Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • We love recognition,

    私たちは認識を大切にしています。

  • but we suck at it.

    でも俺たちはそれが苦手なんだ

  • Whether we want to admit it or not,

    認めようが認めまいが

  • recognition plays a huge role in our day-to-day lives,

    認識は日々の生活の中で大きな役割を果たしています。

  • in our happiness, in our well-being,

    私たちの幸せの中で、私たちの幸福の中で。

  • both at work and in our personal relationships.

    仕事でも人間関係でも

  • But the problem?

    でも問題は?

  • We are horrible at it.

    私たちはそれが苦手なんです。

  • We are horrible about giving it,

    与えるのは恐ろしいことです。

  • we suck at receiving it, myself included.

    私も含めて、私たちはそれを受け取るのが苦手なんです。

  • And the problem is, most of us don't even know it.

    そして問題は、ほとんどの人がそれに気付いていないことです。

  • I had a rule for a year

    一年間のルールがあった

  • that no matter whoever I sat next to, on the plane or on the subway,

    飛行機でも地下鉄でも隣に座っていた人が誰であろうと

  • even if they had earphones on or they were asleep,

    イヤホンをつけていても、寝ていても

  • I had to get their attention

    私は彼らの注意を引く必要がありました

  • and I had to interview them.

    とインタビューしてみました。

  • And my first question was always,

    そして、私の最初の質問はいつものことでした。

  • "What makes a good acknowledgment or compliment by a boss or supervisor?"

    何が上司や上司による良い謝辞や褒め言葉になるのでしょうか?

  • Once they realized I wasn't hitting on them,

    彼らは私が口説いていないことに気付いた。

  • trying to sell them something or get them to join a cult,

    彼らに何かを売りつけようとしたり、カルトに参加させようとしている。

  • then they would open up and they would tell story after story

    語り継がれていく

  • of the boss who never recognized them,

    認識していなかった上司の

  • the parents whose approval they wanted to gain

    賛成派の親

  • or the teacher who made a profound difference in their life.

    または人生に大きな変化をもたらした先生。

  • 365 of these interviews later

    これらのインタビューのうち365件は後に

  • I've come to understand one thing for sure:

    一つ確かなことがわかってきました。

  • We are crazy. (Laughter)

    私たちはクレイジーです。(笑)

  • We are!

    そうだ!

  • And our relationship to recognition is confusing,

    そして、私たちの認識との関係は混乱しています。

  • it doesn't make much sense.

    それはあまり意味がありません。

  • For example, I interviewed my landlord when I lived in Boston.

    例えば、ボストンに住んでいた時に大家さんにインタビューしたことがあります。

  • I said, "Cathy, what is your relationship to recognition?"

    私は言った、"キャシー、あなたの認識との関係は何ですか?

  • "Oh, I love recognition, but it makes me so uncomfortable."

    "Oh, I love recognition, but it makes me so uncomfortable.&quot.

  • Cathy explained, "I was at my retirement party." --

    Cathy explained, "I was at my retirement party.

  • Cathy worked at this organization for over 2 decades --

    キャシーはこの組織で20年以上働いていました。

  • "All of my colleagues were telling stories and thanking me.

    "私の同僚のすべてが話をして、私に感謝していました。

  • I loved it, but I was so embarrassed."

    私はそれを愛していたが、私はとても恥ずかしかった。

  • What I saw with Cathy is what I saw in nearly all of my interviews,

    キャシーと一緒に見たものは、ほぼすべてのインタビューで見たものです。

  • that the majority of us

    大多数の人が

  • have this often multi-sided conflicting relationship to recognition:

    このように多面的に認識と相反する関係を持つことが多いです。

  • I love it, but I get so embarrassed;

    大好きなんだけど、恥ずかしくてたまらない。

  • it motivates me,

    私のモチベーションを上げてくれます。

  • but I worry I won't be able to produce the same result in the future;

    でも、今後同じ結果が出ないのではないかと心配しています。

  • or I don't like recognition;

    というか、認知度が低いというか。

  • or I don't need recognition.

    または私は認識を必要としていません。

  • But after asking a few questions,

    しかし、いくつか質問をした後

  • it always turns to, "I'm not comfortable with recognition"

    それはいつも、"I'm not comfortable with recognition&quotになります。

  • or "I'm not supposed to need recognition."

    or "I'm not supposed to need recognition.&quot.

  • So, I don't know about you,

    だから、あなたのことは知らない。

  • but I always thought that recognition

    と思っていたのですが

  • was supposed to be something positive, right?

    はポジティブなものになるはずだったんですよね?

  • Right?

    だろ?

  • So, that's what doesn't make sense.

    だから、それが意味をなさないのです。

  • That's why we are crazy.

    だからこそ、私たちは狂っているのです。

  • Why, if this is supposed to be something positive,

    なぜ、これがポジティブなものであるはずなのに

  • do we all have these conflicting relationships to it?

    私たちは皆、それに相反する関係を持っているのでしょうか?

  • So right after Cathy said,

    キャシーが言った直後に

  • "It makes me embarrassed," I immediately asked why.

    "It makes me embarrassed, "I immediately asked why.

  • Without skipping a beat,

    拍子を抜くことなく。

  • "Fourth grade, school --

    四年生、学校--。

  • in the middle of class my teacher goes, 'Cathy stand up!'"

    授業の途中で先生が言うには、キャシーが立ち上がってくれます。

  • So Cathy slowly stands up.

    そこでキャシーはゆっくりと立ち上がる。

  • "Now everybody look at Cathy.

    "Now everybody look at Cathy.

  • Now that is a perfect uniform.

    これで完璧な制服になりました。

  • All of your uniforms should look just like Cathy's." (Laughter)

    制服は全てキャシーのものに似ているはずです(笑)

  • Awkward! (Applause)

    気まずい!(拍手)

  • We all have these past experiences or associations with recognition

    私たちは誰もがこのような過去の経験や認識との関連付けを持っています。

  • and it's these past experiences or associations

    そして、これらの過去の経験や関連性が

  • that dictate how we experience recognition right now.

    それが今の認識を規定しているのです。

  • Now I am not a psychiatrist

    私は精神科医ではありません

  • and we are not going to, I'm not going to go all Freud

    と私たちは行くつもりはありません、私はすべてのフロイトに行くつもりはありません。

  • and talk about our childhood traumas,

    子供の頃のトラウマを話して

  • what happened to you in 5th grade,

    5年生の時に何があったのか

  • and what your mom said to you, and we are not going to talk about you.

    とお母さんに言われたことや、あなたのことを話すつもりはありません。

  • We are not going to talk about all our childhood traumas.

    子供の頃のトラウマを全部話すつもりはありません。

  • But what I do want to talk about

    しかし、私が話したいのは

  • are some of the things that we do

    は、いくつかのことをしています。

  • to ourselves and to others

    自他共に

  • that keep these conflicting associations in place,

    これらの相反する関連性を維持するために

  • limiting our ability to effectively give and receive recognition,

    効果的に与えたり、評価を受けたりする能力を制限している。

  • and limiting our ability to actually get present

    周りの人に迷惑をかけないようにするためには

  • to our own accomplishments.

    自分たちの功績に

  • If you go back to Cathy's example --

    キャシーの例に戻ると--。

  • Can you see what Cathy's teacher did was not actually recognize her?

    キャシーの先生がしたことは、実際には彼女を認識していなかったことがわかりますか?

  • Okay, maybe her uniform was spotless;

    彼女の制服は 綺麗だったかもしれない

  • it was perfect.

    完ぺきでした。

  • But she wasn't actually recognizing Cathy.

    しかし、彼女は実際にはキャシーを認識していませんでした。

  • She was using Cathy to teach the other kids in class a lesson.

    彼女はキャシーを使って他の子供たちに授業をしていました。

  • That's not recognition; that's manipulation.

    それは認識ではなく、操作です。

  • I told you that my first question when I was doing interviews was,

    私が面接をするときの最初の質問は、とお伝えしました。

  • "What makes a good acknowledgment by a boss or supervisor?"

    何が上司や上司による良い謝辞になるのでしょうか?

  • 9 times out of 10, people didn't tell me what made a good acknowledgment,

    10回のうち9回は、何が良い謝辞になるのか教えてもらえませんでした。

  • but instead, what made a bad one.

    が、その代わりに、何が悪いものを作ったのか。

  • And I was able to establish several ineffective practices

    そして、私はいくつかの効果のない実践を確立することができました。

  • that actually break down trust

    信頼関係が崩れる

  • and actually hurt our relationships and our connection with others.

    と、実際に人間関係や他人とのつながりを傷つけてしまいます。

  • And I want to start today by sharing three of them with you.

    そして、今日はそのうちの3つをシェアすることから始めたいと思います。

  • Number 1: I hate it when my boss give me compliments

    1位:上司が褒めてくれるのが嫌い

  • right before they ask for something. (Applause)

    彼らは何かを求める前に、右。(拍手)

  • Joe, habibi. (Laughter)

    ジョー、はびこる。(笑)

  • You were an all star last week in that sales meeting. All star!

    先週の営業会議ではオールスターでしたね。オールスター!

  • Can you get me this report by five?

    5時までにこの報告書を渡してくれないか?

  • How many people have a boss or a friend who does that?

    そんなことをする上司や友人が何人いるんだ?

  • Yeah, by the way this is being recorded.

    ああ、これが録音されているところで。

  • (Laughter)

    (笑)

  • Okay, now here is the real question:

    さて、ここからが本題です。

  • How many of you do this?

    これをやっている人は何人いるのでしょうか?

  • Ah, less hands!

    ああ、手が少ない!

  • You are all liars! (Laughter)

    あなたたちは、すべての嘘つきです!(笑)。(笑)

  • 'Cause you do this too.

    'これもあなたがやっているからです。

  • Mom, you are so pretty.

    ママ、あなたはとても可愛いわ。

  • I love you!

    愛してるよ!

  • Can I have 5 dollars?

    5ドルでいいですか?

  • We all do this.

    私たちは皆こうしています。

  • Number 2, and by the way my mother's watching this.

    2番、ちなみに母はこれを見ています。

  • So mom that wasn't about you.

    ママのことじゃないよ

  • Okay.

    いいわよ

  • Number 2: I hate it when my boss sandwiches feedback

    その2:上司がフィードバックを挟むのが嫌だ

  • or criticism between two compliments.

    または2つの褒め言葉の間にある批判。

  • Also known as sandwiching, less eloquently known,

    サンドイッチとも呼ばれ、あまり雄弁には知られていません。

  • excuse my language, as "the shit sandwich".

    私の言葉を言い訳にして、"the shit sandwich"として。

  • (Laughter)

    (笑)

  • George, Rona, you are such an asset to our team,

    ジョージ、ローナ、あなたは私たちのチームの資産です。

  • but if you make a mistake like you did last week again,

    しかし、先週のようにまたミスをしてしまったら

  • we are going to have to let you go.

    あなたを解放しなければなりません。

  • But, we are really glad you are here, really, really!

    でも、本当に、本当に、ここに来てよかった!と思っています。

  • Right?

    だろ?

  • Or -- you are a really great guy but I just want to be friends --

    それとも...あなたは本当に素晴らしい人だけど、私はただ友達になりたいだけなの...。

  • Hug?

    ハグ?

  • (Applause)

    (拍手)

  • Any compliment followed by a "but" is not actually a compliment.

    褒め言葉の後に"but"が続くものは、実際には褒め言葉ではありません。

  • The problem? We have actually been trained to do this.

    問題があるのか?私たちは実際に訓練を受けてきました。

  • This is a standard feedback model.

    これは標準的なフィードバックモデルです。

  • If you go to any business school you are going to get taught this.

    どこのビジネススクールに行っても、これを教わることになります。

  • When you get feedback you are going to just put it between the two sandwiches.

    フィードバックがあった時は、2つのサンドイッチの間に挟むようにしています。

  • And it's not always wrong,

    そして、それはいつも間違っているわけではありません。

  • if we actually mean the compliments on either end.

    もし本当にどちらか一方を褒めているのであれば

  • But most of the time, we don't.

    でも、ほとんどの場合はそうではありません。

  • We are using those to make ourselves feel more comfortable.

    私たちはそれらを使って、自分たちが快適になるようにしています。

  • Okay! Number 3:

    よし!3番だ

  • This is what we do when other people are getting recognized and we are not.

    これは、他人に認められているのに、自分たちは認められていないということです。

  • Imagine yourself at a staff meeting, at a family retreat,

    スタッフ会議での自分の姿を想像してみてください。

  • and that other guy or girl are getting recognized and you are not.

    と、他の男や女が認められているのに、自分は認められていない。

  • If we like them, we are happy for them.

    気に入ったものがあれば、それはそれで嬉しいものです。

  • Jealous, but happy for them.

    嫉妬だが、彼らにとっては幸せなことだ。

  • But if not, we are nasty.

    しかし、そうでない場合、私たちは意地悪です。

  • Jerk, kiss-ass --

    アホ、キス野郎 --

  • You guys have seen him. He doesn't really do any work, does he?

    あなたたちは彼を見たことがあるでしょう。彼は本当に何の仕事もしていないんですね。

  • Yeah!

    イェーイ!

  • Now here is the question:

    さて、ここで質問です。

  • When you are getting publicly recognized,

    世間に認知されるようになってきたら

  • what are you worrying people are thinking about you?

    何を心配しているの?

  • Similar? Usually it is.

    似てる?普通はそうです。

  • Before you judge, give people the benefit of the doubt.

    判断する前に、人に有利になるようにしましょう。

  • Plus, I think it's time to give up the idea

    さらに、私はそれを放棄する時間だと思います。

  • that someone else's success is our failure.

    誰かの成功は私たちの失敗である。

  • Because that's just made up!

    だって、それは作り話だから!

  • (Applause)

    (拍手)

  • Now, when we do these ineffective practices

    さて、これらの効果のない実践をすると

  • we worry people are going to do them with us.

    私たちは、人々が私たちと一緒にそれらをしようとしていることを心配しています。

  • And if you want to stop worrying about them,

    そして、彼らを気にするのをやめたいのであれば

  • you gotta stop doing them.

    やめた方がいいよ

  • So this is what we do to others.

    これが他人にすることなんですね。

  • What I want to talk about now is one of the things we do to ourselves.

    今お話したいのは、私たちが自分自身にしていることの一つです。

  • So you know when you start a new project at work,

    だから、仕事で新しいプロジェクトを始めるときにはわかるんですよね。

  • or you set a new goal for yourself?

    それとも自分で新たな目標を立てたのか?

  • You get this idea in your mind

    このような考えが頭の中に浮かんできます。

  • what that end result is going to look like.

    その結果がどうなるのか。

  • I'm going to organize an event and a thousand people

    私はイベントを開催して千人

  • or a thousand two hundred people are gonna come.

    それとも1000人200人が来るのか

  • (Applause) Right? Go TEDx!

    拍手)でしょ?頑張れTEDx!

  • Okay!

    よし!

  • And it's going to be extraordinary!

    そして、それは非凡なものになるでしょう!

  • And then you produce a result.

    そして結果を出す。

  • And say 800 people show up

    800人もの人が現れるとしたら

  • and people are coming up to you saying,

    と言って近づいてくる人がいます。

  • "Thank you, that was such a cool event, that was amazing!"

    "ありがとうございます、それはそのようなクールなイベントだった、それは素晴らしかったです! &quot.

  • But we don't hear it 'cause what are we focused on?

    しかし、私たちはそれを聞かない 'なぜなら、私たちは何に集中しているのでしょうか?

  • We are focused on the gap.

    ギャップを重視しています。

  • The gap between what we actually produced

    実際に生産したものとのギャップ

  • and what we had in our mind that we are going to produce.

    と、私たちの中にあったものをプロデュースしていくことになりました。

  • And then when people are coming up to us,

    そして、人が寄ってくると

  • they are actually recognizing us for this result.

    実際にこの結果を認めてくれています。

  • That's what they are experiencing.

    それは彼らが経験していることです。

  • But that little voice inside our head blocks out all those compliments

    でも頭の中の小さな声が 褒め言葉を遮ってしまう

  • and it focuses on, "Yeah well, 200 people didn't show up,

    と、それはに焦点を当てて、 "Yeah well, 200 people didn't show up.

  • and you didn't do that, you didn't do that, yeah, yeah thanks for the compliment."

    と、あなたはそれをしませんでした、あなたはそれをしませんでした、あなたはそれをしませんでした、ええ、ええ、賛辞をありがとうございます。

  • Yap, but I didn't do that, and I didn't do that --

    ヤップ、でもそんなことはしていないし、していないんだけどね -- ゚д゚)ノ

  • See it's really important to focus on the gap,

    ギャップに焦点を当てることは本当に重要です。

  • to pay attention to the gap.

    のギャップに注目してみてはいかがでしょうか。

  • That's where we learn and that's where we develop.

    それが私たちの学びの場であり、成長の場でもあります。

  • But if we only focus on the gap,

    しかし、そのギャップだけに注目すると

  • that's how we go crazy, and that's how we burn ourselves out

    そうやって気が狂いそうになるし、そうやって燃え尽きそうになる。

  • and the people around us out.

    と周りの人たちを外に出しています。

  • So what's important is: Before you look at this,

    だから何が大事かというとこれを見る前に

  • stop and look here.

    ここで止まって見てください。

  • Look at what you did accomplish and all the things

    自分が成し遂げたことを見て、すべてのことを見て

  • and the ups and downs you went through to produce this result.

    そして、この結果を出すためにあなたが経験した浮き沈み。

  • 'Cause that's what gets us present to our motivation

    なぜなら、それは私たちのモチベーションを高めるためのものだからです。

  • and that's what gets us present to the passion

    そして、それは情熱に私たちを取得するものです。

  • that helps us overcome the gap the next time.

    それが次回のギャップを克服するのに役立っています。

  • Okay.

    いいわよ

  • So, this is what we do to ourselves and others.

    これが自分や他人に対しての行動なんですね。

  • And because we've been trained to focus on the gap our whole life

    そして、私たちはギャップに焦点を当てるように訓練されてきました。

  • and not hearing what people are saying,

    と人の話を聞かない。

  • or because of these ineffective practices that people are using,

    または、人々が利用しているこれらの非効率的な慣行のために。

  • and also because of these past associations, the craziness,

    そしてまた、これらの過去の連想のせいで、狂気の沙汰。

  • I found that we've actually established

    私たちが実際に確立していることがわかりました。

  • this sort of conditioned response to recognition.

    認識に対するこのような条件付きの反応

  • Like Pavlov's dogs, when the bell was ringing they would salivate;

    パブロフの犬のように、鐘が鳴ると唾液が出てくる。

  • someone gives us a compliment and -- "It was nothing!"

    誰かが私たちに賛辞を与えると - "It was nothing!

  • "It was nothing! I swear!" or, "Voila" or, "It was a team effort."

    "It was nothing!I swear! " or, "Voila" or, "It was it was team effort.&quot.

  • And maybe it was a team effort, but, but -- Here is my but, okay?

    チームワークの賜物なのかもしれないが...これは私のだが...

  • Maybe it was a team effort, but that's not accepting the compliment.

    チームワークなのかもしれませんが、それは褒め言葉を受け入れていないということです。

  • We quickly divert the recognition away.

    すぐに認識を逸らす。

  • We also make jokes,

    冗談も言います。

  • or we play compliment ping-pong:

    褒め言葉の卓球をしたりします。

  • I love your dress! I love your shoes!

    あなたのドレスが大好き!あなたの靴が大好き!

  • (Laughter) (Applause)

    笑)(拍手

  • And sometimes it's even culturally institutionalized.

    時には文化的に制度化されていることもあります。

  • Someone told me recently that in certain parts of China

    最近誰かが言っていましたが、中国のある地域では

  • it's actually considered impolite to accept a compliment.

    それは実際には褒め言葉を受け取ることは失礼だと考えられています。

  • And also we find it in language.

    また、言葉の中にもそれを見つけることができます。

  • In French I say, "Merci," and you respond with --

    フランス語では、私は、"Merci,"と言うと、あなたはと答える--。

  • Audience: "De rien!"

    観客:どういたしまして! どういたしまして。

  • Direct translation:€“ "It's nothing!"

    直訳:€" "It's nothing!

  • Diversion, okay, you see it in Spanish as well.

    陽動、いいですか、スペイン語でも見ますよね。

  • But there's an impact when we divert recognition.

    しかし、認知度を流用するとインパクトがあります。

  • What most people don't realize

    ほとんどの人が気づかないこと

  • is that a compliment is oftentimes

    というのは

  • more about the giver than it is about the receiver.

    受け手のことよりも、贈り手のことを考えてみましょう。

  • And when someone offers us a compliment, it's like they are offering us a gift.

    そして、誰かが私たちを褒めてくれるとき、それは彼らが私たちに贈り物を提供しているようなものです。

  • And when we divert it,

    それを流用すると

  • it's like we are taking that gift and throwing it back in their face.

    それは、私たちがその贈り物を奪って、彼らの顔にそれを投げ返しているようなものです。

  • So even if you don't like it,

    だから、たとえそれが気に入らなくても