Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • You may not realize it but your brain actually processes information in two very

    気づいていないでしょうが 脳は まるで異なる2種類の方法で情報を処理します

  • distinct ways. Like when you look at this photo you instantly know she has blonde

    この写真を見たときのように すぐに彼女が髪はブロンドで

  • hair, is visibly angry and likely has some choice words to yell. Without any effort

    見るからに怒っていて 何か叫ぼうとしているのがわかります

  • you experienced fast thinking, But if you look at the following problem something

    努力を伴わない 高速で働くファスト思考を体験します しかし次のような問題を見ると

  • different happens. Sure you immediately know it's a multiplication problem and you

    違う事態が生じます 間違いなく すぐにそれが掛け算だとわかると

  • knew you could solve it if you had the energy, but didn't.

    エネルギーを注げば解けるけど努力しないと 認識しました

  • If you do try your muscles will tense, your pupils will dilate and your heart

    体中の筋肉をできるだけ緊張させようとする場合 瞳孔が開き 心拍数が上がります

  • rate will increase. Now you've experienced slow thinking.

    今度は 論理的に働くスロー思考を 体験しているのです

  • These two systems of fast and slow thinking dictate much of our perception

    このファスト思考とスロー思考という2つのシステムは 生活の中で 感じ方や態度に大きな影響を与えています

  • and reaction in life.

    これらの直線を例にとりましょう 明らかに長さが違いますね ところが

  • Take these lines for example, it is clear that they're different lengths, but if

    測ると 3本ともまったく同じ長さです もうおわかりのように

  • you measure them they're actually the exact same length. Even now that you

    システム1 またはファスト思考は 目の錯覚を起こしてしまいます

  • know, system one, or your fast thinking can't stop seeing the illusion because it

    ファスト思考は無意識に働くからです どの人影が一番大きいかについても同じ結果が見られます

  • acts automatically. A similar effect is seen here, which figure is the largest? Again

    大きさはすべて同じですが 遠近感と奥行きから システム1が察して

  • they are all the same size but the suggestion of perspective and depth

    絵を3次元として立体的に解釈してしまいます

  • causes your system one to interpret the picture as three-dimensional even though

    2次​​元の平面にあるにもかかわらずです

  • it's on a flat two-dimensional surface.

    ファスト思考は知りえた情報をささっと 処理するので 意識して

  • It's making quick work of the available information and so you're conscious

    システム2またはスロー思考により事後処理をして 直感や本能をそのままうのみにしないようにします

  • system two, or slow thinking, must compensate after the fact and choose not

    システム2の働きを知りたいですか?

  • to believe your intuition or instinct. Want to see your system two in action? I'll show you a

    では 4桁の数字を次々と示しますので 読み上げて 元の桁にそれぞれ1づつ

  • string of four digits, you read them aloud and add one to each of the original

    足していってください

  • digits.

    カードに3795と書いてある場合 正しい受け答えは4806です

  • If the card reads 3795 the correct response would be 4806.

    さらに次のカードに移ります 同じように次のカードも読み上げ 1づつ

  • We'll then go to the next card and you will do the same followed by the

    足していってください

  • next card.

    さあ 始めてください

  • ready? Go.

    4桁より多くなると 対応できる人はほとんどいません でも 3を足していくのはさらに難しいです

  • Few people can cope with more than four digits, but even harder is add three.

    少々面白いことに 瞳孔は開いていても

  • The interesting bit is that though your pupils would have dilated you often become

    システム2を発揮しているときは 効果をあげようと目を眩まさせることがよくあります

  • effectively blind when you fully engage system two.

    文字の色が変わったことに気づきましたか?

  • Did you notice the colour of the text change?

    または カードを端に寄せたとき 数字がすっかり変わったことに気づきましたか?

  • Or how about the fact that the numbers completely changed when I put them off to the side?

    次の問題をしっかり聞いてください バット一本とボール一個の値段は1ドル10セントです

  • Listen to the following puzzle. A bat and a ball cost one dollar and

    バットはボールより1ドル高いです

  • ten cents. The bat cost one dollar more than the ball.

    ボールの値段はいくらでしょうか?

  • How much does the ball cost?

    おそらく システム1の直感は "10セント"と声を上げていましたが

  • Chances are your system one intuition was yelling "ten cents", but this appealing

    システム1がアピールするこの答えは もちろん間違いです 実際は5セントが正解です

  • system one answer we know is wrong. In fact the correct answer is five cents.

    正しい答えを導き出そうとしている場合でも たぶん途中まで10セントだと考えています

  • Even if you worked out the correct answer, you likely thought of ten cents along the

    システム1はできるだけ迅速にいつも 答えを出そうとしています

  • way. System one is trying to work out an answer as quickly and seamlessly as

    これは日常生活において とても役立ちます どの活動にも全力投球しなくてはならないとしたら

  • possible which is extremely beneficial in everyday life. If every activity

    消耗してしまうでしょう しかし このようなシステムを知ることで

  • required full mental effort it would be exhausting. But knowing this allows us to

    第一印象がすべて正しいとはかぎらないことが 理解できます

  • understand that not all of our first impressions are correct.

    モーゼは箱舟にそれぞれ何匹の動物を乗せたでしょうか? ほとんどの人が この質問の

  • How many animals of each kind did Moses take into the ark? So few people

    間違っているところを見抜くことができません そのためモーゼと

  • detect what is wrong with this question and that it has been dubbed the the Moses

    勘違いしたままなのです

  • illusion.

    答えはゼロです 動物を連れていったのノアだからです さらに私たちの脳は 必要最小限の資源を注ぎ込んで

  • In fact, moses took no animals, Noah did. Again our brain invests as little resources as

    物事が迅速かつ円滑に運ぶようにします モーセは普通に

  • necessary so that things run quickly and smoothly. Because moses is not abnormal

    聖書の文脈に出てくるので システム1は無意識のうちに

  • in the biblical context, system one unconsciously detects an association

    モーセと箱舟を関連付けて検出して 迅速に質問を受け入れます

  • between Moses and ark, and quickly accepts the question.

    同様に システム1は知らないうちに 文脈を作り出します 次の文字列をそれぞれ読むと

  • In a similar way system one generates context without you knowing. Reading each

    "ABC"  "アンは銀行に向かう" そして "12,13,14" とかなり単純に思えるかもしれません

  • of the following may seem fairly simple "ABC" "Ann approached the bank" and "12, 13, 14"

    しかし あなたの脳は実際はこれらのあいまいな内容を 考えずに解釈しました

  • But your brain actually interpreted these ambiguous statements without you ever

    "A 13 C"​​または "12 B 14"と読みとりましたが

  • knowing. You could have read it as "A 13 C" or "12 B 14",

    脳は無意識のうちに文脈を作り上げました また あなたは

  • but your brain created the context unconsciously. Also, you likely imagined a

    お金のことを考えている女性が 銀行窓口のある 建物に向かって歩いているだろうと想像しますが

  • woman with money on her mind walking towards a building with tellers, but if

    これ以前の文が "それらはゆっくりと川を流れている"だった場合

  • the sentence before this was "they were floating gently down the river" the

    全体のシーンは変わったでしょう "銀行"は、もはや "お金"に関連付けされていないからです

  • entire scene would have changed because "bank" is no longer associated with "money".

    系統だった文脈がなければ システム1は すぐに これまでの経験に基づいて文脈を作り出します

  • Without an explicit context, system one quickly generates one based on previous

    川に行くより銀行に行くことが多かった場合

  • experience. In this case, you have likely visited more banks than rivers and so

    その事実に応じて文脈は決まります これは "プライミング"と呼ばれる概念と結びついています

  • the context is resolved accordingly. This ties into a concept called "priming".

    例えば 私が "wash(洗う)"と言った場合 あなたはこの単語をどのように完成するでしょうか?

  • For example if I said "wash", how would you complete this word fragment? Most

    "soap(石鹸)"を思い浮かべる人が多いでしょうが "eat(食べる)"を事前に示していた場合は おそらく

  • would see "soap", but had I just shown you the word "eat" you'd be more likely to

    "soup(スープ)"のほうを想像するでしょう

  • see "soup".

    私はこの方法でeat(食べる)とwash(洗う)を両方

  • In this way both eat and wash

    あなたの思考に刷り込みます システム2は役割を考えるのが好きで

  • prime your thoughts. Though system two likes to think that it's in charge and knows

    何が起こっているのか知っているにもかかわらず 実際はプライミング効果を示されると

  • what's going on, the truth is that priming effects have even been shown to

    行動に影響をおよぼして変更を加えます これらは システム1で生じ 私たちは全く無意識で

  • affect and modify behavior. These arise in system one and you have no conscious

    自覚はありません 脳の思考システムについて詳しく 知りたい場合は

  • access to them. If you'd like to learn more about the thinking systems in your

    ダニエル·カーネマンの著書 『ファスト&スロー : あなたの意思はどのように決まるか?』 をご覧ください

  • brain? Check out the book "Thinking Fast and Slow" by Daniel Kahneman which covers

    説明にリンクを張り 参照できるようにしています

  • it in great detail. I'll put a link in the description which you can check out.

    質問等は コメント欄かFacebookやTwitterで お答えします

  • Got a burning question you want answered? Ask it in the comments, or on facebook and twitter,

    さらに毎週科学動画を登録しています

  • and subscribe for more weekly science videos.

You may not realize it but your brain actually processes information in two very

気づいていないでしょうが 脳は まるで異なる2種類の方法で情報を処理します

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B1 中級 日本語 システム ファスト思考 文脈 10セント スロー 意識

脳トリック-頭の中を解析する!

  • 6885 181
    VoiceTube   に公開 2015 年 12 月 30 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す