Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Pied Piper of Hamelin

    ハメリンのパイドパイパー

  • One night, a strange thing occurred in a village called Hamelin.

    ある夜、ハメリンという村で不思議なことが起こりました。

  • The grown-ups had all gone to attend a festival in the next village, leaving all the children alone.

    大人たちは、子供たちだけを残して隣村のお祭りに出かけていました。

  • Suddenly, the sound of a pipe seemed to come from nowhere, filling the village with its sweet sound.

    突然、どこからともなくパイプの音が聞こえてきて、村を甘い音で満たしているようでした。

  • The music it made was so lovely that even the moon and stars were transfixed by its melody.

    それが奏でる音楽は、月や星さえもその旋律に魅了されてしまうほど愛おしいものでした。

  • All the children in the village were drawn out of their houses by the sound of the pipe,

    村の子供たちは皆、パイプの音で家から引き出された。

  • including a crippled boy called Mae-mae.

    前前と呼ばれる足の不自由な少年を含む。

  • Oh...what is that beautiful sound? Where is it coming from...

    (吉森) あ...あの綺麗な音は何ですか?どこから聞こえてくるんだろう...

  • A man playing a silver pipe stood in the street.

    銀色のパイプを弾く男が道端に立っていた。

  • The children gazed at him curiously.

    子供たちは不思議そうに彼を見つめていた。

  • Chubby Vincente was the first to speak

    ぽっちゃりしたヴィンセンテが最初に話したのは

  • Who are you?

    あなたは誰?

  • But the man was silent.

    しかし、男は黙っていた。

  • Your music...it's so beautiful...

    あなたの音楽...とても美しい...

  • The man still did not speak and continued to play.

    それでも男は言葉を発することなく、プレイを続けた。

  • Then, he turned away and began to walk off towards the fields.

    そして、背を向けて畑の方へと歩き出した。

  • Drawn by the sound of his pipe, the children followed.

    彼のパイプの音に引き寄せられて、子供たちは後を追った。

  • Let's go with him! / Yes! Let's go with him, common!

    彼と一緒に行こう! / そうだ! 彼と一緒に行こう!

  • The man led them to a big cave with heavy gates. As he played, the gate opened.

    男は二人を重厚な門のある大きな洞窟に案内した。彼が弾いていると、門が開いた。

  • Oooo...this is increadible! Wow...

    うわぁ...これは増やせますね!うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

  • Wait! Wait for me!

    待って 待ってくれ!

  • Oh...the gate is closing...I've been left behind... but I wanted to come too!

    あ...門が閉まってしまう...取り残されてしまった...でも、私も来たかったんだよね~(笑)

  • Peeking through a gap in the gate, Mae-mae could see that it was a bright as day inside.

    門の隙間から覗いた前前さんは、中が明るいことを実感していました。

  • There were magnificent birds with gems in their feather.

    羽に宝石が入った立派な鳥がいました。

  • Mae-mae could see the backs of the children following the sound of the man's pipe.

    前前は、男のパイプの音に続いて子供たちの背中が見えた。

  • Wait...I wanna go too! Wait for me! Let me in...

    待って...私も行きたい!待ってくれ!入れてくれ...

  • But no one seemed to hear, and no one looked back.

    しかし、誰も聞いていないようで、誰も振り返らなかった。

  • Tired and disappointed, Mae-mae went back to the village.

    疲れてがっかりしていた前前さんは、村に戻りました。

  • The village of Hamelin had always been concerned about the growing number of rats.

    ハメリンの村では、ネズミの増加を常に気にしていた。

  • One day, a man passing through the village claimed that he could rid Hamelin of rats if he was well paid.

    ある日、村を通りかかった男が、給料が良ければハメリンをネズミ駆除できると言い出した。

  • The villagers gladly promised him a rich reward, but when the rats were gone, they broke their promise.

    村人たちは喜んで彼に豊かな報酬を約束したが、ネズミがいなくなると約束を破ってしまった。

  • Now, that same man had returned to punish the villagers by taking away all of their children.

    そして今、同じ男が戻ってきて、村人の子供たちを皆殺しにして、村人を罰していた。

  • The following morning, the village of Hamelin was in a panic because all of the children were gone.

    翌朝、ハーメリン村は子供たちが全員いなくなってしまい、大慌てでした。

  • Mae-mae was still there, but no one cared because he was an orphan.

    前前田はまだいたが、孤児だから誰も気にしていなかった。

  • Oh, no! Can this be true? A man playing a sliver pipe led all of our children?

    うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁこれは本当なのか?スライバパイプを弾いていた男が 子供たちを導いたのか?

  • What's going on? Did you see him, Mae-mae? Where are the children?

    どうしたの?彼を見ましたか?子供たちはどこにいるの?

  • Oh, how can we get our children back!? How can we do it?

    ああ、どうしたら子供たちを取り戻せるのか!?どうすればいいの?

  • The following day, all the villagers went to the woods in search of the cave, hoping to find their children.

    翌日、村人たちは皆、子供たちを探しに森へと洞窟を探しに行きました。

  • They found nothing and came home empty-handed.

    彼らは何も見つけられず、手ぶらで帰ってきた。

  • Children! Come back to us!

    子供たち!戻って来い!

  • Time passed, and all the adults began to take special care of Mae-mae

    時が経ち、大人たちは皆、前前のことを大切にするようになりました。

  • because he was the only child left in the village.

    彼は村に残された唯一の子供だったからだ

  • Look Mae-mae, I made cookies for you. Would you like some?

    見て、メイメイ、あなたのためにクッキーを作ったの。食べる?

  • Oh...Thank you...

    あ...ありがとうございます...。

  • Mae-mae doesn't want your cookies! Look Mae-mae, do you like this toy?

    前前さんはあなたのクッキーを欲しがっていません。見て前さん、このおもちゃが好きですか?

  • How do you know what Mae-mae likes! Leave him alone!

    どうして前髪の好きなものを知っているの!彼を放っておいて!

  • You're a fool! I know him better than you do! / What? What did you just call me?

    お前はバカだ!私はあなたよりも彼をよく知っています! / 何?何が私を呼び出すのですか?

  • Mae-mae spent each day with a different family, because they all wanted him to stay with them.

    前前さんは毎日違う家族と一緒に過ごしていましたが、それはみんな彼に一緒にいてほしいと思っていたからです。

  • They gave him lots of nice clothes, delicious treats, and wonderful toys.

    素敵なお洋服や美味しいおやつ、素敵なおもちゃをたくさんプレゼントしてくれました。

  • Mae-mae had everything he had ever wanted.

    前前前は、彼が欲しかったものをすべて持っていた。

  • Thank you, thank you very much!

    ありがとうございました!ありがとうございました

  • Look Mae-mae, do you like this?

    見て前ちゃん、これが好きなの?

  • Oh, it's wonderful, thank you!

    ああ、それは素晴らしいです、ありがとうございます!

  • Mae-mae was happier than he had ever been, because for the first time in his life, he felt loved.

    前前田は、生まれて初めて愛されていると感じたので、今まで以上に幸せだった。

  • He became the best student in school as well.

    学校でも一番の生徒になった。

  • Good job Mae-mae, you've won the writing competition.

    お疲れ様です、前田さん、作文コンクールで優勝しましたね。

  • Here is your prize -- you've won a book!

    ここにあなたの賞品があります - あなたは本を獲得しました!

  • It's all for you, and you alone.

    すべてはあなたのために、あなただけのために。

  • Oh...thank you!

    あ...ありがとうございます!

  • Hurray!!! Our Mae-mae is the best!

    万歳!うちの前前ちゃんは最高!

  • Mae-mae had never really been that good with his schoolwork,

    前前田は学校の勉強がそこまで得意ではなかった。

  • but now he was always the best because he was the only child in school.

    でも、今は学校では一人っ子だったので、いつも一番でした。

  • After a while, Mae-mae began to grow lonely.

    しばらくすると、前前田は寂しさを募らせ始めた。

  • It's not fun when I haven't got anyone to play with, or ride the see-saw with me

    一緒に遊んでくれる人がいなかったり、シーソーに乗ってくれる人がいなかったりすると、楽しくないですよね。

  • I feel so lonely...I wish I had my friends back...

    寂しいなぁ...友達が戻ってきてくれたらいいのになぁ...。

  • As he said those words, a shadow fell over his face.

    その言葉を口にした時、彼の顔に影が落ちた。

  • It's you! Please tell me...what did you do with my friends?

    君だ!教えてください。私の友達と何をしたんですか?

  • Hmmm....here, take this.

    ふむふむ、これをどうぞ。

  • it's...a silver pipe!

    それは...銀のパイプだ!

  • Why are you giving this to me?

    なぜ私に渡すの?

  • Didn't you say you want your friends back?

    友達に戻ってきて欲しいって言ってなかったっけ?

  • Yes, I did...

    そうですね...

  • Well, this is how you can bring them back.

    まあ、こうやって復活させればいいんだけどね。

  • If a child from Hamelin plays this silver pipe, all of the children will return.

    ハメリンの子がこの銀のパイプを弾くと、全員が帰ってきます。

  • All you have to do is play it.

    遊べばいいんだよ

  • But...I can't...I don't know how to play...

    でも...弾き方がわからない...。

  • Suddenly, the man clapped twice and stepped forward.

    突然、男は二度拍手をして前に出た。

  • Colcolla Bacolla Yi! "North!"

    コルコラ・バコラ・ワイ! 北だ!

  • Mae-mae realized that he had been taken to a part of Hamelin that was suffering from an epidemic

    前前は、流行病に悩まされているハーメリンの一部に連れて行かれたことに気付き

  • because of all the rats.

    ネズミのせいで

  • The man began to play his pipe and the rats emerged from the houses.

    男がパイプを弾き始めると、家の中からネズミが出てきた。

  • Ewww....rats!

    www....rats!

  • Huh? What if we both play?

    (美月)え?二人で遊んだら?

  • Will you play with me to help me get rid of the rats?

    ネズミ退治のために一緒に遊んでくれないか?

  • Alright.

    いいだろう

  • The man and Mae-mae began to play together, and the rats followed them to the edge of a cliff.

    男と前前さんが一緒に遊び始めたので、ネズミは崖の端まで追いかけてきた。

  • Mae-mae played as well as he could, and saw the rats hurl themselves over the cliff to drown in the ocean below.

    前前さんは思いっきり遊んで、ネズミが崖を越えて下の海で溺れていくのを見た。

  • Now the epidemic will stop.

    これで流行は止まるだろう。

  • Amazing...

    驚いた...

  • After that, mae-mae and the man drove off the crickets that were destroying crops in the south.

    その後、南の農作物を荒らしているコオロギを、前前さんと男が追い払ってくれました。

  • In the west, they chased away the black clouds that wouldn't let the flowers grow,

    西では、花を咲かせない黒い雲を追い払いました。

  • and in the east, they cleaned the waste that was polluting the river.

    と東では川を汚しているゴミを掃除してくれました。

  • As they traveled together, Mae-mae could play the pipe better and better.

    一緒に旅をしているうちに、前前さんはどんどんパイプを上手に弾けるようになっていきました。

  • This pipe is magic, isn't it?

    このパイプは魔法ですね。

  • Then...

    それから...

  • Colcolla Bacolla Yi! Cave!

    コルコラ・バコラ・ワイ! 洞窟!

  • The man had brought Mae-mae back to the cave where the children had been taken.

    その男は、子供たちが連れ去られた洞窟に前前前を連れて帰ってきたのだった。

  • My work here is done. The only one who can save the children now is the pipe-playing child of Hamelin.

    ここでの私の仕事は終わった。今、子供たちを救えるのは、ハーメリンのパイプ弾きの子供だけだ。

  • At those words, the man vanished into thin air.

    その言葉に、男は忽然と消えていった。

  • Mae-mae looked through the gap in the door...

    前ちゃんがドアの隙間から覗き込んできた......。

  • The cave was dark and cold, and the children were being watched by fierce falcons with sharp talons.

    洞窟は暗くて寒く、子供たちは鋭い爪を持った獰猛な鷹に見守られていました。

  • They were pale and ragged and sat in the dim candlelight looking tired and anxious.

    二人は青ざめてボロボロになり、薄暗いロウソクの明かりの中で、疲れた様子で不安そうに座っていました。

  • Wrong! Again! 10 minus 7 is 3? I don't know.

    違う!またかよ! 10から7を引いたものが3? 知らないよ。

  • What was 3 plus 8? / Hmm, what was it?

    3+8とは何だったのか?/ うーん、何だったっけ?

  • All the children were trying hard to count something on their fingers.

    子どもたちは皆、指で何かを数えようと一生懸命でした。

  • Mae-mae knew what he had to do, but he couldn't make himself play because he was filled with doubt.

    前前さんは、自分のやるべきことはわかっていても、疑心暗鬼になって自分のプレーをさせることができませんでした。

  • Vincente used to tease me all the time because I was an orphan.

    ビンセンテは私が孤児だったので いつも私をからかっていました

  • If all the children come back, the grown-ups won't love me anymore.

    子供たちがみんな帰ってきたら、大人たちはもう私のことを愛してくれません。

  • Mae-mae couldn't decide what to do.

    前前はどうしたらいいのかわからなかった。

  • Then, he remembered the faces of the people who had loved him for a while,

    そして、しばらくの間、自分を慕ってくれていた人たちの顔を思い出した。

  • and how good they had been to him.

    と、彼にどれだけお世話になっていたかを話していました。

  • If I play the pipe now, I can make everyone happy again,

    今、パイプを弾けば、またみんなを幸せにできる。

  • even if it means I have to go back to being lonely...

    寂しさが戻っても...

  • So Mae-mae began to play, and played as well as he could for his friends and their families,

    そこで、前前さんは遊び始めて、友達や家族のために精一杯遊んでいました。

  • ignoring the tears in his eyes.

    目に入った涙を無視して

  • Look! The door is open! We can go home now!

    見て!ドアが開いてる!もう家に帰れる!

  • Hurray!

    万歳!

  • The sound of Mae-mae's pipe brought the children home to their families and everyone was happy once more.

    前前田さんのパイプの音で、子どもたちは家族の元へ帰り、みんなでもう一度幸せな気持ちになりました。

  • But what happened to Mae-mae? He was never seen in the village again.

    しかし、前前はどうなったのか、村では二度と見られなくなってしまった。

  • Perhaps he is still traveling the world with the piper,

    もしかしたら、まだパイパーと一緒に世界を旅しているのかもしれません。

  • and is playing his pipes somewhere right now, bringing peace and happiness.

    と、今、どこかでパイプを弾いて、平和と幸せを運んでいます。

Pied Piper of Hamelin

ハメリンのパイドパイパー

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 パイプ 子供 ネズミ 村人 さん 遊ん

ハメリンのパイパー - ベッドタイム・ストーリー (BedtimeStory.TV)

  • 671 77
    Tori Yang に公開 2017 年 07 月 22 日
動画の中の単語