Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Who doesn't love takeout food?

    テイクアウトが嫌いな人なんていないでしょう?

  • It's convenient.

    便利で

  • Easy.

    簡単。

  • Most of the time, it's delicious.

    大抵の場合、おいしいですね。

  • But with every order, there's just a lot of stuff that comes with the meal.

    でも注文する度に、食事と共にたくさんの物が付いてきます。

  • Look, here's what I got when I ordered Thai.

    見てください。タイ料理を注文して付いてきた物です。

  • This is from my breakfast this morning.

    これは今朝の朝食から。

  • And this is all the stuff you get with one of those meal delivery kits.

    これは全て、宅配の料理キットに付いてくる物。

  • Some of it, you can recycle.

    中にはリサイクルできる物もあります。

  • Some of it, it's compostable.

    コンポストに出せる物もあります。

  • But a lot of itwell, I really don't know.

    でも多くは…よく分かりません。

  • And all this wasteit isn't just a problem that we can solve with recycling alone.

    これら全てのゴミは―リサイクルだけで解決できる単純な問題ではありません。

  • These little containers and wrappers may not seem like a big deal, but in the U.S., packaging makes up the largest category of municipal waste.

    小さな容器や包装は問題ないように見えるかもしれませんが、アメリカの都市ゴミでは、これらが最大の割合を占めます。

  • On top of that, single-use items make up another 10 percent of all our discards.

    さらに、使い捨て用品は全てのゴミの10%を占めます。

  • And this kind of mindless consumption has a really big impact on climate change.

    こういった無分別な消費は、気候変動に非常に大きな影響を与えています。

  • Roughly 29 percent of our nation's greenhouse gas emissions come from the way we make, consume, and dispose of stuff.

    アメリカの温室効果ガス排出量の約29%は、私たちが物を作り、消費し、廃棄する方法によるものです。

  • That's more than the emissions that come from heating our homes or driving around in our cars.

    これは、家の暖房や車の運転による排出量よりも多いのです。

  • It takes a lot of energy and resources to produce single-use items.

    使い捨て用品の製造では、多くのエネルギーと資源を使います。

  • These things we use only for a few minutes or even a few seconds before they become trash.

    こういった物を、私たちは捨てる前に数分、いや数秒しか使いません。

  • And when single-use items go into a landfill, all that paper and plastic is destroyedand

    使い捨てゴミが埋め立てられると、それらの紙やプラスチックは駄目になるわけなので―

  • so we have to go out there and extract new raw materials to replace it.

    私たちは代わりに、新しい原材料を取り出さなければなりません。

  • We really need to prioritize reduce and reuse over recycling.

    リサイクル以前に、リデュースとリユースを優先させる必要があります。

  • Recycling is great to deal with the product once it's already in your hand.

    リサイクルは、すでに持っている物に対してできる素晴らしい方法です。

  • You've got to make a good decision on where it goes, but waste minimization is more important.

    それをどうするか、良い決断を下せますが、ゴミを減らすことの方が大事です。

  • This is Anne Krieghoffshe's the recycling manager at the University of California, Irvine.

    こちらはアン・クリゴフさんです―彼女はカリフォルニア大学アーバイン校のリサイクル部長です。

  • Her goal is to get the campus to zero waste.

    彼女の目標は、キャンパスをゴミゼロにすることです。

  • And there's some super simple ways that we can reduce a lot of this single-use trash.

    使い捨てゴミの多くを減らせる、すごく単純な方法があります。

  • Look, have you ever ordered a burger and fries and inside the bag there are like, a thousand packets of ketchup that you really aren't going to use?

    ハンバーガーとポテトを注文して、袋に使いもしない大量のケチャップが入っていたことはありませんか?

  • They may look innocent, but there's really no way to recycle them.

    無害に見えますが、実際これらをリサイクルする方法はありません。

  • So, one of the easiest ways to eliminate this trash is to serve condiments in bulk.

    このゴミを減らす最も簡単な方法の一つは、調味料を容器で出すことです。

  • Remember the way you used to get a hot dog at the baseball game, you'd go up to the pump and get your ketchup and your mustard.

    野球場でホットドッグを買うと、ケチャップやマスタードが押し出し式の機械に入っているでしょう。

  • That is the best way.

    あれが最善の方法です。

  • Think how much you could save with one bulk ketchup dispenser. Or bulk sugar at the coffee shop.

    ケチャップディスペンサー1つで、どんなにゴミを減らせるでしょう。コーヒー店なら容器入りの砂糖ですね。

  • Another way to reduce trash is to just stop overpackaging things.

    ゴミを減らす別の方法は、過剰包装を止めることです。

  • Here's a classic example.

    典型的な例がこちら。

  • This is how I got my lunch today.

    今日の僕のランチです。

  • So it's a plastic bag and inside it is a paper bag.

    プラスチック袋の中に紙袋。

  • I mean, what's the purpose of this?

    何のために?

  • You know, maybe I could have actually carried this out without a bag.

    実際、袋なんてなくても持てますよね。

  • Or simply put it in my backpack.

    単純にリュックの中に入れたり。

  • It would be great if companies started saying, “We're not serving the plastic bag unless you ask for it.”

    企業が「お申し出がない限り、袋はお付けしていません」なんて言ったら素晴らしいですね。

  • Don't offer itjust wait if somebody needs that.

    袋を付けるのではなく―必要な人がいるまで待つのです。

  • And that's really the key.

    それが本当に重要です。

  • See, a lot of useless trash is created because companies just kind of hand it to us, assuming that we want it.

    不要なゴミは、企業が私たちに渡すから生み出されます。私たちが欲しいものだと考えて。

  • But a lot of times we don't.

    でも多くの場合、要りませんね。

  • This is something that Seamless and Grubhub, the food delivery apps, are trying to take on.

    シームレスやグラブハブといった食材宅配アプリは、これを採用しようとしています。

  • When you place an order on their website, they give you the option to skip the utensils and napkins, which you probably don't need if they're actually coming to your home or to your office.

    料理が家やオフィスに宅配されるなら、必要ないですよね。ウェブで注文すると、カトラリーやナプキンを省く選択ができます。

  • In 2013 alone, Seamless reported that they saved more than a million sets of plastic utensils and napkinsall with a simple check box.

    シームレスは、2013年だけで百万以上のカトラリーやナプキンを節約しました―単純なチェックボックスだけで。

  • Just having the option to say no makes it way easier for customers to reduce their trash.

    「ノー」という選択肢を設けるだけで、客はゴミを減らしやすくなります。

  • And saving those forks and napkins helps restaurants as well, since ultimately they're the ones who are paying for them

    フォークやナプキンを節約するのはレストランのためにもなります。最終的にはレストランの出費になるからです。

  • So if step one is reduce, or stop giving people stuff they don't need, then step two is reuse.

    ステップ1がリデュース、つまり不要な物を渡さないことなら、ステップ2はリユースです。

  • Let's make it easier for people to switch to reusable stuff.

    リユース可能な物への切り替えが簡単にできるようにしましょう。

  • UC Merced have made the switch to reusable takeout containers in their dining hall.

    カリフォルニア大学マーセド校は、食堂のテイクアウト容器をリユース可能な物に変更しました。

  • Reusable is always the way to go, if you think about it, if you're reusing this container and you're getting more uses out of it, although the cost upfront is larger, in the long run you're saving a lot of money.

    リユース可能というのが常にベストです。この容器をリユースして、より活用すれば最初のコストは高いですが、長期的に見ればたくさんのお金を節約しています。

  • although the cost upfront is larger, in the long run you're saving a lot of money.

    最初のコストは高いですが、長期的に見ればたくさんのお金を節約しています。

  • Julie Sagusay is the Food Services Manager and each year, about a third of the meals served at the dining hall are to-go meals.

    ジュリー・サグセイさんはフードサービス部長で、毎年食堂で出される食事の1/3がテイクアウトだと言います。

  • That adds up to about 350,000 single-use containers that they avoid using every year.

    合計すると、毎年約35万の使い捨て容器を節約していることになります。

  • When you want a meal to-go, you check out the container with your student card, like you would a library book

    テイクアウトしたければ、図書館で本を借りる時のように、学生カードで容器を借ります。

  • and then when you're done, you return it to one of these eight machines around campus.

    食べ終わったら、キャンパス内に8つある機械に容器を返却します。

  • A lot of universities and even a few hospitals have introduced reusable container systems like this.

    多くの大学や少数の病院でも、こういうリユース可能容器システムを導入しています。

  • There's even a company in Portland called GO Box that works with local restaurants to offer a reusable option for takeout food.

    ポートランドには、地元のレストランと共に、テイクアウトのリユース容器提供を推進するゴーボックスという会社もあります。

  • And it isn't just food containers .

    食べ物の容器だけではありません。

  • Reusable water bottles are one of the easiest ways to cut down on to-go trash.

    リユース可能なボトルは、テイクアウト関連のゴミを削減する最も簡単な方法の1つです。

  • Around the world, people buy a million plastic bottles each minute and most of them will end up in a landfill or the ocean.

    世界中で、毎分100万ものペットボトルが購入され、その大半は埋め立てゴミとなったり海に捨てられます。

  • It's so much smarter to just have one bottle.

    たった1本のボトルを使う方が、格段に賢明です。

  • It's really important that we get away from thinking of anything as a single-use.

    何であれ、使い捨てという考え方を捨てることが非常に大切です。

  • From 1987 to 2014, the amount of bottled water that Americans drink has quadrupled.

    1987年から2014年で、アメリカ人が飲むペットボトル水の量は4倍になっています。

  • So we drink more bottled water than milk or even beer.

    牛乳やビールよりも、ペットボトル水を多く飲んでいるのです。

  • And during this time, the classic water fountain we all know and love has pretty much fallen out of favor.

    皆知っていて好まれる典型的な水飲み器は、この間にその人気をかなり落としました。

  • That's partly because people are concerned about water safety

    その理由の一部は、人々が水の安全性を懸念しているからです。

  • Not to mention hygiene, right?

    衛生上の観点でもそうですね。

  • Concerns that Anne Perkins here has.

    アン・パーキンスの懸念です。

  • Kiss one water fountain drinker and you're kissing everyone in Pawnee.

    水飲み器で飲んだ人1人とキスするのは、つまりあらゆる人とキスすること。

  • Including him.

    あの彼も含めて。

  • But recently, that drinking fountainwell it's got a bit of a facelift.

    でも最近では、水飲み器も―改善されています。

  • Water bottle filling stations have been popping up, making it easier to get free, filtered water when you're on the go.

    ボトルに水を補充するステーションが建てられ、外出中に無料のろ過水を簡単に得られるようになっています。

  • UC Irvine installed 160 of these on campus and it's made a big difference.

    カリフォルニア大学アーバイン校には160台設置されており、大きな違いを生み出しています。

  • Each year, the campus avoids using roughly 3 million plastic bottles.

    毎年、キャンパスでは約300万本のペットボトルを節約できています。

  • Our disposable bottle water sales have dropped over 30% in the last couple of years just by people bring their own water bottle.

    マイボトルにより、過去2年でペットボトル水の売り上げは30%減少しました。

  • How could we change our processes little by little by little each year until they become the way we do things?

    やり方を毎年少しずつ変え、当然の方法として定着させるには、どうしたら良いでしょう?

  • It isn't done by just dealing with the trash at the end.

    最終的なゴミに対処するだけではありません。

  • It really is about changing culture.

    実際、文化を変えることなのです。

  • Today, UC Irvine is diverting 80 percent of their waste from landfills by focusing on reuse, composting, and recycling.

    今日、カリフォルニア大学アーバイン校ではリユース、コンポスト、リサイクルを重視し、80%のゴミを埋め立てから回避しています。

  • Zero waste is a possibility.

    ゴミゼロの可能性も見えています。

  • It's just never quitting.

    諦めないことです。

  • And cities across the country are trying to reach that goal too.

    国内の都市でも、その目標を達成しようと努力しています。

  • Achieving zero waste means building more robust recycling and composting programs.

    ゴミゼロの達成には、より確固としたリサイクル、コンポストプログラムが必要です。

  • But it also means rethinking all the stuff in our lives.

    生活における全ての事柄を見直すことも必要です。

  • How do companies package the things they sell us?

    企業は商品をどのように包装していますか?

  • Can they use a materials that are easier to recycle?

    リサイクルしやすい素材を使うことはできますか?

  • How do we make it easier for people to switch to reusables?

    リユース可能な物へのシフトを簡単にするにはどうしたら良いですか?

  • So really take a look at what you're throwing away at the end of a meal and pick one thing.

    食事後に捨てようとしている物をよく見て、1つ選んでください。

  • Maybe it's saying no to bags or maybe it's carrying around a reusable bottle.

    袋が不要というのもいいですし、リユース可能なボトルを持つというのもいいかもしれません。

  • It may seem like a trivially small thing, but it is part of a larger cultural shift.

    ほんの小さなことに思えるかもしれませんが、より大きな文化を変える動きの一部なのです。

  • Every plastic cup or plastic straw that doesn't need to be made, every tree that doesn't need to be cut downall of it helps us reduce global warming.

    作られる必要のないプラスチックカップやストロー、伐採される必要のない木―その1つ1つが地球温暖化の抑制に貢献します。

  • There's a lot simple ways to reduce your trash.

    ゴミを減らすには、たくさんの単純な方法があります。

  • Watch my interview with Lauren Singer who can fit four years worth of trash, no kidding, into a single jar.

    ローレン・シンガーさんとのインタビュービデオを見てください。彼女は冗談抜きで、4年分のゴミを1個の瓶に入れられるんです。

  • And check out climate.universityofcalifornia.edu for other global warming solutions.

    地球温暖化の他の解決策については、climate.universityofcalifornia.eduを見てくださいね。

Who doesn't love takeout food?

テイクアウトが嫌いな人なんていないでしょう?

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox ゴミ 容器 リサイクル 使い捨て ペットボトル

環境に優しいテイクアウトの方法を考える (Takeout creates a lot of trash. It doesn't have to.)

  • 14978 1770
    kiki に公開 2018 年 08 月 13 日
動画の中の単語