Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • It's 5000 miles from Singapore,

    シンガポールから 8000 キロ

  • and over 9000 from New York.

    ニューヨークからは 14500 キロ

  • Yes, New Zealand's South Island is a long way away from the rest of the world,

    ニュージーランドの南島は世界のどこからも 遠く離れたところにあります

  • but it's distance that helps make the city of Dunedin so special.

    けれどその距離が ダニーデンを特別な場所にしています

  • Distance, and the promise of new beginnings

    1848 年 遠い土地と新しい出発に期待する

  • is what drew two shiploads of Scottish settlers

    入植者たちを乗せた 2 隻の船が

  • to the South Island's Otago region in 1848.

    スコットランドから南島のオタゴに到着しました

  • These wild shores, fern-filled valleys,

    野性的な海岸 シダが茂る谷 変わりやすい天気を

  • and ever-changing skies spoke to the hardy Scots,

    辛抱強いスコットランド人たちは 気に入ったのです

  • just as they had to the Maori who settled

    何世紀も前にオタゴ半島に住み始めた

  • the Otago Peninsula centuries before.

    マオリ族がそうだったように

  • The industrious Scots made their mark all over New Zealand,

    働き者のスコットランド人はニュージーランド全土に 自分たちの町をつくりました

  • but nowhere is the Caledonian spirit more alive than in Dunedin.

    ダニーデンほどスコットランド人気質が 感じられる息づいている町は他ありません

  • Set at the head of Otago Harbour,

    オタゴ湾に面したダニーデン

  • the city centre is shaped by The Octagon,

    中心部にある 8 角形の広場

  • an eight-sided plaza that's a tribute

    オクタゴンは 秩序を重んじる

  • to the Scottish sense of order.

    スコットランド人気質の象徴です

  • Right at the Octagon's heart

    広場の真ん中にあるのは

  • sits a contemplative statue of Robert Burns,

    スコットランド出身の詩人ロバート バーンズの像です

  • the acclaimed Scottish poet whose nephew

    その甥はダニーデン市建設の

  • was one of the city's founding fathers.

    立役者のひとりでした

  • While all around rise some of the city's most important buildings,

    周囲には市の重要な建物が 建ち並んでいます

  • such as Town Hall,

    例えば市庁舎

  • St Paul's Cathedral,

    セント ポール大聖堂

  • and The Dunedin Public Art Gallery.

    ダニーデン市立美術館

  • From here, Dunedin spills out in all its bluestone beauty.

    ここから、ダニーデンの美しい青石の 町並みが広がります

  • Wander down Stuart Street to New Zealand's most photographed building,

    スチュアート ストリートから ニュージーランドで一番美しい

  • Dunedin Railway Station.

    ダニーデン駅へ

  • In the early 1900s, when Dunedin was the nation's commercial capital,

    ダニーデンが国の商業の中心地だった 19 世紀の初頭 この駅を

  • the station serviced over 100 trains a day.

    100 本を超える列車が発着していました

  • Today it serves as the departure point

    今では風光明媚なオタゴ海岸や内陸方面行き

  • for scenic adventures along the Otago coast and into the rugged interior,

    列車の出発駅として 観光客に利用されています

  • yet its grand interiors and mosaics still sweep visitors

    格調高いインテリアやモザイクは 駅の利用者たちを

  • back to the great age of rail.

    古き良き鉄道時代へと誘います

  • Just up the tracks, venture back even further,

    駅からさらに時をさかのぼり

  • at the Toitū Otago Settlers Museum.

    トイトゥー オタゴ開拓者博物館を訪ねましょう

  • Gaze up into the faces of Otago's stoic pioneers in the portrait room,

    ポートレート ルームでオタゴの開拓者たちの 厳めしい顔をご覧ください

  • where dreams, hopes and trials drift back electronically

    人々の夢と希望と試練が 霧に包まれた過去から

  • across the mists of time.

    鮮やかによみがえります

  • Just behind the museum,

    博物館の裏にある

  • The Dunedin Chinese Garden quietly celebrates

    ダニーデン チャイニーズ ガーデンは

  • the contribution Chinese settlers have made to the region,

    中国からの入植者たちの功績を 静寂のうちに称えています

  • particularly during the 1860s gold rush.

    1860 年代のゴールドラッシュでは特に活躍しました

  • Across town, at the Otago Museum,

    町の反対側にあるオタゴ博物館で

  • discover the complete history of this Southern Land,

    このサザンランドの歴史を 一から学びましょう

  • from the present day, back to the legendary Moa, and beyond.

    現代から時代をさかのぼり 伝説の鳥モア さらに昔へ

  • Just a short walk from the museum,

    博物館から歩いてすぐのところに

  • step into Olveston House,

    オルブストン ハウスがあります

  • once the family home of a prosperous merchant and arts patron.

    商売で財をなし 美術のパトロンでもあった 一族が暮らした屋敷です

  • Filled with exotic arts and antiques,

    エキゾチックな美術品や骨とう品のほか

  • as well as everyday objects,

    日用品が置かれた 35 部屋の

  • this 35-room Edwardian time-capsule is a fascinating window into Dunedin's glory days.

    エドワード様式の屋敷から かつてのダニーデンの輝きを偲ぶことができます

  • Retracing centuries of history can be thirsty work,

    何世紀もの歴史を辿る旅は のどが乾くもの

  • so why not combine a little learning with leisure,

    そこでスペイツ醸造所で 楽しみながら学びましょう

  • at Speight's Brewery,

    1876 年以来

  • which has been serving up the Pride of the South since 1876.

    南島が誇る ビールを醸造してきました

  • The brewery sits on top of a deep underground spring,

    醸造所の敷地の下には 深い地下水があります

  • so even if you don't fancy a cold one,

    ビールを飲まなくても

  • you can still fill up on pure spring water for free.

    無料の湧き水を 汲んで帰ることはできます

  • If it's too early for beer,

    ビールにはまだ早すぎるというのなら

  • just follow the scent of roasting coffee beans to Dunedin's many cafes.

    香り高いコーヒーはいかがですか ダニーデンには数多くのカフェがあります

  • Dunedin is the home of New Zealand's first university,

    ダニーデンにはニュージーランド初の 大学があり、学生たちは

  • whose students keep the city's creative juices bubbling,

    この町のクリエイティブな エネルギーの発信源です

  • from its innovative dining,

    新しいレストランや

  • live music scene,

    ライブハウス

  • to its fabulous street art.

    すばらしいストリート アート

  • When it's time to walk off lunch,

    ランチの時間が近づいてきたら

  • stretch your legs on Baldwin Street,

    ボルドウィン ストリートを歩きましょう

  • which according to the Guinness Book of Records,

    ギネスブックによると

  • is the steepest in the world.

    世界でいちばん急な坂道です

  • Or explore the woodland paths and floral displays at the Dunedin Botanic Garden,

    ダニーデン植物園で林を散歩し 草花を見て歩き

  • and enjoy the fine views across the northern suburbs.

    北部エリアの風景を 眺めるのもいいでしょう

  • Just a ten-minute drive south from the city centre is St Clair Beach,

    市から南に車で 10 分走ると セント クレア ビーチの中心部に到着します

  • a popular summertime hangout for generations of Dunedinites,

    昔からダニーデンの人々は夏になると このビーチを訪ねてのんびり過ごします

  • and for those crazy enough,

    真冬に海に飛び込む

  • the site of the annual mid-winter plunge!

    向こう見ずな人もいます

  • Dunedin offers no shortage of natural escapes.

    いたるところに豊かな自然が残るダニーデン

  • The wildest jewel in Dunedin's crown is The Otago Peninsula,

    もっとも自然美を輝かせているのは 市のはずれにある

  • which remarkably, sits within the city limits.

    オタゴ半島です

  • Rent a car or a push bike

    レンタカーか自転車で

  • and follow the peninsula's coast road past the boat sheds and shacks of fishermen,

    半島の海岸沿いを走りましょう 途中ボート小屋や漁師の小屋

  • charter boat operators, and rat-race escapees.

    レンタルボート店や のん気な観光客を目にするでしょう

  • Head into the hills through forests and farms,

    森を抜け 農場を通って丘の上に登ると

  • to New Zealand's only castle.

    ニュージーランド唯一の城があります

  • Referred to by its creator simply as,

    城にはキャンプ場という

  • The Camp”,

    あだ名が付いていますが

  • Larnach Castle, is anything but.

    実際のラーナック城は正反対です

  • Step inside these thick stone walls and explore lavish living rooms,

    石造りの城に入り 豪華な居間や

  • cosy bedrooms and a tower with views across the harbour to Port Chalmers.

    心地よい寝室をご覧ください 搭の上からは港を隔ててポートチャーマーズが望めます

  • Further up the peninsula is another of Otago's most important buildings,

    半島をさらに進むとオタゴの 建ち並んでいます

  • the Ōtākou Marae.

    オタコマラエがあります

  • Built on the site of an important Maori settlement,

    マオリ族の居住地だった場所にある

  • this meetinghouse is the hub of Ngāi Tahu cultural life.

    この集会場はナイタフ族にとって 重要な文化の中心地でした

  • A little further up the road the peninsula comes to an end,

    さらに先に進むと 半島の先に到着します

  • where Taiaroa Head and the vast Pacific's many moods meet.

    タイアロア岬と様々に表情を変える 太平洋が出会う場所です

  • A century ago, lookouts at Fort Taiaroa scanned the horizon for hostile raiders.

    何世紀も昔、タイアロア要塞の見張り番たちは 侵略に備え水平線の方角に目を凝らしました

  • Today, visitors are on the lookout for something far more delightful,

    今日、見張り台では観光客が 美しいオタゴの海の

  • the Otago sea life.

    景色を楽しんでいます

  • Taiaroa Head is home to the world's only mainland albatross breeding colony.

    タイアロア岬は世界唯一の 本土にあるアホウドリの営巣地です

  • Pay a visit to the Royal Albatross Centre,

    ロイヤル アルバトロス センターは

  • a safe haven where these seabirds who travel an astonishing

    年間 19 万キロも 移動するアホウドリが

  • 120,000 miles each year, come to rest, breed, and raise their chicks.

    羽を休め 繁殖し 子育てをするための 保護地を提供しています

  • While you're here, sit back and watch the resident Southern Fur Seals

    のんびり寛ぎながら 長いお昼寝から目覚めた

  • glide by between their long snoozes in the sunshine.

    サザン ファー シールが 泳ぎまわる様子を眺めてください

  • And if you hang around til dusk,

    日が暮れると

  • you'll catch Little Blue Penguins, the world's smallest,

    ブルーペンギがお出ましです 世界でいちばん小さいペンギンたちが

  • return from a big day at sea to the warmth and safety of their burrows.

    海での一日を終えて 温かくて安全な巣穴に帰ってきます

  • Once the sea spray and mists of the Otago Peninsula have whet your appetite for adventure, it's time to hit the road again.

    オタゴ半島の水しぶきをあげる 波と霧に

  • Just to Dunedin's North,

    冒険心をくすぐられたら

  • stop in and say hello to rare Yellow Eyed Penguins at Shag Point.

    そろそろ出発の時間です

  • Then just up the road at Hampden,

    ダニーデンの北にある

  • reconnect with your sense of childhood wonder

    シャグ ポイントに 珍しい キガシラペンギンに会いに行きましょう

  • at the mysterious Moeraki Boulders.

    さらに先にあるハンプデンでは

  • At the historic farming and port town of Omaru,

    ミステリアスな巨石モエラキ ボルダーを見て

  • Victorian warehouses and stores have become places where imaginations run free,

    子供時代の感動を思い出してください

  • earning the town the title of,

    古い農場と港があるオマルでは

  • The Steampunk Capital of the World.

    ビクトリア時代の倉庫や店を訪ねて 想像の翼を羽ばたかせてください

  • If it's total isolation you're yearning for,

    この町は世界のスチームパンクの都

  • turn southward to a corner of New Zealand bypassed by time,

    とあだ名されています

  • the sparsely-populated Caitlins Coast.

    誰もいない静かな場所がお望みなら

  • Explore Mother Nature's ancient forests,

    南の方角へ ニュージーランドの片隅にある 時代に取り残された過疎地域

  • let her watery veils enchant you at Purakaunui Falls.

    ケトリンズ コーストへ向かいましょう

  • Then feel the full force of grandeur at Nugget Point.

    大自然が生んだ太古の森を歩き

  • To the west, Central Otago beckons,

    プラカヌイ滝で水のベールに うっとりしてください

  • from its historic gold towns,

    次はナゲット ポイントで 雄大なパワーを感じましょう

  • all the way to Queenstown's lakes and The Remarkables.

    西にあるセントラル オタゴの

  • For centuries this region has been a place of new beginnings,

    歴史ある金鉱の町も魅力的です

  • a place to escape from the constraints of the past.

    クイーンズタウンの湖のほとりを抜け ザ リマーカブルズを目指します

  • Today more than ever, we need places that allow us to catch our breath,

    何世紀もの間この地方は 過去のしがらみを抜け出し

  • experience a little magic,

    新しい人生を始める 場所となってきました

  • and continue our journeys renewed.

    現代人は これまで以上に 立ち止まって息をつき 小さな感動を味わう

  • Dunedin always has been,

    場所を必要としています

  • and always will be,

    再び旅を続けるために

  • one of those places.

    ダニーデンはこれまでずっと

It's 5000 miles from Singapore,

シンガポールから 8000 キロ

字幕と単語

B1 中級 日本語 ダニーデン オタゴ 半島 スコットランド ニュージーランド 醸造

Dunedin Vacation Travel Guide | Expedia

  • 1758 184
    Eric Wang   に公開 2017 年 10 月 11 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す