Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • So many of you have probably seen the movie "The Martian."

    翻訳: Haruka Nomura 校正: Noriko Yasumoto

  • But for those of you who did not, it's a movie about an astronaut

    大半の方は 映画『オデッセイ』を ご覧になっていると思いますが

  • who is stranded on Mars, and his efforts to stay alive

    見てない方のためにご説明しますと 火星に取り残された宇宙飛行士が

  • until the Earth can send a rescue mission to bring him back to Earth.

    必死に生き延びようとする 姿を描いた映画です

  • Gladly, they do re-establish communication

    地球上では救出作戦が練られ 最終的に彼は地球に帰還することができます

  • with the character, astronaut Watney, at some point

    幸いにもある時点で 主人公ワトニー宇宙飛行士は

  • so that he's not as alone on Mars until he can be rescued.

    途絶えていた交信手段を回復し

  • So while you're watching the movie, or even if you haven't,

    救出されるまでの間 火星でそんなに孤独ではなくなります

  • when you think about Mars,

    映画を見ていても いなくても

  • you're probably thinking about how far away it is and how distant.

    火星というと

  • And, what might not have occurred to you is,

    地球との距離について思いを馳せ はるか遠くに存在するものと感じるでしょう

  • what are the logistics really like of working on another planet --

    でも 想像したことも ないかもしれませんが

  • of living on two planets

    人が地球にいて 火星に探査車や人がいる状況で

  • when there are people on the Earth and there are rovers or people on Mars?

    他の惑星で仕事し 2つの惑星で生活するには

  • So think about when you have friends, families and co-workers

    実際どのような調整が 必要になるのでしょう?

  • in California, on the West Coast or in other parts of the world.

    友だちや家族 同僚が 西海岸のカリフォルニア

  • When you're trying to communicate with them,

    または世界のどこか別の場所にいると 想像してください

  • one of the things you probably first think about is:

    東海岸の皆さんが 連絡を取ろうとして

  • wait, what time is it in California?

    まず考えるのはおそらく

  • Will I wake them up? Is it OK to call?

    「カリフォルニアでは 今何時だろう?」

  • So even if you're interacting with colleagues who are in Europe,

    「起こさないかな?電話して大丈夫かな?」 ということでしょう

  • you're immediately thinking about:

    ヨーロッパの同僚と仕事をするときも

  • What does it take to coordinate communication when people are far away?

    まず考えるのは

  • So we don't have people on Mars right now, but we do have rovers.

    遠くにいる人と連絡をうまく取るには どうすべきかということでしょう

  • And actually right now, on Curiosity, it is 6:10 in the morning.

    現在 火星に人はいませんが 無人探査車は送っています

  • So, 6:10 in the morning on Mars.

    探査車「キュリオシティ」の時計によると

  • We have four rovers on Mars.

    火星では 今 午前6時10分です

  • The United States has put four rovers on Mars since the mid-1990s,

    米国は1990年代半ばから

  • and I have been privileged enough to work on three of them.

    火星に探査車4台を送りこみ

  • So, I am a spacecraft engineer, a spacecraft operations engineer,

    光栄なことに 私はそのうち 3台の運用に従事する機会を得ました

  • at NASA's Jet Propulsion Laboratory in Los Angeles, California.

    私は宇宙船エンジニアです 米航空宇宙局(NASA)に付属する

  • And these rovers are our robotic emissaries.

    カリフォルニア州ロサンゼルスにある ジェット推進研究所で働いています

  • So, they are our eyes and our ears, and they see the planet for us

    無人探査車は 私たちのロボット使節です

  • until we can send people.

    私たちの目や耳となって 人が到達する日まで

  • So we learn how to operate on other planets through these rovers.

    火星を観察してくれるのです

  • So before we send people, we send robots.

    私たちは探査車を通して ほかの惑星での活動の仕方を学んでいます

  • So the reason there's a time difference on Mars right now,

    人を送る前に ロボットを送っているわけです

  • from the time that we're at

    さて 地球と火星の間に

  • is because the Martian day is longer than the Earth day.

    時差があるのは

  • Our Earth day is 24 hours,

    火星の1日が 地球の1日よりも長いためです

  • because that's how long it takes the Earth to rotate,

    地球の1日は24時間です

  • how long it takes to go around once.

    1日は地球が自転するのにー

  • So our day is 24 hours.

    つまり地球が1回転するのに かかる時間で

  • It takes Mars 24 hours and approximately 40 minutes to rotate once.

    私たちの1日は 24時間です

  • So that means that the Martian day is 40 minutes longer than the Earth day.

    火星が1回転するには およそ24時間40分かかります

  • So teams of people who are operating the rovers on Mars, like this one,

    つまり 火星の1日は地球の1日より 40分長いということです

  • what we are doing is we are living on Earth, but working on Mars.

    ご覧のように 私たち 火星上の探査車を操作するチームは

  • So we have to think as if we are actually on Mars with the rover.

    地球で生活していますが 火星で仕事をしています

  • Our job, the job of this team, of which I'm a part of,

    つまり自分が火星にいて 探査車と一緒にいると考える必要があります

  • is to send commands to the rover to tell it what to do the next day.

    私たちチームの仕事は

  • To tell it to drive or drill or tell her whatever she's supposed to do.

    探査車に次の日の仕事を 指示することです

  • So while she's sleeping -- and the rover does sleep at night

    「移動しなさい」「穴を堀りなさい」などと 先に指示しておくのです

  • because she needs to recharge her batteries

    そして 探査車が寝ている間― 探査車は夜になると眠るんです

  • and she needs to weather the cold Martian night.

    バッテリーを充電するためと

  • And so she sleeps.

    火星の寒い夜を避けるためです

  • So while she sleeps, we work on her program for the next day.

    そうして 探査車が寝ている間

  • So I work the Martian night shift.

    私たちが翌日のプログラムを用意します

  • (Laughter)

    私は火星で夜勤しているわけです

  • So in order to come to work on the Earth at the same time every day on Mars --

    (笑)

  • like, let's say I need to be at work at 5:00 p.m.,

    毎日 火星時間の同時刻に 地球で出勤するためには―

  • this team needs to be at work at 5:00 p.m. Mars time every day,

    たとえば私たちのチームが毎日

  • then we have to come to work on the Earth 40 minutes later every day,

    火星時間で夕方5時に 出勤するとしましょう

  • in order to stay in sync with Mars.

    火星に合わせるためには 地球時間では

  • That's like moving a time zone every day.

    毎日40分ずつ出勤時刻を 遅らせなければなりません

  • So one day you come in at 8:00, the next day 40 minutes later at 8:40,

    毎日 時間帯を移動している感じです

  • the next day 40 minutes later at 9:20,

    今日は8時に来ても 翌日は40分遅れて8時40分

  • the next day at 10:00.

    その翌日は40分遅れて9時20分

  • So you keep moving 40 minutes every day,

    その翌日は10時といった具合です

  • until soon you're coming to work in the middle of the night --

    毎日40分ずらしていくと

  • the middle of the Earth night.

    すぐに真夜中に出勤することになります

  • Right? So you can imagine how confusing that is.

    地球の真夜中ということです

  • Hence, the Mars watch.

    どんなに混乱するか おわかりいただけると思います

  • (Laughter)

    ですから 火星時計が必要です

  • This weights in this watch have been mechanically adjusted

    (笑)

  • so that it runs more slowly.

    この時計は自動的に

  • Right? And we didn't start out --

    ゆっくり進む仕掛けになっています

  • I got this watch in 2004

    よくできているでしょう?

  • when Spirit and Opportunity, the rovers back then.

    私はこの時計を2004年

  • We didn't start out thinking

    探査車「スピリット」と 「オポチュニティ」のときに買いましたが

  • that we were going to need Mars watches.

    私たちははじめ

  • Right? We thought, OK, we'll just have the time on our computers

    火星時計が必要だとは思いませんでした

  • and on the mission control screens, and that would be enough.

    コンピュータの時計と 管制室の画面上の時計で

  • Yeah, not so much.

    十分だと思ったのです

  • Because we weren't just working on Mars time,

    ですが違いました

  • we were actually living on Mars time.

    火星時間で仕事するだけでなく

  • And we got just instantaneously confused about what time it was.

    火星時間で生活することになったからです

  • So you really needed something on your wrist to tell you:

    そこですぐに時間について 混乱することになりました

  • What time is it on the Earth? What time is it on Mars?

    腕についていて 地球時間で今何時か

  • And it wasn't just the time on Mars that was confusing;

    火星時間で今何時か 教えてくれるものが必要となったのです

  • we also needed to be able to talk to each other about it.

    混乱を招くものは 時間だけではありませんでした

  • So a "sol" is a Martian day -- again, 24 hours and 40 minutes.

    時間について話すための 新しい言葉が必要でした

  • So when we're talking about something that's happening on the Earth,

    火星の1日 ― 24時間40分ですが これを「ソル」(sol)と言います

  • we will say, today.

    地球上で起きている 今日の出来事について話すときは

  • So, for Mars, we say, "tosol."

    「トゥデイ」と言いますが

  • (Laughter)

    火星での今日は 「トゥソル」と言います

  • Yesterday became "yestersol" for Mars.

    (笑)

  • Again, we didn't start out thinking, "Oh, let's invent a language."

    昨日 「イエスタデイ」は 火星では「イエスタソル」です

  • It was just very confusing.

    これもはじめから新語が必要だと 思っていたわけではなく

  • I remember somebody walked up to me and said,

    単にとても混乱したからです

  • "I would like to do this activity on the vehicle tomorrow, on the rover."

    良く覚えていますが

  • And I said, "Tomorrow, tomorrow, or Mars, tomorrow?"

    「明日この仕事を探査機にさせたいんだけど」 とある人に言われて

  • We started this terminology because we needed a way to talk to each other.

    「明日って明日? それとも火星の明日?」 と聞き返したんです

  • (Laughter)

    この新語は会話上の必要から 生まれたのです

  • Tomorrow became "nextersol" or "solorrow."

    (笑)

  • Because people have different preferences for the words they use.

    明日 「トゥモロー」は 「翌ソル」か「ソルロー」です

  • Some of you might say "soda" and some of you might say "pop."

    好きな言い方は 人によって違うので

  • So we have people who say "nextersol" or "solorrow."

    炭酸飲料を 「ソーダ」と言う人も 「ポップ」と言う人もいます

  • And then something that I noticed after a few years of working on these missions,

    それと同じで「翌ソル」と「ソルロー」 2つの言い方があります

  • was that the people who work on the rovers, we say "tosol."

    探査計画に加わって しばらくして気づきましたが

  • The people who work on the landed missions that don't rove around,

    探査車の作業をしている私たちは 「トゥソル」と言い

  • they say "tosoul."

    動き回らない作業に関わる人たちは

  • So I could actually tell what mission you worked on from your Martian accent.

    「トゥソール」と言います

  • (Laughter)

    探査計画のどの部門で仕事をしているか 「火星なまり」でわかるのです

  • So we have the watches and the language, and you're detecting a theme here, right?

    (笑)

  • So that we don't get confused.

    話の趣旨が見えてきましたか? 時計も言葉も

  • But even the Earth daylight could confuse us.

    混乱を避けるための発明でした

  • If you think that right now, you've come to work

    ですが地球の日光さえ 混乱の原因となります

  • and it's the middle of the Martian night

    考えてみてください

  • and there's light streaming in from the windows

    火星の真夜中の時間に 出勤するとき

  • that's going to be confusing as well.

    窓から日光がさしているのです

  • So you can see from this image of the control room

    これもまた混乱の元です

  • that all of the blinds are down.

    この管制室の写真でわかるように

  • So that there's no light to distract us.

    ブラインドが全て降りています

  • The blinds went down all over the building about a week before landing,

    日光をさえぎるためです

  • and they didn't go up until we went off Mars time.

    探査車が着陸する1週間前から ビルのブラインド全てが降ろされ

  • So this also works for the house, for at home.

    私たちが火星時間を離れるまで 降りたままでした

  • I've been on Mars time three times, and my husband is like,

    家庭でも この作戦をとります

  • OK, we're getting ready for Mars time.

    私はこれまで3回 火星時間で生活しましたが

  • And so he'll put foil all over the windows and dark curtains and shades

    夫は「よし 火星時間に備えよう」と言い

  • because it also affects your families.

    窓を全てアルミホイルや 遮光カーテン、ブラインドでおおいます

  • And so here I was living in kind of this darkened environment, but so was he.

    家族の生活時間も変わるためです

  • And he'd gotten used to it.

    夫も 私といっしょに暗闇での生活ですが

  • But then I would get these plaintive emails from him when he was at work.

    慣れたものです

  • Should I come home? Are you awake?

    でもいつも仕事先から 不安げな 電子メールをよこし

  • What time is it on Mars?

    「帰ってもいい?起きてる?」

  • And I decided, OK, so he needs a Mars watch.

    「火星は今何時?」と聞くので

  • (Laughter)

    夫に火星時計を買おうと 決心しました

  • But of course, it's 2016, so there's an app for that.

    (笑)

  • (Laughter)

    でも2016年の今は もちろんアプリがあります

  • So now instead of the watches, we can also use our phones.

    (笑)

  • But the impact on families was just across the board;

    ですから時計の代わりに携帯が使えます

  • it wasn't just those of us who were working on the rovers

    でも家族への影響は もっと広い範囲に及びます

  • but our families as well.

    探査車の作業をしている 私たちだけでなく

  • This is David Oh, one of our flight directors,

    その家族もまた影響を受けます

  • and he's at the beach in Los Angeles with his family at 1:00 in the morning.

    これはフライトディレクターの デイビッドで

  • (Laughter)

    午前1時のロサンゼルスのビーチで 家族と撮った写真です

  • So because we landed in August

    (笑)

  • and his kids didn't have to go back to school until September,

    8月に火星に着陸し

  • they actually went on to Mars time with him for one month.

    子どもたちは9月まで夏休みなので

  • They got up 40 minutes later every day.

    1ヶ月間 火星時間で暮らすことにしたのです

  • And they were on dad's work schedule.

    毎日40分ずつ起きる時間を遅らせ

  • So they lived on Mars time for a month and had these great adventures,

    父親の勤務時間に合わせました

  • like going bowling in the middle of the night

    1ヶ月間 たくさん風変わりな経験をしました

  • or going to the beach.

    真夜中にボウリングしたり

  • And one of the things that we all discovered

    ビーチに行ったりしたのです

  • is you can get anywhere in Los Angeles

    そこで素晴らしいことに気づきました

  • at 3:00 in the morning when there's no traffic.

    午前3時であれば ロサンゼルスのどこだろうと

  • (Laughter)

    がら空きの道路を飛ばして 行けるということです

  • So we would get off work,

    (笑)

  • and we didn't want to go home and bother our families,

    仕事が夜更けに終わり

  • and we were hungry, so instead of going locally to eat something,

    帰宅したら家族に面倒をかけるからと

  • we'd go, "Wait, there's this great all-night deli in Long Beach,

    近くの食堂で空腹を満たして行こうとして

  • and we can get there in 10 minutes!"

    「待てよ ロングビーチのうまい食堂が 開いてるはずだ」

  • So we would drive down -- it was like the 60s, no traffic.

    「車でたった10分だ」となれば

  • We would drive down there, and the restaurant owners would go,

    まるで60年代のように がら空きの道路を飛ばします

  • "Who are you people?

    レストランのご主人はまるで

  • And why are you at my restaurant at 3:00 in the morning?"

    「あんたたちは 何者かね」

  • So they came to realize that there were these packs of Martians,

    「今は午前3時だよ!」と言わんばかりです

  • roaming the LA freeways, in the middle of the night --

    そこで気付くわけです 火星人の群れが—

  • in the middle of the Earth night.

    ロサンゼルスの高速道を 真夜中にうろついていることに

  • And we did actually start calling ourselves Martians.

    地球の真夜中ですね

  • So those of us who were on Mars time would refer to ourselves as Martians,

    そして私たちは自分たちのことを 「火星人」と呼びはじめました

  • and everyone else as Earthlings.

    火星時間で生活する人は火星人です

  • (Laughter)

    それ以外は「地球人」と呼んでいます

  • And that's because when you're moving a time-zone every day,

    (笑)

  • you start to really feel separated from everyone else.

    時間帯を毎日変えていると

  • You're literally in your own world.

    本当にほかの人たちとは切り離された 感覚になってきます

  • So I have this button on that says, "I survived Mars time. Sol 0-90."

    完全に自分たちだけの世界となるのです

  • And there's a picture of it up on the screen.

    そこでこのバッジです 「火星時間0~90ソルからの生還者」

  • So the reason we got these buttons is because we work on Mars time

    と書いてあります

  • in order to be as efficient as possible with the rover on Mars,

    このバッジがもらえるのは 火星時間で仕事をし

  • to make the best use of our time.

    火星の探査車が最大限の パフォーマンスを発揮できるよう

  • But we don't stay on Mars time for more than three to four months.

    自分の時間をうまく 調整した人です

  • Eventually, we'll move to a modified Mars time, which is what we're working now.

    でも火星時間で生活するのは 長くて3~4ヶ月です

  • And that's because it's hard on your bodies, it's hard on your families.

    私たちは今では 火星時間を調整した スケジュールに移行しています

  • In fact, there were sleep researchers who actually were studying us

    火星時間は 体にも家族にも 大きな負担になるからです

  • because it was so unusual for humans to try to extend their day.

    実際に私たちを研究対象にする 睡眠の研究者もいました

  • And they had about 30 of us

    1日を長くしようというのは 人間にとってすごく不自然なことですから

  • that they would do sleep deprivation experiments on.

    研究では私たちの中から 30人ほどを選んで

  • So I would come in and take the test and I fell asleep in each one.

    睡眠不足についての 実験をしました

  • And that was because, again, this eventually becomes hard on your body.

    ですから 私が参加したときはいつも テストを受けてから寝ました

  • Even though it was a blast.

    この生活は本当に 結局のところ 体に負担となるのです

  • It was a huge bonding experience with the other members on the team,

    たとえそれが すごく楽しく

  • but it is difficult to sustain.

    チームの絆がとても強まるにしても

  • So these rover missions are our first steps out into the solar system.

    長く続けることはできません

  • We are learning how to live on more than one planet.

    火星探査車は 私たちの活動範囲を 太陽系に広げていく第一歩です

  • We are changing our perspective to become multi-planetary.

    私たちはいくつもの星に またがって生きる術を学んでいます

  • So the next time you see a Star Wars movie,

    多星の文明になるための 考え方を学んでいるのです

  • and there are people going from the Dagobah system to Tatooine,

    今度 映画『スター・ウォーズ』を見ていて

  • think about what it really means to have people spread out so far.

    ダゴバ星系から 惑星タトゥイーンに行く人が出てきたら

  • What it means in terms of the distances between them,

    人類がそれほど広く散らばって生きるとは どういうことか考えてみてください

  • how they will start to feel separate from each other

    お互いの間にある物理的な距離

  • and just the logistics of the time.

    離ればなれになってしまったという感覚

  • We have not sent people to Mars yet, but we hope to.

    時差について想像してください

  • And between companies like SpaceX and NASA

    まだ火星に人は送っていませんが 送りたいと思っています

  • and all of the international space agencies of the world,

    スペースXのような企業や NASA

  • we hope to do that in the next few decades.

    世界中の宇宙開発機関で連携して

  • So soon we will have people on Mars, and we truly will be multi-planetary.

    20~30年内には 実現したいと思っています

  • And the young boy or the young girl

    ですからすぐに 火星に人が住む 多星文明の時代がやって来ます

  • who will be going to Mars could be in this audience or listening today.

    今 この話を聞いている 男の子や女の子の中に

  • I have wanted to work at JPL on these missions since I was 14 years old

    将来 火星に行く人がいるかもしれません

  • and I am privileged to be a part of it.

    私は14歳のときからずっと JPLの探査計画で働きたいと思っていました

  • And this is a remarkable time in the space program,

    今 とても光栄に思っています

  • and we are all in this journey together.

    今は宇宙開発計画にとって またとない素晴らしい時代です

  • So the next time you think you don't have enough time in your day,

    私たちはみな この時代の担い手です

  • just remember, it's all a matter of your Earthly perspective.

    今度 「1日が短すぎる」と感じたら

  • Thank you.

    それは地球人の見方にすぎないことを 思い出してください

  • (Applause)

    ありがとうございました

So many of you have probably seen the movie "The Martian."

翻訳: Haruka Nomura 校正: Noriko Yasumoto

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 火星 探査 時間 地球 夜中

TED】ナギンコックス:火星で何時?(火星で何時だっけ?|ナギンコックス) (【TED】Nagin Cox: What time is it on Mars? (What time is it on Mars? | Nagin Cox))

  • 16 0
    Zenn に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語