Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Colorful Cape Town is one of the most multi-racial cities in the world.

    多様な人種が住む カラフルなケープ タウンは

  • The city sits on South Africa’s Cape Peninsula,

    南アフリカのケープ半島に位置しています

  • where the waters of the Atlantic and Indian Oceans converge,

    大西洋とインド洋が出会い

  • and spectacular mountains tumble towards the sea.

    雄大な山々と海が隣りあわせの場所

  • For centuries, the Cape of Good Hope was synonymous with danger,

    荒海に囲まれた喜望峰は 長い間 危険な岬とされてきました

  • as European ships bravely rounded the perilous waters on route to the riches of Asia.

    しかしアジアの富を求めるヨーロッパの貿易船は この岬を回る航路を敢えて選びました

  • To resupply those passing ships, the Dutch created a tiny outpost in 1652,

    1652年 オランダが船の寄港地として ここに小さな町をつくりました

  • a settlement that would blossom into one of the most beautiful cities,

    豊かな環境に恵まれた その入植地はやがて

  • in one of the most breathtaking settings on earth.

    世界有数の美しい都市へと 発展したのです

  • For decades, Cape Town has been buffeted too,

    ケープタウンでは何十年も

  • by the cross-winds of social upheaval.

    不安定な社会情勢がつづきました

  • But just like those early ships,

    しかし荒海を乗り越えた貿易船のように

  • Cape Town had endured some of history’s most turbulent waters,

    ケープタウンは困難を乗り越え 明るい未来に通じる道を

  • and set course to an optimistic future.

    切り開いたのです

  • This is a city that despite its challenges,

    この町は逆境に負けることなく

  • shines as an example of hope, not only to South Africa,

    希望の光を放ち 南アフリカのみならず

  • but to the world.

    世界を照らしています

  • Cape Town’s central area is situated in

    ケープ タウンの中心は

  • the City Bowl.

    シティ ボウルです

  • This amphitheater-shaped area begins at the edge of Table Bay

    円形劇場のような形のこのエリアは テーブル ベイに面し

  • and is backed by the iconic two-mile long plateau of Table Mountain.

    背景には 3 km の平らな頂の テーブル マウンテンがそびえています

  • Near the bowl’s center,

    シティ ボウルの中心部の近くには

  • youll find The Castle of Good Hope.

    キャッスル オブ グッド ホープがあります

  • This Dutch East India fort was the center point from which the city grew.

    オランダ東インド会社が建設した この建物を中心に市は拡大しました

  • Nearby, visit Company’s Garden,

    近くには かつて貿易船に供給する

  • whose rich soils were cultivated to provide fresh produce for those early merchant ships.

    作物を栽培する畑があった カンパニー ガーデンがあります

  • All around the gardens,

    この公園は

  • some of the city’s most important institutions sprang up,

    市の重要機関に囲まれています

  • such as the Parliament Building, and the National Library.

    例えば議事堂や国立図書館

  • On the park’s southern end,

    公園の南側には

  • in the South African Museum and Planetarium,

    南アフリカ博物館とプラネタリウムがあります

  • experience the wonders of Africa,

    植民地時代より前のロックアートから

  • from the power of pre-colonial rock art to the giants of The Cape’s natural world.

    かつてこの地域に生息した巨大な生きものまで アフリカの驚異を体験してください

  • While just a few steps away,

    すぐ近くのナショナル ギャラリーには

  • centuries of creativity are on full display at the National Gallery.

    数世紀におよぶ美術品が展示されています

  • Fusing both contemporary and old-world architecture,

    モダン建築と旧世界の建築が融合した

  • the nearby South African Jewish Museum stands as a tribute to a community that has done

    南アフリカ ユダヤ博物館は この国の発展に大きく関わった

  • much to shape the country.

    ユダヤ人社会をテーマにしています

  • Just a few blocks away, don’t miss the District Six Museum.

    数ブロック離れたところにある ディストリクト シックス記念館も必見です

  • This museum and cultural center gives voice to the 60,000 non-white residents

    博物館と文化センターを兼ねたこの施設は 6 万人の有色人種が強制移住させられ

  • who were forcibly removed from the city and saw their vibrant multi-racial neighborhood flattened

    かつては活気にあふれていた 多民族の居住地域がとり壊しとなった

  • during the darkest days of the Apartheid Era.

    アパルトヘイトの暗黒の歴史を伝えています

  • Thankfully, one neighborhood that was spared

    幸運にもアパルトヘイトによる

  • from apartheid’s wrecking ball,

    崩壊を免れたのが

  • is Bo-Kaap.

    丘の中腹にある町ボー カープです

  • Despite decades of racial segregation,

    数十年の人種隔離にもかかわらず

  • traditional Cape Malay culture proudly continues amid the row houses and cobbled streets of

    ケープ マレーの人々は 石畳の道にカラフルな家々が立ち並ぶ

  • this incredibly colorful hillside suburb.

    この町で文化を守り続けてきました

  • Post-apartheid South Africa is often called The Rainbow Nation,

    アパルトヘイト後の南アフリカは レインボー ネーションとも呼ばれています

  • and like a pot of gold at the end of that rainbow, diversity,

    七色の虹がもたらす 幸運のように

  • transformation and creativity shines out from the city’s downtown streets,

    多様性、変革、創造力は 市の街路から

  • from it’s businesses, from it’s very walls.

    人々の営みから 建物の壁から その輝きを放っています

  • If youre passionate about coffee,

    コーヒーが好きならトゥルースに

  • stop by for an espresso, or maybe two, at Truth,

    エスプレッソを飲みに出かけてください

  • a steampunk coffee shop that welcomes devotees from all over the world.

    世界中からコーヒー好きが集まる コーヒーショップです

  • Once youve had your caffeine fix,

    コーヒーを飲んだ後は

  • wander along Long Street, where elegant Victorian architecture,

    ロング ストリートを散歩しましょう 優雅なビクトリア様式の建物

  • fashion, and food collide,

    ファッション、グルメ シーンが融合する

  • creating one of The Mother City’s buzziest streets.

    母なる都市ケープ タウンの 賑やかな通りです

  • When the coffee wears off,

    コーヒーの効果が消え始めたら

  • sit on a balcony with an ice-cold beer and watch the world slip by below.

    バルコニーに座って通りを眺めながら 冷たいビールを飲みましょう

  • The spirit of rejuvenation continues at the Victoria and Alfred Waterfront.

    復活の精神はビクトリア アンド アルフレッド ウォーターフロントにも息づいています

  • At South Africa’s oldest working harbor,

    現役の港としては南アフリカ最古の

  • spend the day exploring attractions,

    この港には 様々な見どころがあります

  • such as Two Oceans Aquarium, which celebrates life beneath the waves of both the Atlantic,

    たとえばトゥー オーシャンズ水族館で 大西洋とインド洋の

  • and Indian Oceans.

    海洋生物を見学

  • The waterfront is also the gateway

    港を出て 世界でもっとも

  • to one of the world’s most infamous prisons,

    悪名高い牢獄ロベン島へ

  • Robben Island.

    向かいましょう

  • Journey across the waters of Table Bay to experience the damp prison walls and windswept yards,

    テーブル湾を渡って島を訪ね 陰湿な牢獄の壁や風が吹きすさぶ庭を見学し

  • and to listen to stories told by former inmates.

    かつて囚人だった人々の 話に耳を傾けてください

  • For three centuries this was a place of exile,

    300 年もの間この島が流刑地だったことを

  • largely unknown by the outside world,

    世界の大半は知りませんでした

  • until 1964 when the anti-apartheid revolutionary, Nelson Mandela was imprisoned here for 18 years.

    反アパルトヘイトを唱えたネルソン マンデラ氏は 1964 年までの 18 年間ここに収容されていました

  • A visit here is a reminder of just how far South Africa has travelled

    この島を訪れると南アフリカが辿った 平和への長い道のりを

  • on the long road to freedom.

    思わずにはいられません

  • Mandela would one day rise,

    マンデラ氏はやがて南アフリカ初の

  • to become more than South Africa’s first black presidenthe became the father of the nation,

    黒人大統領以上の存在となりました 国の父となり、世界中の人々に

  • and inspired countless millions around the world.

    感動を与える存在となったのです

  • Mandela once said that it was the presence of Table Mountain,

    生前マンデラ氏はロベン島で過ごした長い年月

  • across those four miles of water,

    自分に力を与えてくれたのは

  • that inspired him throughout his long years on Robben Island.

    6.5 km の海を隔てた先にある テーブル マウンテンだったと語りました

  • Wherever you are on the Cape,

    ケープ タウンのどこにいても

  • Table Mountain is there,

    テーブル マウンテンはそこにあります

  • a beloved landmark that helps locals and visitors alike to find their way.

    地元の人々にも旅行者にも愛されている ランドマークであり道標です

  • The closer you get to the mists of Table Mountain,

    テーブル マウンテンに近づくほど

  • the more its spirit can be felt.

    そのパワーを強く感じることができます

  • At Kirstenbosch Botanical Gardens,

    カーステンボッシュ植物園から

  • gaze up at the mountain’s eastern face,

    東側の山肌を眺め

  • then explore South Africa’s many biomes and the Boomslang walkway which snakes its

    南アフリカの多様な植物を観察し 木立の上を這うように伸びる通路

  • way through the arboretum canopy.

    ブームスラングを散策しましょう

  • From the gardens, take one of the walking trails up the mountain,

    植物園からトレイルを歩いて テーブル マウンテンへ行きませんか

  • or climb aboard the Cableway for the spectacular ride to the viewing area.

    それともケーブルウェイで山頂まで登り 展望エリアからの絶景を楽しみますか

  • From here, take in the views of Signal Hill, Devil’s Peak, and Lions Head, all the way out

    シグナル ヒル、デビルズ ピーク ライオンズ ヘッド など

  • to Robben Island and beyond.

    ロベン島やその向こうまで見渡せます

  • Cape Town is one of the world’s great beach cities,

    ケープ タウンは世界有数のビーチ シティです

  • with countless beaches, bays and seaside communities,

    数え切れないほどのビーチや湾 海辺の町があり

  • each with its own unique vibe.

    それぞれが個性にあふれています

  • From Green Point, the site of Cape Town’s futuristic stadium,

    ケープタウンの近代的なスタジアム グリーンポイントから

  • head down the western coast of the Cape Peninsula to one incredible beach after another.

    ケープ半島の西海岸へ向かいましょう きれいなビーチがたくさんあります

  • Starting at the city center,

    市の中心から伸びる

  • the wide promenade of Milton Beach is a great place to stretch your legs.

    ミルトン ビーチの幅広い遊歩道は 絶好の散歩コース

  • A little further south in Clifton,

    そこから少し南にあるクリフトンは国有数の高級住宅地

  • some of the country’s most expensive homes spill down from the peninsula to the four beaches below,

    半島の丘から 4 つのビーチにかけて 豪邸が立ち並んでいます

  • each one separated by falls of granite boulders which offer great shelter on windy days.

    ビーチに転がる巨大な花こう岩が 強い風を妨げてくれます

  • While a house at Clifton will set you back millions,

    クリフトンの豪華マンションには 手が届かなくても

  • the views of the sparkling Atlantic, Lions Head, and The Twelve Apostles are just

    きらめく大西洋、ライオンズ ヘッド トウェルブ アポストロスの景色は

  • as theyve always been, free.

    いつ見ても無料です

  • At neighboring Camps Bay Beach the St Tropez theme continues.

    隣のキャンプス ベイ ビーチは 南フランス風のリゾート エリアです

  • Just a 5-minute drive from the center of Cape Town, enjoy fine white sands,

    ケープ タウンの中心部から車で わずか 5 分のところに白砂のビーチと

  • a tranquil tidal pool and your pick of over 20 restaurants and cafés.

    海水プールと 20 軒もの レストランやカフェがあるのです

  • Six miles down the coast, things mellow out even more, at Llandudno Beach.

    海岸を 10 km 弱 進むと のどかなランダドゥノ ビーチがあります

  • Pull on a wetsuit and enjoy the waves, or just explore the massive granite boulders.

    ウェットスーツを着て波に乗りましょう それとも巨大な花こう岩の間を散策しますか

  • Life is simple here, there’s no street lights, no restaurants, and not a single shop.

    街灯も、レストランも、店もない ここでの生活はシンプルです

  • When your belly starts to grumble, pop around

    お腹の虫が鳴きだしたら

  • the headland to the fishing village of Hout Bay.

    岬の向こうにあるハウント ベイに出かけましょう

  • Cool off with a craft beer, see what’s cooking at the markets,

    冷たいビールで乾杯したら マーケットで料理を物色

  • then hang out with locals down by the tuna and crayfish boats.

    その後は地元の人たちと マグロや海老の漁船の周りをぶらぶら

  • Once youve explored the peninsula's western coastline,

    半島の西海岸を散策した後は

  • the eastern side awaits.

    東側へ向かいましょう

  • Welcome to False Bay, where the waters are warmer,

    フォルス ベイにようこそ 温かい海と

  • and the never-ending sweep of beaches and scenic seaports continues.

    どこまでも続くビーチ 美しい港町が待っています

  • At the naval port of Simon’s Town,

    サイモンズ タウンの港から

  • head down thehistoric mileof St. George's Street.

    歴史あるセント ジョージズ ストリートの散策をスタート

  • Soak up the nautical spirit, say hello to a much-loved sea dog,

    港町の雰囲気にひたり 人気の犬の像に挨拶してください

  • and explore the alleyways and lacey Victorian buildings along the way.

    路地を散策し優雅な ビクトリア時代の建物を見物

  • Don’t leave Simon’s Town until youve visited Boulders Beach,

    サイモンズ タウンを去る前に 必ずボウルダーズ ビーチに行ってください

  • one of the few places in the world where you can get close to endangered African Penguins.

    絶滅が危惧されているアフリカン ペンギンを 近くでみることができる数少ない場所です

  • False Bay was once dotted with humble farming

    かつてフォルス ベイのあちこちには

  • and whaling villages, like Fish Hoek.

    フィッシュ ホークのような農村や魚村がありました

  • From here, follow the coastal walk around to Kalk Bay, where writers,

    ここからカルク ベイまで海岸沿いの道を歩きましょう かつては労働者たちが住む町でしたが

  • musicians and artists have replaced the whalers and lime burners of yesteryear.

    今では作家、ミュージシャン、 アーティストの町となっています

  • Thankfully, the bay’s fishing boats still put out to sea,

    うれしいことに漁船は今も海へ向かい

  • ensuring the local restaurants are always well-stocked with the freshest seafood.

    地元レストランに 新鮮なシーフードを届けています

  • When it comes time to drag yourself away,

    そろそろこの町を出発して

  • head to neighboring St James,

    隣にあるセント ジェームズへ向かいましょう

  • known for its colorful Victorian bathing boxes and grand old houses

    カラフルなビクトリア様式のビーチ ハットと エレガントな豪邸は

  • which reflect the splendor of the early diamond and gold-mining era.

    かつてのダイヤモンドと金鉱業の 輝きを反映しています

  • Right next door, the mood changes again, at Muizenberg,

    すぐ隣のムイゼンバーグはまったく違う雰囲気

  • home to some of the most laid-back vibes in South Africa.

    南アフリカ有数の のどかな町です

  • With its warm, shallow water it’s the perfect beach for families.

    温かく浅い海は 家族旅行に理想的です

  • And if youve ever wanted to surf,

    サーフィンに挑戦するには

  • this is the place to learn!

    これ以上の場所はありません

  • Muizies is after all,

    この町は南アフリカの

  • the birthplace of South African surfing.

    サーフィン発祥の地なのですから

  • While the beach at Muizies can get packed in summer,

    夏になるとビーチは多くの人で 混みあいますが

  • youll find plenty of cool escapes in the streets of this arty village.

    アート感覚あふれる町のなかにも くつろぎの場がたくさんあります

  • From here, over 12 miles of fine sands stretch

    ここから 19 km の砂浜が

  • all the way around to historic Gordon’s Bay.

    歴史あるゴードンズ ベイまで続きます

  • Just around the corner at Kogel Bay,

    すぐそばにあるコーグル ベイ

  • the only sounds youll hear are the pebbles and shells rolling in with the incoming tide.

    聞こえてくるのは波が運んできた 小石と貝殻が転がる音だけ

  • Cape Town’s riches don’t end with its beaches,

    ケープ タウンはビーチだけではありません

  • it’s also blessed with some of the best wine growing country in the world.

    世界有数のワイン産地もあります

  • The Cape’s first vines were planted

    最初のぶどうの木がカンパニーズ ガーデンに

  • in Company’s Gardens in 1655

    植えられたのは1655 年

  • to help those passing sailors ward off scurvy.

    船乗りたちの壊血病予防のためでした

  • But the roots of the nation’s winemaking industry really took hold just twenty minutes drive away,

    ただしこの国のワイン産業のルーツとなったのは 車で 20 分走ったところにある郊外

  • in the suburb of Constantia.

    コンスタンシアです

  • In the late 1600s, hundreds of vines were planted here,

    1600 年代末に数百本の ぶどうの木が植えられました

  • along with rows of oaks to shield them from the harsh Cape winds.

    オークの木は強い風から ぶどうを守ります

  • From here those vines spread,

    ここからケープ タンのずっと先まで

  • far beyond Cape Town, into a region now known as The Winelands.

    ぶどう畑は広がり ワインランドが生まれたのです

  • Choose from 18 different wine routes centered around historic villages and towns,

    歴史ある村や町を中心に 18 のワイン ルートがあります

  • and discover vast vineyards in settings that will take your breath away.

    息をのむような景色に囲まれた 広大なワイナリーを訪ねましょう

  • Many of the estates are characterized by historic Cape Dutch-style manors,

    多くがケープ ダッチ様式と呼ばれる 美しい建物です

  • as well as restaurants and tasting rooms

    レストランやテイスティング ルームで

  • where you can savor the very essence of this fertile land.

    豊かな大地が育んだ味を お楽しみください

  • After touring the acclaimed wineries of Paarl,

    パールの有名ワイナリーを訪ねましょう

  • such as Laborie, and Vrede en Lust,

    たとえばラボリーやブレード エン ラスト

  • explore the streets and architecture of this 300-year-old town.

    その後は 300 年の歴史をもつ町の 通りや建物を散策

  • High above Paarl stands the Taal Monument, which celebrates the Language of Afrikaans,

    パールの空高くそびえるタール モニュメントは アフリカーンス語を記念しています

  • a language that was forbidden during the bitter aftermath of the Anglo-Boer War in 1902.

    1902 年のアングロ ボーア戦争後 話すことが禁じられていた言葉です

  • The Stellenbosch Wine Route, South Africa's oldest,

    南アフリカ最古のステレンボッシュ ワイン ルートには

  • offers more than 150 tasting rooms across 200 vineyards.

    200 のワイナリーがあり 150 以上の テイスティング ルームがあります

  • At the Waterford Estate take a 2-hour wine safari through the Bordeaux-inspired estate,

    ボルドー風のウォータフォード エステートで 2 時間のワイン サファリを楽しみ

  • then taste some of the most exciting new reds in the region.

    この地方で最高の赤ワインを味見

  • Just a 30 minute drive from Stellenbosch,

    ステレンボッシュから車で 30 分

  • and only 50 from Cape Town,

    ケープ タウンからは 50 分のところに

  • is perhaps the most beautiful wine route of them all,

    おそらく最も美しいワインルートがあります

  • the Franschhoek Wine Route.

    フランシュフック ワイン ルートです

  • Fleeing religious persecution in 17th century Europe,

    17 世紀のヨーロッパから 宗教迫害を逃れるために 200 人の

  • 200 French Huguenots, came to this valley,

    ユグノー派がこの谷に移住しました

  • and created paradise.

    彼らは楽園をつくりました

  • Today, Franschhoek is considered the food and wine capital of South Africa.

    今ではフランシュフックは南アフリカの 食と料理の都となっています

  • At Boschendal, one of the country’s very first estates,

    この国の最初のワイナリーが ボッシェンダルです

  • the influence, style and passion of the French is everywhere.

    フランスの影響、スタイル、情熱は いたるところに見られます

  • It also lingers in the town itself,

    それは町のなかにも

  • in the galleries, the museums, and in the memorial,

    美術館や博物館にも メモリアルにさえ息づいています

  • which depicts a female figure casting off the cloak of oppression

    女性の像は抑圧の衣を脱ぎ捨て

  • and gazing towards an optimistic future.

    明るい未来を見つめています

  • Before you head back to Cape Town, head up

    ケープ タウンに戻る前に

  • Franschhoek Pass,

    フランシュホークに向かいましょう

  • one of the Cape’s most scenic drives.

    ケープタウン有数の景色を見ながらドライブ

  • High in the Mont Rochelle Nature Reserve, soak up the views of the valley below,

    モン ロシェル自然保護区から 眼下に谷を眺め

  • and wander hillsides filled with proteas,

    プロテアが茂る丘を散策

  • a flower first discovered on the Cape and now cultivated all over the world.

    ケープ タウンで発見されたこの花は 今では世界中で栽培されています

  • In local tradition, the Protea represents

    この地方では古くから

  • transformation,

    プロテアは変化と勇気

  • courage and hope.

    希望のシンボルとされています

  • Cape Town is a city which shares the same soil,

    同じ土の上にあるケープ タウンも

  • so it’s not surprising that it embodies those same qualities too.

    変化と勇気と希望に あふれています

  • But Cape Town is more than just a single flower,

    ただしケープ タウンはひとつの花ではありません

  • it’s a garden.

    庭園です

  • From it’s earliest days as a resupply station for passing sailors,

    海を渡る貿易船の 寄港地にすぎなかった町から

  • through the bitter harvests of the Apartheid era,

    アパルトヘイトの苦渋の時代を経て

  • this is a garden where hands of every color have planted seeds of hope,

    様々な人種の人々が 希望の種を植える庭となったのです

  • and have held the fruits of freedom.

    そして自由の果実が実りました

  • So come, and savor the colors, hope and freedom, of Cape Town.

    多様性と希望と自由の空気を ケープ タウンで吸い込んでください

Colorful Cape Town is one of the most multi-racial cities in the world.

多様な人種が住む カラフルなケープ タウンは

字幕と単語

B2 中上級 日本語 ケープタウン アフリカ ビーチ 散策 アパルトヘイト 向かいましょう

Cape Town Vacation Travel Guide | Expedia

  • 1009 37
    Eric Wang   に公開 2017 年 08 月 23 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す