Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • (laid-back electronic music)

    レイドバックエレクトロニックミュージック

  • - Hello, everyone, and welcome back to English with Lucy.

    - 皆さんこんにちは、ようこそ ルーシーと一緒に英語に戻る

  • Today, I've got a video that I've never really done before.

    今日は、その動画の中で 今まで本当にやったことがありません。

  • I've never really spoken about writing, as far as I know.

    については、あまり話したことがありません。 私の知る限りでは

  • So, this one has been highly requested.

    ということで、こちらはリクエストが多かったです。

  • I know a lot of you are doing your IELTS exams,

    多くの方が IELTSの試験をしています。

  • so I have got seven top tips

    だから私は7つのトップのヒントを持っている

  • that are going to help you improve your writing.

    お役に立てる あなたの文章が上達します。

  • Quickly, before we get started, I'd just like to thank

    急いで、私たちが得る前に 始まりました、ありがとうございました

  • the sponsor of today's video, Lingoda.

    今日の動画のスポンサー、リンゴダ。

  • Lingoda is an amazing online language academy.

    リンゴダはすごい オンライン語学アカデミー。

  • They don't just teach English;

    英語を教えてくれるだけではありません。

  • they also teach Spanish, German, and French.

    スペイン語も教えてくれます。 ドイツ語、フランス語。

  • You can subscribe to Lingoda on a monthly package basis,

    Lingodaを購読することができます。 月々のパッケージ単位で。

  • and you will gain access to a combination

    の組み合わせにアクセスできるようになります。

  • of both group and private video lessons

    グループレッスンと個人レッスンの両方の

  • with real, qualified, native teachers.

    本物の資格を持ったネイティブの先生と

  • It's actually highly relevant to this video,

    それは、実際には非常に この動画に関連する

  • because you really, ideally want somebody

    理想的には誰かが必要だから

  • to check through your writing.

    を使って、あなたの書き込みをチェックしてみてください。

  • So, in your private lessons on Lingoda,

    そこで、陵田の個人レッスンでは

  • you can mention that you'd like them

    と言ってもいい

  • to look at your writing,

    あなたの文章を見てみましょう。

  • and that's what you can focus on for that lesson.

    それができるのは そのレッスンのために焦点を当てています。

  • Lingoda has given all English with Lucy subscribers

    リンゴダはすべてを与えた ルーシーの加入者との英語

  • a special discount; you can get $50 or €50

    特別割引、50ドルまたは50ユーロを取得することができます。

  • off your first month at Lingoda.

    リンゴダでの最初の月をオフにします。

  • All you have to do is click on the link

    リンクをクリックするだけでOK

  • in the description box and apply this code at checkout.

    説明ボックスに入力して チェックアウト時にこのコードを適用します。

  • Let's get started with the lesson.

    さっそくレッスンを始めてみましょう。

  • So, my first tip for improving your writing

    そこで、私の最初のヒントは 文章力向上

  • is keep it simple.

    はシンプルに保つことです。

  • Now, I know this seems really, really obvious,

    今、私はこれを知っている 本当に、本当に当たり前のことです。

  • but I always say to my students simple done accurately

    が、私はいつも言っている 学生は簡単に正確に行われます

  • is better than complicated done inaccurately.

    は複雑な 不正確に行われます。

  • In other words, it's better to keep things simple

    言い換えれば、それはより良い 簡素化するために

  • and do it well, rather than over-complicate everything

    とかではなく、上手にやってください。 こねくりまわす

  • and do it badly.

    をして、下手にやってしまう。

  • So, in English writing exams,

    だから、英作文試験では

  • you want to show off your English,

    英語を見せびらかしたいのか

  • but you want to show off your accurate English,

    でも、見せびらかしたい あなたの正確な英語

  • not all this English that you don't know

    知らない英語ばかりではない

  • or haven't learnt yet.

    またはまだ学んでいない。

  • Now, that leads me on to point number two.

    さて、それでは、ポイント2に進みます。

  • In order to avoid making mistakes in your writing,

    作らないようにするために あなたの文章の間違い

  • it's a really, really good idea

    いい考えだ

  • to have a collection of set phrases and keywords

    揃える セットフレーズとキーワード

  • that you can use in that exam.

    その試験で使えるような

  • So, my tip number two is prepare key phrases.

    だから、私のヒントその2 はキーフレーズを準備します。

  • Now, you do have to be careful with this.

    さて、これには気をつけなければならないことがあります。

  • You don't want to rehearse what you're going to write,

    リハーサルはしない方がいい 何を書こうとしているのか

  • but you do want to have a nice selection of things

    を持っていたいと思っています。 選りすぐり

  • that you could possible say if the time arises.

    かもしれない 時が来れば言う。

  • Now, especially on the IELTS exam,

    今は特にIELTS試験で

  • and I know a lot of you are studying for this

    そして、多くの方が このために勉強している

  • but this really goes for any academic writing exam,

    然しながら どのようなアカデミックライティングの試験でも

  • you want to have linking words and key phrases prepared.

    リンクワードが欲しい場合 とキーフレーズを用意しました。

  • Now I'm going to give you a list

    今からリストをあげよう

  • with two examples for each point.

    を、各ポイントごとに2つの例を挙げて説明します。

  • It doesn't cover everything that you need to know,

    それはすべてをカバーするものではありません 知っておくべきこと

  • but if you study everything in the list,

    が、リストの中の全てを勉強すれば

  • you will be much, much more prepared

    備えあれば憂いなし

  • for your English writing exam.

    英作文試験のために

  • So, pay attention, and if there's any point that you think,

    だから、注意を払って、もし 思うところがあるんじゃないかな?

  • "I really could expand on that,"

    "私は本当にそれを拡大することができました"

  • go and do your research, and prepare yourself.

    行って調べてきて と準備をしておきましょう。

  • You want to make sure that you have a variety

    確認したいんですよね。 お持ちの

  • of different ways to ...

    し方が違う

  • compare: "in the same way," "at the same time,"

    を比較してみてください。"同じように どうやって」「同時に」

  • contrast: "on the contrary," "however,"

    対照的に」と言っています。"にもかかわらず

  • give examples: "for instance," "to illustrate,"

    例を挙げてみましょう。"のために 例示

  • give your opinion: "from my perspective,"

    あなたの意見を言って"私から見て"

  • "from my point of view,"

    "私から見れば

  • generalise: "overall," "all things considered,"

    一般化する "どう考えても

  • to express certainty: "undoubtedly," "of course,"

    確実性を表現するために "間違いなく" "もちろん"

  • to express partial agreement: "in a way," "to some extent,"

    を使って部分的な同意を表現します。 "ある意味で" "ある程度"

  • to show cause: "owing to," "due to,"

    原因を示すために"に起因する

  • to show effect: "for this reason," "consequently,"

    此れを以て 理性」「結果として」

  • to mark time: "to begin with," "following this,"

    時を刻むために"始めるには "with"、"following this"、"これに続く"

  • to add information: "furthermore," "moreover,"

    を使って情報を追加します。 "さらに"、"さらに"、"さらに"

  • to express condition: "unless," "provided that,"

    条件を明示するために "なければ", "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ" "なければ

  • and to conclude: "in summary," "in short."

    と結論を出しました"要約すると" "要するに"

  • So that's just a very brief list

    だから、それは非常に簡単なリストです。

  • showing you exactly what you need to study

    勉強の仕方を教えてくれる

  • to be fully prepared for any English writing exam.

    備えあれば憂いなし どの英作文試験でも

  • Now, point number three, and definitely,

    さて、ポイント3、間違いなく。

  • definitely, definitely for academic writing,

    紛れも無く アカデミックライティングのための

  • i.e. English tests or university pieces,

    例えば、英語のテストや大学の作品など。

  • do not use contractions.

    短縮形を使用しないでください。

  • Or is that don't use contractions?

    それとも、それは縮約を使わないということなのでしょうか?

  • So, cannot to can't,

    だから、canto can't to can't。

  • do not to don't,

    してはいけないしてはいけない

  • shall not to shan't,

    しなければならないのではなく、しなければならないのです。

  • I am to I'm, these are all examples of contractions,

    I am to I'm, these are all 短縮形の例。

  • and in your writing exams you want to avoid these.

    と筆記試験で これらを避けたいのですね。

  • I know that you guys really, really, really

    あなた達のことは知っています まじでまじで

  • want to keep your word count down

    語数を減らしたい

  • because you are restricted,

    なぜなら、あなたは制限されているからです。

  • and you want to show off as much as you possibly can,

    と見せびらかしたいのでしょう。 可能な限り

  • but I've got lots of tips for reducing your word count

    でもヒントはたくさんある 単語数を減らすために

  • coming up, so make sure that you do not feel tempted

    来たるべき 誘惑に負けないように

  • to include contractions in your academic writing.

    収縮を含むように 学術的な文章を書く際に

  • So, tip number four, reduce your word count.

    だから、ヒントの4番。 単語数を減らしてください。

  • Use as few words as possible.

    できるだけ少ない言葉を使いましょう。

  • Completely contradictory, because I've just told you

    完全に矛盾している。 だってさっき言ったじゃないですか

  • that you should not use contractions.

    陣痛を使ってはいけないということを

  • But I've got some really, really good mini tips

    でも、本当にいくつかあるんです。 凄く良いミニのヒント

  • within this big tip to help you keep your word count down

    この大きなヒントの中で 語数を抑える

  • and your English level up.

    と英語のレベルアップ。

  • The first one is avoid these dead weight words

    を避けることができます。 此の重さの言葉

  • like "very," "so," "a lot," "really."

    "とても" "そう" "たくさん" "本当に"

  • I have mentioned this before in a video,

    以前にも動画で触れたことがあります。

  • but if you want to show off your English,

    でも、英語力をアピールしたいなら

  • avoid these; they're pointless.

    これらを避けるためには、これらは無意味です。

  • They are empty calories in English.

    英語では空っぽのカロリーです。

  • Replace them, instead, with a strong word.

    代わりに強い言葉に置き換えてみてください。

  • So instead of saying "really happy,"

    だから、「本当に嬉しい」という言葉の代わりに

  • I would say, "I am elated."

    私なら "高揚している "と言います。

  • Instead of saying "so scared," I would say "terrified."

    "とても怖い "と言うのではなく、"とても怖い "と言うのです。 私は "恐怖 "と言いたい

  • Okay?

    いいですか?

  • So, by using strong words and avoiding these boring words,

    そこで、強い言葉を使うことで これらのつまらない言葉を避けるために

  • you can reduce your word count by a fair bit.

    ことばを減らすことができる かなりの割合でカウントされます。

  • Now, another way to really reduce your word count

    さて、別の方法で本当に 語数を減らす

  • but really improve the quality of your writing

    が、本当に改善されます。 文章力

  • is avoiding "there is" and "there are."

    は "ある "と "ある "を避けている。

  • We want everything to be as clear as possible,

    私たちは、すべてのものを をできるだけ明確にしてください。

  • and sometimes "there is" and "there are"

    と、ときには「ある」「ある」と

  • can act as fillers; they add extra words to our sentences.

    充填剤として機能することができます。 私たちの文章に余分な単語を追加します。

  • So, I'm going to give you an example

    ということで、例を挙げてみますと

  • so you can see this and bear it in mind

    これを見て心に留めておけばいい

  • next time you're doing an academic piece of writing.

    次回の 学術的な文章

  • Sentence one: there are many problems that we may encounter.

    センテンス1:多くの人がいます 遭遇する可能性のある問題

  • There are many problems that we may encounter.

    多くの問題を抱えている 私たちが遭遇するかもしれない

  • Sentence two: We may encounter many problems.

    センテンス2私たちは 多くの問題に遭遇します。

  • We may encounter many problems.

    多くの問題に遭遇するかもしれません。

  • The first sentence has eight words.

    最初の文には8つの単語があります。

  • The second sentence has five words.

    2文目には5つの単語が入っています。

  • You have reduced your word count, and you have increased

    あなたはあなたの言葉を減らしました 数が増えた

  • the quality and the clarity of your writing.

    質と あなたの文章の明快さ

  • So, make sure you apply this in your next exam.

    だから、必ず申請してください。 次の試験ではこれを

  • Number five, read ...

    ナンバー5は、読んで...

  • the right documents.

    正しい書類を

  • Read the right pieces of writing.

    正しい文章を読む。

  • I know many of you like to read in your spare time,

    が好きな方も多いと思いますが を暇つぶしに読んでみてはいかがでしょうか。

  • you like to do it for fun,

    あなたが好きなのは遊びでやっていることですよね。

  • and a lot of you will read books in English,

    と多くの方が 英語で本を読む

  • which is amazing for improving you spelling

    驚くべきことに つづりがよくなる

  • and improving your vocabulary as well.

    と同様に語彙力を向上させます。

  • But if you're trying to get a good score

    しかし、良い点数を取ろうとすると

  • in an academic writing exam,

    アカデミックライティングの試験で

  • you might not be reading the right kind of thing.

    読めないかもしれない 然るべきもの

  • Look at the potential pieces of writing

    書き込みの可能性のある作品を見る

  • that they're going to ask you to do.

    と頼まれることになる。

  • Are they asking you to write article, reports, essays?

    書けと言われているのでしょうか? 記事、レポート、小論文?

  • Maybe they're asking you to write all three.

    尋ねているのかもしれない 3つとも書いてください。

  • If they are, read all three.

    もしそうなら、3つとも読んでみてください。

  • You need to go online or go to your library

    オンラインにする必要があります。 または図書館に行く

  • and read articles, read reports,

    と記事を読んだり、レポートを読んだり。

  • read essays, read reviews.

    エッセイを読む、レビューを読む

  • Do everything you can to familiarise yourselves

    できる限りのことをして 馴染む

  • with all the styles of writing.

    あらゆる文体で

  • Number six is one that you will have heard in school

    6番は、あなたが 学校で聞く

  • so many times; but, I've worked as a teacher

    何度も言うけど 教師として働いてきました

  • for many, many years, and I get so frustrated

    何年も何年も 悔しくて悔しくてたまらない

  • with silly, stupid mistakes

    くだらない失敗をして

  • that I know that my students know.

    生徒が知っていることを

  • They don't make these mistakes when they're speaking,

    彼らはこのような間違いを犯さない 彼らが話している時に

  • so why do they make them when they're writing?

    なのになぜ彼らは彼らを作るのか 書いている時は?

  • So many times I've gone and I've prepared a lesson

    何度も行っているので とレッスンを用意しました。

  • because I've seen that there were some very clear mistakes

    があるのを見てきたから はっきりとしたミスがあった

  • in my students' writing.

    私の生徒の文章の中で

  • And I prepare a lesson to correct this mistake,

    そして、私はレッスンを準備します。 この間違いを訂正するために

  • and when I go to teach it they say,

    と教えに行くと言われます。

  • "But teacher, we already know this; this is baby stuff."

    "でも 先生 もう知ってますよ "これは赤ちゃんのものだ"

  • And it's because they don't check their work.

    そして、それは彼らが 彼らの仕事をチェックしないでください。

  • I have a clear example of this.

    私にはわかりやすい例があります。

  • I used to work as a proofreader.

    以前は校正の仕事をしていました。

  • I used to check through documents

    以前は書類でチェックしていたのですが

  • before they got sent off to publishers

    出版社に送られる前に

  • to make sure that they were all correct,

    を確認してみました。

  • that there was no spelling mistakes,

    誤字脱字がなかったこと

  • there were no grammar mistakes,

    文法の間違いはありませんでした。

  • there was nothing, nothing wrong, they were all perfect.

    無きにしも非ず 間違っていたが、みんな完璧だった。

  • And I was amazing at doing this.

    そして、これをやっている自分がすごかった。

  • I could get every single mistake.

    いちいちミスが出てくることもありました。

  • Just by looking at a document from a distance

    を見るだけで 遠目から見た文書

  • I could pick out those errors.

    私はそれらのエラーを拾うことができました。

  • However, if you follow me on Instagram,

    しかし、インスタグラムでフォローしてくれている方は

  • you will see that I make spelling and grammar mistakes

    見ての通り 誤字脱字

  • all the time.

    いつも

  • Why?

    なぜ?

  • Because I don't check; I don't check my writing.

    なぜなら、私はチェックしないからです。 自分の文章をチェックしないからです

  • I am a native English speaker, and I make spelling mistakes.

    私は英語を母国語としています。 とスペルミスをしてしまいます。

  • Granted, many of them are due to auto-correct on my phone,

    その多くは を使って、私の携帯電話でオートコレクトしてみました。

  • which I am battling with.

    と戦っています。

  • But a lot of them are my fault.

    でも、その多くは私のせいです。

  • And I don't check them, so I don't see them.

    そして、私はチェックしない。 だから私は見ていません。

  • I know when you finish an exam, you're like,

    終わった時にはわかる 試験があると、あなたのように

  • "Ugh, I'm done; I want to move on to the next question,"

    "うっ、私は終わった、私はしたいです。 "次の質問に移る"

  • but you can avoid so many point deductions

    とか言ってるけど、これだけ減点されても仕方がない

  • just by checking through your work,

    作品をチェックするだけで

  • so please, please, please, make it your absolute priority.

    なので、お願いします、お願いします。 それを絶対的な優先順位にしてください。

  • I personally think it's much better if you write less

    個人的にはもっと 書けば書くほど良い

  • and check more; fewer words, higher accuracy.

    と、より多くのチェック、より少ない 言葉、より高い精度。

  • And I know normally I promote fluency over accuracy,

    そして、私は通常、私が促進することを知っています。 正確さよりも流暢さ。

  • but not in writing exams.

    しかし、筆記試験ではありません。

  • In writing exams, you want perfection.

    筆記試験では、完璧を求めます。

  • Now, number seven is perhaps the most relevant

    さて、7番は いちばん関係があるかもしれない

  • and the most difficult of all, especially if you're in

    そして、最も困難な にいる場合は特に

  • really remote parts of the world.

    本当に辺鄙なところで

  • Number seven is write and get it checked.

    7番は書いてチェックしてもらう

  • Write and get it checked.

    書いてチェックしてもらう。

  • And unfortunately, the getting it checked thing

    そして、残念ながら けんさつけ

  • is a lot harder than it seems.

    は意外と大変なんです。

  • You want to write as much as possible,

    なるべく書きたいと思っていますよね。

  • checking it, of course.

    もちろん確認しています

  • It used to really annoy me when my students

    それは本当に悩まされていました 門下生の時には

  • would come in with five essays.

    は5つのエッセイを持ってくるだろう。

  • I was so happy that they'd done that,

    と思っていたのですが、それをやってくれたことがとても嬉しかったです。

  • but then I saw that they'd made loads and loads

    と思っていたのですが、見てみると 積み荷にして積み荷にして

  • of stupid mistakes, and I just thought,

    くだらないミスをしていて、ふと思った。

  • "Ugh, why didn't you check it?

    "うっ、なんで確認しなかったの?

  • "I'm just correcting the same thing over and over again."

    "同じように修正しているだけ "何度も何度も"

  • But write as much as you can, check it,

    でも、書けるだけ書いて、チェックしてください。

  • and then see if you can find somebody to correct it.

    を見てみましょう。 訂正してくれる人を探して

  • Now, I'm not saying find a complete stranger.

    今、私が言っているのは 見ず知らずの人

  • It's got to be in their interest to correct it as well.

    彼らの中にあるはずだ それを修正することにも興味があります。

  • I personally think it's very unlikely

    個人的には非常に可能性が低いと思っています

  • that you're going to find a random teacher on the internet

    を見つけることができます。 ネットの先生

  • that will be willing to check your writing for free.

    吝かではない あなたの文章を無料でチェックしてみましょう。

  • However, there are lots of services and pen pal sites

    しかし、たくさんの サービスとペンパルサイト

  • if it's like a mutual exchange.

    相互交換のようなものであれば

  • If you find somebody who wants to learn your language

    誰かを見つけたら あなたの言葉を学びたい

  • and they can help you with your English,

    と、英語のお手伝いをしてくれます。

  • then you can do that.

    ならば、そうすればいいのではないでしょうか。