Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The first piano was invented around 1700 by this guy, Bartolomeo Cristofori in Italy.

    最初のピアノはこの人、イタリアのバルトロメオ・クリストフォーリによって1700年頃に発明されました。

  • Before that, the dominant keyboard instruments were clavichords and harpsichords.

    それ以前の鍵盤楽器は、クラビコードとハープシコードが主流でした。

  • These were fairly popular, but they had certain limitations.

    これらはかなり人気がありましたが、一定の制限がありました。

  • You could only play them at one volume, which wasn't really loud enough to keep up wtih the orchestras of the day.

    1つの音量でしか演奏できなかったので、当時のオーケストラに追いつくほどの音量ではありませんでした。

  • Bartolomeo invented a different sort of keyboard instrument that allowed you to play both loudly and softly.

    バルトロメオは、大音量でもソフトでも弾けるようにした別の種類の鍵盤楽器を発明しました。

  • They called it the pianoforte, which literally means "soft loud."

    彼らはそれをピアノフォルテと呼んでいた 文字通り "ソフトラウド "という意味だ

  • The difference is in the mechanics.

    違いはメカニックにあります。

  • With a harpsichord or clavichord, when you hit a key, it plucks a string.

    チェンバロやクラビコードでは、鍵盤を叩くと弦を弾きます。

  • This means no matter how hard you hit the key, the sound will come out at the same volume.

    これは、どんなに強くキーを押しても同じ音量で音が出るということです。

  • With a piano, you hit a key and a hammer strikes the string.

    ピアノでは、鍵盤を叩くとハンマーが弦を叩きます。

  • This allows two real differences.

    これにより、2つの実質的な違いが可能になります。

  • First, the note sounds louder or softer depending on how hard you strike the key, and therefore, how hard the hammer strikes the string.

    まず、鍵盤の強さによって音が大きくなったり、柔らかくなったりするので、ハンマーがどのくらいの強さで弦を叩くかということです。

  • And second, the note rings out and sustains until you let the key go.

    そして2つ目は、鍵盤を離すまで音符が鳴って持続することです。

  • All of this basically serve to make the piano a more expressive, dynamic instrument.

    このすべては、基本的にはピアノをより表現力豊かなダイナミックな楽器にするのに役立ちます。

  • Composers and musicians were suddenly able to create short, percussive sounds or full legato textures, roar to fill big concert halls, or whisper in small, intimate parlor rooms, accompany full orchestras, or play rich, harmonic songs all alone.

    作曲家や音楽家は突然、短いパーカッシブな音や完全なレガートのテクスチャーを作り出したり、大きなコンサートホールを埋め尽くすように唸ったり、小さな親密な応接室でささやいたり、フルオーケストラの伴奏をしたり、豊かで調和のとれた曲を一人で演奏したりすることができるようになりました。

  • The piano really began to take off in popularity in the 19th century with the rise of the first piano superstars, including Frédéric Chopin and Franz Liszt.

    ピアノは、フレデリック・ショパンやフランツ・リストをはじめとするピアノのスーパースターが台頭してきた19世紀に、本当に人気が出始めました。

  • Over time, inventors added more keys, a stronger iron frame, a better soundboard, steel wire strings, and a whole bunch of other stuff to give the piano a bigger, richer sound.

    時が経つにつれ、発明者たちは、より多くの鍵盤、より強い鉄のフレーム、より良い響板、鋼線の弦、および他の多くのものを追加し、ピアノがより大きく、より豊かな音を持つようになりました。

  • They also added pedals, which we still use today.

    ペダルも追加してくれて、今でも使っています。

  • The left most is the damper, which allows you to soften the sound a little.

    一番左がダンパーで、音を少し柔らかくすることができます。

  • The middle can be different on different pianos, but is most commonly the sostenuto, which is rarely used today, but sustains certain notes.

    ミドルはピアノによって異なりますが、最も一般的なのはソステヌートで、今日ではほとんど使われていませんが、特定の音を持続させます。

  • The one on the far right is the most commonly used. It's called the sustain pedal, which lets you hold notes even after you let the key go.

    一番右端のものが一番よく使われているものです。これはサスティーンペダルと呼ばれるもので、キーを離しても音符を保持できるようになっています。

  • Of course many of you taking this course are probably playing on a keyboard instead of a piano.

    もちろん、このコースを受講されている方の多くは、ピアノではなくキーボードで演奏されていると思いますが、このコースを受講されている方の多くは、ピアノではなくキーボードで演奏されていると思います。

  • The technology for keyboards started to develop in the early 20th century with electronic instruments like the Ondes Martenot.

    鍵盤の技術は、20世紀初頭にオンドス・マルテノのような電子楽器で発展し始めました。

  • In the '60s, Robert Moog and others began producing commercially available portable synthesizers.

    60年代には、ロバート・ムーグらが市販のポータブル・シンセサイザーの生産を始めました。

  • They generate all sorts of crazy sounds.

    彼らはあらゆる種類のクレイジーな音を発生させます。

  • By the '80s, MIDI appeared, and suddenly instruments could communicate digitally, both with each other and with computers.

    80年代にはMIDIが登場し、楽器同士でもコンピュータでもデジタル通信ができるようになりました。

  • Nowadays, you can pretty much find a keyboard to make any sound you want to make, including those that sound and feel pretty similar to a piano.

    最近では、ピアノとかなり似たような音や感触のものも含めて、どんな音でも作れるキーボードがかなり出てきました。

  • I can't help but wonder what sort of sound Mozart would've gone for if he'd had the choices we have available today.

    もしモーツァルトが今のような選択肢を持っていたら、どんな音になっていただろうかと思わずにはいられません。

  • But despite all these technological advances, we keep coming back again and again to the beauty and expressiveness of the piano, which has allowed so many musicians to stretch the full limits of their creativity with its endless possibilities.

    しかし、このような技術の進歩にもかかわらず、私たちは何度も何度もピアノの美しさと表現力に立ち返り、その無限の可能性で多くの音楽家が創造性の限界を超えていくことを可能にしてきました。

The first piano was invented around 1700 by this guy, Bartolomeo Cristofori in Italy.

最初のピアノはこの人、イタリアのバルトロメオ・クリストフォーリによって1700年頃に発明されました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ピアノ 鍵盤 楽器 音量 演奏 キーボード

ピアノの歴史

  • 1556 189
    Jenny に公開 2018 年 03 月 10 日
動画の中の単語