Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • If you want a glimpse of Marie Curie's manuscripts,

    マリ・キュリーの 手稿を見たければ

  • you'll have to sign a waiver and put on protective gear

    免責同意書にサインした上で

  • to shield yourself from radiation contamination.

    放射能汚染から身を守る防護服を 身に付ける必要があります

  • Madame Curie's remains, too, were interred in a lead-lined coffin,

    キュリー夫人の遺体も同様で 収められている棺は鉛で裏打ちされていて

  • keeping the radiation that was the heart of her research,

    彼女の研究の中心であり

  • and likely the cause of her death, well contained.

    彼女の死因ともなった放射線を 閉じ込めています

  • Growing up in Warsaw in Russian-occupied Poland,

    帝政ロシア支配下にあったポーランドの ワルシャワで育ったマリは

  • the young Marie, originally named Maria Sklodowska,

    元々の名をマリア・ スクウォドフスカといい

  • was a brilliant student, but she faced some challenging barriers.

    優れた学生でしたが 大きな障害に直面しました

  • As a woman, she was barred from pursuing higher education,

    女性だったために 高等教育を受けられず

  • so in an act of defiance,

    これに抵抗して

  • Marie enrolled in the Floating University,

    「さまよえる大学」に参加しました

  • a secret institution that provided clandestine education to Polish youth.

    ポーランドの若者に密かに 教育を行っていた秘密の組織です

  • By saving money and working as a governess and tutor,

    家庭教師として働いてお金を貯め

  • she eventually was able to move to Paris to study at the reputed Sorbonne.

    やがてパリに移り住むことができました 有名なソルボンヌ大学で学ぶためです

  • There, Marie earned both a physics and mathematics degree

    そこでマリは物理学と 数学の学位を取りました

  • surviving largely on bread and tea,

    ほとんどパンと紅茶だけで 暮らしていて

  • and sometimes fainting from near starvation.

    時々 飢えのために 気を失うことがありました

  • In Paris, Marie met the physicist Pierre Curie,

    パリでマリは物理学者の ピエール・キュリーに出会い

  • who shared his lab and his heart with her.

    彼は実験室と真心を 彼女に捧げました

  • But she longed to be back in Poland.

    それでもマリはポーランドに 帰ることを切望していました

  • Upon her return to Warsaw, though,

    しかしワルシャワに帰ってみると

  • she found that securing an academic position as a woman

    女性が大学の職を得るのは

  • remained a challenge.

    相変わらず困難であることが 分かりました

  • All was not lost.

    道がなくなった わけではありません

  • Back in Paris, the lovelorn Pierre was waiting,

    パリに戻ると 恋い焦がれる ピエールが待っていました

  • and the pair quickly married and became a formidable scientific team.

    2人は間もなく結婚し ものすごい研究チームができあがりました

  • Another physicist's work sparked Marie Curie's interest.

    ある物理学者の研究が マリ・キュリーの興味を掻き立てました

  • In 1896, Henri Becquerel discovered that uranium spontaneously emitted

    1896年に アンリ・ベクレルが ウランはX線のような謎の放射線を発していて

  • a mysterious X-ray-like radiation that could interact with photographic film.

    それが写真乾板を露光させることを 発見したのです

  • Curie soon found that the element thorium emitted similar radiation.

    キュリーはすぐに別の元素トリウムもまた 同様の放射線を発することを見つけました

  • Most importantly, the strength of the radiation

    特に重要だったのは

  • depended solely on the element's quantity,

    この放射線の強さは 元素の量だけに依存し

  • and was not affected by physical or chemical changes.

    物理的・化学的な変化には 影響されないということでした

  • This led her to conclude that radiation was coming from something fundamental

    このことから彼女は

  • within the atoms of each element.

    放射線は原子内部の何か根源的な ところから来ていると結論付けました

  • The idea was radical

    この考えは革新的なもので

  • and helped to disprove the long-standing model of atoms as indivisible objects.

    原子は分割不能だとする 長く信じられてきたモデルを覆しました

  • Next, by focusing on a super radioactive ore called pitchblende,

    続いて放射性がとても強い鉱石である 瀝青ウラン鉱に注目したキュリー夫妻は

  • the Curies realized that uranium alone couldn't be creating all the radiation.

    その放射線がウランだけでは 説明できないことに気付きました

  • So, were there other radioactive elements that might be responsible?

    原因となる放射性元素が 他にもあるのか?

  • In 1898, they reported two new elements,

    1898年に夫妻は2つの 新元素を発表しました

  • polonium, named for Marie's native Poland,

    マリの故国ポーランドに ちなんで名付けられたポロニウムと

  • and radium, the Latin word for ray.

    ラテン語で「光」を意味する ラジウムです

  • They also coined the term radioactivity along the way.

    彼らはまた「放射能」という 言葉も作りました

  • By 1902, the Curies had extracted a tenth of a gram of pure radium chloride salt

    1902年にキュリー夫妻は 0.1 グラムの 純粋な塩化ラジウムの抽出に成功しました

  • from several tons of pitchblende,

    数トンの瀝青ウラン鉱から 取り出したもので

  • an incredible feat at the time.

    当時においては ものすごい偉業でした

  • Later that year, Pierre Curie and Henri Becquerel

    その年 ピエール・キュリーと アンリ・ベクレルが

  • were nominated for the Nobel Prize in physics,

    ノーベル物理学賞に ノミネートされましたが

  • but Marie was overlooked.

    マリは入っていませんでした

  • Pierre took a stand in support of his wife's well-earned recognition.

    ピエールが立ち上がり 妻の貢献が認められるよう尽力しました

  • And so both of the Curies and Becquerel shared the 1903 Nobel Prize,

    そしてキュリー夫妻とベクレルが揃って 1903年のノーベル物理学賞を受賞し

  • making Marie Curie the first female Nobel Laureate.

    マリ・キュリーは史上初の 女性ノーベル賞受賞者となりました

  • Well funded and well respected, the Curies were on a roll.

    十分な資金と尊敬を勝ち得て キュリー夫妻は順風満帆でした

  • But tragedy struck in 1906 when Pierre was crushed by a horse-drawn cart

    しかし1906年に悲劇が訪れます

  • as he crossed a busy intersection.

    ピエールが交通の激しい交差点で 馬車に轢かれ亡くなったのです

  • Marie, devastated, immersed herself in her research

    打ちのめされたマリは 研究に没頭し

  • and took over Pierre's teaching position at the Sorbonne,

    ピエールが教えていた ソルボンヌの教職を引き継いで

  • becoming the school's first female professor.

    ソルボンヌ初の 女性教授になりました

  • Her solo work was fruitful.

    彼女が単独で行った研究もまた 実り多いものでした

  • In 1911, she won yet another Nobel,

    1911年に再びノーベル賞を 今度は化学で受賞しました

  • this time in chemistry for her earlier discovery of radium and polonium,

    ラジウムとポロニウムの発見と

  • and her extraction and analysis of pure radium and its compounds.

    純粋なラジウムやその化合物の 抽出と分析をした功績のためです

  • This made her the first, and to this date,

    これにより彼女は初の そして今日においても唯一の

  • only person to win Nobel Prizes in two different sciences.

    2つの異なる科学分野で ノーベル賞を受賞した人物となりました

  • Professor Curie put her discoveries to work,

    キュリー教授は 自分の発見を応用し

  • changing the landscape of medical research and treatments.

    医学研究と医療の様相を変えました

  • She opened mobile radiology units during World War I,

    第一次世界大戦中には 放射線診断のための移動部隊を組織し

  • and investigated radiation's effects on tumors.

    また放射線の腫瘍への 影響を調べました

  • However, these benefits to humanity may have come at a high personal cost.

    しかしこの人類への貢献のために 彼女は個人的に高いツケを払うことになりました

  • Curie died in 1934 of a bone marrow disease,

    キュリー夫人は1934年に 骨髄疾患で亡くなりましたが

  • which many today think was caused by her radiation exposure.

    これは放射線に曝されたことが 原因と考えられています

  • Marie Curie's revolutionary research

    マリ・キュリーの画期的な研究は

  • laid the groundwork for our understanding of physics and chemistry,

    物理学と化学の理解の基礎を築き

  • blazing trails in oncology, technology, medicine, and nuclear physics,

    腫瘍学 科学技術 医学 原子核物理学をはじめとする

  • to name a few.

    様々な領域に 輝かしい軌跡を残しました

  • For good or ill, her discoveries in radiation launched a new era,

    良くも悪くも 放射線についての 彼女の発見は新時代を開き

  • unearthing some of science's greatest secrets.

    科学の大いなる秘密を 解明することになったのです

If you want a glimpse of Marie Curie's manuscripts,

マリ・キュリーの 手稿を見たければ

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed マリ ラジウム 物理 ウラン 元素

TED-ED】マリー・キュリーの天才 - ショウニゴース (【TED-Ed】The genius of Marie Curie - Shohini Ghose)

  • 102 19
    詹士緯 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語