Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - Okay. All right.

    - そうだないいだろう

  • She'll raise...

    彼女は...

  • whatever that is. I don't know what it is,

    それが何であれそれが何なのかは知らない。

  • but get ready to lose your shirt

    シャツを失くす覚悟で

  • and your stuff and your vest.

    あなたのものとベストも

  • Oh, hi. Hello.

    ああ、こんにちは。

  • We were just doing a meeting--a work meeting.

    仕事の打ち合わせをしていただけだ

  • So, off, go. Scram.

    さあ、行きましょう。スクラム

  • I love your pants, by the way.

    ところで、そのパンツ、大好きです。

  • Today--it's just that easy.

    今日は...そんな簡単なことじゃない

  • Today, we're gonna do something a little bit different.

    今日は、ちょっと変わったことをします。

  • I'm gonna sit here. You're gonna sit wherever you are,

    ここに座るよどこに座ってもいいよ

  • and we're going to look back at all the funny ladies that I've had on my show this past season,

    と、今シーズンの私の番組に出演したおかしな女性たちを振り返ることにしました。

  • besides me, you guys.

    私の他にも、あなたたち

  • Anyway, one of the funniest women I talked to this year was Amy Schumer.

    とにかく、今年私が話した中で最も面白かった女性の一人は、エイミー・シューマーでした。

  • Actually, I barely had to talk,

    実は、ほとんど話す必要がなかったんです。

  • she just talked and I sat back and I laughed and laughed and laughed and laughed

    彼女はただ話していて、私は後ろに座っていて、私は笑って笑って笑って笑って

  • and I let her talk.

    と彼女に話させてみました。

  • - Hi. - Hi.

    - こんにちは。- こんにちは。

  • - How's the poster doing that we gave you?

    - 渡したポスターはどうしてる?

  • - Well, I realized when I got home that it was a hostile, hostile gift.

    - まあ、家に帰ってから気付いたんだけど、それは敵対心を持ってのプレゼントだったんだよね。

  • - What? - Yes.

    - 何だと?- そうですね。

  • - You love the Hemsworth brothers.

    - ヘムズワース兄弟が好きなんですね。

  • - I love the Hemsworth brothers,

    - ヘムズワース兄弟が大好きです。

  • and I got the opportunity to meet them at the Vanity Fair party last year,

    と、昨年のヴァニティ・フェアのパーティーでお会いする機会がありました。

  • but my sister took a horribly blurred photo

    姉がボケボケの写真を撮ってくれた

  • and so I've never forgiven her.

    だから、私は彼女を許したことがありません。

  • - Um, we're no longer in touch. - No.

    - もう連絡は取り合っていません- そうだな

  • - No, I'm just kidding.

    - いや、冗談だよ。

  • But then, see, you got me that portrait.

    でもね、ほら、あの肖像画を手に入れたんだよ。

  • I live in Manhattan,

    マンハッタンに住んでいます。

  • so my apartment is the size of this chair.

    私のアパートはこの椅子の大きさです。

  • So it takes up my whole apartment.

    だから、私のアパート全体を占領してしまう。

  • - Oh, no. - Yeah.

    - そんな...

  • And people think I'm -- like, have a really weird pro--

    みんな私のことを...変なプロだと思ってる...

  • like, they think I stalk them, and they're just, like, concerned for me,

    私がストーカーだと思われていて、私のことを心配してくれているような。

  • so that was a rude gift,

    それは失礼な贈り物だった

  • and you could have just gotten me, like, a plant.

    私を植物にしてくれればよかったのに

  • - I am so sorry.

    - 本当に申し訳ありませんでした。

  • Well, I will give you a plant while you're here instead.

    じゃあ、代わりに植物をあげよう。

  • - Thank you. Thank you.

    - ありがとうございます。(アルマン)ありがとうございます

  • - Why don't you-- no, no.

    - なぜ...いや、いや、いや。

  • - No, that's mine. No. - Oh. Okay.

    - いや、それは俺のだ違うわそうなんだ

  • - You just can't take whatever you want.

    - 何でもかんでも受け取れないだけ。

  • - Oh, okay. - No.

    - ああ、そうか。- そうだな

  • - Why don't you move here, and then you'd have a bigger place?

    - ここに引っ越せば、もっと広い場所があるんじゃないの?

  • Do you like it here?

    ここが好きなの?

  • - But--[sighs] I mean,

    - でも--[ため息]つまり。

  • I don't fit in here--just, like, straight up body type.

    僕はここには合わないんだ...ただのストレートな体型だよ。

  • Like, in L.A., my arms register as legs.

    ロスでは腕が足に見えるのよ

  • They're just like-- [laughter]

    まるで...

  • [laughter]

    [笑]

  • They're like, "Why is that octopus on Sunset?"

    "何であのタコがサンセットにいるの?"ってね

  • "Is that--" [laughter]

    "それは..."[笑]

  • It's not-- it's not for me out here.

    ここでは私のためにはならない。

  • - No? - It's not, no.

    - 違う?- そうじゃない

  • But I--you know.

    でも私は...

  • - What do you do when you're here?

    - ここにいるときはどうするの?

  • - I cry. I just sit in my room...

    - 私は泣いています。部屋に座っているだけで...

  • [laughter] Bawling.

    笑い声がする。

  • No, I--

    いや、私は...

  • Well, last time I was here, right from the show,

    さて、前回はショーからすぐに来ていたのですが

  • I got courtside tickets to a Laker game.

    レイカーの試合のコートサイドチケットを手に入れた。

  • - That's fun. - Yeah, 'cause my--

    - 楽しいわ- ああ、だって俺の...

  • my business agent thought I was mad at him for sexually harassing me.

    営業担当者は、私がセクハラで怒られていると思っていましたが、私は、その営業担当者が、私がセクハラで怒られていると思っていました。

  • - Well-- - But no, I'm 33,

    - でも私は33歳よ

  • so I'm just starting to really appreciate that,

    ということで、本当に感謝の気持ちが湧いてきました。

  • - you know what I mean? - I see, I see.

    - わかるかな?- そうなんですね、わかります。

  • - Well, it's true. I can't speak for everyone.

    - (達也)まあ 本当だよね全ての人のことを言えるわけではありません。

  • I'm not like "Sexually harass--"

    "セクハラ--"とは違うんです。

  • but, in your 20s, I feel like you walk around--

    でも、20代になると、歩き回っているような気がして...

  • like you'll walk past a construction site,

    工事現場を通り過ぎていくような感じで

  • and be kind of like, "Oh, don't look--"

    "ああ、見ないで... "みたいな感じで

  • But then, in your 30s, you know, I'm just like, "What about this?" [laughter]

    でも、30代になると、"これはどうなんだろう?"って感じです。[笑]

  • "Like, how about--" [laughter]

    "例えば..."[笑]

  • It's like my skirt's over my head.

    スカートが頭の上に乗っているような感じです。

  • I'm like, "Aah." [laughter]

    私は "あー "って感じです。[笑]

  • They're like, "We're eating."

    "食事中 "って言ってるのよ

  • But, uh-- [laughter]

    でも、あー... [笑]

  • [laughter]

    [笑]

  • It changes, it really does.

    変わるんですよ、本当に。

  • It changes, so I--I got courtside seats,

    変わったんだ、だから私は...コートサイドの席を取ったんだ。

  • which--you've sat courtside at a game, right?

    君は試合でコートサイドに座ったことがあるだろ?

  • - I have, yeah. - I thought--I went--

    - そうなんだ- 私は...私は...

  • I thought it would be free booze.

    タダ酒になると思っていました。

  • Um... [laughter]

    えーと...

  • It's not, it's not. [laughter]

    そんなことはありません。[笑]

  • I guess you have to be on the team to get free booze.

    チームにいないとタダ酒が飲めないんだろうな。

  • So... - [laughs]

    だから...

  • - I go, I get randomly seated next to Dianna Agron.

    - 行ったら、ダイアンナ・アグロンの隣の席にランダムに座らされた。

  • You know, the actress. She was on "Glee."

    あの女優さん"Glee "に出てた

  • She played the cheerleader, Quinn?

    チアリーダーのクイン役?

  • I mean, that lets you know how hot she is.

    つまり、彼女がどれだけセクシーかがわかるということだ。

  • Yeah--oh, there we go. There's the picture.

    ああ そうだな写真がある

  • Thanks for--yes. Isn't that great?

    ありがとう...素晴らしくない?

  • [laughter] She's like--

    彼女はまるで...

  • the most gorgeous girl ever.

    史上最高にゴージャスな女の子

  • Her name was "Quinn" on that show.

    彼女の名前は、その番組では「クイン」と呼ばれていました。

  • - To pull off that name? - Yeah.

    - その名前を出すために?- そうだ

  • - Like if my name were "Quinn" on a show,

    - 私の名前が番組のクインだったらと思うと

  • they'd be like, "Oh, the jolly Irish groundskeeper, that--"

    "あぁ、あのアイルランドのグランドキーパーは...

  • [laughter]

    [笑]

  • "Does a jig time and again," you know.

    "何度も何度もジグをする"

  • But so she's there. Is she not like an angel?

    でも、彼女はそこにいる。彼女は天使のようではありませんか?

  • So--and the whole night, she's like,

    それで...一晩中、彼女はまるで...

  • She's like this...

    彼女はこんな感じで...

  • 'cause she knows people are taking pictures of her.

    写真を撮られているのを知っているからだ

  • I obviously don't.

    私は明らかにしていません。

  • [laughter]

    [笑]

  • I learned a lot. I learned that my resting face, is just a scowl, it's just-- [laughter]

    勉強になりました。安静にしている顔は、ただのしかめっ面で、ただの...[笑]

  • [laughter]

    [笑]

  • And I learned--and you can see--

    そして、私は学んだ...見ての通り...

  • that I have what I'm now calling an "at-risk chin."

    私は今、"危険なアゴ "と呼んでいるものを持っています。

  • [laughter]

    [笑]

  • This is not a good section!

    これはダメな部類ですね!

  • [laughter] If I--if I don't,

    もし私が...私がしなければ。

  • like keep it at sea level, it just doubles itself, just--

    海面を維持するように、それは自分自身を倍増させる、ただ...

  • [laughter]

    [笑]

  • I become the dinosaur in the jeep in "Jurassic Park,"

    "ジュラシック・パーク "でジープに乗った恐竜になった

  • just "Fff!"

    ぱっとしない

  • [laughter]

    [笑]

  • So I'm like--no idea people are taking pictures.

    だから私は...みんなが写真を撮っているとは思わなかった。

  • I'm pounding red wine, and I--

    赤ワインを叩いていますが、私は...

  • I thought it was free-- and I--

    無料だと思っていたのに...

  • [laughter]

    [笑]

  • I get red wine teeth right out the gate, you know?

    赤ワインの歯が生えてくるんだよ

  • Like, just first like sniff of merlot,

    最初にメルローの匂いを嗅ぐように

  • just "True Blood" mouth.

    ただの「真血」口。

  • I look like I've been feeding, and I'm eating popcorn,

    餌をあげているように見えて、ポップコーンを食べています。

  • the way I think we all eat popcorn, which is--

    ポップコーンの食べ方を考えてみると...

  • you know, at first, don't you always kind of start out kind of like lying to yourself?

    最初のうちは自分に嘘をつくような感じになるんじゃないの?

  • Like, "I don't know, I'll have a little."

    "知らないけど ちょっと食べるよ "みたいな

  • [laughter]

    [笑]

  • Like one piece at a time, you know?

    一枚ずつみたいな感じで。

  • And then--and then, like, you get a little more real.

    それから...もう少し現実的になってきた。

  • Right? [laughter]

    だろ?[笑]

  • and then eventually, you just--you get "real" real.

    そして最終的には...あなたは "本物の "本物を手に入れる。

  • And just "gah!"

    そして "ギャー!"

  • [laughter]

    [笑]

  • Like, I've split my lip trying to get one more kernel--

    唇を割ってもう一つの核を取ろうとしたように...

  • [laughter]

    [笑]

  • It's true. In my dumb mouth.

    本当のことです。私のアホな口の中では

  • It is true.

    それは事実です。

  • - [laughing hard]

    - [一生懸命笑う]

  • - And so that's what happened. If you Google me, it'll be--

    - それでこうなったんだ私をググれば、それは...

  • And I--I look like her, actually.

    そして私は...実は彼女に似ている。

  • I look like her if she were stung by a million bees.

    百万匹の蜂に刺された時の彼女に似ている。

  • [laughter]

    [笑]

  • It's true!

    本当だよ!

  • I look like her if she were, like, becoming the Hulk.

    彼女がハルクになった時のように見えるわ。

  • That's-- [laughter]

    それは...

  • And she--you know, she wanted to be friends,

    彼女は・・・友達になりたがってた

  • and I'm like, "I can't. I can't."

    と言ったら、「できない」と言われました。"私はできない"

  • "We don't have-- we're not the same thing."

    "私たちは...私たちは同じものではありません。"

  • Like she was telling me hot people problems, you know.

    ホットな人の問題を教えてくれたような。

  • She's like, "He won't stop calling."

    "電話が止まらない "みたいな感じで

  • And I'm like, "[whine], I hate that."

    私は「[泣き言]、それは嫌だ」と言っています。

  • [laughter]

    [笑]

  • Do you eat popcorn like that, though?

    ポップコーンはそんな感じで食べるのかな?

  • - Are you a popcorn lover? - Yeah, I do.

    - ポップコーン好き?- ああ、そうだな。

  • And I eat it exactly like that. - Right?

    その通りに食べるんだ- だろ?

  • - Yes. - And that's why--

    - それが理由で...

  • I'm so annoyed-- I'm single again,

    また独身になってしまった。

  • so I'm going to have to start dating some guy,

    と言われたので、そろそろ男の人と付き合うことにします。

  • and we'll go to the movies and he'll be like,

    と映画を見に行くと、彼のようになります。

  • "Do you want to get popcorn?" and I have to be like,

    "ポップコーン食べたい?"って言われて、私はこうしなきゃいけない。

  • "Oh, I hadn't even thought about it."

    "ああ、考えたこともなかった"

  • [laughter]

    [笑]

  • He's like, "What size?" and I'm like,

    彼が「サイズは?

  • "[giggles] A small. Look at me."

    "ちっちゃい。"私を見て"

  • [laughter]

    [笑]

  • Right, like a small popcorn? That's like taking one Advil.

    小さなポップコーンみたいな?アドビルを飲んでるようなもんだ

  • Like, "get outta here."

    "ここから出て行け "みたいな

  • [laughter]

    [笑]

  • "Get--I want a trough."

    "トラフが欲しい"

  • "And I want to dunk my head in it."

    "頭をそこに沈めたい"

  • And--and then, you know.

    それから...

  • I'll be pretending not to think about the popcorn.

    ポップコーンのことは考えないふりをする。

  • - Hilarious. So when you say

    - 笑えるだから、あなたが言うとき

  • you're gonna start dating again, that means that you're--

    君がまたデートを始めようとしているということは、君は...

  • are you dating at all?

    付き合っているのか?

  • - No, I, um--

    - いや、私は...

  • Well, I know everyone here is like, "How do we date you?"

    みんな "どうやってデートするの?"みたいな感じだよね

  • Thank you.

    ありがとうございます。

  • [laughter]

    [笑]

  • You can't, and not just 'cause I'm not totally out of the woods with this UTI I have right now,

    できないし、今のUTIの件で完全に抜け出せていないからだけじゃない。

  • but also--

    それだけでなく

  • [laughter]

    [笑]

  • but also-- Thank you.

    でも、それと...ありがとうございます。

  • [laughter and applause] Oh, my God.

    何てことだ

  • [laughter and applause]

    [笑いと拍手]

  • No, but I'm not on any dating websites.

    いや、でも出会い系サイトには登録していない。

  • I don't--I'm on--I have one, like, app on my phone

    私は...私は...私の携帯電話に1つのアプリを持っています。

  • that's kind of-- it's called "Foodspotting."

    それは一種の... "フードスポッティング "と呼ばれている。

  • [laughter]

    [笑]

  • And it's like Tinder, but for food, so, it lets me know--

    ティンダーのようなものだけど 食べ物の場合は...

  • - Is this real? - This is totally real.

    - これは現実なのか?- これは完全に本物だ

  • It lets--they let you know about food in your area.

    あなたの地域の食べ物を教えてくれます。

  • So, like, this week in L.A., I was eyeing this one particular scone.

    今週ロスにいた時スコーンに目がいったんだ

  • And uh-- [laughter]

    そして...[笑]

  • Under a mile away.

    1マイル以下の距離だ

  • Coincidence? Probably not.

    偶然の一致?たぶん違う

  • [laughter]

    [笑]

  • So, I'm like, "Should I go?" And my friends are like, "Go!

    "行った方がいい?"みたいな感じで友達は "行ってこい!"みたいな感じで

  • Like, check it out!"

    "見てみろよ!"みたいな

  • So I went to the scone, and I kind of just sidled up to it,

    それで、スコーンのところに行って、ちょっと横に寄ってみたんです。

  • and I was like, "Oh, my God, you look just like your picture."

    と思ったら、"あら、写真そっくりね "と言われてしまいました。

  • [laughter]

    [笑]

  • So I'm kind of dating. Kind of dating.

    デートしてるんだデートのようなものだ

  • - It's different than that. You should--

    - それとは違うあなたは...

  • [laughs]

    [笑]

  • Oh, my God. - It's pretty much the same exact thing. - Hilarious.

    驚いたな。- 結構同じようなことが書いてあるんですね。- 笑える。

  • - It's almost exactly the same. - Yeah.

    - ほとんど同じですね。- そうだな

  • - So, you're hosting the awards.

    - 授賞式の司会をしているんですね。

  • Now, is this something that you think about?

    さて、これはあなたが考えることですか?

  • Do you get nervous about? Have you hosted an awards show?

    緊張しますか?アワードショーの司会をしたことがありますか?

  • - No, the only thing I've hosted so far is HPV, so...

    - いや、今までホストしてきたのはHPVだけなので

  • [laughter] I feel--

    私は...

  • [laughter]

    [笑]

  • No, it's not detectable in my system.

    いいえ、私のシステムでは検出できません。

  • I just went back to annual Paps, but--

    年に一度のパップに戻っただけだが...

  • [laughter]

    [笑]

  • I'm really excited. No, I didn't--

    興奮しています。いや、そんなことは...

  • - It's so weird that you're not dating.

    - 付き合ってないなんて変だよね。

  • - I don't know why. - I know.

    - なぜだかわからない。- 私は知っています。

  • - Where is it? - What's wrong?

    - どこにあるの?- どうしたの?

  • - Why?

    - なぜ?

  • I didn't even know I was up for the job.

    自分がこの仕事に就いていることすら知らなかった。

  • And I got to do a show at Carnegie Hall.

    そして、カーネギーホールでショーをすることになった。

  • You know, a dream for a comic.

    コミュ障にとっては夢のような話だな

  • - Yep. - And I'm from New York,

    - ニューヨークから来たんだ

  • so I--and that night, I was just so excited.

    だから私は...その夜はとても興奮していました。

  • All my high school friends were there.

    高校時代の友達はみんなそこにいました。

  • And then, my publicist, Carrie Byalick...Bialick,

    そして、広報担当のキャリー・バイアリック...バイアリック。

  • something like that. [laughter]

    みたいな感じで。[笑]

  • She's like my best friend, and I'm just, like, nervous.

    彼女は私の親友のようなもので、私はただ、緊張しています。

  • But she--she was like, "You got it!"

    でも彼女は・・・「やったね!」って感じだった

  • And I was just like, "What?" And it was--

    私はただ "何?"って感じだったのそれは...

  • She's like, "You're hosting."

    "あなたがホスト "って言ってるのよ

  • And my high school friends went crazy.

    そして高校の友達が発狂した。

  • Now they finally think I've made it.

    これでやっと私が作ったと思われるようになりました。