Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • # The (Secret) City of London -- Part 1

    # ♪ロンドンの(秘密の)都市 -- パート1

  • The Great City of London, known for its historical landmarks, modern skyscrapers, ancient markets

    歴史的なランドマーク、近代的な高層ビル群、古代の市場で知られるグレートシティ・ロンドン。

  • and famous bridges. It's arguably the financial capital of the world and home to over eleven

    と有名な橋があります。世界の金融の中心地であり、11以上の金融機関の本拠地でもあります。

  • *thousand* people.

    *何千人もの人。

  • Wait, what? Eleven... thousand?

    待って、何?11...1000?

  • That's right: but the City of London is a different place from London -- though London

    それは正しい:しかし、ロンドン市はロンドンとは別の場所である。

  • is also known for its historical landmarks, modern skyscrapers, ancient markets, famous

    は、歴史的なランドマーク、近代的な高層ビル、古代の市場、有名な

  • bridges and is home to the government, royal family and seven million people.

    橋があり、政府、王室、700万人の人々が住んでいます。

  • But, if you look map of London crafted by a careful cartographer that map will have

    しかし、あなたは慎重な地図製作者によって細工されたロンドンの地図を見れば、その地図は、次のようになります。

  • a one-square mile hole near the middle -- it's here where the City of London lives inside

    中央付近の1平方マイルの穴 -- それはロンドン市が内部に住んでいるここにあります

  • of the city named London.

    ロンドンという街の

  • Despite these confusingly close names the two Londons have separate city halls and elect

    これらの紛らわしいほど近い名前にもかかわらず、2つのロンドンは別々の市庁舎を持ち、選挙で選ばれます。

  • separate mayors, who collect separate taxes to fund separate police who enforce separate

    別々の市長が別の税金を徴収し、別の警察が別の警察を執行するために別の税金を徴収し、別の警察が別の警察を執行するために別の市長が別の税金を徴収する

  • laws.

    法規制化されています。

  • The Mayor of the City of London has a fancy title 'The Right Honourable the Lord Mayor

    ロンドン市の市長には、名誉ある市長の称号があります。

  • of London' to match his fancy outfit. He also gets to ride in a golden carriage and work

    ロンドンの街の素敵な衣装に合わせて。彼はまた、金色の馬車に乗って仕事をするようになります。

  • in a Guildhall while the mayor of London has to wear a suit, ride a bike and work in an

    ロンドン市長はスーツを着て、自転車に乗って、ギルドホールで仕事をしなければならない。

  • office building.

    オフィスビル。

  • The City of London also has its own flag and its own crest which is awesome and makes London's

    ロンドン市はまた、独自の国旗と独自の紋章を持っています。

  • lack of either twice as sad.

    どちらかがないことが二度悲しい

  • To top it off the City of London gets to act more like one of the countries in the UK than

    ロンドン市は、イギリスの国の一つのように行動することができます。

  • just an oddly located city -- for uniquely the corporation that runs the city of London

    奇妙な位置にある都市 -- ロンドンの街を運営するユニークな企業のために

  • is older than the United Kingdom by several hundred years.

    はイギリスよりも数百年古い。

  • So how did the UK end up with two Londons, one inside of the other? Because: Romans.

    では、イギリスはどうやって2つのロンドンを持つことになったのでしょうか?それは...ローマ人だから。

  • 2,000 years ago they came to Great Britain, killed a bunch of druids, and founded a trading

    2,000年前に彼らはイギリスに来てドルイドを殺して交易所を設立した

  • post on the River Thames and named it Londonimium. Being Romans they got to work doing what Romans

    テムズ川にポストを設置して ロンドニミウムと名付けましたローマ人である彼らは、ローマ人がやっていることを仕事にするようになりました。

  • do: enforcing laws, increasing trade, building temples, public baths, roads, bridges and

    行うこと:法律を施行し、貿易を増やし、寺院、銭湯、道路、橋を建設する。

  • a wall to defend their work.

    仕事を守るための壁。

  • And it's this wall which is why the current City of London exists -- for though the Romans

    そして、それは現在のロンドン市が存在する理由であるこの壁です。

  • came and the Romans went and kingdoms rose and kingdoms fell, the wall endured protecting

    ローマ人が来て王国が立ち上がって王国が落ちても壁は守ってくれた

  • the city within. And The City, governing itself and trading with the world, grew rich.

    その中に都市がありますそして、シティは自らを統治し、世界との交易を行い、豊かになっていった。

  • A thousand years after the Romans (yet still a thousand years ago) when William the Conqueror

    ローマ人の千年後(まだ千年前)に征服者ウィリアムが

  • came to Great Britain to conqueror everything and begin modern british history he found

    ばんごしにきて、イギリスの近代史をはじめる

  • the City of London, with its sturdy walls more challenging to defeat than farmers on

    ロンドンの農民よりも、頑丈な城壁のあるロンドンの街のほうが、敗北するのは難しい。

  • open fields.

    畑を開放しています。

  • So he agreed to recognize the rights and privileges City of Londoners were used to in return for

    だから彼はロンドン市民の権利と特権を 認識することに同意した 見返りに使用されていた

  • the them recognizing him as the new King.

    彼らは彼を新しい王として認識しています。

  • Though after the negotiation, William quickly built towers around the City of London which

    しかし、交渉の後、ウィリアムはすぐにロンドン市の周りにタワーを建設しました。

  • were just as much about protecting William from the locals within as defending against

    ウィリアムを地元の人々から守ることと同じくらい

  • the Vikings from without.

    バイキングがいないところから

  • This started a thousand-year long tradition whereby Monarchs always reconfirmed that 'yes'

    これは、君主が常にそのことを再確認していた千年の長い伝統を始めました。

  • the City of London is a special, unique place best left to its own business, while simultaneously

    ロンドンの街は、特別でユニークな場所であると同時に、独自のビジネスに最適な場所です。

  • distrusting it.

    不信感を抱いています。

  • Many a monarch thought the City of London was too powerful and rich. And one even built

    多くの君主は、ロンドンの街はあまりにも強力で豊かだと考えていました。そして、ある者は建設した

  • a new Capital city nearby, named Westminster, to compete with the City of London and hopefully,

    ロンドン市とうまくいけば競争するために、ウェストミンスターという名前の近くに新しい資本都市を設立します。

  • suck power and wealth away from it. This was the start of the second London.

    権力と富を吸い取るこれが第二のロンドンの始まりでした

  • As the centuries passed, Westminster grew and merged with nearby towns eventually surrounding

    何世紀にもわたってウェストミンスターは成長し、近隣の町と合併し、最終的には周囲の町を取り囲むようになりました。

  • the walled-in, and still separate City of London. But, people began to call the whole

    塀の中に入っていて、まだ分離されているロンドン市です。しかし、人々は全体を

  • urban collection 'London' and the name became official when Parliament joined towns together

    ロンドンの都市コレクションは、議会が町を一つにしたときに正式な名前になりました。

  • under a single municipal government with a mayor.

    市長のいる一つの自治体の下で

  • But, the mayor of London still doesn't have power over the tiny City of London which has

    しかし、ロンドン市長はまだロンドンの小さな都市の上に力を持っていません。

  • rules and traditions like nowhere else in the country and possibly the world.

    国や世界のどこにもないようなルールや伝統があります。

  • For example, the ruling monarch doesn't just enter the City of London on a whim, but instead

    例えば、君主は気まぐれでロンドンの街に入るのではなく、代わりに

  • asks for permission from the Lord Mayor at a ceremony. While it's not required by law,

    儀式の際に市長に許可を求める。法律で義務付けられているわけではありませんが

  • the ceremony is, unusual to say the least.

    控えめに言っても、この式は珍しい。

  • The City of London also has a representative in Parliament, The Remembrancer, whose job

    ロンドン市には、議会の代表者であるリメンブランサーがいます。

  • it is to protects the City's special rights.

    それは、市の特別な権利を保護することです。

  • Because of this, laws passed by Parliament sometimes don't apply to the City of London:

    このため、議会で可決された法律は、ロンドン市には適用されないことがあります。

  • most notably voting reforms, which we'll discuss next time. But if you're curious, unlike anywhere

    最も重要なのは投票改革ですが、それについては次回お話しします。しかし、もしあなたが興味を持っているならば、どこかとは違って

  • else in the UK elections in the City of London involve Medieval Guilds and modern companies.

    イギリスのロンドン市の選挙には中世のギルドと現代の企業が関わっています。

  • Finally, the City of London also owns and operates land and buildings far outside its

    最後に、ロンドン市はまた、そのはるか外側に土地や建物を所有し、運営しています。

  • border, making it quite wealthy.

    国境を越えて、かなり裕福になりました。

  • Once you start looking for The City's Crest you'll find it in lots of places, but most

    一旦、シティクレストを探し始めると、多くの場所でそれを見つけることができますが、ほとんどは

  • notably on Tower Bridge which, while being in London is operated by City of London,

    特にタワー ブリッジでは、ロンドンであるが、ロンドン市によって運営されています。

  • These crests everywhere when combined with the City of London's age and wealth and quazi-independent

    これらの紋章は、ロンドンの都市の年齢と富とquazi独立と組み合わせると、どこにでもあります。

  • status make it an irresistible temptation for conspiracy nuts. Add in the oldest Masonic

    ステータスは陰謀マニアにはたまらない誘惑となっています最古のマソニックで

  • temple and it's not long before the crazy part of the Internet yelling about secret

    寺院とそれはインターネットの狂気の部分が秘密について叫ぶ前に長くはありません。

  • societies controlling the world via the finance industry from inside the City-state of London.

    ロンドン市の内部から金融業界を介して世界を支配している社会。

  • (And don't forget the reptilian alien Queen who's really behind it all.)

    (そして、忘れてはいけないのは、爬虫類のエイリアンの女王を忘れてはいけません。)

  • But conspiracy theories aside, the City of London is not an independent nation like the

    陰謀論はさておき、ロンドン市は独立国家ではありません。

  • Vatican is, no matter how much you might read it on the Internet, rather it's a unique place

    バチカンは、あなたがインターネット上でそれを読むかもしれないどのくらいに関係なく、むしろそれはユニークな場所です。

  • in the United Kingdom with a long and complicated history.

    長い歴史と複雑な歴史を持つイギリスで

  • The wall that began all this 2,000 years ago is now mostly gone -- so the border between

    2000年前に始まった壁は今ではほとんどなくなってしまいました。

  • London and its secret inner city isn't so obvious. Though, next time you're in London,

    ロンドンとその秘密のインナーシティは、それほど明白ではありません。しかし、次回はロンドンにいます。

  • if you come across a small dragon on the street, he still guards the entrance to the city in

    通りで小竜に出くわしたら、今でも街の入り口を守っている。

  • a city in a country in a country.

    某国の某都市の某国の某都市の某国の某都市

# The (Secret) City of London -- Part 1

# ♪ロンドンの(秘密の)都市 -- パート1

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ロンドン 市長 都市 ローマ イギリス シティ

ロンドンの(秘密の)都市、その1:歴史

  • 479 32
    Furong Lai に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語