Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hunger claws at your grumbling belly.

    空腹が不機嫌なあなたのお腹に襲いかかり、

  • It tugs at your intestines, which begin to writhe, aching to be fed.

    消化器官をぐいぐい引っ張ります。そして、食べ物を求めて暴れ出します。

  • Being hungry generates a powerful, often unpleasant physical sensation that's almost impossible to ignore.

    空腹は、強く、多くの場合は身体的な不快感を生み出します。無視することは、ほぼ不可能。

  • After you've reacted by gorging on your morning pancakes, you start to experience an opposing force, fullness, but how does your body actually know when you're full?

    朝食のパンケーキをモリモリ食べると、逆の力、満腹感がやってきます。ですが、身体は実際に満腹状態にあることをどのように認識しているのでしょうか?

  • The sensation of fullness is set in motion as food moves from your mouth down your esophagus.

    満腹感は、食べ物が口から食道に入ってくる時から生じ始めます。

  • Once it hits your stomach, it gradually fills the space.

    食べ物が胃に到達すると、徐々に胃の中は食べ物でいっぱいに。

  • That causes the surrounding muscular wall to stretch, expanding slowly like a balloon.

    すると、胃壁が伸び、ゆっくりと風船のように広がっていきます。

  • A multitude of nerves wrapped intricately around the stomach wall sense the stretching.

    胃壁の周辺にある数多くの神経がその広がりを感知。

  • They communicate with the vagus nerve up to the brainstem and hypothalamus, the main parts of the brain that control food intake.

    これらの神経が脳幹や視床下部を通っている迷走神経に伝達を行います。おもに食物摂取を制御する脳野に伝わるのです。

  • But that's just one input your brain uses to sense fullness.

    ただしそれは、脳が満腹感を感知するために使われる情報の1つにすぎません。

  • After all, if you fill your stomach with water, you won't feel full for long.

    しょせん、胃を水で満たしても、満腹感が持続することはないですから。

  • Your brain also takes into account chemical messengers in the form of hormones produced by endocrine cells throughout your digestive system.

    脳は、ホルモンという化学伝達物質の情報も取り入れるのです。このホルモンは消化器官に存在する内分泌細胞によって生成されます。

  • These respond to the presence of specific nutrients in your gut and bloodstream, which gradually increase as you digest your food.

    これらのホルモンが、腸内や血液内に特定の栄養素が存在することに反応。この反応は、食物を消化するにつれて徐々に強くなっていきます。

  • As the hormones seep out, they're swept up by the blood and eventually reach the hypothalamus in the brain.

    ホルモンは分泌されると、血液に乗って、最終的に脳の視床下部に到達します。

  • Over 20 gastrointestinal hormones are involved in moderating our appetites.

    食欲の調整に関わる消化管ホルモンは20を超えます。

  • One example is cholecystokinin, which is produced in response to food by cells in the upper small bowel.

    その1つがコレシストキニン。これは小腸上部の細胞が食べ物に反応することで生成されます。

  • When it reaches the hypothalamus, it causes a reduction in the feeling of reward you get when you eat food.

    食事をしてる際に、このホルモンが視床下部に到達すると、食べたいという感覚が減っていきます。

  • When that occurs, the sense of being satiated starts to sink in and you stop eating.

    すると、満ち足りた感覚になり、食べるのをやめるのです。

  • Cholecystokinin also slows down the movement of food from the stomach into the intestines.

    また、コレシストキニンは、食べたものが胃から消化管へ送り込まれる動きをゆっくりにします。

  • That makes your stomach stretch more over a period of time, allowing your body to register that you're filling up.

    すると、胃の拡張に長く時間がかかり、その間に身体は、お腹がいっぱいになってきていると認識します。

  • This seems to be why when you eat slowly, you actually feel fuller compared to when you consume your food at lightning speed.

    これが、ゆっくり食べた時の方が、猛スピードで食べた時よりも満腹感が得られる理由のようですね。

  • When you eat quickly, your body doesn't have time to recognize the state it's in.

    急いで食べると、食べ物が体に入っているという認識が追いつかないのです。

  • Once nutrients and gastrointestinal hormones are present in the blood, they trigger the pancreas to release insulin.

    栄養素と消化管ホルモンが血中に入ると、すい臓のインスリン分泌が促されます。

  • Insulin stimulates the body’s fat cells to make another hormone called leptin.

    インスリンが脂肪細胞を刺激すると、レプチンという別のホルモンが分泌されます。

  • Leptin reacts with receptors on neuron populations in the hypothalamus.

    レプチンは視床下部のニューロン集団の受容体に作用します。

  • The hypothalamus has two sets of neurons important for our feeling of hunger.

    視床下部には、空腹感を制御するのに重要な2種類のニューロンがあり、

  • One set produces the sensation of hunger by making and releasing certain proteins.

    1つは、あるタンパク質を生成・分泌し、空腹感を生み出します。

  • The other set inhibits hunger through its own set of compounds.

    もう1つは、ニューロン生成を通じて、空腹を抑制します。

  • Leptin inhibits the hypothalamus neurons that drive food intake and stimulates the neurons that suppress it.

    レプチンは、食物の摂取を促す視床下部ニューロンを抑え、さらに、食欲を抑制するニューロンを刺激します。

  • By this point, your body has reached peak fullness.

    ここまでで、満足感はピークに達しています。

  • Through the constant exchange of information between hormones, the vagus nerve, the brainstem, and the different portions of hypothalamus, your brain gets the signal that you've eaten enough.

    ホルモンや迷走神経、脳幹、そして視床下部の様々なニューロンの情報交換が継続されると、脳は、十分に食べたという信号をキャッチします。

  • Researchers have discovered that some foods produce more long-lasting fullness than others.

    研究者は、ある食べ物がその他のものよりも満腹感を持続させるということを発見しています。

  • For instance, boiled potatoes are ranked as some of the most hunger-satisfying foods, while croissants are particularly unsatisfying.

    例えば、茹でたジャガイモは、最も空腹を満たす食べ物の中に位置づけられています。一方、クロワッサンは特に満たされないものとされています。

  • In general, foods with more protein, fiber, and water tend to keep hunger at bay for longer.

    一般的に、より多くのタンパク質、食物繊維、水分を含む食べ物がより長く空腹に耐えられる傾向にあるのです。

  • But feeling full won't last forever.

    ただし、満腹感が一生続くわけではありません。

  • After a few hours, your gut and brain begin their conversation again.

    数時間もすれば、消化器官や脳はまた会話を始めてしまいます。

  • Your empty stomach produces other hormones, such as ghrelin, that increase the activity of the hunger-causing nerve cells in the hypothalamus.

    胃が空っぽになると、また別のホルモンが生成されます。例えばグレリンは、視床下部にある空腹を引き起こす神経細胞を活発化させます。

  • Eventually, the growling beast of hunger is reawakened.

    最終的には、唸り声を上げる空腹の獣は再び目を覚ますのです。

  • Luckily, there's a dependable antidote for that.

    幸いなことに、頼れる対策は存在しています。

Hunger claws at your grumbling belly.

空腹が不機嫌なあなたのお腹に襲いかかり、

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 空腹 満腹 ホルモン ニューロン 分泌

【英語で雑学】空腹感と満腹感のメカニズム

  • 32287 2667
    詹士緯 に公開 2020 年 12 月 08 日
動画の中の単語