Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Last year, I told you the story, in seven minutes, of Project Orion,

    翻訳: Satoshi Tatsuhara 校正: Yasushi Aoki

  • which was this very implausible technology

    昨年はオリオン計画について7分でお話ししました

  • that technically could have worked,

    かなり信じがたい技術でしたが

  • but it had this one-year political window where it could have happened.

    技術的には実現可能で

  • So it didn't happen. It was a dream that did not happen.

    この1年間政治的に実現できる可能性があったのですが

  • This year I'm going to tell you the story of the birth of digital computing.

    結局実現せずにかなわぬ夢となりました

  • This was a perfect introduction.

    今年はデジタル計算技術誕生の物語をお話しします

  • And it's a story that did work. It did happen,

    それは理想的な始まりでした

  • and the machines are all around us.

    うまく行った話で、実際に起きたことです

  • And it was a technology that was inevitable.

    このマシンは今やどこにでもあり

  • If the people I'm going to tell you the story about,

    必然的に生まれた技術です

  • if they hadn't done it, somebody else would have.

    これから紹介する人たちがやらなくても

  • So, it was sort of the right idea at the right time.

    おそらく別の人が実現したでしょう

  • This is Barricelli's universe. This is the universe we live in now.

    つまり、しかるべき時に、しかるべく生まれたアイデアだったのです

  • It's the universe in which these machines

    これはバリチェリの世界で、私達が今いる世界でもあります

  • are now doing all these things, including changing biology.

    マシンがあらゆることをやり

  • I'm starting the story with the first atomic bomb at Trinity,

    生物学さえ変えています

  • which was the Manhattan Project. It was a little bit like TED:

    トリニティと呼ばれる最初の原子爆弾の話から始めます

  • it brought a whole lot of very smart people together.

    マンハッタン計画でのことですが

  • And three of the smartest people were

    それはTEDに似て、優秀な人材を多数集めていました

  • Stan Ulam, Richard Feynman and John von Neumann.

    中でも際立っていた3人が

  • And it was Von Neumann who said, after the bomb,

    スタニスワフ ウラム、リチャード ファインマン、ジョン フォン ノイマンです

  • he was working on something much more important than bombs:

    原子爆弾の実験後にノイマンは

  • he's thinking about computers.

    「私は爆弾よりもずっと重要なことについて考えている

  • So, he wasn't only thinking about them; he built one. This is the machine he built.

    コンピューターだ」と書いています

  • (Laughter)

    そして考えただけではなく、作ったのです これが彼の作ったマシンです

  • He built this machine,

    (笑)

  • and we had a beautiful demonstration of how this thing really works,

    彼はこのマシンを作り

  • with these little bits. And it's an idea that goes way back.

    このアイデアが実現できることを見事に実証したのです

  • The first person to really explain that

    コンピューターのアイデアは、遙か昔に遡ります

  • was Thomas Hobbes, who, in 1651,

    最初に記述したのは

  • explained how arithmetic and logic are the same thing,

    トマス ホッブズで、1651年に

  • and if you want to do artificial thinking and artificial logic,

    算術と論理が実質的に同じであることを示し

  • you can do it all with arithmetic.

    人工的な思考や論理を実現したければ

  • He said you needed addition and subtraction.

    算術のみで行え

  • Leibniz, who came a little bit later -- this is 1679 --

    必要なのは加算と減算であると言っています

  • showed that you didn't even need subtraction.

    ライプニッツが、少し後の1679年に

  • You could do the whole thing with addition.

    減算も不要なことを示しました

  • Here, we have all the binary arithmetic and logic

    全て加算で実現できるのです

  • that drove the computer revolution.

    ここには 後のコンピューター革命へと繋がる

  • And Leibniz was the first person to really talk about building such a machine.

    2進演算と論理について書かれています

  • He talked about doing it with marbles,

    コンピューターの構築について書いたのもライプニッツが最初で

  • having gates and what we now call shift registers,

    ビー玉とゲートで説明していますが

  • where you shift the gates, drop the marbles down the tracks.

    これはシフトレジスタに相当するもので

  • And that's what all these machines are doing,

    ゲートを開けてビー玉を下の経路に落とします

  • except, instead of doing it with marbles,

    ビー玉が電子に変わったのを別にすれば

  • they're doing it with electrons.

    これはあらゆる計算機が行っているのと

  • And then we jump to Von Neumann, 1945,

    同じことです

  • when he sort of reinvents the whole same thing.

    時代は移り、フォン ノイマンが1945年に

  • And 1945, after the war, the electronics existed

    全く同じものを再発明しました

  • to actually try and build such a machine.

    1945年に戦争が終わった後も、電子工学は続き

  • So June 1945 -- actually, the bomb hasn't even been dropped yet --

    そのようなマシンの構築に取り組んだのです

  • and Von Neumann is putting together all the theory to actually build this thing,

    1945年の6月、原子爆弾がまだ投下される前に

  • which also goes back to Turing,

    フォン ノイマンはコンピューター構築に必要な理論をまとめ上げました

  • who, before that, gave the idea that you could do all this

    理論に関しては

  • with a very brainless, little, finite state machine,

    前の時代にチューリングが

  • just reading a tape in and reading a tape out.

    テープを読み書きする能なしの小さな有限状態機械によって

  • The other sort of genesis of what Von Neumann did

    あらゆる計算が可能であることを示しています

  • was the difficulty of how you would predict the weather.

    フォン ノイマンがしたことの動機となったもう1つのことに

  • Lewis Richardson saw how you could do this with a cellular array of people,

    天気予報の難しさがあります

  • giving them each a little chunk, and putting it together.

    ルイス リチャードソンは、たくさんの人を整然と並べ

  • Here, we have an electrical model illustrating a mind having a will,

    小分けした仕事を各人に与えて、集計する手法を考えました

  • but capable of only two ideas.

    こちらは意志を持った心の電気的モデルです

  • (Laughter)

    ただし2種類の考えしかありません

  • And that's really the simplest computer.

    (笑)

  • It's basically why you need the qubit,

    これはまさに最も単純なコンピューターで

  • because it only has two ideas.

    量子ビットが必要なわけです

  • And you put lots of those together,

    2つの考えしかないのですから

  • you get the essentials of the modern computer:

    これをたくさん集積することにより

  • the arithmetic unit, the central control, the memory,

    現代のコンピューターの基本構成を実現できます

  • the recording medium, the input and the output.

    算術演算装置、中央制御装置、メモリー

  • But, there's one catch. This is the fatal -- you know,

    記録媒体、入出力装置です

  • we saw it in starting these programs up.

    ただし大きな落とし穴が1つあります

  • The instructions which govern this operation

    プログラムを作ろうとすると分かったのですが

  • must be given in absolutely exhaustive detail.

    演算を制御する命令は

  • So, the programming has to be perfect, or it won't work.

    微細なところまで指定する必要があるのです

  • If you look at the origins of this,

    プログラムは完璧でなければ動作しません

  • the classic history sort of takes it all back to the ENIAC here.

    コンピューターの起源を見てみると

  • But actually, the machine I'm going to tell you about,

    典型的な歴史文献ではENIACがすべての元になっていますが

  • the Institute for Advanced Study machine, which is way up there,

    これからお話しするマシン、つまり

  • really should be down there. So, I'm trying to revise history,

    上の方に書かれているIASマシンが

  • and give some of these guys more credit than they've had.

    本当は大元に書かれるべきなのです

  • Such a computer would open up universes,

    歴史を覆して、彼らにしかるべき名誉を与えたいと思います

  • which are, at the present, outside the range of any instruments.

    このようなコンピューターが

  • So it opens up a whole new world, and these people saw it.

    あらゆる装置を超えて広がる全く新しい世界を開きました

  • The guy who was supposed to build this machine

    それは彼らが夢見た世界です

  • was the guy in the middle, Vladimir Zworykin, from RCA.

    そのマシンを作るはずだったのが

  • RCA, in probably one of the lousiest business decisions

    写真の真ん中にいる、RCAのウラジミール ツヴォルキンです

  • of all time, decided not to go into computers.

    RCAはおそらく史上最悪の経営判断により

  • But the first meetings, November 1945, were at RCA's offices.

    コンピューター事業に参入しないと決めました

  • RCA started this whole thing off, and said, you know,

    最初の会議は1945年11月にRCAで行われました

  • televisions are the future, not computers.

    RCAはこの全計画に着手したものの、将来を担うのは

  • The essentials were all there --

    コンピューターでなくテレビだと判断しました

  • all the things that make these machines run.

    マシンを作り上げ動かすのに

  • Von Neumann, and a logician, and a mathematician from the army

    必要なものは全て揃っていました

  • put this together. Then, they needed a place to build it.

    フォン ノイマンに、論理学者に、軍の数学者たちが集まりました

  • When RCA said no, that's when they decided to build it in Princeton,

    組み立て場所が必要でしたが

  • where Freeman works at the Institute.

    RCAに断られたので、プリンストンで作ることにしました

  • That's where I grew up as a kid.

    フリーマン ダイソンが働いていた研究所で

  • That's me, that's my sister Esther, who's talked to you before,

    私も幼少期をそこで過ごしました

  • so we both go back to the birth of this thing.

    私と、先に講演した姉のエスターです

  • That's Freeman, a long time ago,

    2人ともコンピューターの誕生に立ち会ったわけです

  • and that was me.

    こちらは大昔のフリーマンです

  • And this is Von Neumann and Morgenstern,

    私もいます

  • who wrote the "Theory of Games."

    フォン ノイマンとモルゲンシュテルンです

  • All these forces came together there, in Princeton.

    ゲーム理論を作った人たちです

  • Oppenheimer, who had built the bomb.

    この蒼々たる人材がプリンストンに集まっていました

  • The machine was actually used mainly for doing bomb calculations.

    原子爆弾を開発したオッペンハイマーです

  • And Julian Bigelow, who took

    実際このマシンは主に爆弾のための計算に使われたのです

  • Zworkykin's place as the engineer, to actually figure out, using electronics,

    ジュリアン ビゲローは

  • how you would build this thing. The whole gang of people who came to work on this,

    技術者として採用され、電子工学を使って実際にマシンを構築する方法を考案しました

  • and women in front, who actually did most of the coding, were the first programmers.

    この仕事のために集まった人たちです

  • These were the prototype geeks, the nerds.

    前の女性たちは大半のコーディングを行った、いわば最初のプログラマーです

  • They didn't fit in at the Institute.

    彼らはギークの原型で

  • This is a letter from the director, concerned about --

    組織には馴染みませんでした

  • "especially unfair on the matter of sugar."

    こちらは所長から送られた手紙で

  • (Laughter)

    「砂糖の問題が不公平な状況にある」と難じています

  • You can read the text.

    (笑)

  • (Laughter)

    文面が読めますね

  • This is hackers getting in trouble for the first time.

    「…そちらのスタッフの砂糖消費量は他部門の数倍に及び…午後5時にこちらで適正な監視下でお茶を飲むよう提案する…」

  • (Laughter).

    ハッカーがトラブルを起こした最初の例です

  • These were not theoretical physicists.

    (笑)

  • They were real soldering-gun type guys, and they actually built this thing.

    彼らは理論物理学者ではなく

  • And we take it for granted now, that each of these machines

    半田ごてを手に実際のモノを作る人たちです

  • has billions of transistors, doing billions of cycles per second without failing.

    何十億というトランジスタを持つコンピューターが

  • They were using vacuum tubes, very narrow, sloppy techniques

    毎秒何十億という演算を間違いなく行うのを、私達は当然のように思っていますが

  • to get actually binary behavior out of these radio vacuum tubes.

    彼らが使っていたのはラジオ用の真空管で

  • They actually used 6J6, the common radio tube,

    それを心許ない細工によって2値動作するようにしていました

  • because they found they were more reliable than the more expensive tubes.

    一般的なラジオ用真空管の6J6を使ったのは

  • And what they did at the Institute was publish every step of the way.

    その方が高価な真空管より信頼性が高かったからです

  • Reports were issued, so that this machine was cloned

    彼らは研究所でした開発の全過程を公開しました

  • at 15 other places around the world.

    報告書が発行されて

  • And it really was. It was the original microprocessor.

    世界15か所で複製マシンが作られました

  • All the computers now are copies of that machine.

    これはまさにマイクロプロセッサーの原型となったのです

  • The memory was in cathode ray tubes --

    現代のあらゆるコンピューターがこのマシンの複製です

  • a whole bunch of spots on the face of the tube --

    メモリーはブラウン管で作りました

  • very, very sensitive to electromagnetic disturbances.

    ブラウン管表面のたくさんの点を使っており

  • So, there's 40 of these tubes,

    電磁波の影響を受けやすい不安定なものでした

  • like a V-40 engine running the memory.

    このようなブラウン管を40個並べ

  • (Laughter)

    V-40エンジンみたいにメモリーが動作します

  • The input and the output was by teletype tape at first.

    (笑)

  • This is a wire drive, using bicycle wheels.

    入出力には最初テレタイプテープを使っていました

  • This is the archetype of the hard disk that's in your machine now.

    こちらにあるのは

  • Then they switched to a magnetic drum.

    自転車の車輪を利用したワイヤードライブで、ハードディスクの元型です

  • This is modifying IBM equipment,

    この後、磁気ドラムに置き換わります

  • which is the origins of the whole data-processing industry, later at IBM.

    こちらは改良されたIBMの装置で

  • And this is the beginning of computer graphics.

    後にIBMに引き継がれ、データ処理産業を生み出すことになります

  • The "Graph'g-Beam Turn On." This next slide,

    こちらはコンピューターグラフィックスの起源です

  • that's the -- as far as I know -- the first digital bitmap display, 1954.

    「グラフィング ビーム ターンオン」です

  • So, Von Neumann was already off in a theoretical cloud,

    これは私の知る限り最初のデジタル ビットマップ ディスプレイで、1954年のものです

  • doing abstract sorts of studies of how you could build

    フォン ノイマンは既に理論の世界へと離れ

  • reliable machines out of unreliable components.

    信頼性の低い部品からいかに信頼性の高いマシンを作れるかという

  • Those guys drinking all the tea with sugar in it

    抽象的な研究をしていました

  • were writing in their logbooks, trying to get this thing to work, with all

    これは多量に砂糖を使う―

  • these 2,600 vacuum tubes that failed half the time.

    あの連中が マシンを稼働させようと格闘する中で書いた記録です

  • And that's what I've been doing, this last six months, is going through the logs.

    しょっちゅう動かなくなる真空管を2千6百本使っていたのです

  • "Running time: two minutes. Input, output: 90 minutes."

    私はこの6か月間、日誌をじっくりと調べてきました

  • This includes a large amount of human error.

    「実行時間:2分、入出力:90分」

  • So they are always trying to figure out, what's machine error? What's human error?

    ここには人的エラーもたくさん含まれています

  • What's code, what's hardware?

    だから彼らはいつも、マシンのエラーか人のエラーか見極めようとしていました

  • That's an engineer gazing at tube number 36,

    どれがソフトエラーで、どれがハードエラーか

  • trying to figure out why the memory's not in focus.

    「36番ブラウン管を見つめる技術者」

  • He had to focus the memory -- seems OK.

    メモリーの焦点が合わない原因を見つけようとしています

  • So, he had to focus each tube just to get the memory up and running,

    メモリーの焦点を合わせなければならないのです 「問題なさげ」

  • let alone having, you know, software problems.

    メモリーを動作させるには、各ブラウン管の焦点を合わせなければなりませんでした

  • "No use, went home." (Laughter)

    問題が出るのはソフトだけではないのです

  • "Impossible to follow the damn thing, where's a directory?"

    「全然だめ こわれた」(笑)

  • So, already, they're complaining about the manuals:

    「やり方が分からない 指示書はどこにあるんだ?」

  • "before closing down in disgust ... "

    すでにマニュアルに不満を持っていたようです

  • "The General Arithmetic: Operating Logs."

    「うんざりして停止する前に」と書いてありますね

  • Burning lots of midnight oil.

    「汎用演算―運用日誌」

  • "MANIAC," which became the acronym for the machine,

    文字通り油を燃やして、夜遅くまで働きました

  • Mathematical and Numerical Integrator and Calculator, "lost its memory."

    MANIAC(数学的数値的積分器兼演算器)は

  • "MANIAC regained its memory, when the power went off." "Machine or human?"

    このマシンの略称です 「メモリーの中身が消えたぞ」

  • "Aha!" So, they figured out it's a code problem.

    「MANIACは電源を落とすとメモリー内容が回復する」「マシンか人か?」

  • "Found trouble in code, I hope."

    「そうか!」ついにコードに問題があることが分かりました

  • "Code error, machine not guilty."

    「コードに問題があった そう願うよ」

  • "Damn it, I can be just as stubborn as this thing."

    「コードエラーにつき、マシンは無罪」

  • (Laughter)

    「クソッ、俺もこいつと同じくらい頭が硬いかも」

  • "And the dawn came." So they ran all night.

    (笑)

  • Twenty-four hours a day, this thing was running, mainly running bomb calculations.

    「そして夜が明けた」 一晩中やっていたんですね

  • "Everything up to this point is wasted time." "What's the use? Good night."

    マシンは1日24時間稼働し、主に爆弾に関する計算をしていました

  • "Master control off. The hell with it. Way off." (Laughter)

    「ここまでやったことは全部時間の無駄だった」「何にもならん お休み」

  • "Something's wrong with the air conditioner --

    「主電源オフ クソッタレ 大間違いだ!!」(笑)

  • smell of burning V-belts in the air."

    「エアコンの調子が悪い

  • "A short -- do not turn the machine on."

    Vベルトの焦げる臭いが充満している」

  • "IBM machine putting a tar-like substance on the cards. The tar is from the roof."

    「ショートした オペレータ抜きで電源を入れるな!」

  • So they really were working under tough conditions.

    「IBMマシンのカードのところにタールみたいなのが付いている 天井からだ」

  • (Laughter)

    すごく過酷な環境で作業していたわけです

  • Here, "A mouse has climbed into the blower

    (笑)

  • behind the regulator rack, set blower to vibrating. Result: no more mouse."

    「送風機にネズミが潜り込んだ

  • (Laughter)

    調節器の台の後ろ 送風機を動かす 結果: ノー モア マウス、二度とくるな」

  • "Here lies mouse. Born: ?. Died: 4:50 a.m., May 1953."

    (笑)

  • (Laughter)

    「ネズミここに眠る 誕生-不明 死亡-1953年5月19日 午前4:50」

  • There's an inside joke someone has penciled in:

    (笑)

  • "Here lies Marston Mouse."

    内輪ネタが書き込まれています

  • If you're a mathematician, you get that,

    「マーストン マウス ここに眠る」

  • because Marston was a mathematician who

    数学者の方はご存じでしょう

  • objected to the computer being there.

    マーストン モースは数学者で

  • "Picked a lightning bug off the drum." "Running at two kilocycles."

    このコンピューターに反対していた人です

  • That's two thousand cycles per second --

    「ドラムから蛍を取り除いた」「2キロサイクルで稼働」

  • "yes, I'm chicken" -- so two kilocycles was slow speed.

    クロック周波数が2000ということです

  • The high speed was 16 kilocycles.

    「俺は臆病者さ」―2キロサイクルは低速でした

  • I don't know if you remember a Mac that was 16 Megahertz,

    高速時は16キロサイクルでした

  • that's slow speed.

    Macintosh IIでも16メガヘルツでした

  • "I have now duplicated both results.

    これは低速のイラストです

  • How will I know which is right, assuming one result is correct?

    「答えが2つ出てきたけど どっちが正しいんだ?

  • This now is the third different output.

    どっちかが正しいとしての話だが」

  • I know when I'm licked."

    「3つめも違う答えだ

  • (Laughter)

    わけが分かんないことは分かった」

  • "We've duplicated errors before."

    (笑)

  • "Machine run, fine. Code isn't."

    「前はエラーが再現した」

  • "Only happens when the machine is running."

    「マシンは正常動作、コードはダメ」

  • And sometimes things are okay.

    「マシンが動いているときだけ発生する」

  • "Machine a thing of beauty, and a joy forever." "Perfect running."

    うまく行くこともあります

  • "Parting thought: when there's bigger and better errors, we'll have them."

    「おおマシンよ 美しきもの 永遠の喜び」「☆完璧に稼働☆」

  • So, nobody was supposed to know they were actually designing bombs.

    「最後に一言: より大きなエラーが起きうるとき、そのエラーは起きる」

  • They're designing hydrogen bombs. But someone in the logbook,

    爆弾開発に利用されていることは知らされていませんでしたが

  • late one night, finally drew a bomb.

    水爆開発に使われていました しかしある夜更けに

  • So, that was the result. It was Mike,

    ついに日誌に爆弾の絵が現われました

  • the first thermonuclear bomb, in 1952.

    その結果がこのマイクと呼ばれるもので

  • That was designed on that machine,

    1952年に投下された最初の熱核爆弾です

  • in the woods behind the Institute.

    これはあのマシンを使って

  • So Von Neumann invited a whole gang of weirdos

    研究所の裏の森で開発されました

  • from all over the world to work on all these problems.

    フォン ノイマンは様々な問題に取り組むため

  • Barricelli, he came to do what we now call, really, artificial life,

    世界中から変わり者を集めていました

  • trying to see if, in this artificial universe --

    バリチェリは今でいう人工生命に取り組むためにやってきて

  • he was a viral-geneticist, way, way, way ahead of his time.

    この人工的な世界の中で取り組んでいました

  • He's still ahead of some of the stuff that's being done now.

    彼は元々ウィルス遺伝学者ですが、時代の遙か先を行っていました

  • Trying to start an artificial genetic system running in the computer.

    彼はある部分では現在よりも先を行っていました

  • Began -- his universe started March 3, '53.

    コンピューターで動作する人工遺伝子システムに着手し始めました

  • So it's almost exactly -- it's 50 years ago next Tuesday, I guess.

    彼の世界が生まれたのは1953年3月3日です

  • And he saw everything