Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Well now that we've actually gone ahead and discussed pricing objectives as well as the

    まあ今私たちが実際に先に行ってきたことと、 議論価格設定の目的だけでなく、

  • strategy piece, how are we going to achieve those objectives, it's important that we discuss

    戦略ピース、どのように我々が達成しようとしている これらの目的、それは我々が議論することが重要です

  • the actual specifics related to pricing. There are a number of tools that can be used as

    価格設定に関連した実際の仕様。そこ として使用することができるツールの数である

  • a way of fine tuning the actual pricing. Businesses have to consider a lot of different things

    微調整の方法実際の価格設定。ビジネス 異なる多くのことを考慮する必要があります

  • if their going to price their going to price their products not only competitively, but

    彼らは彼らの価格に行く価格しようとしている場合 自社製品だけでなく、競争的に、しかし

  • also to the point where they're going to cover a lot of their costs. And so one of the easiest

    また、彼らがカバーするつもりだポイントに そのコストがたくさん。最も簡単なのだから1

  • ways, or easiest tools that you can utilize is what we call a breakeven analysis. And

    方法は、またはあなたが利用できる最も簡単なツール 我々は損益分岐分析と呼んでいます。と

  • a breakeven analysis is simply a process that's used to determine the number of units that

    損益分岐分析は単純だプロセスである そのユニットの数を決定するために使用

  • you would have to sell to cover your costs. So I'll abbreviate the breakeven point as

    あなたは、あなたの費用をカバーするために売却する必要があります。 だから私は、損益分岐点を短縮します

  • BP. And so we're going to refer to the number of units that are needed to cover our costs.

    BP。そして、私たちは番号を参照するつもりだ 我々のコストをカバーするために必要とされる単位を含む。

  • And so ideally as a business you wouldn't just sell whatever this number is because

    だから理想的にビジネスとしてあなたではないでしょう ちょうどこの数があるためである何でも売る

  • you're covering your costs you're not necessarily making any money. Ideally you'd be able to

    あなたは必ずしもわからないあなたの費用をカバーしている すべてのお金を稼ぐ。理想的には、次のことができるようにしたい

  • sell more than this. And so this is a great starting point for a discussion, to know that

    これ以上のものを販売しています。そして、これは素晴らしいです それを知るために、議論の出発点

  • well is it feasible for us to sell this number of products and if it is great. If it isn't

    私たちは、この数を販売するためによく、それは可能である もし商品のうち、それは素晴らしいです。そうではない場合

  • though what are some of the things that we can do? What are the variables that we can

    私たちのもののいくつかが何であるかをも 行うことができますか?たちができる変数がどのようなものがあります

  • change so that it is a little more reasonable. So lets go through let me show you first what

    それがもう少し合理的であるように変更します。 だから私は、最初に何をお見せしましょう​​通過することができます

  • the equation is for a breakeven point. And the breakeven point is simply first your fixed

    式は、損益分岐点のためである。と 損益分岐点は、単純に最初にあなたの固定され、

  • cost. Fixed costs do not vary over time within a certain relevant range. And so these often

    コスト。固定費は、内の時間をかけて変化しない 一定の関連範囲。だからこれらの多くの場合、

  • include things that plants, property, and equipment and even advertising, insurance,

    物事を含むその植物、財産、および 機器、さらには広告、保険、

  • and taxes. These are commonly fixed costs. The reason that they're fixed is because they

    税金。これらは、一般的に固定費である。 彼らは固定している理由は、彼らのため

  • don't vary based on the number of products that you sell. So if I sell nothing, I know

    製品の数に基づいて変化しない あなたが販売していること。私は何を販売していないのであれば、私は知っている

  • I still have to pay utilities. I still have to pay the lease for the property I'm using.

    私はまだユーティリティを支払う必要があります。私はまだ持っている 私が使用しているプロパティのリースを支払う。

  • I still have to pay certain insurance costs and different things. I still pay advertising.

    私はまだ特定の保険料を支払う必要が と異なるもの。私はまだ広告を支払う。

  • And so they're fixed, they don't vary based on production. So I take my fixed cost and

    だから彼らは固定している、彼らはベースの変化しない 生産に。だから、私は固定費を取り、

  • then what I do is I divide that by first my price of my product so whatever is the selling

    その後私がやっていることは、私が最初に私のことであることを分割している 私の製品の価格は、とても売れている何でもある

  • price for my product. What consumers have to give up to obtain my product less variable

    私の製品の価格。どのような消費者が持っている 私の製品より少ない変数を取得するために放棄する

  • costs what I'll abbreviate as VC. Variable costs, contrary to fixed costs, vary based

    私はVCとして省略しますような費用。変数 固定費に反しコストは、ベース変わる

  • upon the number of units produced. So if you produce five of a particular product then

    生産ユニットの数に依存する。もしそうなら、あなた その後、特定の製品の5を生産

  • ultimately you're going to take your fixed costs and multiple it by five. So they go

    最終的に、あなたの固定を取るつもりだ コストと5によって、複数のそれを。そこで、彼らは行く

  • up with every unit that is produced. Typically variable costs include things like direct

    生産されるすべてのユニットで最大。一般的に 変動費は、直接のようなものが含まれる

  • materials, and so the materials that actually went into assembling that product. Typically

    材料、及びそのように実際に材料 その製品の組み立てに入った。一般的に

  • includes direct labor. And so the actual people that assembled the product and put it together.

    直接労働が含まれています。だから、実際の人々 それは、製品を組み立て、それを一緒に置く。

  • Obviously the more time they spent is based upon how much you produce. So those are all

    明らかに、彼らが過ごした多くの時間がベースです あなたが作るどのくらいの時に。だから、それらが全てです

  • things that you would essentially consider in variable costs and then a few other things.

    あなたは本質的に検討するもの 変動費とその後いくつかの他の事で。

  • So let me show you how you would actually work this here. Lets say that we actually

    だから私はあなたが実際にする方法をお見せしましょう ここにこの仕事。実際に、私たちと言うことができます

  • produce cell phone cases and we have a fixed cost of five hundred thousand dollars. These

    携帯電話のケースを生産し、我々は固定されてい 五十万ドルもの費用。これらの

  • are the costs that we incur without any production whatsoever. Whatever this is, plants, property,

    我々はすべての生産せずに被るコストは 全く。これが何であれ、植物、財産、

  • equipment, advertising, taxes, those types of things do not vary based upon how many

    機器、広告、税金、それらの型 物事の何に基づいて変動しない

  • goods we sell. And we sell these cell phone cases for lets just say twenty dollars each

    私達が販売する物品。そして、我々はこれらの携帯電話を販売する ちょうど20ドルそれぞれを言うことができますためのケース

  • and it costs us about ten dollars in variable costs to make them. So for every case we can

    そしてそれは私たちに変数に約10ドルの費用 コストは、それらを作る。すべてのケースのために私たちができるよう

  • sell for twenty we pay ten dollars to actually have it made. So with this equation we would

    私たちが実際に10ドルを支払う20で販売 それが行われている。したがって、この式で、我々はだろう

  • actually have a breakeven point of fifty thousand units. Whether or not this is attractive will

    実際に5万の損益分岐点を持っている ユニット。か否かは、これは魅力的な意志である

  • depend on a number of different factors. You make look at this say I have to produce fifty

    異なる多くの要因に依存する。あなた これを見て、私は50を生成するために持っていると言う作る

  • thousand or sell not product, but sell fifty thousand of these cases in order for me just

    千かしない製品を販売するが、50を販売 私だけのための順序でこれらのケースの千

  • to cover the costs that I have. In large part that's driven by the fixed costs which are

    私が持っている費用をカバーする。大部分 その物である固定費によって駆動だ

  • rather high, but that may not be feasible. Or it may be fifty thousand, that's nothing,

    かなり高いが、それは実現可能ではないかもしれない。 それとも、それは何もない、5万こと、

  • I was going to sell way more than that or I'm projected to sell a lot more than that.

    私はそれよりも道多くを販売するつもりだったか 私はそれよりもはるかに多くを販売すると予測してい。

  • In that case this might be very encouraging. But if it's not. If this is somewhat of a

    その場合、これは非常に心強いかもしれません。 しかし、もしそうではありません。これは多少ある場合

  • concern. If you planning well I thought I was going to sell about five thousand the

    懸念。あなたも計画している場合、私は私が考えた 約5000売るつもりだった

  • first year not fifty thousand I don't want to be in the you know negative for an extended

    私はしたくない最初の年ではない5万 あなたは、拡張のために負の知っているにあると

  • period of time. That doesn't necessarily mean that you should you know scrap everything

    期間。それは必ずしも意味するものではありません あなたはすべてのものをスクラップ知っておくべきこと

  • and go back the drawing board. This is a starting point for a good discussion, and the reason

    と製図板戻る。これが出発です 良い議論のポイント、そして理由

  • is that you might be able to change a couple of these variables. There are three variables

    あなたがカップルを変更することができるかもしれないということです これらの変数。 3つの変数があります。

  • that are here, fixed cost, price, and variable cost. And so maybe we can actually change

    ここにいる、固定費、価格、および変数 コスト。そしてので、多分私たちは実際に変更することができます

  • things. We can do a couple of different things. Maybe we have the ability to actually raise

    物事。我々は、異なる物事のカップルを行うことができます。 多分、我々は実際に調達する能力を持っている

  • our price a a little bit. Maybe we're not priced competitively, we're under-cutting

    少しA私たちの価格。たぶん、私たちではない 価格競争力、私たちはしているアンダーカット

  • ourselves. So if we raise price that means our margins are better, which in turn means

    自分自身。だから我々は、価格という手段を上げた場合 私たちの利益率は順に手段、優れている

  • that we don't need to sell as many products to actually break even. The break even point

    我々は、多くの製品を販売する必要がないこと 実際にさえ破る。ブレーク分岐点

  • would be less than fifty thousand units. So that's one thing that we can look at. We can

    5万単位未満になる。そう それは我々が見ることができる一つのことだ。我々はできる

  • look at possibly reducing our fixed costs. Thing like the actual plant that we're using.

    おそらく私たちの固定費削減を見てください。 私たちが使用している実際の植物のようなもの。

  • Maybe it's too big for us. Maybe we can actually downsize, get a smaller plant, still be able

    多分それは私たちにとってあまりにも大きいです。多分、我々は実際にすることができます 小型化、より小さな工場を取得し、まだできること

  • to produce effectively and efficiently but now we're lowering our fixed costs. Maybe

    効果的かつ効率的に生産するが、 今、私たちは私たちの固定費を下げることだ。多分

  • we need to reduce our advertising expenditures. Maybe we need to reduce the utilities that

    私たちは広告費を削減する必要がある。 多分、我々はそのユーティリティを削減する必要がある

  • we pay that would be kind of similar to reducing our plant size we probably wouldn't pay as

    我々はそれが一種の還元と同様であろう支払う 我々はおそらく支払わないだろう私たちの工場のサイズ

  • much in utilities. And so if you lower your fixed costs that would also make it so that

    ユーティリティでずっと。だから、あなたを下げる場合 また、そのようになるだろう固定費

  • you wouldn't need to sell as many products to just break even. And then lastly we can

    あなたは、多くの製品を販売する必要はありません たださえ破る。そして、最後に私達ができる

  • lower those variable costs. The costs that are directly associated with producing products.

    それらの変動費を下げる。コストその 直接生産する製品に関連付けられている。

  • And so this can include maybe finding less expensive materials to go into the product.

    そして、これは多分少ないを見つける含めることができます 製品に行くために高価な材料。

  • Obviously try not to sacrifice quality to any significant degree. We can try and find

    明らかに品質を犠牲にしないようにしてください 有意な程度。我々は試してみて、見つけることができます

  • more efficient ways of producing the product. So maybe we don't have to pay as much in labor

    製品を製造するより効率的な方法。 そのため、おそらく我々は労働の多くを支払う必要はありません

  • to produce them. We find cheaper ways to do that maybe faster ways to do that. So those

    それらを製造する。我々は行うには安価な方法を見つける それをすることが多分速い方法。だから、それら

  • are some things that you could consider. Raising prices, decreasing variable costs, decreasing

    あなたが考えることができ、いくつかのものがあります。調達 価格は、減少し、変動費の減少

  • fixed costs. The important thing is that these three areas here are variables that you can

    固定費。重要なことは、これらのことである ここに3つの領域は、あなたができる変数です

  • change, but you may not be able to change them significantly enough to make the breakeven

    変更はできますが、変更することができない場合があります 損益分岐を作るためにそれらを大幅に十分な

  • point reasonable based upon your business. But it at least is a starting point for a

    あなたのビジネスに基づいて合理的なポイント。 しかし、それは、少なくともための出発点である

  • discussion. And so just because the breakeven point is maybe a little higher than you originally

    議論。だからという理由だけで損益分岐 ポイントは、もともと多分あなたより少し高いです

  • anticipated you can at least thing through well what are some of the different ways that

    あなたは、少なくとも事を通じてできると予想 よく、異なるいくつかの方法は何ですか

  • we can change it so ultimately maybe it is a little more attractive. But by no means

    我々はそれがあるので、最終的には多分それを変更することができます もう少し魅力的。しかし、決して

  • would you look at the breakeven point and then simply stop at that point. You can go

    あなたは損益分岐点になりますと、 その後、単純にその時点で停止する。あなたが行くことができます

  • a little further and do a little more research in those different types of things, but a

    もう少しもう少し研究を行う それらの異なるものの種類が、中に

  • very useful tool very easy to use very basic. You'll probably spend more time adding up

    非常に基本的な非常に使いやすい非常に便利なツール。 おそらく、合算より多くの時間を費やす

  • all the fixed and variable costs and determining you know what is fixed versus variable than

    すべての固定費と変動費と決定 あなたがより変数に対して固定されて知っている

  • actually solving the equation, but very very valuable going forward to help you price your

    実際に方程式を解くことが、非常に非常に あなたの価格を助けるために、今後の貴重な

  • products.

    製品。

Well now that we've actually gone ahead and discussed pricing objectives as well as the

まあ今私たちが実際に先に行ってきたことと、 議論価格設定の目的だけでなく、

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 製品 価格 販売 変数 支払う コスト

第59話は損益分岐分析の実施方法 (Episode 59: How to Conduct a Breakeven Analysis)

  • 18 0
    陳虹如 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語