Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In 1898, Marie and Pierre Curie discovered radium.

    1898年、マリーとピエール・キュリーはラジウムを発見しました。

  • Claimed to have restorative properties, radium was added to toothpaste, medicine, water, and food.

    修復作用があるとされるラジウムは、歯磨き粉、薬、水、食品に添加されていました。

  • A glowing, luminous green, it was also used in beauty products and jewelry.

    <a href="#post_comment_1">光り輝く<i class="icon-star"></i>緑色で、美容製品やジュエリーにも使われていました。

  • It wasn't until the mid-20th century we realized that radium's harmful effects as a radioactive element outweighed its visual benefits.

    放射性元素としてのラジウムの有害な影響が、<a href="#post_comment_2">その視覚的な利点を上回ることに気付いたのは、20世紀半ばになってからでした。

  • Unfortunately, radium isn't the only pigment that historically seemed harmless or useful but turned out to be deadly.

    残念なことに、歴史的に無害で有用と思われていたが、致命的であることが判明したのはラジウムだけではありません。

  • That lamentable distinction includes a trio of colors and pigments that we've long used to decorate ourselves and the things we make: white, green, and orange.

    その嘆かわしい区別には、私たちが長い間、自分自身や私たちが作るものを飾るために使用してきた色と顔料のトリオが含まれています:白、緑、オレンジ。

  • Our story begins with white.

    私たちの物語は白から始まる。

  • As far back as the 4th century BCE, the Ancient Greeks treated lead to make the brilliant white pigment we know today.

    はるか昔、紀元前4世紀、古代ギリシャ人は、私たちが今日知っている鮮やかな白い顔料を作るために鉛を処理しました。

  • The problem?

    問題は?

  • In humans, lead is directly absorbed into the body and distributed to the blood, soft tissues, and mineralized tissues.

    ヒトでは、鉛は直接体内に吸収され、血液や軟部組織、鉱化した組織に分布しています。

  • Once in the nervous system, lead mimics and disrupts the normal functions of calcium, causing damages ranging from learning disabilities to high blood pressure.

    一度神経系に入ると、鉛はカルシウムの正常な機能を模倣して破壊し、学習障害から高血圧に至るまでの障害を引き起こします。

  • Yet the practice of using this toxic pigment continued across time and cultures.

    しかし、この有毒な顔料を使用する習慣は、時代や文化を超えて続いていました。

  • Lead white was the only practical choice for white oil or tempera paint until the 19th century.

    鉛白は、19世紀までは白油絵具やテンペラ絵具の唯一の実用的な選択肢でした。

  • To make their paint, artists would grind a block of lead into powder, exposing highly toxic dust particles.

    絵の具を作るために、<a href="#post_comment_3">鉛の塊を粉にして<a href="#post_comment_3"></a>、非常に有毒な粉塵を出していました。

  • The pigment's liberal use resulted in what was known as painter's colic, or what we'd now call lead poisoning.

    顔料の自由な使用は、画家の疝痛として知られていたもの、または今では鉛中毒と呼ばれるものをもたらしました。

  • Artists who worked with lead complained of palsies, melancholy, coughing, enlarged retinas, and even blindness.

    鉛と一緒に働いていたアーティストは、パルシア、メランコリー、咳、網膜の肥大、さらには失明を訴えていた。

  • But lead white's density, opacity, and warm tone were irresistible to artists like Vermeer, and later, the Impressionists.

    しかし、白鉛の密度、不透明性、暖かみのあるトーンは、フェルメールや後の印象派のような芸術家にとってはたまらないものでした。

  • Its glow couldn't be matched, and the pigment continued to be widely used until it was banned in the 1970s.

    その輝きは、1970年代に禁止されるまで広く使用され続けました。

  • As bad as all that sounds, white's dangerous effects pale in comparison to another, more wide-spread pigment, green.

    そのすべての音と同じくらい悪いが、白の危険な効果は、別の、より広範な顔料、緑と比較して淡い。

  • Two synthetic greens called Scheele's Green and Paris Green were first introduced in the 18th century.

    シェールズ・グリーンとパリ・グリーンという2つの合成グリーンが18世紀に登場しました。

  • They were far more vibrant and flashy than the relatively dull greens made from natural pigments, so they quickly became popular choices for paint as well as dye for textiles, wallpaper, soaps, cake decorations, toys, candy, and clothing.

    天然顔料から作られた比較的くすんだ緑よりもはるかに鮮やかで派手だったので、すぐに塗料だけでなく、テキスタイル、壁紙、石鹸、ケーキの装飾、おもちゃ、キャンディ、衣類の染料としても人気のある選択肢となりました。

  • These green pigments were made from a compound called cupric hydrogen arsenic.

    これらの緑色顔料は、ヒ素の水素銅と呼ばれる化合物から作られています。

  • In humans, exposure to arsenic can damage the way cells communicate and function.

    ヒトでは、ヒ素にさらされると、細胞のコミュニケーションや機能にダメージを与える可能性があります。

  • And high levels of arsenic have been directly linked to cancer and heart disease.

    そして、高濃度のヒ素は、癌や心臓病に直結しています。

  • As a result, 18th century fabric factory workers were often poisoned, and women in green dresses reportedly collapsed from exposure to arsenic on their skin.

    そのため、18世紀の布地工場の労働者は毒殺されることが多く、緑のドレスを着た女性は肌にヒ素を浴びて倒れたと報告されています。

  • Bed bugs were rumored not to live in green rooms, and it's even been speculated that Napoleon died from slow arsenic poisoning and it's even been speculated that Napoleon died from slow arsenic poisoning from sleeping in his green wallpapered bedroom.

    ベッドバグは緑の部屋には住まないと噂されていたし、ナポレオンが緑の壁紙の寝室で寝ていたことが原因で、ゆっくりとしたヒ素中毒で死んだのではないかとの憶測まで出ている。

  • The intense toxicity of these green stayed under wraps until the arsenic recipe was published in 1822.

    これらの緑の強烈な毒性は、1822年にヒ素のレシピが発表されるまで、ラップの下にとどまっていました。

  • And a century later, it was repurposed as an insecticide.

    そして100年後、殺虫剤として再利用されました。

  • Synthetic green was probably the most dangerous color in widespread use, but at least it didn't share radium's property of radioactivity.

    合成グリーンは、おそらく普及している中で最も危険な色だったと思われますが、少なくともラジウムが持つ放射能の性質を共有しているわけではありません。

  • Another color did, though - orange.

    もう一つの色は、オレンジ色でした。

  • Before World War II, it was common for manufacturers of ceramic dinnerware to use uranium oxide in colored glazes.

    第二次世界大戦前までは、陶磁器の食器メーカーでは、着色釉薬に酸化ウランを使用するのが一般的でした。

  • The compound produced brilliant reds and oranges, which were appealing attributes, if not for the radiation they emitted.

    化合物からは鮮やかな赤やオレンジが出ており、放射性物質ではないにしても、魅力的な特性を持っていました。

  • Of course, radiation was something we were unaware of until the late 1800s, let alone the associated cancer risks, which we discovered much later.

    もちろん、放射線は1800年代後半まで私たちが知らなかったことであり、それに伴うがんのリスクは言うまでもなく、もっと後になってから発見されました。

  • During World War II, the U.S. government confiscated all uranium for use in bomb development.

    第二次世界大戦中、米国政府は爆弾開発に使用するウランをすべて没収した。

  • However, the atomic energy commission relaxed these restrictions in 1959, and depleted uranium returned to ceramics and glass factory floors.

    しかし、1959年に原子力委員会が制限を緩和し、劣化ウランは陶磁器やガラス工場の床に戻ってきた。

  • Orange dishes made during the next decade may still have some hazardous qualities on their surfaces to this day.

    次の10年間に作られたオレンジ色の料理は、現在でも表面に危険性のあるものが残っているかもしれません。

  • Most notably, vintage fiestaware reads positive for radioactivity.

    特にビンテージのフィエスタウェアは 放射能の陽性反応を示しています

  • And while the levels are low enough that they don't officially pose a health risk if they're on a shelf, the U.S. EPA warns against eating food off of them.

    そして、レベルは彼らが公式に<a href="#post_comment_4">pose a health risk<i class="icon-star"></i></a>をしないことを十分に低いですが、彼らは棚の上にいる場合、米国EPAは、それらの食品を食べることに対して警告しています。

  • Though we still occasionally run into issues with synthetic food dyes, our scientific understanding has helped us prune hazardous colors out of our lives.

    私たちはまだ時折、合成食品染料の問題に遭遇することがありますが、私たちの科学的な理解は、私たちの生活のうち、<a href="#post_comment_5">prune<i class="icon-star"></i>有害な色を助けてきました。

In 1898, Marie and Pierre Curie discovered radium.

1898年、マリーとピエール・キュリーはラジウムを発見しました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 顔料 ラジウム ウラン グリーン 世紀

TED-ED】歴史の最凶の色

  • 12050 1097
    Jenny に公開 2017 年 08 月 27 日
動画の中の単語