Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • As patients,

    翻訳: Shoko Takaki 校正: Misaki Sato

  • we usually remember the names of our doctors,

    患者というものは

  • but often we forget the names of our nurses.

    自分の主治医を 覚えているものですが

  • I remember one.

    看護師の名前は 忘れてしまいがちです

  • I had breast cancer a few years ago,

    私は 1人覚えています

  • and somehow I managed to get through the surgeries

    数年前に乳癌にかかり

  • and the beginning of the treatment just fine.

    どうにかこうにか 手術を終え

  • I could hide what was going on.

    治療の初期段階を巧く 切り抜けました

  • Everybody didn't really have to know.

    何が起こっているかを隠し通し

  • I could walk my daughter to school,

    周囲は何も 知るはずがありませんでした

  • I could go out to dinner with my husband;

    娘と学校まで歩いて通う事も

  • I could fool people.

    夫とディナーに行く事もでき

  • But then my chemo was scheduled to begin

    私は皆をだます事が出来ました

  • and that terrified me

    しかしその後 化学療法の計画が始まり

  • because I knew that I was going to lose every single hair on my body

    怖くなってきました

  • because of the kind of chemo that I was going to have.

    私の受ける化学療法は 体中の毛が抜けてしまうものだと

  • I wasn't going to be able to pretend anymore

    知っていたからです

  • as though everything was normal.

    何もなかったふりは

  • I was scared.

    もう出来なくなります

  • I knew what it felt like to have everybody treating me with kid gloves,

    怖かったです

  • and I just wanted to feel normal.

    皆に腫れ物に触るように扱われるのが どんなものか 分かっていましたし

  • I had a port installed in my chest.

    ただ 自分は正常だと 感じていたかったのです

  • I went to my first day of chemotherapy,

    胸にポートを取り付けられ

  • and I was an emotional wreck.

    化学療法の初日を迎えました

  • My nurse, Joanne, walked in the door,

    精神的には ボロボロでした

  • and every bone in my body was telling me to get up out of that chair

    担当の看護師ジョアンが ドアから入って来ると

  • and take for the hills.

    私は椅子から立ち上がって 逃げ出したくなる程

  • But Joanne looked at me and talked to me like we were old friends.

    体がうずきました

  • And then she asked me,

    しかし ジョアンは 私を見て 旧友のように話しかけました

  • "Where'd you get your highlights done?"

    そして 私に尋ねました

  • (Laughter)

    「そのハイライト どこで入れたの?」

  • And I was like, are you kidding me?

    (笑)

  • You're going to talk to me about my hair when I'm on the verge of losing it?

    冗談でしょう?

  • I was kind of angry,

    今にも髪の毛がなくなろうとする時に そんな話をするだなんて

  • and I said, "Really? Hair?"

    私はちょっと 怒って言いました

  • And with a shrug of her shoulders she said,

    「何ですって? 髪の毛が抜けるのよ」

  • "It's gonna grow back."

    彼女は肩をすくめて言いました

  • And in that moment she said the one thing I had overlooked,

    「また生えてくるわよ」

  • and that was that at some point, my life would get back to normal.

    その時 私が見過ごしてきた 1つの事を 彼女は言ったのです

  • She really believed that.

    つまり 時が来れば 私の人生は通常に戻るのだと―

  • And so I believed it, too.

    彼女は本当に それを信じていました

  • Now, worrying about losing your hair when you're fighting cancer

    だから 私も信じたのです

  • may seem silly at first,

    そもそも 癌と戦っている時に 髪の毛の事を心配するなんて

  • but it's not just that you're worried about how you're going to look.

    馬鹿げた事に 思えるかもしれません

  • It's that you're worried that everybody's going to treat you so carefully.

    しかしそれは 自分がどう見えるか 心配しているだけではないのです

  • Joanne made me feel normal for the first time in six months.

    皆が気遣ってくれる事を 気に病んでもいるのです

  • We talked about her boyfriends,

    彼女のお陰で6ヶ月ぶりに 自分は正常だという気持ちになれました

  • we talked about looking for apartments in New York City,

    私達は彼女のボーイフレンドの事

  • and we talked about my reaction to the chemotherapy --

    ニューヨーク市内でアパートを 探している事

  • all kind of mixed in together.

    化学療法への私の反応について等

  • And I always wondered,

    色々な事を話しました

  • how did she so instinctively know just how to talk to me?

    そしてどうやって彼女が

  • Joanne Staha and my admiration for her

    私の気持ちを見抜いているのだろうかと いつも思っていました

  • marked the beginning of my journey into the world of nurses.

    ジョアン・スタハと 彼女に対する賞賛を機に

  • A few years later, I was asked to do a project

    私の看護師の世界への旅が 始まったのです

  • that would celebrate the work that nurses do.

    数年後 看護師の行う仕事を 称え広めるプロジェクトを

  • I started with Joanne,

    立ち上げるよう頼まれました

  • and I met over 100 nurses across the country.

    私はジョアンと共に活動を始め

  • I spent five years interviewing, photographing and filming nurses

    アメリカ中の100名以上の 看護師と会いました

  • for a book and a documentary film.

    5年の歳月をかけて 看護師に インタビューをし 彼等の写真や動画を撮り

  • With my team,

    本やドキュメンタリーフィルムを 制作しました

  • we mapped a trip across America that would take us to places

    チームと共に

  • dealing with some of the biggest public health issues facing our nation --

    アメリカ中にある この国最大の

  • aging, war, poverty, prisons.

    公衆衛生上の問題に関わる場所を 訪ねる事にしました

  • And then we went places

    この国が直面する問題とは 高齢化、戦争、貧困、刑務所です

  • where we would find the largest concentration of patients

    そして これらの問題に関係する患者が 最も集まる場所に赴いたのです

  • dealing with those issues.

    病院や施設にお願いして そこを代表する 最高の看護師を推薦してくれるよう

  • Then we asked hospitals and facilities to nominate nurses

    頼みました

  • who would best represent them.

    私が最初に出会った看護師の1人は ブリジット・カンベラでした

  • One of the first nurses I met was Bridget Kumbella.

    彼女はカメルーンで生まれた

  • Bridget was born in Cameroon,

    4人きょうだいの長子でした

  • the oldest of four children.

    父親は仕事中4階から転落して

  • Her father was at work when he had fallen from the fourth floor

    背中に酷い怪我を負いました

  • and really hurt his back.

    父親は 床に臥して 必要なケアを受けられないのが

  • And he talked a lot about what it was like to be flat on your back

    どんな体験なのかを 話してくれました

  • and not get the kind of care that you need.

    その事が ブリジットを 看護師の仕事へと駆り立てたのです

  • And that propelled Bridget to go into the profession of nursing.

    現在 ブロンクスで看護師として

  • Now, as a nurse in the Bronx,

    様々な職業、地位、宗教を持つ 多様な患者グループの

  • she has a really diverse group of patients that she cares for,

    ケアを行なっています

  • from all walks of life,

    彼女は私達の文化的差異が 健康に及ぼす影響について

  • and from all different religions.

    理解を広める事に 自分の仕事人生を捧げています

  • And she's devoted her career to understanding the impact

    こんな患者の話をしてくれました

  • of our cultural differences when it comes to our health.

    彼はネイティヴアメリカンで 集中治療室に

  • She spoke of a patient --

    羽を1束 持ち込む事を望みました

  • a Native American patient that she had --

    そうする事で 魂の安らぎを 見いだしていたのです

  • that wanted to bring a bunch of feathers into the ICU.

    彼女は彼への支持を表明し

  • That's how he found spiritual comfort.

    さまざまな宗教を持つ患者がいて

  • And she spoke of advocating for him

    多様な物を お守りとして 使うものだと言いました

  • and said that patients come from all different religions

    それが聖なるロザリオであろうと 象徴的な羽根であろうと

  • and use all different kinds of objects for comfort;

    平等に支持する必要があるのです

  • whether it's a holy rosary or a symbolic feather,

    こちらはジェイソン・ショートです

  • it all needs to be supported.

    アパラチア山脈で 在宅看護に従事するジェイソンは

  • This is Jason Short.

    ガソリンスタンドと自動車修理店を営む 父親の許で育ちました

  • Jason is a home health nurse in the Appalachian mountains,

    それで彼は以前 地元で車を扱っていましたが 今はそこで看護師として働いています

  • and his dad had a gas station and a repair shop when he was growing up.

    彼が大学生の頃

  • So he worked on cars in the community that he now serves as a nurse.

    男性が看護師になるという風潮は 全くありませんでした

  • When he was in college,

    そこで 何年も避けていたのです

  • it was just not macho at all to become a nurse,

    少しの間トラックの 運転をしていましたが

  • so he avoided it for years.

    彼の人生は常に 看護師の道へと引き戻されました

  • He drove trucks for a little while,

    アパラチア山脈に住む 看護師として

  • but his life path was always pulling him back to nursing.

    ジェイソンは 救急車が 辿り着くことも出来ない場所へ行きます

  • As a nurse in the Appalachian mountains,

    この写真で 彼が立っているのは かつて道だった場所です

  • Jason goes places that an ambulance can't even get to.

    山頂にある鉱山のため 道は水で溢れ返り

  • In this photograph, he's standing in what used to be a road.

    今では あの家に住む 黒肺塵症の患者を

  • Top of the mountain mining flooded that road,

    ジェイソンが訪問する 唯一の方法は

  • and now the only way for Jason to get to the patient

    その小川のような流れの中を SUVで走っていく事です

  • living in that house with black lung disease

    私が一緒にいた日は 車の前タイヤの泥除けが外れました

  • is to drive his SUV against the current up that creek.

    翌朝 彼は起きると 車をリフトに載せ

  • The day I was with him, we ripped the front fender off the car.

    その泥除けを修理してから

  • The next morning he got up, put the car on the lift,

    次の患者の訪問に向かったのです

  • fixed the fender,

    ジェイソンがこの紳士を 大いなる思いやりで包み込むように

  • and then headed out to meet his next patient.

    介護をしている所を目撃しました

  • I witnessed Jason caring for this gentleman

    看護の仕事とは 如何に心を通わす 仕事なのかと 再び心が震えました

  • with such enormous compassion,

    ブライアン・マクミランと 出会った時 彼はまだ新人でした

  • and I was struck again by how intimate the work of nursing really is.

    派遣先から戻ったばかりで

  • When I met Brian McMillion, he was raw.

    サンデイエゴでの生活に まだ十分には 落ち着きを取り戻していませんでした

  • He had just come back from a deployment

    彼はドイツで看護師をしていた経験を 話してくれました

  • and he hadn't really settled back in to life in San Diego yet.

    戦場から戻って来たばかりの 兵士の手当てをしていたのです

  • He talked about his experience of being a nurse in Germany

    多くの兵士達にとって 病院で目を覚ました時

  • and taking care of the soldiers coming right off the battlefield.

    初めて見る人は 彼でした

  • Very often, he would be the first person they would see

    患者達は手足を失って 横たわり

  • when they opened their eyes in the hospital.

    ブライアンを見て

  • And they would look at him as they were lying there,

    初めて発する言葉は こうでした

  • missing limbs,

    「いつ戻れるんだ? むこうにまだ仲間がいるんだ」

  • and the first thing they would say is,

    ブライアンは 言わねばなりませんでした

  • "When can I go back? I left my brothers out there."

    「どこにも行かないんだよ」

  • And Brian would have to say,

    「もう十分頑張ったんだ」

  • "You're not going anywhere.

    ブライアンは戦闘を体験してきた 兵士であり 看護師でもあります

  • You've already given enough, brother."

    それで彼は傷ついた退役軍人の

  • Brian is both a nurse and a soldier who's seen combat.

    気持ちが分かった上でケアを行うという 彼ならではの職に就いています

  • So that puts him in a unique position

    こちらはシスター・スティーブンです

  • to be able to relate to and help heal the veterans in his care.

    ウィスコンシンでヴィラ・ロレット という老人ホームを経営しています

  • This is Sister Stephen,

    そのホームでは 全ライフサイクルが見られます

  • and she runs a nursing home in Wisconsin called Villa Loretto.

    彼女は農場暮らしを望みながら 育ちました

  • And the entire circle of life can be found under her roof.

    それで地元の家畜を 引き取る機会を与えられると

  • She grew up wishing they lived on a farm,

    熱心に動物を育てました

  • so given the opportunity to adopt local farm animals,

    春になると 動物達は 赤ん坊を産み

  • she enthusiastically brings them in.

    シスター・スティーブンは 赤ちゃんアヒルやヤギ、子羊を使って

  • And in the springtime, those animals have babies.

    ヴィラ・ロレットの入居者達に アニマルセラピーを施していますが

  • And Sister Stephen uses those baby ducks, goats and lambs

    時折 自分の名前すら 思い出す事の出来ない老人達も

  • as animal therapy for the residents at Villa Loretto

    赤ちゃん羊を抱きしめて 心底喜んでいます

  • who sometimes can't remember their own name,

    私がシスター・スティーブンと 一緒にいた日

  • but they do rejoice in the holding of a baby lamb.

    彼女の物語の一部を フィルムに収めるため

  • The day I was with Sister Stephen,

    ヴィラ・ロレットから 連れ出す必要がありました

  • I needed to take her away from Villa Loretto

    私達がホームを出る前に

  • to film part of her story.

    彼女は瀕死の患者の部屋に入り

  • And before we left,

    患者の耳元で こう言いました

  • she went into the room of a dying patient.

    「今日は出かけなきゃならないけど

  • And she leaned over and she said,

    イエス様がお呼びになったら

  • "I have to go away for the day,

    行くのよ

  • but if Jesus calls you,

    イエス様の家に まっすぐに行くのよ」

  • you go.

    私はそれを見て思いました

  • You go straight home to Jesus."

    それは生涯で初めての体験でした

  • I was standing there and thinking

    天に赴かせる事で 人々に愛情を示す姿を

  • it was the first time in my life

    見たのです

  • I witnessed that you could show someone you love them completely

    無理に引きとめる必要はないのです

  • by letting go.

    ヴィラ・ロレットでは これまでの私の人生の中で

  • We don't have to hold on so tightly.

    遭遇出来なかった 多くの人生と出会いました

  • I saw more life rolled up at Villa Loretto

    医療に関して言えば 私達は困難な時代を迎えています

  • than I have ever seen at any other time at any other place in my life.

    「命の長さ」だけではなく 「生活の質」の必要性を

  • We live in a complicated time when it comes to our health care.

    見失う事になりがちです

  • It's easy to lose sight of the need for quality of life,

    新たな救命の技術が 生み出されるにつれ

  • not just quantity of life.

    私達の下す決断は本当に 複雑なものになります

  • As new life-saving technologies are created,

    技術は確かに 生命を救いますが

  • we're going to have really complicated decisions to make.

    痛みや死のプロセスも 長引かせてしまうのです

  • These technologies often save lives,

    一体こういった苦境をどのように 切り抜けるべきなのでしょう?

  • but they can also prolong pain and the dying process.

    私達にはどのような助けも 必要なのです

  • How in the world are we supposed to navigate these waters?

    病人の枕元で過ごす時間があるため 看護師は 患者の家族と

  • We're going to need all the help we can get.

    実に独特な関係を持つ事になります

  • Nurses have a really unique relationship with us

    枕元にいる間

  • because of the time spent at bedside.

    打ち解けた感情といったものが 生まれるのです

  • During that time,

    この夏の8月9日の事でした

  • a kind of emotional intimacy develops.

    父が心臓発作で亡くなりました

  • This past summer, on August 9,

    母は打ちひしがれました

  • my father died of a heart attack.

    父が存在しない世界なんて 想像すら出来なかったのです

  • My mother was devastated,

    4日後に母は倒れ

  • and she couldn't imagine her world without him in it.

    腰骨を折り

  • Four days later she fell,

    手術が必要になりました

  • she broke her hip,

    気がつくと 母は命懸けで 戦っていました

  • she needed surgery

    もう一度 私は看護師のケアを

  • and she found herself fighting for her own life.

    受ける側になりました

  • Once again I found myself

    今回は母のためでした

  • on the receiving end of the care of nurses --

    母は集中治療室に入り それから更に3日間

  • this time for my mom.

    きょうだいと私は 母の枕元にいました

  • My brother and my sister and I stayed by her side

    私達がとうとう 母の意思を尊重する事にした時

  • for the next three days in the ICU.

    自分達が 看護師達の言う事に 頼っている事に気づきました

  • And as we tried to make the right decisions

    そして看護師達はここでも

  • and follow my mother's wishes,

    私達を失望させる事は ありませんでした

  • we found that we were depending upon the guidance of nurses.

    母が亡くなるまでの最後の4日間 彼等のケアのやり方は

  • And once again,

    素晴らしい気遣いに 満ちていました

  • they didn't let us down.

    彼等は母に慰めをもたらし 痛みを和らげたのです

  • They had an amazing insight in terms of how to care for my mom

    私と姉は 母の体に綺麗なガウンを 着せるようにと言われました

  • in the last four days of her life.

    それは母にとって その後 重要な事になりましたが

  • They brought her comfort and relief from pain.

    私達にとっても 多くの意味がありました

  • They knew to encourage my sister and I to put a pretty nightgown on my mom,

    彼等は母の最期に間に合うよう 私の許に来て 起こしてくれました

  • long after it mattered to her,

    母が逝った後 いつまで私を 病室でそっとしておくべきか

  • but it sure meant a lot to us.

    彼等には ちゃんと分かっていました

  • And they knew to come and wake me up just in time for my mom's last breath.

    なぜ分かるのかは 知りませんが

  • And then they knew how long to leave me in the room

    もう一度 彼等が私達を導いてくれた事に 生涯に渡る感謝の気持ちを

  • with my mother after she died.

    心から感じているのです

  • I have no idea how they know these things,

    どうもありがとうございました

  • but I do know that I am eternally grateful

    (拍手)

  • that they've guided me once again.

  • Thank you so very much.

  • (Applause)

As patients,

翻訳: Shoko Takaki 校正: Misaki Sato

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 TED 患者 ジェイソン ジョアン ケア ブライアン

TED】キャロリン・ジョーンズ。看護師へのオマージュ (看護師へのオマージュ|キャロリン・ジョーンズ) (【TED】Carolyn Jones: A tribute to nurses (A tribute to nurses | Carolyn Jones))

  • 27 1
    Zenn に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語