Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • A fundamental belief of the modern world, which explains a lot of our anxiety around failure, is that we are what we earn.

    現代世界における基本的な考え方の一つに、失敗に対する不安の大きな要因にもなっている。「収入が存在価値を定義する」という考えがあります。

  • When we say this, we mean something very particular: not just that it’s nice to have a lot of money but that our income is the source of information, crucial, decisive information, about our character, our intelligence, our moral fiber.

    これには、とても特別な意味が含まれます:お金持ちであるほうが良いなどというような意味ではなく、収入が情報源となるということです。私たちの性格、知性、道徳心に関する、極めて重要で決定的な情報なのです。

  • In short, money is the key indicator of our worth in human and not just financial terms.

    要するに、お金は人間としての価値を示す重要な要素で、単に金融的な意味にはとどまらないのです。

  • The more money we make, the more we deserve to exist. By extension, it feels impossible to imagine ourselves as good, decentand still poor.

    稼ぎが多ければ多いほど、存在価値が高くなる。その延長線上で考えると、良い状態だが貧しい、というのは想像しにくいですよね。

  • But can all this really be true?

    でもこれは本当なのでしょうか?

  • Must we hate and deem ourselves despicable beings because our salary is not elevated?

    給料が上がらないからといって、自分を自分を嫌い、見下げないといけないのでしょうか?

  • For an answer, we must look to economics and in particular, to the technical way that salary is determined.

    その答えを見つけるには、経済学に目を向けねばなりません。それも特に、給料を定める専門的な方法を見る必要があります。

  • Here we find something striking: wages are not decided by the extent of someone’s human worth or social contribution per se.

    ここで注目すべき点がいくつかありました:賃金は人間の価値の程度や社会的貢献度などによって決まるものではないのです。

  • Wages are simply the result of the intensity with which certain people want a job done relative to the number of people who happen to be able to do it.

    賃金は単に、たまたま仕事をできる状態にある人の数と比べ、処理すべき仕事を持った人がどの程度かによるのです。

  • If many people can complete a task, however humanly important it might be, holding a hand on a cancer ward for example, little money will be offered for it.

    例えばある仕事内容がたとえどんなに人間的に重要な内容でも(例えば癌患者の病室で手を握るなど)、従事する人が多ければ、その分応酬は少なくなります。

  • And if there are very few people able to do it, however trivial it might be (kicking a ball 60 metres into a goal), if there’s intense demand, salaries will be elevated.

    ごく少数の人しかできない場合、そのタスクがどんなに些細なことであれ(例えばボールを蹴って60m先のゴールにシュートすること)需要がものすごく高ければ、給料は高くなります。

  • Money is in fact no accurate measure of the human worth of the work in question; the determinant of wages is just the strength of demand in relation to supply.

    実はお金では、その仕事における人間の価値を正しくはかることはできません。給料を決めるのは、単に供給に対する需要の強さなのです。

  • We may not be able easily to change how much people earn, but we can change how we judge earnings.

    稼ぐ量は簡単には変えられないかもしれませんが収入に関する考えは変えられます。

  • This isn’t an issue of politics; it’s an issue of appreciation.

    これは政治問題ではなく、認識の問題になります。

  • We can change how we assess what a modest wage means.

    「少ない給料」という言葉の意味を、私たちが判断する方法を変えることはできます。

  • We can use our imaginations to remember and hold in mind all that is not quantified in a salaryin our lives and in those of others; all the degrees of intelligence, care, dedication, empathy and creativity that may be present, undetected by the blunt aggregated marker of a wage.

    給料には含まれない、自分や他人の人生の全てのものを、想像力を使って思い出し -心に留めておくことはできますね。例えば知性、思いやり、熱心さ、共感、独創性があるでしょう。これらは賃金という、無神経に集約された指標に影響されてはいません。

  • However tempting it might be to settle the question of the value of human beings in stark financial terms, the truth remains beautifully and redemptively more complicated.

    人間の価値にまつわる疑問を、はっきりと金融用語で表したくてウズウズするかもしれませんが、真実は見事に、そして救いの手を差し出すかのように、複雑なのです。

  • As we must realise as soon as weve spent some time around a person at work and got to know what sides of their character their labours will call on through an average day.

    これは、仕事で人と過ごし、普通の1日において、その人の何が、その仕事で必要とされているのか知れば、すぐに分かります。

  • Well then have no option but to reach a dauntingly complex conclusion: we are not what we earn.

    私たちは結局、圧倒的で複雑な結論に至ります。つまり:私たちを定義するのは収入ではない、と。

  • We publish new, thought provoking, films every week.

    私たちは、示唆に富んだ新しいビデオを毎週公開しています。

  • Be sure to subscribe to our channel and take a look at more of what we have to offer at the link on your screen now.

    チャンネルに登録して、私たちが提供するビデオをチェックしてくださいね。こちらのリンクからどうぞ。

A fundamental belief of the modern world, which explains a lot of our anxiety around failure, is that we are what we earn.

現代世界における基本的な考え方の一つに、失敗に対する不安の大きな要因にもなっている。「収入が存在価値を定義する」という考えがあります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 給料 価値 収入 賃金 仕事 定義

人間性と収入の関係(You Are Not What You Earn

  • 35272 1779
    韓澐 に公開 2018 年 11 月 13 日
動画の中の単語