つけるかもしれない ということです

  • Our entire life was in the Bronx,

    私達はずっと ブロンクス育ちでしたが

  • but my mother's anxiety spurred her into action,

    母は不安に駆られて即座に

  • and soon we were driving so fast to Connecticut --

    コネチカットまで 車を飛ばすことにしたのです

  • (Laughter)

    (笑)

  • to boarding school campuses, with full scholarships in tow.

    全額支給の奨学金付きで 私を全寮制の学校に託したのです

  • Man, don't underestimate the power of a mother

    まったく 我が子の 身を守ると決意した

  • determined to keep her children safe.

    母の底力を 侮ってはいけませんよ

  • (Cheers)

    (声援)

  • (Applause)

    (拍手)

  • At boarding school,

    寄宿学校では

  • for the first time,

    生まれて初めて

  • I was able to sleep without worry.

    安心して眠る事が出来ました

  • I could leave my dorm room unlocked,

    寮の部屋に 鍵を掛けずにすみました

  • walk barefoot in the grass,

    芝生の上を裸足で歩き

  • and look up to see a night sky full of stars.

    星で一杯の夜空を眺めました

  • Happy novelties.

    初めての体験で幸せでした

  • But there were other novelties as well.

    しかしまた 初めての体験は他にもあって

  • Very quickly, I felt like I didn't belong.

    すぐに そこが 自分の居場所ではないと感じました

  • I learned that I didn't speak the right way,

    私は正しい話し方を していなかったと知り

  • and to demonstrate the proper ways of speaking,

    キチンとした喋り方を 説明する為に

  • my teachers gave me frequent lessons, in public,

    先生はある言葉の 正しい発音の仕方を

  • on the appropriate way to enunciate certain words.

    皆の前で 何度も練習させました

  • A teacher once instructed me in the hallway:

    ある日先生が廊下で こう言うのだと私を指導しました

  • "Aaaaaas-king."

    「アーースキング」

  • She said this loudly.

    先生はこれを大声で言うのです

  • "Dena, it's not 'axing,' like you're running around with an axe.

    「ディナ『アキシング』じゃないの それじゃaxe(斧)を持って走り回っているみたい

  • That's silly."

    バカみたいでしょ」

  • Now at this point, you can imagine the snickers of my classmates,

    さて この時点でクラスメートの 冷笑が想像出来るでしょう

  • but she continued:

    しかし先生は こう続けました

  • "Think about breaking the word into 'ass' and 'king,'

    「"ass"(尻)と"king"(王)とに 分けて考えてごらん

  • and then put the two together to say it correctly --

    そして2つをくっつけると ちゃんと言えるわ」

  • 'Asking.'"

    「アスキング」

  • There were some other moments that reminded me that I didn't belong.

    この場が自分に相応しくない と思う事が他にもありました

  • Once, I walked into a classmate's dorm room,

    ある時 私が寮の クラスメートの部屋に入ると

  • and I watched her watch her valuables around me.

    彼女は私の周囲にある 自分の貴重品を警戒していました

  • Like, why would she do that? I thought to myself.

    何故そんな事を気にするのだろうと 心の中で思いました

  • And then there was the time

    その後こんな事もありました

  • when another classmate walked into my dorm room,

    別のクラスメートが 私の部屋に入って来て

  • and yelled, "Ew!" as I was applying hair grease to my scalp.

    「やだぁ!」と叫びました 私がヘアグリースを頭皮に塗っていたからです

  • There is emotional damage done when young people can't be themselves,

    若者がありのままに振る舞えず 周囲に受け入れられるよう

  • when they are forced to edit who they are in order to be acceptable.

    自分らしさを人に捻じ曲げられるのは 感情を傷つけられるものです

  • It's a kind of violence.

    それは一種の暴力とも言えます

  • Ultimately, I'm a quintessential success story.

    最終的には 私の話は典型的な サクセスストーリーとなりました

  • I attended boarding school and college in New England,

    全寮制の学校に通い ニューイングランドの大学へ進学し

  • studied abroad in Chile

    チリに留学しました

  • and returned to the Bronx to be a middle school teacher.

    その後ブロンクスに戻り 中学校の教員になり

  • I received a Truman Scholarship,

    トルーマン奨学金や フルブライト奨学金

  • a Fulbright and a Soros Fellowship.

    そしてソロス・フェローシップを 受けました

  • And I could list more.

    まだまだ続きます

  • (Laughter)

    (笑)

  • But I won't.

    でもやめておきます

  • (Laughter)

    (笑)

  • I earned my doctorate at Columbia University.

    コロンビア大学で 博士号を取得しました

  • (Cheers)

    (声援)

  • (Applause)

    (拍手)

  • And then I landed a job at Yale.

    その後イエール大学で職を得ました

  • (Applause)

    (拍手)

  • I am proud of everything that I've been able to accomplish

    自分の人生において ここまで 成し遂げられた事に

  • on my journey thus far.

    誇りを持っています

  • I have eternal imposter syndrome.

    私はずっとインポスター症候群 を抱えています

  • Either I've been invited because I'm a token,

    私は「平等の象徴」として 存在するというだけで

  • which really isn't about me,

    実際の私を評価された訳ではなく

  • but rather, about a box someone needed to check off.

    本当は誰でも良かったのでは ないかということです

  • Or, I am exceptional,

    又は 自分は例外で

  • which means I've had to leave the people I love behind.

    愛する人達を置き去りに しなければならなかったのだと―

  • It's the price that I and so many others pay for learning while black.

    それは私や他の多くの黒人達が学ぶ為に 支払う代償なのです

  • (Applause)

    (拍手)

  • I police myself all the time.

    私は常に自身を監視しています

  • Are my pants too tight?

    パンツはピッタリし過ぎてないか?

  • Should I wear my hair up or in a fro?

    髪はアップそれとも アフロにすべき?

  • Should I speak up for myself,

    自分自身を弁護すべきかなのか それとも

  • or will the power of my words be reduced to: "She's angry"?

    何を言っても「彼女は怒ってる」 と誤解されるだけか

  • Why did I have to leave the Bronx

    何故 私は より良い教育を受けるために

  • to gain access to a better education?

    ブロンクスを後にしなければ ならなかったのか?

  • And why, in the process of getting that better education,

    何故 より良い教育を得る過程で 自身を形成したもの―

  • did I have to endure the trauma of erasing what made me, me --

    アンティグア生まれの母に育てられた ブロンクス出身の黒人少女という自分自身を

  • a black girl from the Bronx, raised by an Antiguan mother?

    消去するというトラウマに 耐えなければならなかったのか?

  • So when I think about our current education reform initiatives,

    だから現在の教育改革の イニシアティブについて考えると

  • I can't help asking:

    私はこう問わずには いられません

  • What are our students of color learning about themselves?

    有色人種の学生は自分自身について 何を学んでいるのかと

  • Three -- three decades of research reveal

    30年の研究で次の事が 明らかになっています

  • that students of color are suspended and expelled

    有色人種の学生は 白人の3倍の割合で

  • at a rate three times greater than white students,

    停学や除籍になり

  • and are punished in harsher ways for the same infractions.

    同じ違反行為に対し より厳しい処分が行われるのです

  • They also learn this through the absence of their lives and narratives

    学習課程の中に彼らの生活や物語が 存在しないことで

  • in the curricula.

    これを知るのです

  • The Cooperative Children's Book Center did a review of nearly 4,000 books

    児童図書館が4千冊近くの本の レビューを行なったところ

  • and found that only three percent were about African-Americans.

    アフリカ系アメリカ人の話は 僅か3%に過ぎませんでした

  • And they further learn this

    彼らは更に自分達と

  • through the lack of teachers that look like them.

    同じ立場の教員が足りない事で 現実を思い知るのです

  • An analysis of data

    全米教育統計センターの

  • from the National Center for Education Statistics

    データ解析によって

  • found that 45 percent of our nation's pre-K to high school students

    全米の年中児から高校生の45%が 有色人種だと分かりました

  • were people of color,

    全米の年中児から高校生の45%が 有色人種だと分かりました

  • while only 17 percent of our teachers are.

    その一方で有色人種の教員は 僅か17%に過ぎません

  • Our youth of color pay a profound price

    有色人種の若者は教育制度が送る

  • when their schooling sends them the message

    「成功するためには 彼らが管理され

  • that they must be controlled,

    アイデンティティを置き去り にしなければならない」

  • that they must leave their identities at home

    というメッセージを受けて

  • in order to be successful.

    大変な対価を支払っています

  • Every child deserves an education

    全ての生徒には 自分を偽ることなく

  • that guarantees the safety to learn

    安全に教育を受ける 権利があるのです

  • in the comfort of one's own skin.

    安全に教育を受ける 権利があるのです

  • (Applause)

    (拍手)

  • It is possible to create emotionally and physically safe classrooms

    情緒的 また物理的に安心安全で

  • where students also thrive academically.

    学業的に成功できる教室を 作ることは可能です

  • I know, because I did it in my classroom

    ブロンクスに戻って教職に就いた時

  • when I returned to teach in the Bronx.

    私は自分の教室で それを実行しました

  • So what did that look like?

    どんな感じだったでしょうか?

  • I centered my instruction

    生徒の生活、歴史

  • on the lives, histories and identities of my students.

    アイデンティティを 私は指導の中心に置きました

  • And I did all of this because I wanted my students to know

    全てのことは 彼らが最高の自分になれるよう

  • that everyone around them was supporting them

    周りの皆から支えられていると

  • to be their best self.

    知ってもらうために行いました

  • So while I could not control the instability of their homes,

    不安定な家庭環境や 次の食事にありつけるかへの不安

  • the uncertainty of their next meal,

    眠りを妨げる騒々しい近隣を

  • or the loud neighbors that kept them from sleep,

    コントロールすることは できませんが

  • I provided them with a loving classroom

    ありのままの自分達に 誇りを持たせ

  • that made them feel proud of who they are,

    自分達が大切だと 実感出来るような

  • that made them know that they mattered.

    愛情にあふれる教室を 作ったのです

  • You know,

    さて私は

  • every time I hear or say the word "asking,"

    "asking"という言葉を 耳にし 口にするたび

  • I am in high school again.

    高校生に戻ったような 気持ちになります

  • I am thinking about "ass" and "king"

    "ass"と"king"の事を思い出し

  • and putting the two together so that I speak in a way

    その2つをくっつけるのです

  • where someone in power will want to listen.

    権力のある人達が聞きたいと思うような 話し方をしてみるんです

  • There is a better way,

    有色人種の子供達に

  • one that doesn't force kids of color into a double bind;

    板挟みを強いる事のない より良い方法があります

  • a way for them to preserve their ties

    それは彼らが 自分達の家族、故郷、

  • to their families, homes and communities;

    コミュニティとの つながりを保つ事 そして

  • a way that teaches them to trust their instincts

    彼らに自分達の 本能を信頼し

  • and to have faith in their own creative genius.

    自分自身の創造的な才能に 信念を持つよう教える事なのです

  • Thank you.

    ありがとうございました

  • (Applause)

    (拍手)

Translator: Joseph Geni Reviewer: Camille Martínez

翻訳: Shoko Takaki 校正: Ai Tokimatsu

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 有色 ブロンクス 人種 教育 奨学

TED】デナ・シモンズHow students of color confront impostor syndrome (How students of color confront impostor syndrome | Dena Simmons) (【TED】Dena Simmons: How students of color confront impostor syndrome (How students of color confront impostor syndrome | Dena Sim

  • 47 9
    Zenn に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語