Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This is a song sung by a brown thrasher.

    茶色いスラッシャーが歌う歌です。

  • But that's just one of the thousand or more that it knows,

    しかし、それは千数百人が知っていることの一つに過ぎない。

  • and it's not the only avian virtuoso.

    と、鳥の名人だけではありません。

  • A wood thrush can sing two pitches at once.

    ツグミは一度に二音を歌うことができます。

  • A mockingbird can match the sounds around it, including car alarms.

    モッキンバードは車の警報機など、周りの音に合わせてくれる。

  • And the Australian superb lyrebird

    そして、オーストラリアのスーパーライアーバード

  • has an incredible, elaborate song and dance ritual.

    には、信じられないほど精巧な歌と踊りの儀式があります。

  • These are just a few of the 4,000 species of songbirds.

    これらは、4,000種の歌鳥のうちのほんの一部です。

  • Most birds produce short, simple calls,

    ほとんどの鳥は、短くてシンプルなコールを発します。

  • but songbirds also have a repertoire of complex vocal patterns

    鳴禽類もまた、複雑な発声パターンのレパートリーを持っています。

  • that help them attract mates,

    彼らが仲間を引き寄せるのを助ける

  • defend territory,

    領土を守る。

  • and strengthen their social bonds.

    と社会的な絆を強めます。

  • Each songbird species has its own distinct song patterns,

    それぞれの歌鳥の種には、それぞれに特徴的な歌のパターンがあります。

  • some with characteristic regional dialects.

    地域の方言が特徴的なものもあります。

  • Experienced listeners can even distinguish individual birds by their unique songs.

    経験豊富なリスナーは、そのユニークな歌で個々の鳥を見分けることもできます。

  • So how do birds learn these songs in the first place?

    では、そもそも鳥はどのようにしてこれらの歌を学ぶのでしょうか?

  • How do they know to mimic the songs of their own species?

    なぜ彼らは自分たちの種族の歌を真似ることを知っているのだろうか?

  • Are they born knowing how to sing?

    彼らは歌い方を知って生まれてきたのでしょうか?

  • A lot of what scientists know about bird song comes from studying zebra finches.

    科学者が鳥の歌について知っていることの多くは、シマウマのフィンチの研究から来ています。

  • A baby male zebra finch typically learns to sing from its father or other males,

    赤ちゃん男性シマウマフィンチは、通常、その父親や他の男性から歌うことを学習します。

  • starting while it's still a fledgling in the nest.

    巣立ったままの状態での始動

  • First comes a sensory learning phase,

    最初は感覚学習の段階です。

  • when the baby finch hears the songs sung around it and commits them to memory.

    フィンチの赤ちゃんが、周りで歌われている歌を聞いて記憶に残すとき。

  • The bird starts to vocalize during the motor learning phase,

    鳥は運動学習の段階で発声を始めます。

  • practicing until it can match the song it memorized.

    暗記した曲に合わせられるようになるまで練習します。

  • As the bird learns, hearing the tutor's song over and over again

    鳥が学習していく中で、家庭教師の歌を何度も何度も聞きながら

  • is helpfulup to a point.

    は参考になります。

  • If he hears it too many times, the imitation degrades

    何度も聞くと模倣は劣化する

  • and the source matters.

    とソースの問題。

  • If the song is played through a loudspeaker,

    拡声器から曲が流れている場合。

  • he can't pick it up as easily.

    彼は簡単には拾えません。

  • But hide the same loudspeaker inside a toy painted to look like a zebra finch,

    しかし、シマウマのフィンチのように見えるようにペイントされたおもちゃの中に同じ拡声器を隠します。

  • and his learning improves.

    と学習が改善されていきます。

  • What if the baby never hears another zebra finch's song?

    赤ちゃんが別のシマウマフィンチの歌を聞かないとしたら?

  • Interestingly enough, it'll sing anyway.

    面白いことに、とにかく歌います。

  • Isolated finches still produce what are called innate or isolate songs.

    孤立したフィンチは、まだ生得的または孤立した曲と呼ばれるものを生成します。

  • A specific tune might be taught,

    特定の曲を教えてくれるかもしれません。

  • but the instinct to sing seems to be hardwired into a songbird's brain.

    しかし、歌いたいという本能は、歌鳥の脳内にハードワイヤードされているようです。

  • Innate songs sound different from theculturedsongs

    生得的な歌は「教養的な」歌とは違う音に聞こえる

  • learned from other finchesat first.

    最初は他のフィンチから学んだ。

  • If isolated zebra finches start a new colony,

    孤立したシマウマフィンチが新しいコロニーを始める場合。

  • the young birds pick up the isolate song from their parents.

    稚鳥は親から孤立した歌を拾い上げます。

  • But the song changes from generation to generation.

    しかし、曲は世代交代で変わる。

  • And after a few iterations,

    そして、何度か繰り返した後に

  • the melody actually starts to resemble

    旋律が似てくる

  • the cultured songs sung by zebra finches in the wild.

    野生のシマウマフィンチが歌う文化的な歌。

  • Something about the learning process must be hardwired, too,

    学習過程の何かがハードワイヤードされているのでしょうね。

  • drawing the birds towards the same song patterns again and again.

    何度も何度も同じ歌のパターンに向かって鳥を引き寄せる。

  • This means that basic information about the zebra finch song

    つまり、シマウマフィンチの歌の基本情報

  • must be stored somewhere in its genome,

    は、そのゲノムのどこかに保存されている必要があります。

  • imprinted there by millions of years of evolution.

    何百万年もの進化の歴史の中で、そこに刻み込まれたものです。

  • At first, this might seem odd,

    最初は、これはおかしいと思うかもしれません。

  • as we usually think of genetic code as a source of biochemical or physical traits,

    私たちは通常、遺伝子コードを生化学的または物理的な形質の源と考えています。

  • not something like a behavior or action.

    行動や行動のようなものではなく

  • But the two aren't fundamentally different;

    でも、この2つは根本的に違うわけではありません。

  • we can connect genomes to behavior through brain circuitry.

    ゲノムと行動を脳の回路を介して結びつけることができます。

  • The connection is noisy and quite complex.

    接続がうるさいし、かなり複雑です。

  • It doesn't simply map single genes to single behaviors, but it exists.

    単純に単一の遺伝子を単一の行動にマッピングするのではなく、存在しているのです。

  • Genomes contain codes for proteins that guide brain development,

    ゲノムには、脳の発達を導くタンパク質のコードが含まれています。

  • such as molecules that guide the pathways of developing axons,

    発達する軸索の経路を導く分子など。

  • shaping distinct circuits.

    別々の回路を形成しています。

  • Birds' brains have so-calledsong circuits

    鳥の脳には、いわゆる「歌の回路」がある。

  • that are active when the birds sing.

    鳥の鳴き声に合わせて活動している

  • These circuits also respond to the song of a bird's own species

    これらの回路は、鳥の種の歌にも反応します。

  • more strongly than to other species' songs.

    他の種の歌よりも強い。

  • So the theory is that a bird's genes guide development of brain circuits

    鳥の遺伝子が脳回路の発達を誘導しているという説ですね。

  • that relate to singing and the ability to learn songs.

    歌唱力や歌を学ぶ能力に関連したもの。

  • Then, exposure to songs shapes those neural circuits

    そして、歌に触れることで、それらの神経回路が形成されます。

  • to produce the songs that are typical to that species.

    その種に典型的な歌を作るために。

  • Genetically encoded or innate behaviors aren't unique to songbirds.

    遺伝的にコード化された行動や生得的な行動は、歌鳥に特有のものではありません。

  • They're widespread in the animal kingdom.

    動物界に広く分布しています。

  • Spectacular examples include

    壮大な例としては、以下のようなものがあります。

  • the long-distance migrations of monarch butterflies and salmon.

    オオカバマダラとサケの長距離移動。

  • So what does this mean for humans?

    では、これは人間にとって何を意味するのでしょうか?

  • Are we also born with innate information written into our genomes

    私たちもまた、生まれつきの情報がゲノムに書き込まれているのでしょうか?

  • that helps shape our neural circuits,

    神経回路を形成するのに役立つ

  • and ultimately results in something we know?

    そして最終的には何かを知ることになるのでしょうか?

  • Could there be some knowledge

    何か知識があるかもしれない

  • that is unique and intrinsic to humans as a species?

    それは種としての人間に固有で本質的なものなのでしょうか?

This is a song sung by a brown thrasher.

茶色いスラッシャーが歌う歌です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed シマウマ ゲノム 学習 行動 歌う

TED-ED】鳥はどうやって鳴き声を覚えるのか?- パーサ・P・ミトラ

  • 4032 447
    IS LIU に公開 2018 年 03 月 02 日
動画の中の単語