Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • So it all came to life

    翻訳: Eriko T 校正: Reiko Bovee

  • in a dark bar in Madrid.

    ある日

  • I encountered my colleague from McGill, Michael Meaney.

    マドリッドの薄暗いバーで

  • And we were drinking a few beers,

    マギル大学の同僚 マイケル・ミーニーに ばったり出会いました

  • and like scientists do,

    一緒にビールを飲むと

  • he told me about his work.

    科学者の常として

  • And he told me that he is interested in how mother rats lick their pups

    彼は自分の研究のことを話しました

  • after they were born.

    彼の興味は母親ラットが 生まれたばかりの子供を舐める

  • And I was sitting there and saying,

    という行為でした

  • "This is where my tax dollars are wasted --

    そこで私はこう言いました

  • (Laughter)

    「そんなことに 私の税金は浪費されてるんだな

  • on this kind of soft science."

    (笑)

  • And he started telling me

    こんな『ソフトサイエンス』に」

  • that the rats, like humans,

    それで彼は

  • lick their pups in very different ways.

    人間も育児の仕方はそれぞれだけど

  • Some mothers do a lot of that,

    母親ラットの子供の舐め方も様々だ と説明し始めました

  • some mothers do very little,

    非常に熱心に育児に励む母親がいる一方

  • and most are in between.

    ほとんど無関心な母親もおり

  • But what's interesting about it

    大半はその中間です

  • is when he follows these pups when they become adults --

    でももっと面白いのは

  • like, years in human life, long after their mother died.

    これらの赤ちゃんラットが成長したときのこと

  • They are completely different animals.

    母ラットが死んだずっと後で 人間なら何年も後に相当する頃に

  • The animals that were licked and groomed heavily,

    彼らは全く違った性格になっています

  • the high-licking and grooming,

    より熱心に舐められ 毛繕いされた個体は

  • are not stressed.

    そのために

  • They have different sexual behavior.

    リラックスしており

  • They have a different way of living

    彼らの性行動や

  • than those that were not treated as intensively by their mothers.

    生活の仕方が

  • So then I was thinking to myself:

    母親にそれほど構われなかった 個体とは違っていました

  • Is this magic?

    そこで考えました

  • How does this work?

    魔法だろうか?

  • As geneticists would like you to think,

    どういうことだろう?

  • perhaps the mother had the "bad mother" gene

    遺伝子学者たちは

  • that caused her pups to be stressful,

    母親が「悪い遺伝子」を 持っていれば

  • and then it was passed from generation to generation;

    子供はストレス耐性がない子供になり

  • it's all determined by genetics.

    それが後の世代に受け継がれる

  • Or is it possible that something else is going on here?

    つまり遺伝子により全てが決まる と説明するかも知れません

  • In rats, we can ask this question and answer it.

    しかし それ以外に何か 起きている可能性は?

  • So what we did is a cross-fostering experiment.

    ラットを使い この疑問の答えを 探し出すことができます

  • You essentially separate the litter, the babies of this rat, at birth,

    それで交換哺育の実験をしました

  • to two kinds of fostering mothers --

    子ネズミたちを2種類の

  • not the real mothers, but mothers that will take care of them:

    養母へとあてがいます

  • high-licking mothers and low-licking mothers.

    実の母親ではありませんが 哺育をさせます

  • And you can do the opposite with the low-licking pups.

    よく舐める母親と あまり舐めない母親です

  • And the remarkable answer was,

    あまり舐めない母親の子供には よく舐める母親を充てがいました

  • it wasn't important what gene you got from your mother.

    なんと結果は

  • It was not the biological mother that defined this property of these rats.

    母親からの遺伝子は 問題ではありませんでした

  • It is the mother that took care of the pups.

    ラットの特性を決定していたのは 産みの母親では無く

  • So how can this work?

    子ネズミたちを世話した母親でした

  • I am an a epigeneticist.

    どういうことでしょうか?

  • I am interested in how genes are marked

    私はエピジェネティクス研究者で

  • by a chemical mark

    遺伝子が胚発生時 つまり我々が母親の胎内にいる間に

  • during embryogenesis, during the time we're in the womb of our mothers,

    どのように化学的な印をつけられ

  • and decide which gene will be expressed

    どの組織でどの遺伝子が発現するかを

  • in what tissue.

    決定づけられるかという仕組みに

  • Different genes are expressed in the brain than in the liver and the eye.

    興味があります

  • And we thought: Is it possible

    脳では肝臓や眼とは違った遺伝子が発現します

  • that the mother is somehow reprogramming the gene of her offspring

    そこで こう考えてみました

  • through her behavior?

    ひょっとして母親は 行動を通じて 子どもの遺伝子を

  • And we spent 10 years,

    リプログラムするのではないか?

  • and we found that there is a cascade of biochemical events

    そして10年をかけて

  • by which the licking and grooming of the mother, the care of the mother,

    生化学的な作用が 影響することを発見しました

  • is translated to biochemical signals

    母親によるグルーミングや 子供を舐めるという行為が

  • that go into the nucleus and into the DNA

    生化学的シグナルへと翻訳され

  • and program it differently.

    それが細胞核そしてDNAへ伝わって

  • So now the animal can prepare itself for life:

    それらをプログラムし直し 変化させていたのです

  • Is life going to be harsh?

    こうしてラットは その一生に向けて準備をするわけです

  • Is there going to be a lot of food?

    厳しい一生になるだろうか?

  • Are there going to be a lot of cats and snakes around,

    食べ物は豊富にある環境だろうか?

  • or will I live in an upper-class neighborhood

    猫や蛇が多くいる環境だろうか?

  • where all I have to do is behave well and proper,

    それとも上流階級の住宅地で

  • and that will gain me social acceptance?

    社会に受け入れられるよう

  • And now one can think about how important that process can be

    行儀よくしているだけでいい 気楽な生活だろうか?

  • for our lives.

    そのプロセスがどれほど 我々の人生に重要かを

  • We inherit our DNA from our ancestors.

    考えてみましょう

  • The DNA is old.

    私たちは先祖のDNAを受け継ぎます

  • It evolved during evolution.

    DNAは古いものです

  • But it doesn't tell us if you are going to be born in Stockholm,

    人類の進化とともに進化しました

  • where the days are long in the summer and short in the winter,

    でもそれは夏は日が長く冬は短い ストックホルムで

  • or in Ecuador,

    自分が生まれることになるのか

  • where there's an equal number of hours for day and night all year round.

    エクアドルのような

  • And that has such an enormous [effect] on our physiology.

    年中昼夜の時間が半々の国で 生まれるのかなど予測してくれません

  • So what we suggest is, perhaps what happens early in life,

    それが私たちに大きな生理的影響を 与えるとしてもです

  • those signals that come through the mother,

    私たちのアイデアは おそらく生まれてすぐに

  • tell the child what kind of social world you're going to be living in.

    母親から伝えられたシグナルが

  • It will be harsh, and you'd better be anxious and be stressful,

    子供に どんな社会環境が待ち受けているかを 教えているというものです

  • or it's going to be an easy world, and you have to be different.

    厳しい環境になるなら 気持ちを尖らせてストレスを持ち

  • Is it going to be a world with a lot of light or little light?

    優しい環境になるなら それとは違った感じになるのは当然です

  • Is it going to be a world with a lot of food or little food?

    光に溢れる あるいは薄暗い環境でしょうか?

  • If there's no food around,

    食べ物が溢れる または少ない環境でしょうか?

  • you'd better develop your brain to binge whenever you see a meal,

    食べ物の欠乏した環境では

  • or store every piece of food that you have as fat.

    食餌が手に入る度に たらふく食べることを脳は学び

  • So this is good.

    また身体は それを無駄なく 脂肪として蓄えるようになります

  • Evolution has selected this

    これは良いことです

  • to allow our fixed, old DNA to function in a dynamic way

    このように進化の選択により

  • in new environments.

    固定化した古来のDNAが 様々な新たな環境でダイナミックに

  • But sometimes things can go wrong;

    機能できるようになったのです

  • for example, if you're born to a poor family

    まあでも時にはうまく行かず

  • and the signals are, "You better binge,

    例えば 貧しい家庭に生まれたら

  • you better eat every piece of food you're going to encounter."

    シグナルは「食べまくれ

  • But now we humans and our brain have evolved,

    目に入る食べ物は全部食べるんだ」 と言うでしょう

  • have changed evolution even faster.

    しかし人間とその脳は進化し

  • Now you can buy McDonald's for one dollar.

    進化も加速させました

  • And therefore, the preparation that we had by our mothers

    マクドナルドのハンバーガーを 1ドルで買えます

  • is turning out to be maladaptive.

    そうして 母親から伝えられた情報は

  • The same preparation that was supposed to protect us from hunger and famine

    現状に不適応ということになります

  • is going to cause obesity,

    飢饉や飢餓から 守ってくれるはずの遺伝情報は

  • cardiovascular problems and metabolic disease.

    そうする代わりに

  • So this concept that genes could be marked by our experience,

    肥満や循環器系や代謝の疾患などを 引き起こしてしまいます

  • and especially the early life experience,

    特に人生の初期に 遺伝子に対して 経験の刻印が

  • can provide us a unifying explanation

    刻まれるという考えにより

  • of both health and disease.

    健康と疾病 両方についての

  • But is true only for rats?

    統合的な説明がつきます

  • The problem is, we cannot test this in humans,

    これはラットだけに 起こる現象でしょうか?

  • because ethically, we cannot administer child adversity in a random way.

    問題は こんな実験を 人間にはできないことです

  • So if a poor child develops a certain property,

    倫理的にも子供を 無作為に苦しめてはいけません

  • we don't know whether this is caused by poverty

    もし貧しい子供に ある特質が現れたとしても

  • or whether poor people have bad genes.

    それは貧しさから来たものなのか

  • So geneticists will try to tell you that poor people are poor

    貧しい人々は悪い遺伝子を持つのか はっきりしません

  • because their genes make them poor.

    遺伝子学者たちは 貧しい人々が貧しくなった―

  • Epigeneticists will tell you

    遺伝的な要因を 挙げるでしょうが

  • poor people are in a bad environment or an impoverished environment

    エピジェネティクス学者は

  • that creates that phenotype, that property.

    貧しい人々が 悪い環境や困窮した環境に住み

  • So we moved to look into our cousins, the monkeys.

    彼らにこの特質を持つ表現型が 発現すると言うでしょう

  • My colleague, Stephen Suomi, has been rearing monkeys

    それで人間に近いサルを見てみました

  • in two different ways:

    私の同僚 スティーブン・スオミは 2種類の方法で

  • randomly separated the monkey from the mother

    サルを育てています

  • and reared her with a nurse

    サルを無作為に母親から引き離し

  • and surrogate motherhood conditions.

    他のメスに育てさせました

  • So these monkeys didn't have a mother; they had a nurse.

    代理母というわけです

  • And other monkeys were reared with their normal, natural mothers.

    これらのサルは 母親ではなく乳母に育てられ

  • And when they were old, they were completely different animals.

    他のサルは 自分の母親たちに育てられます

  • The monkeys that had a mother did not care about alcohol,

    そして育った時 彼らは全く違っていました

  • they were not sexually aggressive.

    母親と育ったサルは アルコールに興味を示さず

  • The monkeys that didn't have a mother were aggressive, were stressed

    性的に攻撃的ではありませんでした

  • and were alcoholics.

    母親がいなかったサルたちは 攻撃的でストレス耐性が無く

  • So we looked at their DNA early after birth, to see:

    アルコール依存症になりました

  • Is it possible that the mother is marking?

    我々は誕生直後の 彼らのDNAを観察しました

  • Is there a signature of the mother in the DNA of the offspring?

    母親が刻印をしているのだろうか?

  • These are Day-14 monkeys,

    子供のDNAに母親の印があるだろうか?

  • and what you see here is the modern way by which we study epigenetics.

    出生後14日目のサルです

  • We can now map those chemical marks, which we call methylation marks,

    現在はこうして エピジェネティクスを研究します

  • on DNA at a single nucleotide resolution.

    今日 メチル化マークと呼ばれる これらの化学的マークの存在部分が特定でき

  • We can map the entire genome.

    単一ヌクレオチドの解像度で 全ゲノムにわたった地図が作れます

  • We can now compare the monkey that had a mother or not.

    こうして 母がいたサルと そうでないサルを比較できます

  • And here's a visual presentation of this.

    これがその情報を チャートにしたものです

  • What you see is the genes that got more methylated are red.

    よりメチル化された遺伝子は赤い色で

  • The genes that got less methylated are green.

    メチル化が比較的少なかった遺伝子は 緑色で表されています

  • You can see many genes are changing,

    多くの遺伝子に 変化がおきている様子がわかります

  • because not having a mother is not just one thing --

    母親がいないことは

  • it affects the whole way;

    あらゆる点で影響を及ぼします

  • it sends signals about the whole way your world is going to look

    その子が成人したとき 人生がどうなるかに

  • when you become an adult.

    あらゆるシグナルを送ります

  • And you can see the two groups of monkeys

    2種のサル群は

  • extremely well-separated from each other.

    お互いに大きく違っています

  • How early does this develop?

    どれくらい早期にこれが発達するか?

  • These monkeys already didn't see their mothers,

    これらのサルは母親に会っていないという

  • so they had a social experience.

    社会的体験をしています

  • Do we sense our social status, even at the moment of birth?

    生まれたばかりの瞬間にも 社会的地位の感覚はあるのか?

  • So in this experiment, we took placentas of monkeys

    この実験では 色々な社会的地位のサルの

  • that had different social status.

    胎盤を採取しました

  • What's interesting about social rank is that across all living beings,

    面白いことに あらゆる生物の社会的構造に

  • they will structure themselves by hierarchy.

    社会的地位の階層が見られます

  • Monkey number one is the boss;

    第1位のサルはボスです

  • monkey number four is the peon.

    第4位のサルは下僕

  • You put four monkeys in a cage,

    4匹のサルを一緒の檻に入れると

  • there will always be a boss and always be a peon.

    いつもボスザルと下僕が決まります

  • And what's interesting is that the monkey number one

    面白いのは第1位のサルは

  • is much healthier than monkey number four.

    第4位のサルよりもずっと健康なことです

  • And if you put them in a cage,

    そして彼らを一緒の檻に入れると

  • monkey number one will not eat as much.

    第1位のサルは それほど餌を食べず

  • Monkey number four will eat [a lot].

    第4位のサルが たくさん食べます

  • And what you see here in this methylation mapping,

    このメチル化マッピングに 現れているのは

  • a dramatic separation at birth

    生まれながらに驚く程顕著な

  • of the animals that had a high social status

    社会的地位の高いサルと

  • versus the animals that did not have a high status.

    そうでないサルとの違いです

  • So we are born already knowing the social information,

    私たちは すでに社会的情報を 持って生まれて来るということです

  • and that social information is not bad or good,

    その情報は良い悪いとか そう言うものではなく

  • it just prepares us for life,

    単に私たちがそれぞれ生物的に

  • because we have to program our biology differently

    プログラムを行い人生に向けて 準備できるようにするものです

  • if we are in the high or the low social status.

    社会的に高い地位にいるか 低い地位にいるか

  • But how can you study this in humans?

    でも人間についてはどう研究すれば?

  • We can't do experiments, we can't administer adversity to humans.

    人間を実験に利用したり 困難な状況に陥れることはできません

  • But God does experiments with humans,

    しかし神が人間に行う実験があります

  • and it's called natural disasters.

    天災というものです

  • One of the hardest natural disasters in Canadian history

    カナダの史上最も熾烈な自然災害は

  • happened in my province of Quebec.

    ケベックの

  • It's the ice storm of 1998.

    1998年の大吹雪です

  • We lost our entire electrical grid because of an ice storm

    大吹雪で電力網が 停まってしまいました

  • when the temperatures were, in the dead of winter in Quebec,

    ケベックの気温は -30℃ から -35℃ 程度まで

  • minus 20 to minus 30.

    下がりました

  • And there were pregnant mothers during that time.

    その当時妊娠していた 母親たちがいましたが

  • And my colleague Suzanne King followed the children of these mothers

    同僚のスザンヌ・キングが その子供たちの成長を

  • for 15 years.

    15年にわたり追跡しました

  • And what happened was, that as the stress increased --

    ストレスが大きかった場合に 何が起きたか

  • and here we had objective measures of stress:

    以下が客観的なストレス尺度です

  • How long were you without power? Where did you spend your time?

    電力無しでどれ位過ごしたか? その間をどこで過ごしたか?

  • Was it in your mother-in-law's apartment or in some posh country home?

    義母のアパートだったか 郊外の立派なお屋敷か?

  • So all of these added up to a social stress scale,

    こうした情報を 社会的ストレススケールに反映した上で

  • and you can ask the question:

    こんな質問をします

  • How did the children look?

    子供たちはどうなったか?

  • And it appears that as stress increases,

    ストレスが大きくなるほど

  • the children develop more autism,

    子供達の自閉症率は高く

  • they develop more metabolic diseases

    代謝疾患の率も高く

  • and they develop more autoimmune diseases.

    自己免疫疾患の発症の割合も 高かったのです

  • We would map the methylation state,

    メチル化状態をマッピングすると

  • and again, you see the green genes becoming red as stress increases,

    緑だった部分がストレスの 増大と共に赤くなり

  • the red genes becoming green as stress increases,

    赤い遺伝子がストレスの減少と共に 緑色に変化していきます

  • an entire rearrangement of the genome in response to stress.

    ゲノムの再配列がストレスに 反応して起こっています

  • So if we can program genes,

    もし遺伝子をプログラムできるなら

  • if we are not just the slaves of the history of our genes,

    ― 私たちが遺伝子に刻まれた 歴史の奴隷とならず

  • that they could be programmed, can we deprogram them?

    書き込まれたプログラムを 消去できるとしたらどうでしょう?

  • Because epigenetic causes can cause diseases like cancer,

    なぜならエピジェネティクスが誘因となって

  • metabolic disease

    代謝疾患や

  • and mental health diseases.

    精神疾患が引き起されるからです

  • Let's talk about cocaine addiction.

    コカイン中毒の話をしましょう

  • Cocaine addiction is a terrible situation

    コカイン中毒は

  • that can lead to death and to loss of human life.

    人の命を奪うこともある恐ろしいものです

  • We asked the question:

    私たちの考えは

  • Can we reprogram the addicted brain

    依存症になった脳を再プログラムして

  • to make that animal not addicted anymore?

    依存症を消し去れないものだろうか というものでした

  • We used a cocaine addiction model

    人間の症状を再現できる

  • that recapitulates what happens in humans.

    コカイン中毒モデルを使いました

  • In humans, you're in high school,

    人間だと 高校生が

  • some friends suggest you use some cocaine,

    友達にコカインを勧められ

  • you take cocaine, nothing happens.

    それを吸っても何も起きませんが

  • Months pass by, something reminds you of what happened the first time,

    数ヶ月経って 何かのきっかけで 最初の快感を思い出し

  • a pusher pushes cocaine,

    コカイン売人の誘惑に負け

  • and you become addicted and your life has changed.

    ついには薬物依存症となり 人生は変わってしまいます

  • In rats, we do the same thing.

    ラットを使ってこの実験をします

  • My colleague, Gal Yadid,

    同僚のガル・ヤディドは

  • he trains the animals to get used to cocaine,

    ラットにコカインを与え

  • then for one month, no cocaine.

    それから1ヶ月コカイン投与を中断します

  • Then he reminds them of the party when they saw the cocaine the first time

    それから最初のコカインの味と快感を

  • by cue, the colors of the cage when they saw cocaine.

    その時のケージの色で思い出させると

  • And they go crazy.

    ラットたちは狂ったようになり

  • They will press the lever to get cocaine

    コカインを手に入れる為 死ぬまで

  • until they die.

    レバーを押し続けます

  • We first determined that the difference between these animals

    まず 確認された これらのラットの変化は

  • is that during that time when nothing happens,

    コカインが彼らの手に入らず 何も起こっていない期間に