Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Cities are a big deal: we pretty much all have to live in them;

    都市は大きな問題です:私たちはほとんどすべての人がそこに住まなければなりません。

  • We should try hard to get them right.

    頑張って揃えよう。

  • So few cities are nice; very, very few out of many thousands are really beautiful.

    何千もある都市の中で、本当に美しい都市はほとんどありません。

  • Embarrassingly, the more appealing ones tend to be old,

    恥ずかしいことに、魅力的なものほど古いものになりがちです。

  • which is weird because we're mostly much better at making things now: cars, planes, or phones.

    車、飛行機、携帯電話など、今ではほとんどのものを作るのが得意になっているから不思議です。

  • Why not, then, cities?

    ではなぜ、都市ではないのか?

  • It's crazy to settle for this and to leave something so important to chance.

    これで決着をつけて、大切なものをチャンスに任せるなんて、どうかしている。

  • We need to get more scientific and identify the principles that determine how a city gets to be pretty or ugly.

    もっと科学的になって、都市がどのようにしてきれいになるか、醜くなるかを決める原理を見極める必要があります。

  • It's not a mystery why we like some cities so much better than others.

    なぜ他の都市よりも好きな都市があるのかは不思議ではありません。

  • This is a manifesto about how to make attractive cities.

    魅力的な都市の作り方についてのマニフェストです。

  • There are six fundamental things a city needs to get right.

    都市が正しくあるべき6つの基本的なことがあります。

  • 1. Not too chaotic; Not too ordered

    1.あまりにも混沌としていない; あまりにも整然としていない

  • One of the things we really love in cities is order.

    私たちが都市で本当に大切にしていることの一つに秩序があります。

  • Order means balance, symmetry and repetition;

    秩序とは、バランス、対称性、反復性を意味します。

  • it means the same thing happening again and again, and the left side matching the right side.

    同じことが何度も起きて、左側が右側と一致することを意味しています。

  • Order is one of the reasons so many people love Paris.

    秩序は、多くの人がパリを愛する理由の一つです。

  • But most cities are a complete mess.

    しかし、ほとんどの都市は、完全に滅茶苦茶になっています。

  • When it's a mess, it seems like no one is in charge.

    ごちゃごちゃしていると、誰も担当者がいないような気がします。

  • And that's worrying.

    そして、それが気になる。

  • It's horrible when everything is jumbled up.

    全てがごちゃごちゃになっていると恐ろしいですね。

  • A pitched roof next to a flat roof,

    平屋の隣にある屋根の葺き替えです。

  • a stark geometrical box next to a muddled car park,

    濁った駐車場の横にある粗末な幾何学的な箱。

  • high rise towers that look as if they've been placed at random, like teeth in a gaping mouth.

    無造作に置かれたように見える高層タワー、口の隙間に歯が入っているように見える。

  • We generally have an itch to straighten things out,

    私たちは一般的に、物事をまっすぐにしたいという気持ちがあります。

  • and when we can't, it's frustrating.

    それが出来ない時は悔しい

  • The same urge is there when we look at cities.

    都市を見ても同じような衝動がある。

  • Often, it's not skyscrapers that we mind in the city,

    都会で気になるのは高層ビルではないことが多い。

  • it's skyscrapers that have been dumped without planning,

    無計画に捨てられた超高層ビル群だからな。

  • like they are increasingly in London,

    彼らはますますロンドンであるように。

  • whereas New York or Chicago shows the ordered way that we love.

    ニューヨークやシカゴでは、私たちが愛している秩序のある方法を示しています。

  • However, you have to keep something else in mind:

    しかし、他にも気をつけなければならないことがあります。

  • excessive order can be just as much of a problem.

    過剰な注文も同じように問題になることがあります。

  • Too much regularity can be soul destroying.

    規則性がありすぎると魂が破壊されてしまいます。

  • Too much order feels rigid and alien.

    秩序がありすぎると、硬直した異質な感じがします。

  • It can be bleak, relentless, and harsh.

    殺伐とした、容赦のない、厳しいものになることもあります。

  • So the ideal we're seeking is variety and order.

    だから、私たちが求める理想は、バラエティと秩序なんです。

  • This is the idea in a square in Telč in the Czech Republic:

    チェコのテルチの広場にあるアイデアです。

  • where every house is the same width and height

    一軒家一色

  • but within that ordered pattern,

    しかし、その秩序化されたパターンの中では

  • every house has been allowed freedom at the level of form and colour

    家々には形と色の自由がある

  • or in Java-eiland in Amsterdam where the pattern is quite strict:

    またはアムステルダムのJava-eilandでは、パターンが非常に厳しいです。

  • each house has the same height and width,

    どの家も同じ高さと幅を持っています。

  • the color range is restricted,

    は色の範囲が制限されています。

  • but within this grid, each unit is completely individual.

    しかし、このグリッドの中では、各ユニットは完全に個々のものです。

  • We're perfectly in the middle between chaos and boringness here.

    ここはカオスと退屈の中間に位置している

  • And that's what humans adore.

    そして、それが人間の憧れです。

  • That's what more and more cities should have:

    それは、もっともっと多くの都市が持つべきことです。

  • order and variety.

    秩序と多様性。

  • So as a general rule:

    だから、原則として

  • too much mess, and it's off putting,

    ごちゃごちゃしすぎていて、見苦しい。

  • but too much simple order, and it's boring.

    が、単純な注文が多すぎてつまらない。

  • What we crave it's organized complexity

    私たちが切望するのは......組織化された複雑さ

  • which you can see as much here:

    ここにもあるように

  • as here:

    ここのように

  • Now, for the second thing that makes cities beautiful:

    さて、都市を美しくする2つ目のこと。

  • they have to have visible life.

    彼らは目に見える命を持っていなければなりません。

  • There are streets that are dead and streets that are alive

    死んだ通りと生きている通りがある

  • and in general, we crave the live ones.

    と、一般的には生身のものを切望しています。

  • This is a live street in Hong Kong.

    香港のライブストリートです。

  • This is a live scene in Venice.

    ヴェネツィアのライブシーンです。

  • In the 18th century, the painter Canaletto

    18世紀には、画家のカナレットが

  • specialized in pictures of cities everyone loved

    みんなが大好きな街の写真に特化した

  • because they're full of life.

    生命力に満ち溢れているからだ。

  • There's always plenty going on.

    いつもたくさんのことが起きています。

  • In this painting we can see a stonemason's yard.

    この絵には石工の庭が描かれています。

  • The work sheds are rough, but they're charming.

    作業小屋は荒れていますが、愛嬌があります。

  • It's fascinating to see what people are up to.

    人の気持ちがわかるのは魅力的ですね。

  • How do they load those huge blocks onto the gondolas?

    どうやって巨大なブロックをゴンドラに積むんだ?

  • The life of the city is on display,

    都会の生活が展示されています。

  • and we're primed to love this.

    そして、私たちはこれを愛する準備ができています。

  • Contrast this with dead streets of many modern cities.

    これを多くの近代都市のデッドストリートと対比させてみてください。

  • Today, the places where a lot of the work gets done

    今日では、多くの作業が行われる場所は

  • look dull and dead.

    鈍くて死んだような顔をしている。

  • They're spaced out along huge highways,

    巨大な高速道路に沿って間隔を空けている。

  • and you never go there unless you happen to work there yourself

    と、自分で仕事をしない限り絶対に行かない

  • because there's nothing to see.

    見るものがないから

  • And most office buildings are brutally anonymous;

    そして、ほとんどのオフィスビルは残酷なまでに匿名性が高い。

  • the people inside might be working in all sorts of fascinating stuff,

    中の人はいろんな魅力的なことに取り組んでいるのかもしれません。

  • but we just don't know, and it's disorienting and cold.

    と言っても、わからないだけだし、混乱して寒いし。

  • The street levels are dead.

    通りのレベルが死んでる

  • Contrast this with the streets we all love,

    みんなが大好きな街並みと対比させてみてください。

  • where you can see things going on: a bakery,

    続いているものを見ることができる場所:パン屋さん。

  • a cobbler's shop, and markets selling carpets, a burger bar, a bookshop;

    絨毯やハンバーガーバー、本屋などを販売しています。

  • these are streets we love because they're full of life.

    私たちが愛してやまない街並みです。

  • More and more, in modern cities, we've hidden life away.

    ますます現代の都市では、私たちは人生を隠してしまっています。

  • We have lots of dead sheds, and dead towers,

    枯れた小屋や枯れた塔がたくさんあります。

  • connected up by dead motorways where you can barely glimpse your fellow humans.

    枯れた高速道路で結ばれていて仲間の姿がほとんど見えません。

  • Rather than the old alleyways where you can see people at work,

    むしろ仕事中の人の姿が見える古い路地裏よりも

  • look them in the eye as they walk down the road

    目を細めて道を歩く

  • and feel connected to others.

    と他人とのつながりを感じることができます。

  • Modern planners have become obsessed by

    現代のプランナーは

  • hiding technology

    隠蔽技術

  • rather than trying to make it nice to look at.

    見た目を良くしようとするよりも

  • Today we'de be outraged if we heard a huge pipeline

    今日は巨大なパイプラインの音を聞いたら 激怒するだろうな

  • was gonna be slapped across a lovely river;

    素敵な川を渡って平手打ちされそうだった。

  • we'd be up in arms!

    怒られても仕方がない

  • But we book trips to go and see the Roman Pont du Gard in southern France.

    でも、南フランスのローマ時代のポン・デュ・ガールを見に行く旅行を予約しています。

  • That's because it's built for beauty and practicality.

    美しさと実用性を追求して作られているからです。

  • We think it's the pipe we hate. It's not.

    私たちが嫌いなパイプだと思っています。そうじゃない

  • It's just the ugliness.

    ただの醜さだよ。

  • So let's make sure our streets are full of life,

    だから、私たちの街を充実させましょう。

  • full of people doing stuff you can see through the windows.

    窓から見えるものをやっている人でいっぱい。

  • That's what make certain cities so attractive to walk along:

    それが特定の都市の歩き方を魅力的にしているのです。

  • the work is on show,

    作品が展示されています。

  • the people are proud of what they're doing

    民衆の誇り

  • and happy to let the world notice and appreciate

    世間の目に触れて喜ぶ

  • the practical side of things.

    現実的な面での

  • There's a third principle of good cities:

    良い街の第三原則があります。

  • They are compact.

    コンパクトにまとまっています。

  • In the past, being able to be alone

    昔は一人でいられることが

  • or just with your partner or family, was at first, a huge achievement.

    あるいは、パートナーや家族と一緒にいるだけでも、最初は大きな成果でした。

  • Only the largest class, the poor, lived huddled together

    貧乏人と呼ばれる最大の階級だけが、身を寄せ合って暮らしていた。

  • and it was horrid.

    と恐ろしいことを言っていました。

  • As soon as people had money, they wanted to move out,

    人々はお金を持っているとすぐに引っ越しをしたくなりました。

  • and have their own plots.

    と独自のプロットを持っています。

  • Through the later decades of 20th century,

    20世紀後半の数十年を通して

  • more and more people tucked themselves away in a private realm.

    プライベートな領域に引きこもっている人が増えています。

  • And it's been a disaster.

    そして、それが災いした。

  • It's become deadly, cold, and boring,

    殺伐とした寒さでつまらなくなってきた。

  • and very, very wasteful on the environment.

    と、環境面で非常に非常にもったいないことをしています。

  • A compact city like Barcelona

    バルセロナのようなコンパクトな都市

  • swallows a fraction of the energy

    エネルギーの何分の一かを飲み込む

  • of a sprawling one like Phoenix, in Arizona.

    アリゾナのフェニックスのような広大なものの

  • We've built a world of endless dead dormitory suburbs

    無限に続く枯れた寮郊外の世界を築いてきた

  • connected by sterile wide motorways

    ぞくぞくとつないで

  • all because we labor under the false impression

    勘違いしているから

  • that we want to be far away from other people.

    人と離れていたいという気持ちを

  • But in fact it's wonderful to have the balancing moderating influence of living close to other people in uplifting surroundings.

    しかし、実際には、高揚した環境の中で、人と人との距離を縮めて生きていくというバランスのとれた適度な影響力を持っているのは素晴らしいことだと思います。

  • That's why we need tightly packed, well-ordered cities

    だからこそ、タイトに詰め込まれた整然とした都市が必要なのです。

  • with lots of squares in public places in which we can hang out.

    ぶらぶらできる公共の場所にたくさんの広場があります。

  • All the most beautiful compact cities have squares.

    最も美しいコンパクトな都市はすべて正方形を持っています。

  • Yet, the art of the square has gone into terrible decline.

    しかし、広場の芸術はひどい衰退を遂げています。

  • We keep promoting the invention of mobile phones,

    携帯電話の発明を広め続けています。

  • but no one's built a good square anywhere on this planet for decades.

    しかし、誰も何十年もこの地球上のどこにも良い広場を作っていません。

  • It's not rocket science though.

    ロケット科学ではありませんが。

  • Look at the Piazza di Santa Maria in Trastevere, Rome.

    ローマのトラステヴェレにあるサンタマリア広場を見てみましょう。

  • It's a public place, but intimate and closed enough to feel like an extension of your home.

    公共の場でありながら、自宅の延長線上にあるように感じるほど親密で閉鎖的な場所です。

  • Lounging about here, having a coffee or a beer, reading a paper,

    ここでのんびりしたり、コーヒーやビールを飲んだり、新聞を読んだり。

  • you get to be around other people,

    他の人と一緒にいられるようになる

  • their moderating, cheering affect is restoring.

    彼らの穏健化、応援の効果は回復しています。

  • It takes you away from the over intense, couple obsessed atmosphere of the home.

    激しすぎてカップルに取り憑かれたような雰囲気の家庭から、あなたを連れ出してくれます。

  • There's an art to a good square:

    良い広場には芸術がある。

  • it should be neither too big nor too small,

    大きすぎても小さすぎてもいけません。

  • anything over 30 meters in diameter starts become too large

    直径30メートル以上のものが大きくなり始める

  • by which we mean: the individual become overly small relative to the space around them,

    私たちが意味するところでは、個人が周りの空間に対して過度に小さくなります。

  • creating a sense of alienation and dislocation.

    疎外感と違和感を生み出す。

  • In a good square you should be able to see the face of a person across the square,

    良い広場では、広場を挟んで人の顔が見えるようにしなければなりません。

  • You could if need be hail someone walking on the other side.

    必要なら反対側を歩いている人を 呼ぶこともできますよ

  • The ideal square must offer a feeling of containment, but not claustrophobia.

    理想的な広場は、閉所恐怖症ではなく、閉塞感を提供しなければなりません。

  • There's another principle of good cities to do with orientation and mystery.

    もう一つの良い街の原理は、方位と謎に関係しています。

  • By definition, cities are huge,

    定義上、都市は巨大です。

  • but the cities that a lot of people love also have lots of little back streets

    でも、多くの人に愛される街には、小さな裏通りもたくさんあります。

  • and small lanes where you can feel cozy and get a bit lost.

    と、居心地の良い小さな路地に迷い込んでしまいます。

  • We're drawn to the sense of mystery and enclosure that these streets offer.

    私たちは、これらの通りが提供する神秘的で閉鎖的な感覚に引き寄せられています。

  • It's actually lovely to get a bit lost.

    迷ってしまうのも実は素敵なんです。

  • A warren of alleyways can feel homely and intimate.

    路地裏の戦場は、アットホームで親密な感じがします。

  • At Cartagena, in Colombia,

    コロンビアのカルタヘナで

  • the balconies nearly touch across the street-

    バルコニーは通りを挟んでほぼ接触している

  • you can see your neighbors having breakfast, you know when they've gone to bed,

    近所の人が朝食を食べているのを見れば、いつ寝たのかわかる。

  • what time the children do their homework on a Sunday evening.

    日曜日の夜、子どもたちが何時に宿題をするのか

  • The fact that everyone is little bit on display a lot of the time tends to make people nicer.

    みんながちょっとしたことで多くの時間を表示しているということは、人をより良くする傾向があります。

  • They don't shout at each other quite so much.

    怒鳴り合うことはあまりありません。

  • They put flowers on the table more often.

    テーブルの上に花を置くことが多くなりました。

  • We like it, but we forget that we do, and we don't quite know how to ask for it.

    好きなんだけど忘れてしまって、どうやって頼んだらいいのかよくわからない。

  • Modern planners and developers give us maximum privacy

    現代のプランナーと開発者は、私たちに最大限のプライバシーを与えてくれます。

  • because they suppose that's what we all want,

    それが皆の望みだと思っているからだ

  • and because they insist that cars and lorries, which like a lot more space than people,

    と、人よりも多くのスペースが好きな車やトラックを主張しているからです。

  • are the most important things in the world.

    が一番重要なのです。

  • Of course we need balance between small streets and big ones.

    もちろん小さな通りと大きな通りのバランスも必要です。

  • Necessarily, cities are large.

    必要に迫られて、都市は大きくなる。

  • We love small streets, but they're a nightmare when you have to go any distance.

    狭い道が好きだけど、どんな距離でも行かないといけないとなると悪夢だよね。

  • So the ideal is to have big boulevards, grand, wide straight places, and also little warrens of streets.

    だから理想は、大きな大通り、壮大で広い直線的な場所、そして通りの小さな戦場があることです。

  • We need cities that offer us two important pleasures:

    私たちには2つの重要な楽しみを提供してくれる都市が必要です。

  • the pleasures of mystery and the pleasures of orientation.

    謎の快楽と方向性の快楽。

  • Let's think about scale now.

    今からスケールを考えよう

  • Modern cities are all about big things.

    現代の都市は大きなものばかりです。

  • Joseph Campbell once wrote:

    ジョセフ・キャンベルはかつてこう書いています。

  • "If you want to see what a society really believes in,

    "社会の本音 "を見たいなら

  • look at what the biggest buildings on the horizon are dedicated to".

    地平線上の最大の建物が何に捧げられているのかを見る」。

  • The biggest most prominent things tell us about the actual, rather than admitted priorities of a society.

    最も目立つものは、社会の優先順位を認めるというよりも、実際のことを教えてくれます。

  • We don't collectively say we worship sports shoe corporations, tax specialists,

    一括りにしてスポーツシューズの法人を崇拝しているとは言いません、税金の専門家です。

  • the oil industry, and pharmaceuticals.

    石油産業、医薬品

  • Our cities, however, tell another story.

    しかし、私たちの都市は、別の物語を語っています。

  • They're full of enormous towers devoted to just these things.

    巨大な塔で埋め尽くされています。

  • That is a bit depressing.

    ちょっと鬱陶しいですね。

  • As humans, we don't mind things being big, per se,

    人間としては、それ自体は大きなものであっても気にしません。

  • we don't mind being humbled,

    謙虚さは気にしない

  • so long as the things we are bowing to deserve homage,

    私たちが頭を下げているものが 敬意に値するものである限り

  • like a beautiful mosque, or a cathedral, or a museum.

    美しいモスクのような、大聖堂のような、美術館のような。

  • But we've allowed our cities to be hijacked by aggressive commercial interests,

    しかし、私たちは積極的な商業的利害関係者に街が乗っ取られることを許してきました。

  • by towers that honor not God, or love, or humanity,

    神でもなく愛でもなく人間性でもない塔で

  • but pizza corporations and hedge funds.

    しかし、ピザ会社とヘッジファンド。

  • They exist because we've made a big dumb collective mistake:

    彼らが存在するのは、私たちが愚かな集団的過ちを犯したからです。

  • we focused on who owns land, but we don't think about who owns space, who has air rights.

    私たちは誰が土地を所有しているかに焦点を当てましたが、誰が空間を所有しているか、誰が空の権利を持っているかについては考えていません。

  • And in the end, who has air rights

    で、結局誰が放映権を持っているかというと

  • determines what you can see from your window.

    は、ウィンドウから見えるものを決定します。

  • We suggest that the ideal height for any city block

    どのような都市ブロックでも理想的な高さをお勧めします。

  • is five stories high.

    は5階建てです。

  • No more. Above that people start to feel small, insignificant, and trivial.

    これ以上はありません。その上で人々は小さく、取るに足らない、そして些細なことを感じ始めます。

  • So we say: cut down those towers and pack everything into five stories.

    塔を切り崩して5階建てにするのです。

  • Make it dense, compact, and tight,

    緻密でコンパクトでタイトなものにしましょう。

  • like they do in some parts of Berlin, Amsterdam,

    ベルリンやアムステルダムの一部で行われているように。

  • London, and Paris, the bits we love.

    ロンドンとパリ、私たちが大好きなビット。

  • Of course, occasionally there can be a huge building,

    もちろん、たまに巨大な建物があることもあります。

  • but let's keep it for something really special,

    でも、何か特別なもののために取っておこう。

  • something all of humanity can love.

    人類の誰もが愛せるもの

  • Towers have to be worthy of their prominence,

    塔はそれに見合うだけの存在でなければならない。

  • they must be aligned with our best ambitions and long-term needs.

    彼らは、私たちの最高の野心と長期的なニーズに沿ったものでなければなりません。

  • Finally, make it local.

    最終的には地元にしましょう。

  • Somethings should be the same everywhere.

    何かはどこでも同じであるべきです。

  • We don't expect there to be a uniquely Venezuelan telephone

    ベネズエラ独特の電話があるとは思っていません。

  • or a distinctively Icelandic bicycle.

    またはアイスランドらしい自転車。

  • But, we don't want buildings to look the same everywhere.

    しかし、建物がどこでも同じに見えるようにはしたくありません。

  • It's hugely disappointing when you fly somewhere for hours, land, and feel you could be anywhere.

    何時間もどこかに飛んで、どこかに着地して、どこにでもいるような気分になると、ものすごくガッカリします。

  • The problem isn't just that we like a bit of variation for it's own sake;

    問題は、私たちがそれ自体のために少しのバリエーションを好むだけではありません。

  • because of climate, history and social traditions,

    気候、歴史、社会的伝統があるからです。

  • each society really does have different needs,

    それぞれの社会には本当に様々なニーズがあります。

  • different strengths and weaknesses.

    強みと弱みが違う

  • There are many distinct styles of happiness;

    幸せのスタイルには様々な特徴があります。

  • many good and varied ways of conductive and collective life.

    導電性と集団生活の多くの良い方法と多様な方法。

  • The sameness of cities is a problem

    都市の同質性が問題

  • because it reveals how far each of us must be from engaging with an specific character of it's own place.

    なぜなら、私たち一人一人が、それぞれの場所の特定のキャラクターに関わることから、どれだけ離れていなければならないかを明らかにしているからです。

  • It's like wearing the same clothes in all climates,

    どの気候でも同じ服を着ているようなものです。

  • or speaking exactly the same way irrespective of who you're talking to.

    とか、誰と話していても全く同じように話しています。

  • Cities need to have strong characters

    都市には強いキャラクターが必要

  • connected to the use of distinctive local materials and forms.

    地元の特徴的な素材や形態の使用に関連しています。

  • The pale sandstone, of Millbrae Crescent in Glasgow's south side, is a local material,

    グラスゴーの南側にあるミルブレー・クレセントの淡い砂岩は、地元の材料です。

  • A medium grained, carboniferous, blond sandstone-

    中粒で、炭素質、ブロンドの砂岩。

  • formed when the Scottish landmass lay near the equator.

    スコットランドの陸地が赤道付近にあったときに形成された。

  • Or around Cambridge, brick from the local yellowish gault clay is a major traditional material.

    また、ケンブリッジ周辺では、地元の黄色がかったゴート粘土で作られたレンガが伝統的な主な材料となっています。

  • Or think of the way the great Australian architect, Glenn Murcutt,

    あるいは、オーストラリアの偉大な建築家グレン・マーカットの方法を考えてみてください。

  • found ways to put up buildings that reflected the distinctive character Australian life.

    は、オーストラリアの生活の特徴を反映した建物を建てる方法を見つけました。

  • So the law should be: don't make your city from buildings that could be just anywhere;

    だから、どこにでもあるような建物で街を作ってはいけない、という法律が必要なのです。

  • find a style of architecture that reflects what makes your location specific.

    あなたの場所を特定のものにするものを反映した建築のスタイルを見つけてください。

  • The obstacles to building beautiful cities are not economic. Collectively, we've got enough money.

    美しい街づくりの障害は 経済的なものではありません集団的には十分なお金を持っています。

  • We face two main problems: firstly, an intellectual confusion around beauty, and secondly, lack of political will.

    私たちは主に二つの問題に直面しています。第一に、美をめぐる知的混乱、第二に、政治的意志の欠如です。

  • The intellectual confusion is: we think no one has a right to say what's beautiful and what's ugly;

    知的混乱とは:何が美しくて何が醜いのかを言う権利は誰にもないと考えています。

  • we get worried about who decides; we think beauty is subjective, so surely no one should say anything about it.

    美しさは主観的なものだと思うので、誰も何も言うべきではないと思います。

  • It's a very understandable qualm, but it's horribly useful to greedy property developers.

    非常に理解しやすい資質ですが、欲張りな物件開発者には恐ろしく便利です。