Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I just heard the best joke about Bond Emeruwa.

    翻訳: Kayo Mizutani 校正: Masahiro Kyushima

  • I was having lunch with him just a few minutes ago,

    たった今 ボンド・エメルワへの面白い冗談を聞きました

  • and a Nigerian journalist comes -- and this will only make sense

    僕は数分前まで 彼とお昼を食べていたのですが

  • if you've ever watched a James Bond movie --

    そこに ナイジェリア人の記者が来て-- このジョークは

  • and a Nigerian journalist comes up to him and goes,

    ジェームス・ボンド映画を見た人しか解らないけど --

  • "Aha, we meet again, Mr. Bond!"

    ナイジェリアの記者が来て こういいました

  • (Laughter)

    「いや~またお会いしましたね ボンドさん 」

  • It was great.

    (笑)

  • So, I've got a little sheet of paper here,

    あ~面白かった

  • mostly because I'm Nigerian and if you leave me alone,

    さてと 今日は 小さなメモ用紙を用意しました

  • I'll talk for like two hours.

    わたしはナイジェリア人なので ほっとくと

  • I just want to say good afternoon, good evening.

    2時間は喋りつづけるでしょう

  • It's been an incredible few days.

    でもまず 挨拶させてください 今日は 今晩は

  • It's downhill from now on. I wanted to thank Emeka and Chris.

    この数日は大変有意義でした

  • But also, most importantly, all the invisible people behind TED

    そして エメカとクリスに感謝します

  • that you just see flitting around the whole place

    しかしまた 最も重要なのは この場所を これほど多種多様で

  • that have made sort of this space for such a diverse and robust conversation.

    力強い議論の場するため そこら中を駆け回っている

  • It's really amazing.

    舞台裏の見えない人たちに感謝します

  • I've been in the audience.

    本当に驚くべきことです

  • I'm a writer, and I've been watching people with the slide shows

    僕は 聴衆の中にいて

  • and scientists and bankers, and I've been feeling a bit

    僕は作家なので 皆のスライドショーや科学者や銀行家の人たちを見ていて

  • like a gangsta rapper at a bar mitzvah.

    自分がまるで バル・ミツバー(13歳の成人式)に臨む

  • (Laughter)

    悪ガキのラッパーのような気分になりました

  • Like, what have I got to say about all this?

    (笑)

  • And I was watching Jane [Goodall] yesterday,

    いったい僕がこれ全部について何て言ったらいいんだ?

  • and I thought it was really great, and I was watching

    昨日はジェーン[グドール]を見ていて

  • those incredible slides of the chimpanzees, and I thought,

    とても素晴らしいかったです

  • "Wow. What if a chimpanzee could talk, you know? What would it say?"

    それらの素晴らしいチンパンジーのスライドを見て 考えました

  • My first thought was, "Well, you know, there's George Bush."

    「へ~ もしチンパンジーが話せたら 何て言うだろう?」

  • But then I thought, "Why be rude to chimpanzees?"

    最初に思いついたのが「まてよ ジョージ・ブッシュがいるか」

  • I guess there goes my green card.

    でも こう思い直しました「それじゃ チンパンジーに失礼か?」

  • (Laughter)

    これで 永住権をなくすかも

  • There's been a lot of talk about narrative in Africa.

    (笑)

  • And what's become increasingly clear to me is that

    アフリカの話も沢山ありました

  • we're talking about news stories about Africa;

    そして 僕にとって ますます明らかになったのは

  • we're not really talking about African narratives.

    ここでは ニュース記事でのアフリカの話をしており

  • And it's important to make a distinction, because if the news is anything to go by,

    アフリカ物語を話しているのではないということです

  • 40 percent of Americans can't -- either can't afford health insurance

    これを区別するのは大切です なぜならニュースの情報のみに頼れば

  • or have the most inadequate health insurance,

    40パーセントのアメリカ人は -- 健康保険を払えないか

  • and have a president who, despite the protest

    全く不適切な健康保険に入っており

  • of millions of his citizens -- even his own Congress --

    しかも 彼らの大統領は数百万人にのぼる市民の抗議や

  • continues to prosecute a senseless war.

    --彼自身の議会の反対さえも--押し切って

  • So if news is anything to go by,

    無意味な戦争を続けます

  • the U.S. is right there with Zimbabwe, right?

    ニュースだけを聞いていると

  • Which it isn't really, is it?

    合衆国はジンバブエと一緒みたいですね?

  • And talking about war, my girlfriend has this great t-shirt

    でも 実はそうじゃありませんね?

  • that says, "Bombing for peace is like fucking for virginity."

    戦争と言えば -- 僕の彼女が面白いTシャツを持っていて

  • It's amazing, isn't it?

    「平和の為に爆弾を落とすのは 処女を守る為に性交するようなもの」と書かれています

  • The truth is, everything we know about America,

    驚くようなことではありませんか

  • everything Americans come to know about being American,

    真実は アメリカ人 -- 私達がアメリカについて知っていること全て

  • isn't from the news.

    アメリカ人が アメリカ人とは何かを知る術は

  • I live there.

    ニュースからではありません

  • We don't go home at the end of the day and think,

    僕はアメリカに住んでいますが

  • "Well, I really know who I am now

    仕事を終えて帰宅して

  • because the Wall Street Journal says that the Stock Exchange

    「僕は自分が何者かやっとわかったよ

  • closed at this many points."

    だって ウォールストリートジャーナルが証券取引はいくらで終えたって云ったから」

  • What we know about how to be who we are comes from stories.

    とは思いません

  • It comes from the novels, the movies, the fashion magazines.

    自分達がどうやって 今の自分達になったかを知るのは 物語からです

  • It comes from popular culture.

    それに ノベルや映画 ファッション雑誌

  • In other words, it's the agents of our imagination

    そして大衆文化からです

  • who really shape who we are. And this is important to remember,

    言い換えれば 僕達の想像力が生み出すものが

  • because in Africa

    僕達を形作るのです これを忘れてはなりません

  • the complicated questions we want to ask about

    なぜなら ご存知の様に アフリカでは

  • what all of this means has been asked

    これらのすべてはの意味は何かという

  • from the rock paintings of the San people,

    僕らの知りたい複雑な質問はすべて

  • through the Sundiata epics of Mali, to modern contemporary literature.

    サン人の壁画から

  • If you want to know about Africa, read our literature --

    マリ帝国のスンジャータ叙事詩 そして近代 現代文学にて すでに問われました

  • and not just "Things Fall Apart," because that would be like saying,

    もし アフリカについて知りたければ 文学を読んでください

  • "I've read 'Gone with the Wind' and so I know everything about America."

    もし あなたが「崩れゆく絆」だけを読んでアフリカを知っていると思うなら

  • That's very important.

    「"風とともに去りぬ"を読んだからアメリカについて全て知っている」と言っているようなものです

  • There's a poem by Jack Gilbert called "The Forgotten Dialect of the Heart."

    これは重要なことです

  • He says, "When the Sumerian tablets were first translated,

    ジャック・ギルバートの詩に "The Fogotten Dialect of the Heart (忘れられた心の方言)"というのがあります

  • they were thought to be business records.

    彼は言います「シュメールの粘土板が最初に翻訳されたとき

  • But what if they were poems and psalms?

    業務記録だと思われていた

  • My love is like twelve Ethiopian goats

    もしそれが 詩や詩篇だったら?

  • standing still in the morning light.

    私の愛は朝日にたたずむ

  • Shiploads of thuja are what my body wants to say to your body.

    12のエチオピアヤギのよう

  • Giraffes are this desire in the dark."

    船一杯のヒバの木は私の肉体から貴方の肉体へのメッセージ

  • This is important.

    キリンは暗闇のこの欲望」

  • It's important because misreading is really the chance

    これは重要なことです

  • for complication and opportunity.

    なぜなら 誤読は混乱や

  • The first Igbo Bible was translated from English

    機会を招くからです

  • in about the 1800s by Bishop Crowther,

    最初のイボ語の聖書は 1800年代に

  • who was a Yoruba.

    クラウザー司教によって 英語から翻訳されました

  • And it's important to know Igbo is a tonal language,

    彼はヨルバ族でした

  • and so they'll say the word "igwe" and "igwe":

    イボ語は声調言語なので

  • same spelling, one means "sky" or "heaven,"

    例えば"igwe"と "igwe"という単語は

  • and one means "bicycle" or "iron."

    スペルは同じですが 一つは"空"や"天国"という意味で

  • So "God is in heaven surrounded by His angels"

    もう一つは "自転車"や"鉄"という意味です

  • was translated as --

    ですから「神様は天国にいて天使に囲まれている」

  • [Igbo].

    は こう翻訳されました

  • And for some reason, in Cameroon, when they tried

    [イボ語の翻訳]

  • to translate the Bible into Cameroonian patois,

    どういう理由であれ カメルーンでは

  • they chose the Igbo version.

    聖書をカメルーンの方言に翻訳するのに

  • And I'm not going to give you the patois translation;

    イボ語版を選びました

  • I'm going to make it standard English.

    ここでは 方言への翻訳はしませんが

  • Basically, it ends up as "God is on a bicycle with his angels."

    英語に言い換えると

  • This is good, because language complicates things.

    「神様は 天使達と一緒に自転車に乗り」となってしまったのです

  • You know, we often think that language mirrors

    これは良いのです 言葉は物事を複雑にするからです

  • the world in which we live, and I find that's not true.

    僕達は 言葉は僕らが住んでいる世界を映し出す

  • The language actually makes the world in which we live.

    鏡だとよく思いますが 違います

  • Language is not -- I mean, things don't have

    言葉は 僕らの住んでいる世界を作ります

  • any mutable value by themselves; we ascribe them a value.

    言葉というか 物事に

  • And language can't be understood in its abstraction.

    可変的価値などありません 僕達がそれに価値をつけるのです

  • It can only be understood in the context of story,

    言葉は その抽象概念として理解されるのではなく

  • and everything, all of this is story.

    物語の内容としてのみ理解されるのです

  • And it's important to remember that,

    そして これらのすべては 物語です

  • because if we don't, then we become ahistorical.

    これを忘れてはいけません

  • We've had a lot of -- a parade of amazing ideas here.

    でなければ 僕達は歴史認識をなくします

  • But these are not new to Africa.

    ここで沢山の素晴らしいアイデアを聞きました

  • Nigeria got its independence in 1960.

    でも これはアフリカにとって 新しいことではありません

  • The first time the possibility for independence was discussed

    ナイジェリアは1960年に独立しました

  • was in 1922, following the Aba women's market riots.

    最初に独立の可能性について話し合いが持たれたのは

  • In 1967, in the middle of the Biafran-Nigerian Civil War,

    アバ族女性のマーケット暴動のすぐ後 1922年でした

  • Dr. Njoku-Obi invented the Cholera vaccine.

    1967年 ビアフラ・ナイジェリア内戦の真っ只中に

  • So, you know, the thing is to remember that

    ドクター Njoku-Obi がコレラ接種を発明しました

  • because otherwise, 10 years from now,

    わかりますね 大切なのは それを覚えていることです

  • we'll be back here trying to tell this story again.

    でなければ 今から10年後も

  • So, what it says to me then is that it's not really --

    僕たちは ここに来て 同じ話しをしているでしょう

  • the problem isn't really the stories that are being told

    これが 僕にとって 何を意味するかというと

  • or which stories are being told,

    何が語られるか または どんな 物語が

  • the problem really is the terms of humanity

    語られるかが 問題なのではなく

  • that we're willing to bring to complicate every story,

    問題の本質は 人間性という単語

  • and that's really what it's all about.

    それを使って 僕らは全ての物語を複雑にしている

  • Let me tell you a Nigerian joke.

    それが 本当のところです

  • Well, it's just a joke, anyway.

    ナイジェリアのジョークを話しましょう

  • So there's Tom, Dick and Harry and they're working construction.

    まあ ただのジョークとして聞いてください

  • And Tom opens up his lunch box and there's rice in it,

    トムとディックそしてハリーが建築現場で働いていました

  • and he goes on this rant about, "Twenty years,

    トムが弁当箱を開けると ご飯が入っていました

  • my wife has been packing rice for lunch.

    彼は怒鳴りました 「20年もの間

  • If she does it again tomorrow, I'm going to throw myself

    女房は弁当箱に飯を詰めてきたんだ

  • off this building and kill myself."

    もし 明日も同じだったら 俺はこのビルから

  • And Dick and Harry repeat this.

    飛び降りて自殺する」

  • The next day, Tom opens his lunchbox, there's rice,

    ディックとハリーも同じ事を言いました

  • so he throws himself off and kills himself,

    翌日 トムが弁当箱を開けると ご飯が入っていました

  • and Tom, Dick and Harry follow.

    彼は 建物から飛び降りて 自殺しました

  • And now the inquest -- you know, Tom's wife

    そして ディックとハリーも続きます

  • and Dick's wife are distraught.

    検死の時 -- トムの奥さんと

  • They wished they'd not packed rice.

    ディックの奥さんは悲しみにうちひしがれ

  • But Harry's wife is confused, because she said, "You know,

    ご飯を入れたことを 悔いました

  • Harry had been packing his own lunch for 20 years."

    でも ハリーの奥さんは困惑して こう言いました

  • (Laughter)

    「でも ハリーは過去20年間ずっと 自分でお弁当を詰めていたんです」

  • This seemingly innocent joke, when I heard it as a child in Nigeria,

    (笑)

  • was told about Igbo, Yoruba and Hausa,

    これは 悪気のない冗談に見えます 私が子供の頃聞かされたとき

  • with the Hausa being Harry.

    イボ ヨルバ そしてハウサ族のうち

  • So what seems like an eccentric if tragic joke about Harry

    ハリーはハウサ族のことだと聞かされました

  • becomes a way to spread ethnic hatred.

    ハリーに関する悲劇的なジョークが

  • My father was educated in Cork, in the University of Cork, in the '50s.

    民族差別を広める手段となるのは妙なことです

  • In fact, every time I read in Ireland,

    僕の父は50年代にコークのコーク大学で教育を受けました

  • people get me all mistaken and they say,

    実は アイルランドで朗読する度に

  • "Oh, this is Chris O'Barney from Cork."

    皆さん僕を間違えてこう言います

  • But he was also in Oxford in the '50s,

    「あぁ これがコークのクリス・オーバーニーさんです」

  • and yet growing up as a child in Nigeria,

    父は50年代にオックスフォードにも滞在しました

  • my father used to say to me, "You must never eat or drink

    そして彼は ナイジェリアで子供時代をすごしました

  • in a Yoruba person's house because they will poison you."

    父は僕に よくこういいました 「ヨルバ族の家で

  • It makes sense now when I think about it,

    飲んだり 食べたりしては絶対いかんぞ あいつ等は毒を盛るからな」

  • because if you'd known my father,

    今考えてみると 納得がいきます

  • you would've wanted to poison him too.

    もし貴方たちが 僕の父を知っていたら

  • (Laughter)

    きっと毒を盛りたいと思ったでしょうから

  • So I was born in 1966, at the beginning

    (笑)

  • of the Biafran-Nigerian Civil War, and the war ended after three years.

    僕が生まれたのは 1966年

  • And I was growing up in school and the federal government

    ビアフラ・ナイジェリア内戦が始まったころで 戦争は3年後に終わりました

  • didn't want us taught about the history of the war,

    僕は学校に行っていましたが 連邦政府は

  • because they thought it probably would make us

    僕らが戦争の歴史を学ぶことを望みませんでした

  • generate a new generation of rebels.

    なぜなら 彼らは それが 新しい世代の

  • So I had a very inventive teacher, a Pakistani Muslim,

    反逆者を生み出すことになると思ったのでしょう

  • who wanted to teach us about this.

    僕の先生は パキスタン人でイスラム教徒の とても独創的な先生で

  • So what he did was to teach us Jewish Holocaust history,

    僕らに戦争の歴史を教えようと

  • and so huddled around books with photographs of people in Auschwitz,

    ユダヤ人のホロコーストを教えました

  • I learned the melancholic history of my people

    アウシュビッツでの人々の写真集の周りに身を寄せ合って

  • through the melancholic history of another people.

    僕達民族の憂鬱な歴史を

  • I mean, picture this -- really picture this.

    他民族の憂鬱な歴史を通じて学びました

  • A Pakistani Muslim teaching Jewish Holocaust history

    まあ 思い浮かべてみてください

  • to young Igbo children.

    パキスタン人のイスラム教徒が ユダヤ人のホロコーストの歴史を

  • Story is powerful.

    若いイボ族の子供に教える

  • Story is fluid and it belongs to nobody.

    物語には力があります

  • And it should come as no surprise

    物語は 流動的で誰にも属しません

  • that my first novel at 16 was about Neo-Nazis

    そして 僕が16歳のときに書いた

  • taking over Nigeria to institute the Fourth Reich.

    最初の小説は ネオナチがナイジェリアを乗っ取り

  • It makes perfect sense.

    ナチスの第4帝国を築くというあらすじだったのは

  • And they were to blow up strategic targets

    無理もないことです

  • and take over the country, and they were foiled

    そして彼らは戦略目的を爆破し

  • by a Nigerian James Bond called Coyote Williams,

    国を征服しようとしたけど ナイジェリアのジェームスボンド

  • and a Jewish Nazi hunter.

    コヨーテ・ウィリアムスと ユダヤ人の

  • And it happened over four continents.

    ナチ・ハンターのお蔭で失敗する

  • And when the book came out, I was heralded as Africa's answer

    これは4カ国に亘る物語です

  • to Frederick Forsyth, which is a dubious honor at best.

    本が出版されたとき 僕はアフリカのフレデリック・フォーサイスと称賛を浴び

  • But also, the book was launched in time for me to be accused

    それは 良く言っても 不名誉なことです

  • of constructing the blueprint for a foiled coup attempt.

    また その本の出版によって僕は

  • So at 18, I was bonded off to prison in Nigeria.

    クーデター未遂事件計画を構想した罪に問われ

  • I grew up very privileged, and it's important

    18歳でナイジェリアの刑務所に入れられました

  • to talk about privilege, because we don't talk about it here.

    僕は豊かに育てられました

  • A lot of us are very privileged.

    あまりそういう話はしませんが 特権について話すのは大切です

  • I grew up -- servants, cars, televisions, all that stuff.

    僕らの殆んどはとても恵まれています

  • My story of Nigeria growing up was very different from the story

    僕は 召使や車 テレビなどの全てに囲まれて育ちました

  • I encountered in prison, and I had no language for it.

    僕が刑務所で出くわした物語は 僕がナイジェリアで育った環境と全く別世界で

  • I was completely terrified, completely broken,

    僕はそこで話される言葉を知らず

  • and kept trying to find a new language,

    完全に恐れ 打ちひしがれ

  • a new way to make sense of all of this.

    新しい言葉を探そうと試みました

  • Six months after that, with no explanation,

    この状況にどう説明をつけるかをです

  • they let me go.

    6ヵ月後に いきなり何の説明もなく

  • Now for those of you who have seen me at the buffet tables know

    釈放されました

  • that it was because it was costing them too much to feed me.

    ビュッフェのテーブルで僕を見た人はわかりますね

  • (Laughter)

    それは 僕の食費がかかりすぎたからです

  • But I mean, I grew up with this incredible privilege,

    (笑)

  • and not just me -- millions of Nigerians

    まあ それはおいといて 僕は大変恵まれた環境で育ちました

  • grew up with books and libraries.

    僕だけじゃなく -- 何百人ものナイジェリア人は

  • In fact, we were talking last night about how all

    本や図書館と一緒に育ちました

  • of the steamy novels of Harold Robbins

    実際 昨晩 お話したように

  • had done more for sex education of horny teenage boys in Africa

    ハロルド・ロビンスのエロ小説のすべてが

  • than any sex education programs ever had.

    それまであった性教育のプログラムよりも

  • All of those are gone.

    アフリカの発情期の少年の性教育に どれほど役立ったことか

  • We are squandering the most valuable resource

    これらはすべて無くなりました

  • we have on this continent: the valuable resource

    僕らはこの大陸で最も価値のある

  • of the imagination.

    資源を浪費しています

  • In the film, "Sometimes in April" by Raoul Peck,

    想像力の貴重な資源をです

  • Idris Elba is poised in a scene with his machete raised,

    ラウル・ペックの映画 「ルワンダ流血の4月」で

  • and he's being forced by a crowd to chop up his best friend --

    アイドリス・エルバが 鉈 を振りかざすシーンがありました

  • fellow Rwandan Army officer, albeit a Tutsi --

    そして 彼は群衆に彼の親友を殺せと迫られ

  • played by Fraser James.

    親友はルワンダの陸軍士官 ツチ族です

  • And Fraser's on his knees, arms tied behind his back,

    フレイザー・ジェームスが演じました

  • and he's crying.

    フレイザーは跪き 両手は後ろに縛られ

  • He's sniveling.

    泣きながら

  • It's a pitiful sight.

    鼻水をたらし

  • And as we watch it, we are ashamed.

    痛ましい光景です

  • And we want to say to Idris, "Chop him up.

    見ていると 恥ずかしくなります

  • Shut him up."

    そしてアイドリスに「殺しちまえ

  • And as Idris moves, Fraser screams, "Stop!

    黙らせろ」と言いたくなります

  • Please stop!"

    そしてアイドリスが動くと フレイザーが叫びます

  • Idris pauses, then he moves again,

    「やめろ!頼むからやめてくれ!」

  • and Fraser says, "Please!

    アイドリスが止って また動くと

  • Please stop!"

    フレイザーが 「頼む

  • And it's not the look of horror and terror on Fraser's face that stops Idris or us;

    頼むからやめるんだ!」と言います

  • it's the look in Fraser's eyes.

    アイドリスや僕らを止めるのは フレイザーの恐怖に満ちた表情ではなく

  • It's one that says, "Don't do this.

    フレイザーの目です

  • And I'm not saying this to save myself,

    目はこう言います「やめるんだ