Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • GMOs are one of the most controversial areas of science.

    遺伝子組み換え作物(GMO)は、科学において最も論争になる領域の一つだ。

  • Genetic engineering is used in many fields, but even though medical applications like GM insulin are widely accepted,

    遺伝子工学は多くの分野で使用されている。組み替え体を用いて量産されたインスリンなどの医療用途は広く受け入れられているにもかかわらず、

  • The debate heats up when it comes to food and agriculture.

    食料と農業のことになると議論はヒートアップする。

  • Why is that?

    何故だろうか?

  • Why is the same thing treated so differently?

    何故同じ技術の扱いがこうも違うのだろうか?

  • Let's try to get to the bottom of this and explore the facts, the fears, and the future of GMOs.

    この根底にある事実や、懸念、そしてGMOの未来を探ってみよう

  • Humans have been genetically modifyng plants and animals for thousands of years.

    自然とは何か?

  • Maybe a few of your crops had very good yields.

    人間は何千年もの間、植物や動物を遺伝的に作り変えてきた。

  • Maybe one of your wolves was especially loyal.

    おそらく、農作物のいくつかは、非常に優れた収穫率を持っていたことだろう。

  • So you did the smart thing, and bred the plants and animals that had traits beneficial to you.

    きっと、オオカミの内の一部は、特に忠実だったのだろう。

  • Traits suggest an expression of genes.

    なので、知恵を生かして、有益な特性を持っていた植物や動物を繁殖させた。

  • So with each generation, those genes got more pronounced.

    特性は遺伝子の発現によってもたらされる。

  • After thousands of years, almost every single plant and animal around us is vastly different from its pre-domesticated state.

    従って、世代を経るにつれて有益な遺伝子が蓄積されていったとも言える。

  • If humans have been changing genes for millennia, what makes a so called "Genetically Modified Organism", or GMO, different?

    数千年を経て、我々をとりまくほぼすべての動植物は、人間に馴化される前とは似ても似つかないものになっている。

  • Selective breeding is basically hoping for lucky hits.

    人類が数千年にわたり遺伝子を変えてきたとするなら、 ”遺伝子組み換え作物”や”GMO”と呼ばれるものとの違いはなんだろうか?

  • Genetic engineering eliminates this factor. We can choose the traits we want.

    選抜による品種改良は基本的にはラッキーヒットを期待している。

  • Make fruit grow bigger,

    遺伝子工学はその運任せな要素を排除する。 必要だと思う形質を選ぶことが出来るのだ。

  • immune to pests, and so on.

    子実が大きく成長するように・・・

  • So, why are people concerned about them ?

    害虫に対する免疫をもつように・・・などなど

  • Let's start with one of the most common objections to GMOs.

    では、なぜ人々はGMOへの懸念を示すのだろうか?

  • Gene flow, meaning GM crops could mix with traditional crops and introduce unwanted new characteristics into them.

    「GMO」は悪か?

  • There is a method that might guarantee complete prevention, but is a big anti-GMO argument by itself.

    遺伝子組み換え作物への最も一般的な反論の一つから始めよう

  • Terminator seeds.

    GMOが周辺にある従来の作物と交雑し、望まない形質を持ち込んでしまう、遺伝子流動という現象が懸念されている。

  • The idea is that they could produce sterile plants, requiring farmers to buy new seeds every year.

    それを完全に予防する方法はあるかもしれないが、 その方法自体も反GMOにおいて重要な懸念事項だ。

  • The very concept of this, however, caused a public outcry, stopping the technology being put to use.

    ターミネーター種子

  • This brings us back to the unintentional spreading of engineered DNA.

    これは植物が形成する種の発芽能力を無くすことで、

  • There have been cases of GMOs growing where they weren't planted, and traces of modified genes found in foreign crops.

    農家が新たな種子を毎年購入する必要があるように仕向けるというアイディアだ。

  • But GM plants can't run wild entirely.

    しかし、この発想は市民の怒号を招き、その技術の実行はとりやめとなった。

  • Many crops pollinate themselves, and all crops have to be related to mingle.

    ターミネーター種子が拒否されるなら、

  • There are also cultural methods like buffer zones, to keep unintentional crossing at a minimum.

    導入遺伝子の意図しない拡散について 立ち戻って考える必要がある。

  • But if it's possible in principle that a GMO could unintentionally cross with a non-GMO,

    GMOを使ってこなかった土地でGMOが発見された事例は複数あり、導入された遺伝子が他の作物に移動した痕跡も見つかっている。

  • there's actually a more important question.

    GM植物自身に蔓延する能力があるわけでは全く無い

  • Is food that comes from GM crops different to food from non-GM crops?

    多くの作物は自らの花粉で受粉するし、 (GMOに限らず)あらゆる作物は周囲との交雑と無関係ではいられない。

  • This question has been a major concern from the very beginning.

    意図せぬ交雑を最低限に抑えるために緩衝地帯を設ける栽培手法もある。

  • GM plants that are destined to be eaten are checked for possible dangers, and the results are evaluated by multiple agencies.

    しかし、そもそもGMOが非GMOと意図せぬ交雑が可能だとするならば

  • After more than 30 years and thousands of studies, the science is in.

    実際にはより重要な問題がある。

  • Eating GMO plants is no more risky than their non-GMO equivalent.

    GM作物から得られる食物は非GM作物から得られる食物と何か違いがあるのだろうか?ということだ。

  • But don't just take it our word for it, the sources for this and other claims are in the video description.

    この疑問は初期から主要な関心事となっていた。

  • But what about plants that have been engineered to be toxic?

    食用として作られたGM植物は、予想される危険性について検査され、その結果は多数の機関にチェックされる。

  • For example, BT crops.

    30年以上の経験と数千件の研究を経て

  • A gene borrowed from the bacterium Bacillus Thuringiensis, lets engineered plants produce a protein that destroys the digestive system of specific insect pests.

    GM作物を食べることは非GMO作物を食べることとリスク的に同等であるとされている。

  • The plant makes its own pesticide.

    安全を声高に主張するだけの動画だと思わないで。 情報源と他の批判については動画の詳細欄に載せておくから。

  • Insects that eat it die.

    しかし、植物が有毒であるように作られたGM植物についてはどうだろう?

  • That sounds alarming!

    例えば、BT剤。

  • Pesticide sprays could be washed off.

    バチルス・チューリンゲンシスという細菌から借りた遺伝子により、植物は特定の害虫の消化器系を破壊するタンパク質を産生することができる。

  • While the poison in BT crops is inside the plant.

    その植物は自ら殺虫剤をつくるわけだ。

  • But actually, it's not a big deal.

    「昆虫が食べると死ぬ。」

  • Poison is really just a question of different perspectives.

    危険な響きですね!

  • What's harmless to one species, might kill another.

    吹き付けた殺虫剤なら洗い落とせるだろう。

  • Coffee, for example, is a poison that kills insects but is harmless to us.

    一方でBT作物は毒が植物体内にあるのだ。

  • Or take chocolate, it's dangerous for dogs but a pleasure for humans.

    しかし、実際のところは大した問題ではない。

  • BT crops produce a protein that is tailored to the specific design of the digestive tract of certain insects; it's completely harmless for us.

    毒というのは実際の所、ものの見方によるのだ。

  • There's also the opposite approach.

    一つの種には無害であるものが、他を殺すかもしれない。

  • Plants that are engineered to be resistant to certain weed killers.

    例えば、コーヒーは虫を殺す毒だが私たちには無害だ。

  • This way, farmers can use them widely, killing the other plants competing for resources without harming the crop.

    またチョコレートの摂取は犬に危険だが、人間にとっては喜びだ。

  • Here, we get to the dark underbelly of GMOs.

    BT作物は特定の昆虫の消化管に合わせたタンパク質を生産する。それは私たちには完全に無害だ。

  • For the pesticide industry, they are big business.

    逆のアプローチもある。

  • Over 90% of all cash crops in the US are herbicide resistant, mostly to glyphosate.

    特定の除草剤に対して耐性を持つように作られた植物。

  • As a result, the use of glyphosate has increased greatly.

    この方法では、作物に危害を加えずに競合する他の植物を殺すことができるため、農家は除草剤を大胆に使用することができる。

  • That isn't only bad, glyphosate is much less harmful to humans than many other herbicides.

    ここで遺伝子組み換え作物の暗い泣き所に着目しよう。

  • Still, this means famers have a strong incentive to rely on this one method only, casting more balanced ways of managing weeds aside.

    農薬業界にとっては、GMOはビッグビジネスだ。

  • That's one of the most fundamental problems with the GMO debate.

    米国内の商業作物全体のうち、実に90%以上が、除草剤耐性を持っている。ほとんどはグリホサート耐性だ。

  • Much of the criticism of this technology is actually criticism of modern agriculture and a business practice of the huge corporations that control our food supply.

    その結果、グリホサートの使用が大幅に増加している。

  • This criticism is not only valid, it's also important.

    それは単に悪いことではない。グリホサートは他の多くの除草剤よりも人間への有害性がかなり低いからだ。

  • We need to change agriculture to a more sustainable model.

    それでも、これは農家が雑草対策についてたった一つの方法に依存する強い動機づけになってしまっている。もっとバランスの取れた方法から目をそらしてしまっているのだ。

  • GMOs as a technology are actually an ally and not a enemy in that fight, helping to save and protect nature and minimize our impact on the environment.

    これはGMOに関する議論でもっとも本質的なものの一つだ。

  • Let's look at some positive examples.

    GMOへの批判の多くは、実際には近代農法への批判と食料供給をコントロールする巨大企業のビジネス手法への批判だ。

  • Eggplant is an important crop in Bangladesh but often, whole harvests are destroyed by pests.

    この批判は妥当かつ重要だ。

  • Farmers had to rely heavily on pesticides.

    私たちは農業をより持続可能なものにする必要がある。

  • Not only was this very expensive,

    持続可能な農業に向けた戦いにおいてGMOは敵ではなく、味方だ。自然を守り、保護し、我々が環境へおよぼす影響を最小限に抑えることを助けてくれる。

  • Farmers also frequently got sick.

    GMOの良い所

  • The introduction of a new GM eggplant in 2013 stopped this.

    いくつか、ポジティブな例を見てみよう。

  • The same BT protein we talked about before, an effective killer of insects but harmless to humans, was engineered into them.

    ナスはバングラデシュの重要な作物だが、多くの場合、害虫によって壊滅的な被害を受けている。

  • This reduced insecticide use on eggplants by more than 80%. The health of farmers improved, and their income rose dramatically.

    農家は農薬に大きく依存せざるを得なかった。

  • And sometimes, the GM approach is the only option.

    農薬がとても高価なだけでなく、

  • In the 1990s, the papaya industry in Hawaii was under attack from the ringspot virus which threatened to wipe out Hawaiian papaya.

    農家が病気になることも増えた

  • The solution was a papaya genetically modified to be vaccinated against the virus. Without it, the state's papaya industry would have collapsed.

    2013年に導入された新しいGMナスは この状況を終わらせた。

  • All these stories show a very narrow application. 99% of all GMOs we use right now produce pesticides, or are resistant against them.

    先に挙げたBTタンパクが導入されたのだ。 これは効果的な殺虫剤であり、人間に害はない。

  • There is so much more we could do. The scientists are working on GMOs that could improve our diet.

    これはナスへの殺虫剤の使用を80%以上軽減させた。 農家の健康状態も改善され、彼らの収入は劇的に増加した。

  • Plants that produce more or different nutrients, like fruit with higher antioxidant levels that help to fight diseases

    そして時には遺伝子組み換えだけが唯一の解決法ということもある。

  • or rice with additional vitamins.

    1990年代、ハワイのパパイヤ産業はリングスポットウイルスから壊滅が危ぶまれるほどの攻撃を受けていた。

  • On a larger scale, we're trying to engineer plants more resilient to climate change,

    解決策はウイルスに免疫を持つようなGMパパイヤをつくることだった。それがなければ、ハワイのパパイヤ産業は崩壊していただろう。

  • plants that can better adapt to erratic weather and adverse soil conditions,

    これらの話ではごく限られた用途を示してきた。現在利用されている全GMOの99%が農薬を生産するか、農薬に対する耐性があるかだ。

  • making them resistant to droughts or floods.

    他にも可能なことはたくさんある。我々の食生活を改善しようとGMOに取り組んでいる科学者もいる。

  • GMOs could also not only reduce agriculture's impact on the environment, but actively help to protect it.

    植物の栄養素をより多くするか、または別の栄養を作らせる。例えば病気と戦うための抗酸化物質を増やしたり・・・

  • Scientists are working on crops that can draw nitrogen from the air, like microbes.

    または新たなビタミンをイネに追加したり。

  • Nitrogen is a common fertilizer, but its build-up pollutes the ground water and speeds up climate change.

    大きな課題として、気候変動に強い植物の作出もある。 不安定な気候や不適な条件により適応した植物、例えば干ばつや洪水に強いものだ。

  • Plants that collect their own nitrogen could fix two problems at once.

    GMOは、農業が環境におよぼす影響を軽減するだけでなく、環境保護に積極的に役立つ可能性がある。

  • The over use of fertilizers in the developed world, as well as the shortage of it in developing countries.

    微生物のように、大気中の窒素を取り込むことができる作物の作出にも取り組んでいる。

  • We could even modify plants to become super-effective carbon collectors, like the American chestnut tree, to mitigate and actually reverse climate change.

    窒素は一般的な肥料だが、その化合物は地下水を汚染し、気候変動を加速させる。

  • With the tools we have today, our imagination is the limit.

    自分で窒素を集められる植物は一度に2つの問題を解決することができるだろう。

  • The world eats 11 million pounds of food every day.

    先進国の肥料の過剰使用と発展途上国での肥料不足だ。

  • A UN estimate suggests we'll need 70% more by 2050.

    植物のCO2吸収の効率を大幅に強化することも出来るかもしれない。アメリカのクリの木のように。これにより気候変動を緩和するか、あるいは回復できるかもしれない。

  • We could grow that food by clearing more and more forests to create fields and pastures and by using more pesticides.

    今日のツールを持ってすれば、限界は我々の想像力の方にあるだろう。

  • Or we find a way to do it on the land we've got right now, with more effective methods like GM crops.

    結論

  • Intensifying farming instead of expanding it means GMOs could become the new organic.

    人類は一日あたり11億ポンド(約5億kg)の食料を食べている。

  • In a nutshell, GMOs have the potential to not only drastically change agriculture but to also dampen the effects of our own irresponsible behavior.

    国連の推計では、2050年までに70%以上の増加が必要だと示唆されている。

  • GMOs could be our most powerful weapon to save our biosphere.

    森林を切り開いて農地と牧草地を拡大し、大量の殺虫剤を使うことでも食料の増産はできるだろう。

  • This video took more than 600 hours to make, which would be impossible without viewer support on Patreon.com.

    また、GM作物のようなより効率的な手法があれば、今ある農地だけでも食糧増産の道を切り拓けるかもしれない。

  • If you'd like to support carefully researched content made with love, it's really very helpful!

    農地の拡大よりも農業生産の効率化を選ぶということは、GMOの利用が新たにオーガニックとも見なされる。

  • And you can get your own bird as a reward.

    要するに、GMOは農業を劇的に変えうるだけでなく、私たち自身の無責任な行動の影響を減衰させる可能性を秘めているのだ。

  • If you want to learn more about genetic modification, we have more videos explaining the opportunities and risks of the technology and how it could impact our future.

    GMOは、私たちの生物圏を守るための最も強力な武器となりうるのだ。

  • Caption credits are in the description.

    本ビデオの作成には600時間以上を要しました。Patreon.comを通じた視聴者のサポートなしでは不可能だったでしょう。

GMOs are one of the most controversial areas of science.

遺伝子組み換え作物(GMO)は、科学において最も論争になる領域の一つだ。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 作物 植物 遺伝 農薬 殺虫 農業

遺伝子組み換え作物は良いのか悪いのか?遺伝子工学&私たちの食べ物 (Are GMOs Good or Bad? Genetic Engineering & Our Food)

  • 483 63
    mommy に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語