Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Translator: Camille Martínez

    翻訳: Yuko Yoshida 校正: Tomoyuki Suzuki

  • I'm a journalist,

    私はジャーナリストで

  • and I'm an immigrant.

    移民でもあります

  • And these two conditions define me.

    これら2つのことが 私を特徴づけています

  • I was born in Mexico,

    私はメキシコ生まれですが

  • but I've spent more than half my life reporting in the United States,

    人生の半分以上を アメリカでの報道に費やしてきました

  • a country which was itself created by immigrants.

    移民によって作られた国 アメリカでです

  • As a reporter

    報道記者として

  • and as a foreigner,

    そして外国人として

  • I've learned that neutrality,

    私が学んだのは 中立の立場をとって

  • silence

    沈黙し

  • and fear aren't the best options --

    恐れることは 最善策ではないということです

  • not in journalism, nor in life.

    それは報道の世界でも 日々の生活でも同じです

  • Neutrality

    この「中立性」を

  • is often an excuse that we journalists use

    隠れ蓑(みの)に 私たち ジャーナリストは

  • to hide from our true responsibility.

    本来 果たすべき責任に しばしば背を向けています

  • What is that responsibility?

    その責任とは何か?

  • It is to question

    権力ある人たちに対し

  • and to challenge

    疑問を投げかけ

  • those in positions of power.

    その正当性に挑むことです

  • That's what journalism is for.

    このために報道はあるのです

  • That's the beauty of journalism:

    権力を問い それに挑む

  • to question and challenge the powerful.

    これは報道の美徳とも 言えるものですが

  • Of course, we have the obligation to report reality as it is,

    もちろん 私たちには 事実をありのままに伝える義務もあります

  • not how we would like it to be.

    虚構を語ってはいけません

  • In that sense, I agree with the principle of objectivity:

    その意味において 私は客観性の原則に同意します

  • if a house is blue, I say that it's blue.

    家が青色であれば 青色だと言いますし

  • If there are a million unemployed people, I say there are a million.

    失業者が百万人いれば 百万人と言います

  • But neutrality

    しかし 中立性を保てば

  • won't necessarily lead me to the truth.

    必ず真実に導かれる というわけでもありません

  • Even if I'm unequivocally scrupulous,

    たとえ 私が 完ぺきなほどの慎重さでもって

  • and I present both sides of a news item --

    あるテーマについて 両方の立場を伝えるとしても―

  • the Democratic and the Republican,

    例えば 民主党と共和党

  • the liberal and the conservative,

    リベラル派と保守派

  • the government's and the opposition's --

    政府と反政府といった立場です―

  • in the end, I have no guarantee,

    それでも結局は 何が真実で 何が真実でないかを

  • nor are any of us guaranteed that we'll know what's true

    知ることができる保証はありませんし 誰がやっても

  • and what's not true.

    保証されることはないのです

  • Life is much more complicated,

    人生はもっともっと複雑なものです

  • and I believe journalism should reflect that very complexity.

    ですから 報道も その複雑さを反映してしかるべきです

  • To be clear: I refuse

    ここで明言しておきます 私は断固として

  • to be a tape recorder.

    テープレコーダーにはなりません

  • I didn't become a journalist to be a tape recorder.

    そんなものになるために 記者になったのではありません

  • I know what you're going to say: no one uses tape recorders nowadays.

    今どき もう誰もテープレコーダーなんて 使ってないって?

  • (Laughter)

    (笑)

  • In that case, I refuse to take out my cell phone

    そういうことなら 私は 携帯電話を取り出し

  • and hit the record button

    録音ボタンを押して 目の前に差し出すなど

  • and point it in front of me as if I were at a concert,

    断固としてしません

  • like a fan at a concert.

    それでは まるで コンサート会場にいるファンです

  • That is not true journalism.

    これは 真の報道ではありません

  • Contrary to what many people think,

    意外に思われる方も多いでしょうが

  • journalists are making value judgments all the time,

    ジャーナリストは 絶えず 価値判断を行っています

  • ethical and moral judgments.

    倫理的、道徳的判断です

  • And we're always making decisions that are exceedingly personal

    私たちは いつも ことのほか個人に依存した―

  • and extraordinarily subjective.

    非常に主観的な判断を 下しているのです

  • For example:

    例えば

  • What happens if you're called to cover a dictatorship,

    ある独裁政権を取材するよう 指示されたとしましょう

  • like Augusto Pinochet's regime in Chile

    チリのアウグスト・ピノチェトや

  • or Fidel Castro's in Cuba?

    キューバのフィデル・カストロ のような政権です

  • Are you going to report only what the general and commander want,

    あなたが報道するのは その最高司令官たちが望むことだけですか?

  • or will you confront them?

    それとも彼らに立ち向かいますか?

  • What happens if you find out that in your country

    また こんなことが起こっていると 分かったらどうでしょう

  • or in the country next door,

    自国か隣国で

  • students are disappearing

    学生たちの姿が どんどん消えていき

  • and hidden graves are appearing,

    ひそかに墓が 建てられていくとか

  • or that millions of dollars are disappearing from the budget

    国家予算から 何億円ものお金が消えていき

  • and that ex-presidents are magically now multimillionaires?

    元大統領の面々が なぜか億万長者になっているとか

  • Will you report only the official version?

    そんなとき 公式見解だけを 報道しますか?

  • Or what happens

    あるいは

  • if you're assigned to cover

    かの超大国の大統領選を

  • the presidential elections of the primary superpower,

    取材していたところ

  • and one of the candidates makes comments that are racist,

    ある候補者が 人種差別的で性差別的

  • sexist

    外国人嫌悪の発言を

  • and xenophobic?

    したとしたら?

  • That happened to me.

    実は これは私の話です

  • And I want to tell you what I did,

    私がどんな行動をとったか お話ししますが

  • but first, let me explain where I'm coming from,

    その前に 私がどんな人生を 歩んできたかご紹介します

  • so you can understand my reaction.

    その行動に至った理由を ご理解いただけるはずです

  • I grew up in Mexico City, the oldest of five brothers,

    私はメキシコシティで 5人兄弟の長男として育ちました

  • and our family simply couldn't afford to pay for all of our college tuition.

    家には 全員を大学に行かす お金がなかったので

  • So I studied in the morning, and worked in the afternoon.

    午前中に勉強したあと 午後は働く日々を送っていました

  • Eventually,

    そして ついに

  • I got the job I had always wanted:

    ずっと やりたかった仕事を 手にします

  • television reporter.

    放送記者の仕事です

  • It was a big opportunity.

    大きなチャンスでした

  • But as I was working on my third story, I ended up

    でも3つ目の取材に 取り組んでいたとき

  • criticizing the president,

    私は大統領を批判し

  • and questioning the lack of democracy in Mexico.

    メキシコには民主主義がないと 疑問の声を上げてしまいました

  • In Mexico, from 1929 to 2000, elections were always rigged;

    メキシコでは1929年から2000年まで 選挙はすべて出来レースで

  • the incumbent president would hand-pick his successor.

    現職の大統領が 後継者を自ら選んでいたのです

  • That's not true democracy.

    そんなものは 本当の民主主義ではありません

  • To me it seemed like a brilliant idea to expose the president,

    大統領の問題を暴露するのは 素晴らしいことだと思ったのですが

  • but to my boss --

    私の上司は―

  • (Laughter)

    (笑)

  • My boss didn't think it was such a great idea.

    上司は そうは思わなかったようです

  • At that time, the presidential office, Los Pinos, had issued a direct censor

    当時 大統領官邸のロス・ピノスは メディアに対して

  • against the media.

    直々に検閲を行っていました

  • My boss, who, aside from being in charge of the show I worked for,

    私の上司は 私が担当する番組の 責任者であると同時に

  • was also in charge of a soccer team.

    あるサッカー・チームも 任されていましたが

  • I always suspected that he was more interested in goals

    ニュースよりも ゴールに関心があるのではないかと

  • than in the news.

    私は常々 疑っていました

  • He censored my report.

    上司は私のレポートを検閲し

  • He asked me to change it, I said no,

    変更を指示しましたが 私は拒否しました

  • so he put another journalist on the story

    上司は 担当を変えて

  • to write what I was supposed to say.

    私に書かせたかった記事を 別の記者に書かせました

  • I did not want to be a censored journalist.

    私は ジャーナリストとして 検閲は受けたくなかったのです

  • I don't know where I found the strength,

    どこから そんな力が湧いてきたのか

  • but I wrote my letter of resignation.

    私は 辞表を書いていました

  • And so at 24 years of age -- just 24 --

    24歳のとき― たった24で

  • I made the most difficult and most transcendental decision of my life.

    私は 人生で最も難しく そして最も素晴らしい決断をしました

  • Not only did I resign from television,

    テレビ局を辞めるだけではなく

  • but I had also decided to leave my country.

    国も去ることにしたのです

  • I sold my car, a beat-up little red Volkswagen,

    私は 愛車を売りました おんぼろの赤いフォルクスワーゲンの小型車を

  • came up with some money

    いくばくかのお金に換え

  • and said goodbye to my family,

    家族に別れを告げました

  • to my friends,

    そして友だちや

  • to my streets,

    慣れ親しんだ街

  • to my favorite haunts -- to my tacos --

    行きつけの場所 それからタコスにも さよならし―

  • (Laughter)

    (笑)

  • and I bought a one-way ticket

    カリフォルニア州ロサンゼルスまでの 片道切符を買いました

  • to Los Angeles, California.

    それで私は

  • And so I became

    世界に2億5千万いる移民の 仲間入りをしたのです

  • one of the 250 million immigrants that exist in the world.

    移民の人に尋ねれば 誰もが―

  • Ask any immigrant

    新たに移り住む国に 足を踏み入れた日のことを

  • about the first day they arrived in their new country,

    何から何まで 事細かに 覚えていることでしょう

  • and you'll find that they remember absolutely everything,

    BGM付きの映画のように鮮明にです

  • like it was a movie with background music.

    私がロサンゼルスに降り立ったとき 日はもう暮れかけていました

  • In my case, I arrived in Los Angeles, the sun was setting,

    私の全財産は

  • and everything I owned --

    ギター、スーツケースと いくらかの書類だけで

  • a guitar, a suitcase and some documents --

    両手で すべて

  • I could carry all of it

    運ぶことができました

  • with my two hands.

    そのときほど 絶対的な自由を

  • That feeling of absolute freedom,

    感じたことはありません

  • I haven't experienced since.

    私は なけなしの財産で 何とか乗り切り

  • And I survived with what little I had.

    学生ビザを取得しました 当時 勉強していたのです

  • I obtained a student visa; I was studying.

    レタスとパンをたくさん食べました それしか なかったからです

  • I ate a lot of lettuce and bread, because that's all I had.

    そして1984年のこと

  • Finally, in 1984,

    ついにアメリカで 初めて 放送記者の仕事をすることになります

  • I landed my first job as a TV reporter in the United States.

    最初に気づいたのは アメリカでは

  • And the first thing I noticed was that in the US,

    当時のロナルド・レーガン大統領を

  • my colleagues criticized -- and mercilessly --

    同僚が 容赦なく批判しても

  • then president Ronald Reagan,

    何も起こらないことです 誰も検閲などしませんでした

  • and absolutely nothing happened; no one censored them.

    私は思いました

  • And I thought:

    この国は最高だと

  • I love this country.

    (笑)

  • (Laughter)

    (拍手)

  • (Applause)

    そんな感じで

  • And that's how it's been

    30年以上もの間

  • for more than 30 years:

    本当に自由に報道できましたし

  • reporting with total freedom,

    移民であっても 平等な扱いを受けてきました

  • and being treated as an equal despite being an immigrant --

    でも何の前触れもなく それも終わります

  • until, without warning,

    この前のアメリカ大統領選の取材を 担当してからです

  • I was assigned to cover the recent US presidential election.

    2015年6月16日

  • On June 16, 2015,

    最終的にアメリカの大統領になった候補者が こんな発言をします

  • a candidate who would eventually become the president of the United States

    「メキシコの移民は

  • said that Mexican immigrants

    犯罪者で

  • were criminals,

    麻薬売人で

  • drug traffickers

    強姦犯だ」

  • and rapists.

    私には分かりました

  • And I knew

    彼は嘘をついていると

  • that he was lying.

    彼の間違いが分かったのは ある非常に明快な理由からです

  • I knew he was wrong for one very simple reason:

    私自身がメキシコ移民だからです

  • I'm a Mexican immigrant.

    私たちは そんなものではありません

  • And we're not like that.

    ですから 私は 記者なら 当然するだろうことをしました

  • So I did what any other reporter would have done:

    その候補者に インタビューを求めて

  • I wrote him a letter by hand

    手書きで書簡をしたため

  • requesting an interview,

    ニューヨークにある彼のタワーに 送りました

  • and I sent it to his Tower in New York.

    翌日

  • The next day

    仕事をしていると

  • I was at work,

    突如として 携帯電話に 電話やテキスト・メッセージが

  • and I suddenly began to receive hundreds of calls and texts

    何百件も押し寄せてきました

  • on my cell phone,

    侮辱的なものもありました

  • some more insulting than others.

    状況が飲み込めずにいると 友人が私の部屋に入って来て言いました

  • I didn't know what was happening until my friend came into my office

    「あいつらが 君の携帯番号を インターネットにさらしたんだ」

  • and said, "They published your cell number online."

    まさに そのとおりでした

  • They actually did that.

    こちらが 公表された書簡で

  • Here's the letter they sent

    そこに私の番号も書かれています

  • where they gave out my number.

    メモしたって無駄ですよ もう番号は変えましたから

  • Don't bother writing it down, OK? I already changed it.

    (笑)

  • (Laughter)

    ここで私は 2つのことを学びました

  • But I learned two things.

    1つは どんなことがあっても 決して

  • The first one is that you should never, never, ever

    ドナルド・トランプに 携帯の番号は教えてはいけないこと

  • give your cell number to Donald Trump.

    (笑)

  • (Laughter)

    (拍手)

  • (Applause)

    2つ目は 中立の立場をとるのは もう止めるべきだということです

  • The second lesson was that I needed to stop being neutral

    それ以来 ジャーナリストとしての 私の使命は変わりました

  • at that point.

    私はその候補者に立ち向かい

  • From then on, my mission as a journalist changed.

    彼が間違っていること つまり―

  • I would confront the candidate

    アメリカにいる移民に関する発言が 正しくないことを示そうとしました

  • and show that he was wrong,

    ある数字を紹介しましょう

  • that what he said about immigrants in the US was not true.

    アメリカの不法滞在者の 97%は

  • Let me give you some figures.

    善良な人たちです

  • Ninety-seven percent of all undocumented people in the United States

    重大な犯罪 アメリカで言う「重罪」を犯すのは

  • are good people.

    3%にも満たないのです

  • Less than three percent have committed a serious crime,

    それに対してアメリカ市民で この重罪を犯すのは6%です

  • or "felony," as they say in English.

    つまり アメリカ市民よりも 不法滞在者の方が

  • In comparison, six percent of US citizens have committed a serious crime.

    ずっと素行が良いのです

  • The conclusion is that undocumented immigrants behave much better

    このデータをもとに 私は ある計画を立てました

  • than US citizens.

    私の携帯番号がさらされた8週間後

  • Based on that data, I made a plan.

    私は その候補者が 票集めで弾みをつけようと開く―

  • Eight weeks after they published my cell number,

    記者会見の取材許可証を 手に入れました

  • I obtained a press pass for a press conference

    彼に立ち向かうと決めたのです

  • for the candidate gaining momentum in the polls.

    それも じかにです

  • I decided to confront him

    でも―

  • in person.

    物事は思うようには進みませんでした こちらをご覧ください

  • But ...

    [ドナルド・トランプ記者会見 アイオワ州ダビュークにて]

  • things didn't turn out exactly as I had planned; watch:

    (ラモス)トランプさん 移民について1つ質問があります

  • [Donald Trump Press Conference Dubuque, Iowa]

    (トランプ)次の質問者は? はい どうぞ

  • (Video) Jorge Ramos: Mr. Trump, I have a question about immigration.

    (ラモス)あなたの移民政策計画は 絵空事です

  • Donald Trump: Who's next? Yes, please.

    (トランプ)あなたの番じゃない 座りなさい 早く

  • JR: Your immigration plan is full of empty promises.

    (ラモス)私は報道記者です 移民として

  • DT: Excuse me, you weren't called. Sit down. Sit down!

    アメリカ市民として 質問する権利があります

  • JR: I'm a reporter; as an immigrant and as a US citizen,

    (トランプ)いや ない (ラモス)私には権利が―

  • I have the right to ask a question.

    (トランプ)ユニビジョンに戻れ

  • DT: No you don't. JR: I have the right to ask --

    (ラモス)質問はこれです

  • DT: Go back to Univision.

    あなたには 1100万もの人を 国外退去させることも

  • JR: This is the question:

    3千kmにわたる壁を作ることも

  • You cannot deport 11 million people.

    この国で生まれた子どもたちの 市民権を否定することもできません

  • You cannot build a 1900-mile wall.

    (トランプ)座りなさい (ラモス)そうした考えで―

  • You cannot deny citizenship to children in this country.

    (トランプ)あなたの番ではない

  • DT: Sit down. JR: And with those ideas --

    (ラモス)報道記者として私には― 触らないでください

  • DT: You weren't called.

    (護衛1)妨害しないで あなたは妨害していますよ

  • JR: I'm a reporter and I have -- Don't touch me, sir.

    (ラモス)私には質問する権利が― (護衛1)静粛に 順番です

  • Guard 1: Please don't disrupt. You're being disruptive.

    (護衛2)メディア資格証明書は?

  • JR: I have the right to ask a question. G1: Yes, in order. In turn, sir.

    (ラモス)私には権利が―

  • Guard 2: Do you have your media credential?

    (護衛2)どこですか? 見せてください (ラモス)そこです

  • JR: I have the right --

    (男性)いいから下がってください

  • G2: Where? Let me see. JR: It's over there.

    (護衛2)とにかく順番を守りなさい

  • Man: Whoever's coming out, stay out.

    (男性)君はとても失礼だ 君には関係ないだろう

  • G2: You've just got to wait your turn.

    (ラモス)あなたに関係ない― (男性)私の国から出て行け

  • Man: You're very rude. It's not about you.

    (男性)君に関係ない

  • JR: It's not about you -- Man: Get out of my country!

    (ラモス)私もアメリカ市民です

  • Man: It's not about you.

    (男性)もういいからユニビジョンへ 君に関係ない

  • JR: I'm a US citizen, too.

    (ラモス)関係ないと言いますが アメリカのことですよ

  • Man: Well ...whatever. No, Univision. It's not about you.

    (拍手)

  • JR: It's not about you. It's about the United States.

    (拍手がやむ)

  • (Applause)

    このビデオを見るたびに

  • (Applause ends)

    私がまず思うのは 憎しみというものは

  • Whenever I see that video,

    感染するということです

  • the first thing I always think is that hate

    ここでは「ユニビジョンに帰れ」という 候補者の発言が合図となっています

  • is contagious.

    要は「出て行け」と 言っているのですが

  • If you notice, after the candidate says, "Go back to Univision" -- that's code;

    彼の取り巻きの1人は それでお墨付きをもらったとばかりに

  • what he's telling me is, "Get out of here."

    「私の国から出て行け」と言います

  • One member of his entourage, as if he had been given permission, said,

    私がアメリカ市民だとも知らずにです

  • "Get out of my country,"

    このビデオを幾度となく見て もうひとつ思うのは

  • not knowing that I'm also a US citizen.

    「中立性」の呪縛から 自由になるには―

  • After watching this video many times,

    本当の意味で自由になるには―

  • I also think that in order to break free from neutrality --

    恐れることをやめ

  • and for it to be a true break --

    「ノー」と言うことを 覚えなければなりません

  • one has to lose their fear,

    「私は黙らないし

  • and then learn how to say, "No;

    私は座らない

  • I'm not going to be quiet.

    私はこの場を去らない」とね

  • I'm not going to sit down.

    「ノー」という言葉は―

  • And I'm not going to leave."

    (拍手)

  • The word "no" --

    「ノー」は どんな言語にもある 最も力強い言葉で

  • (Applause)

    それがなければ 私たちの人生に 重要な変化はやって来ません

  • "no" is the most powerful word that exists in any language,

    そこに大いなる尊厳があることで

  • and it always precedes any important change in