Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • You just look your element. In your absolute element in what I've seen.

    あなたはただ才能を活かしたように見える。私からみると。一番得意な分野で本領を発揮しているね。

  • Yeah, no, it's very selfish job, because I didn't help...

    そう、いや、これはかなり自分本位の仕事なんですよ、僕は特に何もしてない…

  • well, I was there at the beginning, and we did create it,

    始まった時、僕はそこにいて。そして、確かに僕たちで作り上げたものなんですけど。

  • so when I look at them I'm like, yeah, this is... (laugh)

    だから、これらを見て私はなんか、そう、これは…(笑い声)

  • me going, what would I really love to do,

    ついこう思ったんです:これが自分がしたいことだとね。

  • and I, probably more comfortable singing and dancing weirdly than anything.

    そして、何よりもおかしく歌ったり踊ったりするのはとても居心地がいいですね。

  • I didn't think it would be that way when I started.

    初めた時にこうなるとは、思いもしなかったです。

  • Beyond just poverty, he was of a certain class that you could not get out of.

    貧乏の他に、彼(主人公)は特定された社会階層から抜け出すことができません。

  • And he envisioned a world where everyone can be happy.

    そして、彼はみんなが笑顔でいられる世界を思い描いていました。

  • The entertainment should have lift you, make you smile, and make you desperate to go back for more.

    エンターテイメントは人の精神を高揚させ、人を笑顔にさせ、そして、さらなるエンターテイメントを求め、また行きたくなる。

  • That't what he wanted to do.

    それが彼のしたかったことなんです。

  • Great songs. Amazing songs. Aren't they?

    曲も素晴らしくて。歌も最高。ですよね?

  • You could have a hit in your hand, you could be number one.

    あなたのヒット曲になったんじゃないでしょうか?ナンバーワンになれるわ。

  • - Hey, I actually haven't thought of that. - I think so.

    -そうだな、それは一度も考えたことありませんでした。 - ありだと思う。

  • - Well those were my dreams when I was younger. Rock star. - You could easily, actually.

    -うんこれは若い頃の夢でしたよ、ロックスターになるって。 - あなたなら絶対簡単にできますよ。

  • My daughter, pulled me aside, she said "Dad, no offense, but this is by far the best movie you've ever done."

    娘が僕を脇に引っ張って。彼女は「お父さん、気を悪くしないでね。でもこれ、お父さんの今までの作品の中で、一番いいと思う。」と言ったんですよ。

  • Oh, that's really...

    あら、それは本当に…

  • She said "you actually sound okay," like she's a little...

    彼女は「お父さんの声は悪くない。」なんて言われたんですよ…

  • When she first heard the demos of the songs, she said

    初めてデモ曲を聞いた時、彼女は、

  • "I love these songs, but Dad, you should lip sync it, because that guy is awesome, and I don't think you're gonna be as good,"

    「この曲最高ね、でもパパ、口パクした方がいいんじゃない。この人は本当に上手すぎて、パパは敵わないかも。」

  • and I said "well I'm gonna give it a go," and she goes "well you can try."

    僕が「ともかくやってみるよ」と言ったら、彼女は「そうね、やってみたら」って。

  • - Aren't kids brilliant? They're absolutely brilliant. -Brilliant.

    - 子供って賢いですよね?本当に賢いと思います。 - 賢いよ。

  • And she actually looks at me and she said "Dad, you actually sounded good!"

    実際、娘は私を見て、「パパ、なかなかよかったよ!」って言ってきたんです。

  • - You've done a great job, Dad. (laugh) - And I said "should I still use the demo singer?"

    - よくやったね、パパ!(笑い声) - 僕が「それでもデモ曲を歌った歌手のほうがいい?」とき聞いたら、

  • She goes "No I think you're okay!"

    彼女は「いや、パパでも大丈夫」と言ってました。

  • Is it the last we've ever seen a wolverine? Do you think he'll come back?

    これは最後なの?私達が「ウルヴァリン」を見るのは。彼はまた戻ってくると思います?

  • - Oh, he'll come back, just not with me, but... (laugh) - Good, good.

    -ああ、彼はまた戻ってくるとよ、私と一緒にじゃないけどね…(笑い声)-いいよいいよ。

  • Except Saturday nights, I'm telling you that, at my house.

    土曜日は例外だけどね、あなたに教えよう、家にいるよ。

  • Oh yeah?

    あら、そう?

  • Yeah. You're welcome any time.

    そう。いつでもいらっしゃい。

  • You dress up?

    その格好にする?

  • I dress up.

    その格好にするよ。

  • - And when my kids are not doing their homework, I dress up. - Absolutely glad to do that.

    -うちの子たちが宿題をちゃんとやらない時、その格好にするね。 - 喜んでやってるよ。

  • - Do you, you become... - And the claws come out.

    - あなたは… - そしてかぎ爪をだしてね。

  • and say "Oi?"

    それから「オイ」を言うの?

  • Yeah, I just have to do that, with the claws, and it works.

    そう、あれを言って、かぎ爪を出したら、効果は抜群だよ。

  • I would... I would (unintelligible)

    私は…私は…(理解できない言葉)

  • And you're one of the few, that you, you just don't change.

    あなたは、数少ない、変わりがない人のうちの一人だ。

  • I suppose it comes from your upbringing and from your relationship, you know, that you are so grounded.

    これは家庭教育と人間関係のおかげだと思うわ。知ってる、あなたはいつも穏やかにいられるね。

  • Look the same?

    同じように見える?

  • No I know, but it's remarkable, especially cause I've met an awful lot of people who...

    いや、わかってるが、これは素晴らしいわ。特に私はもう様々な人を見たあと…

  • you know, be lucky enough to meet an awful lot of people who do the kind of job that you do, but they're not like you.

    わかるよね、私は運がよくて、あなたと同じ仕事をしている人にたくさん出会ったが、あなたのような人はいない。

  • Well, thank you, but I mean, I got my first job at 26, so I think...

    そうか、ありがとうね、でも初めて仕事を受けたのは26歳の時、だから私は…

  • Right, that's...yes.

    そうだね、それは…はい。

  • I changed a lot from when I was 17 to 25, I think we all do.

    私は17歳から25の間にいろいろ変わったよ。みんなもそうだと思う。

  • Um... and upbringing, you know.

    うーん…あと家庭教育、知ってるよね。

  • Yeah... no, definitely.

    そう…いや、もちろん。

  • Yeah, I mean I still feel if I was to get uppity, or a little bit like that,

    そう、もし自分がすこし生意気、それとも似たような気持ちになったら、

  • my dad would sort of, you know, bend me over, and then....

    親父は、知ってるよね、腰を曲げろって言って、それから…

  • - That's all right. That's all right. - Do you know? Right?

    - 大丈夫、大丈夫だよ。 - 知ってるよね、ね?

  • I know what struggle you've been...

    あなたはどんなに苦労してたことを知ってる…

  • And mates, you said every weekend, you spend time with your mates.

    そして仲間、毎週末時間をかけて、友達と一緒に過ごすんだ。

  • Yeah, you've got to have...

    そう、あなたは必ず…

  • There's a little bit of "wow, you made that", and then I said... right.

    彼らは「やー!あなたはあれに出演した」とか言って、そしてなんか…そう。

  • - Right? You know. - (laugh)It's just normal.

    -ね?知ってるよね。 -(笑い声)とても普通だ。

  • - Yeah. - It really is.

    - そう、- 本当にそうだね。

  • Be useful. Get us a reservation, and pay the bill.

    役に立て。予約をして。それからお金を払う。

  • (laugh)

    (笑い声)

  • Well, long may you continue to do what you do, thank you so much!

    じゃ、今していることが長く続けるように、ありがとうね!

  • My pleasure.

    光栄です。

  • - Thank you. - Thank you.

    - ありがとう。 - ありがとう。

You just look your element. In your absolute element in what I've seen.

あなたはただ才能を活かしたように見える。私からみると。一番得意な分野で本領を発揮しているね。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 笑い声 パパ 格好 父さん 賢い いい

ヒュー・ジャックマン、「グレイテスト・ショーマン」とウルヴァリンの次は? (Hugh Jackman Teases 'The Greatest Showman' and What's Next for Wolverine | Lorraine)

  • 7344 660
    Crystal Wu に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語