Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I once said,

    翻訳: Rikuto Koyanagi 校正: Kazunori Akashi

  • "If you want to liberate a society,

    私はかつて言いました

  • all you need is the Internet."

    「インターネットさえあれば

  • I was wrong.

    社会を解放できる」と

  • I said those words back in 2011,

    でもそれは間違いでした

  • when a Facebook page I anonymously created

    この発言は2011年に遡ります

  • helped spark the Egyptian revolution.

    エジプト革命の引き金となった あるフェイスブックのページを

  • The Arab Spring revealed social media's greatest potential,

    私が匿名で作り上げた時のことです

  • but it also exposed its greatest shortcomings.

    「アラブの春」はソーシャルメディアの 大きな可能性を示した一方で

  • The same tool that united us to topple dictators

    重大な欠陥も明らかにしました

  • eventually tore us apart.

    独裁者を倒すために 私たちを繋いだ道具が

  • I would like to share my own experience in using social media for activism,

    私たちを分裂へと導いたのです

  • and talk about some of the challenges I have personally faced

    今日 皆さんにお話しするのは 社会活動にソーシャルメディアを使ってきた

  • and what we could do about them.

    私自身の経験と 個人的に直面した様々な困難 そして

  • In the early 2000s,

    それにどう対応するかについてです

  • Arabs were flooding the web.

    2000年代の初め

  • Thirsty for knowledge, for opportunities,

    ウェブはアラブ人で溢れていました

  • for connecting with the rest of the people around the globe,

    新たな知見や機会 見知らぬ世界の見知らぬ人々

  • we escaped our frustrating political realities

    そうしたものを私たちは強く望み

  • and lived a virtual, alternative life.

    腹立たしい政治の現実から逃れ

  • Just like many of them, I was completely apolitical until 2009.

    仮想のもう一つの世界に 浸るようになっていました

  • At the time, when I logged into social media,

    そんな人々と同様に 私も 2009年までは政治に無関心だったのです

  • I started seeing more and more Egyptians

    当時 私がソーシャルメディアに ログインすると

  • aspiring for political change in the country.

    国内の政治的変革を望む エジプト人が

  • It felt like I was not alone.

    日を重ねる毎に増えていました

  • In June 2010,

    もう独りではない そう感じました

  • Internet changed my life forever.

    2010年6月

  • While browsing Facebook,

    インターネットが私の人生を変えました

  • I saw a photo, a terrifying photo, of a tortured, dead body

    フェイスブックを見ていたある時

  • of a young Egyptian guy.

    恐ろしい写真を目にしたのです 拷問を受けた あるエジプト人青年の

  • His name was Khaled Said.

    死体の写真でした

  • Khaled was a 29-year-old Alexandrian who was killed by police.

    青年の名はハーリド・サイード

  • I saw myself in his picture.

    アレクサンドリアに住む29歳だった彼は 警察によって殺されました

  • I thought, "I could be Khaled."

    彼の姿が自分と重なりました

  • I could not sleep that night, and I decided to do something.

    「私がハーリドだったかもしれない」

  • I anonymously created a Facebook page

    その夜 私は眠りにつくことができず そして行動に出る事を決めました

  • and called it "We are all Khaled Said."

    匿名でフェイスブックの ページを作ったのです

  • In just three days, the page had over 100,000 people,

    『我々は皆ハーリド・サイードだ』という タイトルです

  • fellow Egyptians who shared the same concern.

    すると わずか3日間で 同じ不安を抱いた多くのエジプト人から

  • Whatever was happening had to stop.

    10万件を超えるアクセスがありました

  • I recruited my co-admin, AbdelRahman Mansour.

    今行動しなくては手遅れになる そう思ったのです

  • We worked together for hours and hours.

    アブデルラハマン・マンスーアを 副管理人として迎え

  • We were crowdsourcing ideas from the people.

    何時間も何時間も 一緒に作業しました

  • We were engaging them.

    クラウドソースで 人々からアイデアを集め

  • We were calling collectively for actions,

    彼らの参加を促しました

  • and sharing news that the regime did not want Egyptians to know.

    共に行動するよう呼びかけ

  • The page became the most followed page

    政権が民衆に知らせたくない情報を シェアし続けたのです

  • in the Arab world.

    このページはアラブ圏で 最もフォローされるページへと

  • It had more fans than established media organizations

    成長することになり

  • and even top celebrities.

    既存のメディアや トップセレブのページすら及ばないほどの

  • On January 14, 2011,

    ファンを獲得しました

  • Ben Ali fled out of Tunisia

    2011年1月14日

  • after mounting protests against his regime.

    チュニジアから ベン・アリー大統領が脱出しました

  • I saw a spark of hope.

    政権に対する抗議が強まったせいです

  • Egyptians on social media were wondering,

    私は希望の光を感じました

  • "If Tunisia did it, why can't we?"

    ソーシャルメディア上で エジプトの人々は思っていました

  • I posted an event on Facebook and called it

    「チュニジアで出来たなら 我々にだって」と

  • "A Revolution against Corruption, Injustice and Dictatorship."

    私はフェイスブックで イベントを投稿しました

  • I posed a question to the 300,000 users of the page at the time:

    タイトルは 『汚職、不正、独裁に対する革命』です

  • "Today is the 14th of January.

    そして当時30万人いた ユーザーに対して問いかけました

  • The 25th of January is Police Day.

    「今日は1月14日

  • It's a national holiday.

    1月25日は『警察の日』で

  • If 100,000 of us take to the streets of Cairo,

    国民の休日だ

  • no one is going to stop us.

    もしも10万人の国民が カイロの路上を占拠したら

  • I wonder if we could do it."

    誰にも止められないだろう

  • In just a few days, the invitation reached over a million people,

    行動できないだろうか」

  • and over 100,000 people confirmed attendance.

    わずか数日で招待者数は 100万人を超え

  • Social media was crucial for this campaign.

    10万を超える人々が 「参加」を表明しました

  • It helped a decentralized movement arise.

    このキャンペーンの鍵は ソーシャルメディアでした

  • It made people realize that they were not alone.

    ソーシャルメディアが 分散型の運動を後押ししたのです

  • And it made it impossible for the regime to stop it.

    それを通して人々は 独りではないと気づき

  • At the time, they didn't even understand it.

    政権が流れを止めるのを 不可能にしたのです

  • And on January 25th, Egyptians flooded the streets of Cairo and other cities,

    何より当時 政権側は 事態を把握すらしていませんでした

  • calling for change,

    そして1月25日 エジプト国民が カイロや他の街の路上に溢れ

  • breaking the barrier of fear

    変革を要求し

  • and announcing a new era.

    恐怖という壁を打ち破って

  • Then came the consequences.

    新たな時代の到来を叫びました

  • A few hours before the regime cut off the Internet and telecommunications,

    しかし これが 恐ろしい結果を招きました

  • I was walking in a dark street in Cairo, around midnight.

    政権がインターネットや遠隔通信を 切断する数時間前のことです

  • I had just tweeted, "Pray for Egypt.

    真夜中近く 私はカイロの 暗い夜道を歩きながら

  • The government must be planning a massacre tomorrow."

    こうツイートしたところでした 「エジプトのために祈ろう

  • I was hit hard on my head.

    政府はきっと 明日の虐殺の計画をしている」

  • I lost my balance and fell down,

    突然頭に強い衝撃を感じました

  • to find four armed men surrounding me.

    バランスを失って倒れ込んだ時

  • One covered my mouth and the others paralyzed me.

    武装した4人の男が 私を取り囲んでいる事に 気付きました

  • I knew I was being kidnapped by state security.

    1人が私の口を塞ぎ 他が私を麻痺させました

  • I found myself in a cell,

    公安に誘拐されたことはわかりました

  • handcuffed, blindfolded.

    気がつくと独房の中で

  • I was terrified.

    手錠と目隠しをされていました

  • So was my family,

    ぞっとしました

  • who started looking for me

    私の家族も恐怖を覚えて

  • in hospitals, police stations and even morgues.

    病院へ 警察へ そして

  • After my disappearance,

    遺体安置所にさえも足を運び 私を探していました

  • a few of my fellow colleagues who knew I was the admin of the page

    私が行方不明になった後

  • told the media about my connection with that page,

    例のページの管理人は私だと 知っていた同僚数人が

  • and that I was likely arrested by state security.

    メディアに向けて 私とページとの繋がりや

  • My colleagues at Google started a search campaign trying to find me,

    公安に捕まった可能性が高い という話をしてくれました

  • and the fellow protesters in the square demanded my release.

    Googleの同僚たちは 私を捜索するキャンペーンを始め

  • After 11 days of complete darkness,

    タハリール広場にいた活動家の仲間は 私の解放を要求してくれました

  • I was set free.

    11日間 暗黒の中で監禁された後

  • And three days later,

    私はようやく解放されました

  • Mubarak was forced to step down.

    そしてその3日後

  • It was the most inspiring and empowering moment of my life.

    ムバラク大統領は 退陣せざるを得なくなります

  • It was a time of great hope.

    人生で最も感動的で 勇気付けられた瞬間であり

  • Egyptians lived a utopia for 18 days during the revolution.

    大きな希望に満ちた瞬間でした

  • They all shared the belief

    エジプト国民に与えられたユートピアは 革命の18日間続きました

  • that we could actually live together despite our differences,

    全国民が信じました

  • that Egypt after Mubarak would be for all.

    「我々はお互いの違いを乗り越えて 共存することができ

  • But unfortunately,

    ムバラクが去ったエジプトは 国民のものになるだろう」と

  • the post-revolution events were like a punch in the gut.

    しかし不幸なことに

  • The euphoria faded,

    革命後に起きたことは 衝撃的でした

  • we failed to build consensus,

    高揚感は薄れ

  • and the political struggle led to intense polarization.

    合意形成には失敗し

  • Social media only amplified that state,

    政治的闘争が 著しい二極化を招きました

  • by facilitating the spread of misinformation, rumors,

    ソーシャルメディアは デマ、単なる噂、

  • echo chambers and hate speech.

    意見交流の阻害、 ヘイトスピーチを助長して

  • The environment was purely toxic.

    状況を悪化させただけでした

  • My online world became a battleground filled with trolls, lies, hate speech.

    まさに最悪の状況で

  • I started to worry about the safety of my family.

    オンライン上の私の世界は 荒らしと嘘と ヘイトスピーチが飛び交う戦場と化しました

  • But of course, this wasn't just about me.

    家族の安全まで危うく思えてきました

  • The polarization reached its peak between the two main powers --

    しかしそれは 私だけの問題ではなかったのです

  • the army supporters and the Islamists.

    軍支持派とイスラム教徒という 二大勢力の対立は

  • People in the center, like me,

    頂点に達していました

  • started feeling helpless.

    私のように活動の中心にいた人々は

  • Both groups wanted you to side with them;

    無力感を覚えました

  • you were either with them or against them.

    両陣営とも支持を迫ってきました

  • And on the 3rd of July 2013,

    支持か対立か その二択しか無かったのです

  • the army ousted Egypt's first democratically elected president,

    2013年7月3日

  • after three days of popular protest that demanded his resignation.

    3日間に渡る辞任を求める 市民の抗議行動の後

  • That day I made a very hard decision.

    エジプト初の民主的に選ばれた大統領は 軍に追放されました

  • I decided to go silent, completely silent.

    その日 私は辛い選択をしました

  • It was a moment of defeat.

    それは沈黙を守る 一切の発言をしないという選択でした

  • I stayed silent for more than two years,

    敗北の瞬間でした

  • and I used the time to reflect on everything that happened,

    その後2年以上 私は沈黙を貫きました

  • trying to understand why did it happen.

    その時間を使って それまでの出来事を思い起こし

  • It became clear to me

    原因を理解しようとしました

  • that while it's true that polarization is primarily driven

    そして明らかになったのは

  • by our human behavior,

    二極化を引き起こす主な要因は 確かに人間の行動にあるのですが

  • social media shapes this behavior and magnifies its impact.

    その行動を形作り 影響を増幅するのは ソーシャルメディアだという事です

  • Say you want to say something that is not based on a fact,

    例えば 根拠が無くても話したい、 人に喧嘩を売りたい、

  • pick a fight or ignore someone that you don't like.

    嫌いな人を無視したいと 思ったとします

  • These are all natural human impulses,

    どれも人間の自然な衝動です

  • but because of technology,

    ただテクノロジーがあると

  • acting on these impulses is only one click away.

    クリック1つで そんな衝動を行動に移せるのです

  • In my view, there are five critical challenges

    私の考えでは 現在のソーシャルメディアは

  • facing today's social media.

    5つの重大な課題に直面しています

  • First, we don't know how to deal with rumors.

    第1に 私たちが噂への対処法を わかっていないこと

  • Rumors that confirm people's biases

    噂は 人間の偏見を 白日の下に晒しますが

  • are now believed and spread among millions of people.

    今では何百万もの人々に 信用され 広まっています

  • Second, we create our own echo chambers.

    第2に「エコー・チェンバー化」の進行

  • We tend to only communicate with people that we agree with,

    私たちには意見の合う人としか 対話しない傾向がありますが

  • and thanks to social media,

    ソーシャルメディアによって

  • we can mute, un-follow and block everybody else.

    意見が合わない人々を非通知やフォロー解除 ブロックさえできるのです

  • Third, online discussions quickly descend into angry mobs.

    第3に オンライン上の議論では 人はすぐに暴徒化すること

  • All of us probably know that.

    誰でも経験があるでしょう

  • It's as if we forget

    スクリーンの先に

  • that the people behind screens are actually real people

    ただのアバターではない 生身の人間が存在している事など

  • and not just avatars.

    忘れてしまうかのようです

  • And fourth, it became really hard to change our opinions.

    第4に 意見を変えることが 非常に難しくなっていること

  • Because of the speed and brevity of social media,

    ソーシャルメディアは 簡潔でスピードが速いため

  • we are forced to jump to conclusions

    私たちは結論を急がざるをえず

  • and write sharp opinions in 140 characters

    複雑な世界情勢について 鋭い意見を140文字で

  • about complex world affairs.

    書くことを強いられます

  • And once we do that, it lives forever on the Internet,

    さらに一度書き込んでしまうと ネット上に永久に残るので

  • and we are less motivated to change these views,

    たとえ新たな証拠が出たとしても 意見を変える動機には

  • even when new evidence arises.

    なりにくいのです

  • Fifth -- and in my point of view, this is the most critical --

    最後となりますが これは私の見解の中で最も重要です

  • today, our social media experiences are designed in a way

    現在 ソーシャルメディアにおける 私たちの経験は

  • that favors broadcasting over engagements,

    参加より 自分の意見の拡散を

  • posts over discussions,

    議論より 投稿を

  • shallow comments over deep conversations.

    深い対話より 軽いコメントを 促す設計になっています

  • It's as if we agreed that we are here to talk at each other

    私たちは ソーシャルメディアでは 相互の対話ではなく

  • instead of talking with each other.

    独り言でいいと 思っているかのようです

  • I witnessed how these critical challenges contributed

    私は こういった重要な課題が

  • to an already polarized Egyptian society,

    すでに二極化したエジプト社会に どれだけ影響を与えたかを見てきました

  • but this is not just about Egypt.

    これはエジプトだけの 問題ではありません

  • Polarization is on the rise in the whole world.

    対立は世界中の至る所で起きています

  • We need to work hard on figuring out

    私たちが考え出す必要があるのは

  • how technology could be part of the solution,

    いかにテクノロジーを 問題の火種ではなく

  • rather than part of the problem.

    解決の糸口にできるか という点です

  • There's a lot of debate today on how to combat online harassment

    オンライン上のいやがらせや中傷 それらとどのようにして戦うべきか

  • and fight trolls.

    そうした議論は多くあり

  • This is so important.

    確かに重要なテーマです

  • No one could argue against that.

    そこに異論を唱える者はいません

  • But we need to also think about how to design social media experiences

    ただ一方で 私たちは礼儀を重んじ 思慮深さを尊ぶソーシャルメディア体験を

  • that promote civility and reward thoughtfulness.

    どうデザインするか 考える必要があります

  • I know for a fact

    投稿の内容が

  • if I write a post that is more sensational,

    センセーショナルで 偏っていて

  • more one-sided, sometimes angry and aggressive,

    時に感情的、攻撃的であれば それだけ より多くの人の

  • I get to have more people see that post.

    目に留まるというのは事実です

  • I will get more attention.

    注目を集める事はできるでしょう

  • But what if we put more focus on quality?

    でも質を重視できれば どうなるでしょう?

  • What is more important:

    大切なのは

  • the total number of readers of a post you write,

    投稿を読んだ「人数」でしょうか

  • or who are the people who have impact that read what you write?

    それとも「誰が投稿を読んだか」 でしょうか

  • Couldn't we just give people more incentives to engage in conversations,

    単に意見を垂れ流すだけでなく

  • rather than just broadcasting opinions all the time?

    対話への参加を促せないでしょうか?

  • Or reward people for reading

    あるいは 反対意見を読み

  • and responding to views that they disagree with?

    それに応えることを 評価できないでしょうか?

  • And also, make it socially acceptable that we change our minds,

    また 意見を変えることが 社会的に認められ 評価されるように

  • or probably even reward that?

    できないでしょうか?

  • What if we have a matrix that says how many people changed their minds,

    もし意見を変えた人数を表す 環境があって

  • and that becomes part of our social media experience?

    それがソーシャルメディア体験の 一部になっていたら?

  • If I could track how many people are changing their minds,

    もし意見を変えた人数を たどれるなら

  • I'd probably write more thoughtfully, trying to do that,

    私はより慎重に言葉を選んで 書き込むでしょうし そう努めるでしょう

  • rather than appealing to the people who already agree with me

    私に元々賛成している人に 媚を売ることも

  • and "liking" because I just confirmed their biases.

    「いいね」によって 偏見を助長する事も 避けられます

  • We also need to think about effective crowdsourcing mechanisms,

    また考える必要があるのは ネット上で広まっている情報の

  • to fact-check widely spread online information,

    信憑性を確認し その作業に携わる人々を評価する

  • and reward people who take part in that.

    効果的なクラウドソーシングの仕組みです

  • In essence, we need to rethink today's social media ecosystem

    要するに私たちは現在の ソーシャルメディア環境を再検討し

  • and redesign its experiences

    そこでの体験をデザインし直して

  • to reward thoughtfulness, civility and mutual understanding.

    思慮深さや礼儀や相互理解を 評価できるようにする必要があるのです

  • As a believer in the Internet, I teamed up with a few friends,

    インターネットの力を信じる一人として 私は数人の友人と一丸となり

  • started a new project,

    新たなプロジェクトを始めました

  • trying to find answers and explore possibilities.

    答えを見つけ 可能性を探るためです

  • Our first product is a new media platform for conversations.

    最初に作ったのは 対話のための 新たなメディアプラットフォームです

  • We're hosting conversations that promote mutual understanding

    私たちは 相互理解を促し 意見を変えていけるような

  • and hopefully change minds.

    対話の場を作っています

  • We don't claim to have the answers,

    答えを知っていると 言うつもりはありません

  • but we started experimenting with different discussions

    ただ争いに繋がりやすい問題について 議論を交わす為の

  • about very divisive issues,

    実験を始めました

  • such as race, gun control, the refugee debate,

    例えば人種や銃規制、難民問題、

  • relationship between Islam and terrorism.

    イスラムとテロとの関係といった テーマについてです

  • These are conversations that matter.

    対話こそが鍵なのです

  • Today, at least one out of three people on the planet

    少なくとも地球上の3人に1人が インターネットにアクセスできる

  • have access to the Internet.

    そうした時代に我々は生きています

  • But part of this Internet is being held captive

    しかしインターネットの一部分は 私たち人間の行動のうち

  • by the less noble aspects of our human behavior.

    善良とは言えない面に 囚われています

  • Five years ago, I said,

    私は5年前こう言いました

  • "If you want to liberate society,

    「インターネットさえあれば

  • all you need is the Internet."

    社会を解放できる」と

  • Today, I believe if we want to liberate society,

    今はこう思っています 「社会を解放したいなら

  • we first need to liberate the Internet.

    まずインターネットを解放しなければ」

  • Thank you very much.

    ありがとうございました

  • (Applause)

    (拍手)

I once said,

翻訳: Rikuto Koyanagi 校正: Kazunori Akashi

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED ソーシャル メディア エジプト 意見 対話

TED】Wael Ghonim.本当の変化をもたらすソーシャルメディアをデザインしよう (Let's design social media that drives real change | Wael Ghonim) (【TED】Wael Ghonim: Let's design social media that drives real change (Let's design social media that drives real change | Wael Ghonim))

  • 25 0
    Zenn   に公開 2021 年 01 月 14 日