Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • CARL AZUZ: Hi.

    こんにちは。

  • I'm Carl Azuz.

    カール・アズズです。

  • And we thank you for joining us for what

    そして、私たちは何のために私たちに参加してくれたことに感謝しています。

  • could be described as a heroic special edition of "CNN 10."

    "CNN 10 "の英雄的な特番と 言えるかもしれない

  • We follow CNN heroes throughout the year on this show.

    この番組では一年を通してCNNのヒーローを追っています。

  • Last month, the 2017 CNN Hero of the Year was announced.

    先月、2017年のCNNヒーロー・オブ・ザ・イヤーが発表されました。

  • Amy Wright, a mother of two children with Down Syndrome,

    ダウン症の二児の母、エイミー・ライトさん。

  • became an advocate for people with special needs.

    特別なニーズを持つ人々の擁護者となりました。

  • And her North Carolina coffee shop

    ノースカロライナのコーヒーショップ

  • named Bitty and Beau's, which now employs

    Bitty and Beau'sという名前で、現在では

  • 40 disabled employees, has won supporters, fans, and customers

    40人の障がい者従業員が、支持者、ファン、顧客を獲得しています。

  • from across the nation.

    全国から

  • But there's another category of CNN heroes

    しかし、CNNのヒーローには別のカテゴリーがあります。

  • that specifically honors young people.

    若者を特別に称えている

  • It's called Young Wonders.

    ヤング・ワンダーと呼ばれています。

  • And today's special follows five of these extraordinary folks

    そして今日のスペシャルでは、その中から5人をご紹介します。

  • in their work to help others in their communities.

    地域社会で他の人を助けるための仕事をしています。

  • - Hi, Jeffrey.

    - こんにちは、ジェフリー。

  • - Hey.

    - ねえ。

  • How you doin', man.

    調子はどうだ?

  • SIDNEY KEYS III: Ever since I was little,

    SIDNEY KEYS III: 小さい頃からずっと。

  • I just loved to read.

    ただ読むのが好きだっただけです。

  • I just love listening to different kinds of stories.

    いろんな種類の話を聞くのが好きなだけです。

  • These books look very interesting, too.

    これらの本もとても面白そうです。

  • I realized that there was a need for African-American literacy,

    アフリカ系アメリカ人のリテラシーの必要性を実感しました。

  • and boys to see themselves in books in a positive way.

    と男の子が本の中の自分を肯定的に見るようになります。

  • Books n Bros is a book club where

    Books n Brosはブッククラブです。

  • we read about African-American literacy.

    アフリカ系アメリカ人のリテラシーについて読んでいます。

  • Hi.

    こんにちは。

  • My name is Sidney.

    私の名前はシドニーです。

  • And my role is Head Bro in Charge,

    そして、私の役割は、担当のヘッドブロです。

  • also known as founder and CEO.

    創業者兼CEOとしても知られています。

  • - Some people, they're surprised when I tell them,

    - 私が言うと驚く人もいます。

  • like, I work for my son.

    息子のために働いている

  • SIDNEY KEYS III: If you can make the sign-in sheet for like

    SIDNEY KEYS III: もしあなたが好きなようにサインインシートを作ることができれば

  • the name and then like the bro.

    名前を聞いてから、お兄さんが好きになりました。

  • Not many 11-year-olds run a meeting.

    集会をする11歳児は少ない。

  • Usually they're just there.

    普通はそこにいるだけです。

  • The schedule is going to be, we're first

    スケジュールは、私たちが最初になります。

  • going to do an icebreaker.

    砕氷機をかけるつもりだ

  • It's an interesting experience because it's really

    それは本当に面白い経験です。

  • fun being able to control a whole bunch

    束の間の楽しさ

  • of 20 and 30 year-olds.

    20歳と30歳の

  • RENELLE PARKER: My name's Renelle Parker,

    レネル・パーカーです。

  • and I'm a Big Bro.

    と私はビッグブロです。

  • SIDNEY KEYS III: Big Bros are basically mentors for the bros.

    SIDNEY KEYS III: ビッグ・ブラザーズは基本的に兄弟のメンターです。

  • We wanted them to see positive African-American men.

    アフリカ系アメリカ人のポジティブな男性を見てもらいたいと思っていました。

  • And also, because they help out a lot with the book club,

    あと、ブッククラブの手伝いをしてくれるから。

  • with keeping the boys under control.

    少年たちを制御することで

  • - Gentlemen, gentlemen.

    - 諸君、諸君。

  • - I'm super proud of him.

    - 彼を誇りに思います。

  • Words really can't even describe how proud I am.

    言葉では言い表せないほど誇りに思っています。

  • SIDNEY KEYS III: I do really feel

    SIDNEY KEYS III: 私は本当に感じています。

  • like I'm making a positive impact in my community

    地域社会に良い影響を与えているように

  • because all the boys are having such

    男の子はみんなそんなことをしているから

  • a good time in my book club.

    読書会で楽しい時間を過ごしています。

  • I see all smiles on their faces.

    みんなの笑顔が目に浮かびます。

  • I really feel like I'm making reading fun again.

    読書がまた楽しくなってきたような気がします。

  • - Cool bros read.

    - クールな兄弟の読み物。

  • HAILE THOMAS: I love that you get to be

    あなたがそうなるのが好きなの

  • super creative with cooking.

    料理で超クリエイティブ

  • It's really cool to see a bunch of ingredients that may not

    そうではないかもしれない食材の束を見るのは本当にかっこいいですね。

  • have matched so classically come together

    響き合う

  • and really create something unique and super flavorful.

    と本当にユニークで超味のあるものを作ります。

  • I love that aspect of just being able to kind of play

    そういうところが好きなんです。

  • around with it like a science experiment

    かがくじっけん

  • and see what happens.

    で、どうなるかを見てみましょう。

  • Wow, this is so pretty.

    うわー、これは可愛いですね。

  • We were completely able to reverse my dad's Type 2

    私たちは完全に私の父のタイプ2を逆転させることができました。

  • Diabetes within about a year of just

    だけで約1年以内に糖尿病

  • really pushing the healthy eating

    健全化の押し付け

  • and changing our lifestyle habits.

    と生活習慣を変えることができます。

  • - That's really good.

    - それは本当に良いことです。

  • HAILE THOMAS: That's when I was super inspired

    HAILE THOMAS: その時にすごく刺激を受けました。

  • to share that with my peers.

    それを仲間と共有するために

  • We really just want to make sure that kids everywhere know how

    私たちはただ、世界中の子供たちに、どのような方法があるかを知ってもらいたいのです。

  • to make a healthy choice and how they can incorporate

    健康的な選択をするために、どのように取り入れるか

  • that into their everyday.

    それが彼らの日常の中に

  • It's super important to know what's in our food.

    食べ物の中に何が入っているかを知ることはとても重要です。

  • Dextrose is another form of sugar.

    ブドウ糖も砂糖の一種です。

  • And we already heard sugar before, right?

    それに砂糖は前にも聞いたよね?

  • So we go over reading food labels,

    だから、食品ラベルの読み方を見直すんだ。

  • researching ingredients.

    成分を研究しています。

  • You guys know what's in gelatin?

    ゼラチンに何が入っているか知っていますか?

  • Pig skin.

    豚の皮。

  • Yeah.

    そうだな

  • You guys are going to make your own cereal.

    お前らは自分でシリアルを作るんだよ。

  • It's super important for us to share

    それは私たちが共有するために超重要です。

  • a healthy alternative that's fun to make, easy, and of course,

    作るのが楽しくて、簡単で、もちろんヘルシーな代替品です。

  • delicious.

    美味しい

  • Guys, it smells amazing.

    みんな、すごい匂いがするよ。

  • These workshops definitely inspire and empower

    これらのワークショップは間違いなくインスピレーションを与え、力を与えてくれます。

  • kids to make healthier choices.

    子供たちがより健康的な選択をするために

  • I'm proud of you guys.

    お前らを誇りに思うよ。

  • It was so easy to make, right?

    こんなに簡単に作れたんですね。

  • - Can I get a little bit more?

    - もうちょっといいですか?

  • HAILE THOMAS: Yeah.

    (アルマン)うん

  • It's just that one moment where a kid realizes that they can do

    それは、子供ができることに気づく瞬間です。

  • better for themselves and their families

    自分と家族のために

  • that is so important to me.

    それは私にとってとても大切なことです。

  • That's exactly what helped my dad get better.

    それがまさに父の回復の助けになったのです。

  • When we are teaching kids how to fuel their bodies the best,

    子供たちに最高の燃料補給の仕方を教えている時に

  • then they will ultimately have the energy

    そうすれば、最終的には

  • and vitality to be their best.

    とバイタリティを持って、最高の自分になるために。

  • RYAN HICKMAN: That's definitely not water.

    RYAN HICKMAN: これは絶対に水ではありませんね。

  • Recycling helps the earth, people, plants, animals,

    リサイクルは、地球、人、植物、動物を助けます。

  • and other living things.

    などの生き物がいます。

  • I was three and a half and my dad and me took a bag of cans

    3歳半の時にパパと二人で缶詰の袋を持って行って

  • to the recycling center and we got about $5.

    リサイクルセンターに行って、約5ドルを手に入れました。

  • And I like doing it, so I've been doing it ever since.

    そして、それをするのが好きで、それ以来ずっとやっています。

  • Ooh, I love these.

    ああ、私はこれが大好きです。

  • - It was his idea to enlist all of our neighbors

    - 近所の人たちを集めようとしたのは、彼のアイデアだった。

  • and to get more people recycling for him.

    彼のためにもっと多くの人にリサイクルしてもらうために

  • And the longer it went, the bigger it got.

    そして、長くなるほど大きくなっていきました。

  • RYAN HICKMAN: So I'll teach you some facts.

    RYAN HICKMAN: では、いくつか事実を教えてあげましょう。

  • - It's a pleasure to meet you, sir.

    - お目にかかれて光栄です

  • RYAN HICKMAN: And there.

    そして、そこに。

  • - Perfect.

    - 完璧だ

  • Want to take the trash bin back to dad?

    ゴミ箱をパパに持って帰りたい?

  • RYAN HICKMAN: My mom and dad and grandma, on Tuesday,

    ママとパパとおばあちゃん 火曜日にね

  • help me throw it.

    投げてくれ

  • - Don't throw it too fast.

    - 速く投げすぎないように。

  • RYAN HICKMAN: And then once we have a full bag, we load it up

    バッグが一杯になったら、それを積み込みます。

  • in our truck, drive to the recycling center,

    私たちのトラックに乗って、リサイクルセンターまで車を走らせる。

  • usually we're first in line.

    いつもは私たちが一番乗りです。

  • - We estimate that Ryan's recycled

    - ライアンがリサイクルした

  • about 270,000 cans and bottles.

    約27万本の缶と瓶。

  • And I think that's about 60,000 pounds.

    そして、それは約6万ポンドだと思います。

  • RYAN HICKMAN: And probably one of our bottles

    RYAN HICKMAN: そして、おそらく私たちのボトルの一つは

  • is processing right on that conveyor belt.

    は、そのコンベアベルトの上で処理しています。

  • - Good job, Ryan.

    - よくやった ライアン

  • RYAN HICKMAN: Thank you.

    ありがとうございます。

  • - He's helping the environment.

    - 彼は環境を助けています。

  • I mean, for every 2,000 pounds that he recycles,

    2,000ポンドごとにリサイクルしている

  • he saves at least 40 barrels of oil.

    彼は少なくとも40バレルの石油を節約しています。

  • So he's doing his part.

    だから彼は自分の役割を果たしている。

  • RYAN HICKMAN: Great.

    いいね。

  • Thank you.

    ありがとうございます。

  • - I would probably not be doing this if it wasn't for Ryan.

    - ライアンがいなかったら、こんなことはしていなかったでしょう。

  • He's opened my eyes to making a difference, for sure.

    彼のおかげで、私は違いを生み出すことに目を向けることができました。

  • CHRISTINA LI: I really like computer

    クリスティーナ・リ: 私は本当にコンピュータが好きです。

  • science just because there's so many possibilities with it.

    科学には多くの可能性があるからです。

  • You can program a spaceship or cars or robots.

    宇宙船や車やロボットをプログラムすることができます。

  • I think computer science can be for anybody.

    コンピュータサイエンスは誰でもできると思います。

  • When I was in third grade, my brothers and I made

    小学3年生の時、兄弟で作ったのが

  • this character called Fish Guy.

    フィッシュガイというキャラクター。

  • So we made a website for it.

    ということで、そのためのホームページを作りました。

  • And that's what really got me into computer science.

    それが私をコンピュータサイエンスの世界へと導いたのです。

  • In high school, I joined my robotics team.

    高校時代はロボットチームに所属していました。

  • I was the only female programmer and I

    私は唯一の女性プログラマーであり

  • felt really weird about it.

    本当に気持ち悪いと感じました。

  • It was very evident that this gender gap existed.

    このジェンダーギャップが存在することが非常に明らかになりました。

  • Go to x and y, zero, and then--

    XとYに行って、ゼロにして、それから...

  • I decided to make a computer science

    コンピューターサイエンスを作ることにしました。

  • camp for middle school girls.

    中学生の女の子のためのキャンプ。

  • X V. That writes the score.

    X V. それが楽譜を書く。

  • - Oh.

    - ああ

  • CHRISTINA LI: I named the camp Hello, World because I

    クリスティーナ・リー:私はこのキャンプを「ハロー、ワールド」と名付けました。

  • wanted to have girls say hello to the world

    女の子に世界に挨拶してもらいたかった

  • of computer science.

    コンピュータサイエンスの

  • How many of you guys have played Pong before?

    お前らの中でポンをやったことがある奴は何人いるんだ?

  • It's an introduction so they can learn how to program

    それは、彼らがプログラムの方法を学ぶことができるように、それは導入です。

  • apps and robots and games.

    アプリとロボットとゲーム。

  • - So I have a bluebird, currently.

    - ということで、現在ブルーバードを飼っています。

  • And the bird flies through the tubes using the spacebar.

    そして、鳥はスペースバーを使ってチューブの中を飛んでいきます。

  • - I realized that it's actually not that hard.

    - 実はそんなに難しくないことに気がつきました。

  • When you click that On button, you

    そのオンボタンをクリックすると

  • go crazy because it's working.

    気が狂いそうになるのは、それが機能しているからです。

  • CHRISTINA LI: I just wanted to get them interested,

    クリスティーナ・リー:ただ興味を持ってもらいたかっただけなんです。

  • and like show them how cool the world of computer science is.

    とか、コンピュータサイエンスの世界がどれだけかっこいいかを見せるように。

  • - When you press the down arrow, it will go back.

    - 下矢印を押すと戻ります。

  • - Your game is literally out of this world.

    - お前のゲームは文字通りこの世のものではない

  • - Pretty much.

    - かなりね

  • CHRISTINA LI: Interacting with other girls

    クリスティーナ・リー:他の女の子との交流

  • makes them realize they're not alone in this.

    彼らは一人ではないと気づかせてくれる

  • I really hope to show the girls that girls

    本当に女の子には女の子のことを見せたいと思っています。

  • can do anything they want to.

    は何をしてもいいのです。

  • - Hello, world.

    - ハロー、ワールド。

  • CAMPBELL REMESS: The mission of my project

    CAMPBELL REMESS:私のプロジェクトのミッション

  • is to make people happy.

    は、人を幸せにすることです。

  • Hello.

    こんにちは。

  • - Hi.

    - こんにちは。

  • It does get very lonely in hospital.

    入院中はとても寂しいですよね。

  • CAMPBELL REMESS: I give them a bear

    クマにしてあげよう

  • and try and cheer them up a bit.

    と言って、少し励ましてみてください。

  • - Thank you, Campbell.

    - ありがとう キャンベル

  • CAMPBELL REMESS: That's OK.

    CAMPBELL REMESS: 大丈夫です。

  • I hope you enjoy playing with him and cuddling him.

    抱っこしたり、遊んだりして楽しんでほしいですね。

  • - When Campbell takes the bears to the hospital,

    - キャンベルがクマを病院に連れて行くと

  • you see these very sick children pick straight up.

    病気の子供たちを見ていると、真っ直ぐに拾ってきます。

  • You feel the energy in the room.

    部屋の中にエネルギーを感じます。

  • CAMPBELL REMESS: I got this bear for you.

    このクマは君にプレゼントだ

  • - Thank you.

    - ありがとうございます。

  • Getting a teddy from Campbell just feels great.

    キャンベルからテディを貰うのは 最高の気分だよ

  • And it's a relief that I've got a friend there.

    そして、そこに友人がいて安心しました。

  • CAMPBELL REMESS: Want this bear?

    キャンベル・レムスこの熊が欲しいか?

  • I think the magic in the bears is the hope.

    クマの魔法は希望だと思います。

  • It's the hope that the bears give the people.

    熊が人々に与える希望です。

  • I've been making bears over four years now.

    熊を作り始めて4年以上になります。

  • - Campbell is just empathetic to a maximum level.

    - キャンベルは共感度MAXなだけ。

  • CAMPBELL REMESS: This is just my thing, my hobby,

    CAMPBELL REMESS: これは私の趣味です。

  • just what I love doing.

    好きなことをしているだけです。

  • The top of the shelves are full of old hospital bears, come to

    棚の上には古い病院のクマがいっぱい、来てください。

  • the hospital at Christmas time.

    クリスマス時期の病院

  • So this is Marvin.

    これがマーヴィンか

  • And this is Melby.

    そしてこちらはメルビー。

  • This is Ouch.

    これは痛い。

  • When I start doing the faces and shaving and putting the eyes

    顔をやり始めて、髭を剃ったり、目を入れたりすると

  • and noses in, it it's really cool to see their personality

    と鼻で、それは彼らの個性を見るために本当にクールです。

  • come together.

    一緒になって

  • I reckon I've made over 12 to 1,400 bears.

    クマは12~1,400匹以上作ったと思います。

  • It's a lot.

    多いですね。

  • - So it started with a little idea,

    - ちょっとしたアイデアから始まったんですね。

  • I just want kids to have presents at Christmas time.

    クリスマスの時期に子供にプレゼントが欲しいだけです。

  • Now it's bears going in every direction, all over the world,

    今では世界中のあらゆる方向にクマが出没しています。

  • for every reason possible.

    あらゆる理由で

  • CAMPBELL REMESS: I've sent them to lots of different people

    CAMPBELL REMESS: いろんな人に送ったことがあります。

  • that have been hurt in lots of different ways.

    いろんな意味で傷ついてきた人が

  • - I think he's, in a way, he's just

    - 彼は、ある意味では、ただの

  • trying to hug the whole world better, to make it OK.

    全世界をより良く抱きしめようとしています。

  • It's just love.

    ただの愛です。

  • CAMPBELL REMESS: If everybody was kind and not mean,

    みんなが優しくて意地悪じゃなかったら。

  • it would change the world.

    それは世界を変えるだろう

  • It would change the world a lot.

    それは世界を大きく変えるだろう。

CARL AZUZ: Hi.

こんにちは。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語

CNN 10 - 2018年1月9日

  • 65 8
    timmy に公開 2018 年 01 月 11 日
動画の中の単語