Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Translator: Joseph Geni Reviewer: Morton Bast

    翻訳: Akira Kan 校正: Takahiro Shimpo

  • About 75 years ago,

    約75年前

  • my grandfather, a young man,

    私の祖父が若かった頃

  • walked into a tent

    テントを改造して

  • that was converted into a

    映画館に設えた

  • movie theater like that,

    このような場所に行きました

  • and he fell hopelessly in love

    出演した女優に どうしようもなく

  • with the woman he saw on the

    恋焦がれてしまいました

  • silver screen: none other than Mae West,

    その女優こそ メイ・ウエストです

  • the heartthrob of the '30s,

    30年代 憧れの的でした

  • and he could never forget her.

    どうしても忘れられ なかった祖父は

  • In fact, when he had his daughter

    何年も経って 娘が生まれた時

  • many years later, he wanted to

    メイ・ウエストにちなんで

  • name her after Mae West,

    名づけようとしました

  • but can you imagine an Indian

    でもインドの子に メイ・ウエストはないでしょう

  • child name Mae West?

    でもインドの子に メイ・ウエストはないでしょう

  • The Indian family said, no way!

    家族は大反対でした

  • So when my twin brother Kaesava

    私の双子の兄 ケイシャヴァが 生まれると

  • was born, he decided to tinker

    祖父は名前の綴りに

  • with the spelling of Keshava's name.

    少し手を加える ことにしました

  • He said, if Mae West can be M-A-E,

    メイ・ウエストの メイは M-A-E

  • why can't Keshava be K-A-E?

    じゃ ケイシャヴァ(Keshava) の ケイも K-A-E にしよう

  • So he changed Kaesava's spelling.

    そう言ってケイシャヴァの スペルを変えたのです

  • Now Kaesava had a baby boy

    つい数週間前 今度はケイシャヴァに

  • called Rehan a couple of weeks ago.

    レイハンという名の 男の子が生まれました

  • He decided to spell, or, rather,

    ケイシャヴァは レイハンの綴りに

  • misspell Raehan with an A-E.

    わざとか分かりませんが A-E を入れました

  • You know, my grandfather died

    祖父はかなり前 私がまだ小さいころに

  • many years ago when I was

    亡くなりましたが

  • little, but his love for Mae

    メイ・ウエストへの憧れは

  • West lives on as a misspelling

    スペル違いという形で子孫に

  • in the DNA of his progeny.

    受け継がれているのです

  • That for me is successful legacy. (Laughs)

    これって立派な遺産ですよね

  • You know, as for me,

    ところで私自身も

  • my wife and I have our own

    馬鹿げた遺産計画を

  • crazy legacy project.

    妻と共謀しています

  • We actually sit every few years,

    何年かごとに 膝をつき合わせて

  • argue, disagree, fight,

    白熱の議論をしては

  • and actually come up with our

    自分たちの 200ヵ年計画を

  • very own 200-year plan.

    立てるのです

  • Our friends think we're mad.

    友人はきちがい沙汰だと言います

  • Our parents think we're cuckoo.

    両親は我々を正気扱いしません

  • Because, you know, we both

    実は二人とも

  • come from families that really

    謙遜や知恵を美徳とする

  • look up to humility and wisdom,

    家系の出身です

  • but we both like to live

    でも一生を越えて 生き続けたいと

  • larger than life.

    思っているのです

  • I believe in the concept of

    ラージャ・ヨーガの 考え方では

  • a Raja Yogi: Be a dude before

    苦行者になる前に

  • you can become an ascetic.

    しゃれ者になるのです

  • This is me being a rock star,

    ロック歌手になった自分です

  • even if it's in my own house.

    家の中だけですけどね

  • You know?

    どうです?

  • So when Netra and I sat down

    そこで 10年前に

  • to make our first plan

    妻と初めてこの計画を

  • 10 years ago, we said

    練った時

  • we want the focus of this plan

    この計画の範囲は 自分を遥かに

  • to go way beyond ourselves.

    超えるものに したいと思いました

  • What do we mean by beyond ourselves?

    自分を超えるって どういうことでしょう?

  • Well 200 years, we calculated,

    つまり考えたのは 200年も経てば

  • is at the end of our direct

    我々が直接 接っした相手は

  • contact with the world.

    世界中に誰も いなくなるでしょう

  • There's nobody I'll meet in

    私が人生で出会う人は

  • my life will ever live beyond

    誰ひとり200年も

  • 200 years, so we thought

    生きないわけですから

  • that's a perfect place where

    計画を作る上で創造性を

  • we should situate our plan and

    自由に発揮できる理想的な

  • let our imagination take flight.

    状況だと思ったのです

  • You know, I never really

    実は遺産なんて信じない質です

  • believed in legacy. What am I

    だって 何かを

  • going to leave behind? I'm an artist.

    残すと言っても 私は画家です

  • Until I made a cartoon about 9/11.

    9/11の漫画を作ったのが 失敗の基でした

  • It caused so much trouble for me.

    大いに困りました

  • I was so upset.

    とても動転しました

  • You know, a cartoon that was

    その週だけのために 書いた漫画が

  • meant to be a cartoon of the week

    その後とても長い期間

  • ended up staying so much longer.

    残り続けることになりました

  • Now I'm in the business of

    私は美術作品を

  • creating art that will

    作っており それらの作品は

  • definitely even outlive me, and

    私よりも間違いなく 長く残るので

  • I think about what I want to

    それらの絵画を通して

  • leave behind through those paintings.

    何を残そうか 考えるわけです

  • You know, the 9/11 cartoon

    9/11 の漫画は

  • upset me so much that I decided

    とんでもない失敗だったので 漫画なんか

  • I'll never cartoon again.

    もう描くものかと決めました

  • I said, I'm never going to make any

    もう公けに正直な 発言をするのは

  • honest public commentary again.

    止めようと思いました

  • But of course I continued

    ところが もちろん

  • creating artwork that was honest

    正直で生の作品を 作り続けました

  • and raw, because I forgot about

    人々が以前に 私の作品に示した

  • how people reacted to my work.

    反応を忘れたからです

  • You know, sometimes forgetting

    実は 時には忘れるってことは

  • is so important to remain idealistic.

    理想家であるために とっても大事です

  • Perhaps loss of memory is so

    記憶を失うってことが

  • crucial for our survival

    人間としての生存に

  • as human beings.

    極めて重要なんです

  • One of the most important things

    私と妻が 200ヵ年計画を 描く上で

  • in my 200-year plan that Netra

    とても大事にしていることは

  • and I write is what to forget

    自分たちの何を忘れ去ろうか

  • about ourselves.

    ということです

  • You know, we carry so much

    私たちは 両親や社会

  • baggage, from our parents,

    周りの人々からの

  • from our society, from so many

    多くの荷物を背負ってます

  • people -- fears, insecurities -- and

    恐れや不安

  • our 200-year plan really lists

    200ヵ年計画では 子供の頃の問題全てが

  • all our childhood problems that we have to expire.

    いつ失効するか リストアップします

  • We actually put an expiry date

    子供の頃の問題に実際に

  • on all our childhood problems.

    失効期日を設定するのです

  • The latest date I put was,

    最近設定した期限は

  • I said, I am going to expire

    左翼的かつ フェミニストな姑への

  • my fear of my leftist, feminist

    恐怖心が切れる日です

  • mother-in-law, and this

    そして それは

  • today is the date! (Laughs)

    今日なんです!

  • She's watching. (Laughter)

    お義母さん 見てますか

  • Anyway, you know, I really

    さて一方では いつも

  • make decisions all the time

    自分の何を覚えておきたいか

  • about how I want to remember

    いつもよく考えています

  • myself, and that's the most important

    私にとっては とても

  • kind of decisions I make.

    大事なことです

  • And this directly translates

    私が描く絵画にも直接

  • into my paintings.

    反映されることです

  • But like my friends, I can do

    友達と一緒で記憶を 残すことは得意です

  • that really well on Facebook,

    フェイスブック ピンタレスト

  • Pinterest, Twitter, Flickr, YouTube.

    ツイッター フリッカー ユーチューブ

  • Name it, I'm on it.

    何でもありです

  • I've started outsourcing my

    いわば自分の記憶を ディジタル世界に

  • memory to the digital world,

    アウトソースするわけです

  • you know? But that comes

    でも それって

  • with a problem.

    問題です

  • It's so easy to think of

    IT を記憶として捉えるのは

  • technology as a metaphor

    簡単ですが

  • for memory, but our brains

    私たちの脳はITのように

  • are not perfect storage devices

    完璧な記憶保持装置

  • like technology.

    ではありません

  • We only remember what we

    覚えておきたいことだけ

  • want to. At least I do.

    覚えるのです 少なくとも私はそうです

  • And I rather think of our brains

    私は人の脳は

  • as biased curators of our

    自分の記憶を選りすぐって

  • memory, you know? And if

    保存するキュレーターだと 考えます

  • technology is not a metaphor for

    ITが記憶でないとしたら

  • memory, what is it?

    じゃあ いったい 何なんでしょう?

  • Netra and I use our technology

    私とネイトラは ITを

  • as a tool in our 200-year plan

    200ヵ年計画で ディジタル遺産を

  • to really curate our digital legacy.

    収集する道具だと 捉えています

  • That is a picture of my mother,

    私の母の写真です

  • and she recently got a Facebook account.

    最近フェイスブックの アカウントを作りました

  • You know where this is going.

    どうなるか分かるでしょう?

  • And I've been very supportive

    使い方を色々 教えてあげたのですが

  • until this picture shows up

    私のページに この写真が 載った時には

  • on my Facebook page. (Laughter)

    参りました (笑)

  • And I actually untagged myself

    あわてて自分のタグを外すと

  • first, then I picked up the

    電話をして言いました

  • phone. I said, "Mom, you will

    “お母さん

  • never put a picture of me

    もう二度と僕がビキニ姿の

  • in a bikini ever again."

    写真は載せないで!”

  • And she said, "Why? You look

    “なんで? とってもかわいいよ”

  • so cute, darling." I said,

    と母が言うので 言い返しました

  • "You just don't understand."

    “お母さん 分かってないんだから”

  • Maybe we are among the first

    もしかしたら私たちは

  • generation that really understands

    ディジタル技術を使って

  • this digital curating of ourselves.

    自分らを記録する 最初の世代かもしれません

  • Maybe we are the first to even

    積極的に自分たちの生活を

  • actively record our lives.

    記録するのも はじめてでしょう

  • You know, whether you

    賛成か反対か

  • agree with, you know, legacy

    遺産か否か は別にして

  • or not, we are actually leaving

    私たちは常に ディジタルの足跡を

  • behind digital traces all the time.

    残しているのです

  • So Netra and I really wanted

    そんなわけで ネイトラと私は

  • to use our 200-year plan

    200ヵ年計画で

  • to curate this digital legacy,

    ディジタル遺産を収集し

  • and not only digital legacy

    それとともに

  • but we believe in curating

    自分の過去と未来までも

  • the legacy of my past

    収集することにしました

  • and future.

    収集することにしました

  • How, you may ask?

    「どうやって?」と思うでしょう

  • Well, when I think of the future,

    将来って 私が思うに

  • I never see myself moving forward

    自分が時間を 前向きに進むのではなく

  • in time. I actually see time

    時間が後ろ向きに 自分へと

  • moving backward towards me.

    向かってくると思っています

  • I can actually visualize

    自分の将来が近づいてくるのを

  • my future approaching.

    思い描くことができるのです

  • I can dodge what I don't want

    欲しくないものは避けて

  • and pull in what I want.

    欲しいものを受け入れます

  • It's like a video game obstacle

    障害物レース・ゲーム みたいなものです

  • course. And I've gotten better and better

    だんだん得意になりましたよ

  • at doing this. Even when I make

    絵を描く時も

  • a painting, I actually imagine

    既に出来上がった

  • I'm behind the painting,

    絵の後ろから

  • it already exists, and

    誰かが鑑賞する様を

  • someone's looking at it,

    想像します

  • and I see whether they're

    その人達が本当に

  • feeling it from their gut.

    楽しんでいるか見ます

  • Are they feeling it from their

    心から感動しているのか

  • heart, or is it just a cerebral thing?

    興味本位なだけなのかとか

  • And it really informs my painting.

    それを頼りに絵を描きます

  • Even when I do an art show,

    展覧会を開く時にも

  • I really think about, what should

    来てくれた人が

  • people walk away with?

    何を持ち帰るかを考えます

  • I remember when I was 19,

    私が19才の時

  • I did, I wanted to do my first

    最初の展覧会を開き

  • art exhibition, and I wanted the

    世界中の人々に知らせたいと

  • whole world to know about it.

    思いました

  • I didn't know TED then,

    TEDはまだ知りませんでした

  • but what I did was I closed

    静かに目を閉じて

  • my eyes tight, and I started

    夢想したのです 見たのは

  • dreaming. I could imagine people

    人々が みんな

  • coming in, dressed up, looking

    きれいに着飾ってやってきて

  • beautiful, my paintings with all

    私の絵は光輝き

  • the light, and in my visualization

    そして夢想の中で

  • I actually saw a very famous

    とても有名な女優が現れて

  • actress launching my show,

    開会を祝ってくれて

  • giving credibility to me.

    私が有名になったのです

  • And I woke up from my

    夢想から覚めて

  • visualization and I said,

    思いました

  • who was that? I couldn't tell

    あの人誰?

  • if it was Shabana Azmi or Rekha,

    シャバーナー・アーズミー か レーカーでした

  • two very famous Indian actresses,

    二人は とても有名な インドの女優で

  • like the Meryl Streeps of India.

    いわばインドの メリル・ストリープです

  • As it turned out, next morning

    翌朝 二人に手紙を

  • I wrote a letter to both of them,

    書きました

  • and Shabana Azmi replied,

    そしたら シャバーナー・アーズミーが 返事をくれて

  • and came and launched

    本当に来てくれたのです

  • my very first show 12 years ago.

    初めての展覧会 12年前のことです

  • And what a bang it started

    画家としての人生を 踏み出すには

  • my career with! You know,

    またとないことでした

  • when we think of time in this

    時間をこのように捉えると

  • way, we can curate not only the

    将来も

  • future but also the past.

    過去のことも収集できます

  • This is a picture of my family,

    私の家族の写真です

  • and that is Netra, my wife.

    私の妻ネイトラです

  • She's the co-creator of my

    200ヵ年計画の

  • 200-year plan.

    共同作成者です

  • Netra's a high school history

    ネイトラは高校で歴史を

  • teacher. I love Netra,

    教えています

  • but I hate history.

    私はネイトラを愛していますが 歴史は苦手です

  • I keep saying, "Nets, you live

    いつも言うのは “君は過去に住んでいて

  • in the past while I'll create

    僕は未来を創るから

  • the future, and when I'm done,

    出来上がったら

  • you can study about it."

    見て研究できるよ”

  • (Laughter)

    (笑)

  • She gave me an indulgent smile,

    彼女は寛大に 微笑みながら

  • and as punishment, she said,

    罰を与えました

  • "Tomorrow I'm teaching a class

    “明日インドの歴史を

  • on Indian history, and you are

    教えるから来て

  • sitting in it, and I'm grading you."

    採点してあげるから”

  • I'm like, "Oh, God." I went.

    “何てこった” と思いつつ

  • I actually went and sat in

    行って席に付きました

  • on her class. She started by

    授業になると

  • giving students primary source

    彼女は はじめに

  • documents from India, Pakistan,

    インド パキスタン

  • from Britain, and I said,

    英国の一次資料を配りました

  • "Wow." Then she asked them to

    私が “ワアッ” と驚く間に 彼女は

  • separate fact from bias.

    史実と偏見を区分けするよう 指示します

  • I said, "Wow," again.

    私は再び “